SEXの最中、なぜ、女は目を閉じ、男は開けるのか?

手と手 

女は目を閉じてカレを受け入れ、男は、
目を見開いて彼女の様子を観察する。SEX中に
見せるこの違いは、どこから来るのかという話。


 性とエッチの《雑学》file.48   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 視覚 聴覚 扁桃体  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 まず、女性のみなさんに質問です。

 あなたは、カレと結ばれたとき、
 (前戯ではなく、カレのペニスを受け入れたあとのことですが…)
 目を閉じますか?


 おそらくほとんどの女性が「YES」と答えるはずです。
 ところが、男性に同じ質問をすると、ほとんどが「NO」だと思います。
 なぜでしょう?
 男性は目で感じ、女性は耳で感じる、ということでしょうか?
 しかし、女性だって姿のいい男性と結ばれたいという欲求は持っていますし、カレの形のいいペニスに欲情するという人だって、少なくないだろうと思います。
 男性のほうも、あのときの彼女の声に誘われるように、快楽の階段を上っていくという人が、ほとんどのはずです。
 それなのに、女性は目を閉じ、男性は目を見開いて行為に及ぶことが多い。
 実はこれは、視角聴覚、どちらが性感を刺激するか――ということともリンクしている問題なのです。

悪魔女
聴覚のほうが情動と結びつきやすい?

 SEXの快感は、直接的には、皮膚と皮膚の接触からもたらされます。つまり、主要な感覚は「触覚」です。
 しかし、だれにも経験があることと思いますが、同じさわられ方をしても、そこに「好き」の感情が伴わないと、その接触は、ただ「気持ちわるい」としか感じられないはずです。中には、「何するのよ!」と相手を突き飛ばす人だっているかもしれません。
 つまり、「触覚」情報が「気持ちいい」として認知されるためには、どうしても「好き」という感情が必要というわけです。
 では、その「好き」という感情はどうやって作られるのでしょう?
 これを説明し始めると、このブログを2つ、3つ作るくらいの文字量が必要になるので、ここではごく簡単に、そのさわりだけをお話します。
 人間の脳で「好き嫌い」の感情をまず最初に生み出すのは、大脳の「辺縁系」と呼ばれる部位にある「扁桃体」というパーツです(下図参照)。
大脳図 「扁桃体」のいちばんの仕事は、自分の身に危険が及ぶような恐怖の記憶を保存して、脳に入ってくる感覚情報をまずそのふるいにかけることにあります。
 そのとき、扁桃体は、どんな情報を重視するか? 第一は「触覚」ですが、その触覚情報は「危険」と「安全」、「好き」と「嫌い」に振り分けなくてはなりません。そこで働くのが、嗅覚聴覚です。
 動物(哺乳類)を見ていればわかると思いますが、常に鼻をヒクヒクさせ、耳をピンと立てて、危険を察知しようとしているはずです。
 「ニオイ」と「」は、好き嫌いの感情を形成するためのきわめて重要な情報だということが、おわかりいただけると思います。
 では、視角はどうなのでしょう?

続きを読む

拍手する

「放置」の街から〈12〉 案山子(かかし)の「自己否定」

放置自転車
日曜日にM駅に降り立ったオレは、
自分の目を疑った。そこは、人ひとりが
歩くのがやっとの放置自転車の海。
オレたちがやってきた仕事は、
何だったのか? オレは、指導員という
自分の存在意味を見失いそうになった――。


 連載   「放置」の街から 
 第12章  自己否定する案山子

 【リンク・キーワード】
恋愛小説 純愛 エロ 官能小説




この話は、連載12回目です。この小説を
   最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 別に、川添の言うことを検証してみようなんていうつもりはなかった。
 たまたま、買いたい本があって、日曜日、M駅に降り立った。
 一瞬、目を疑った。
 いつもオレたちが立っている駅前の広場も、歩道も、ビッシリと自転車で埋め尽くされていた。まるで、自転車の海だ。
 オレの目には、それは、吐き出された良心の墓場のようにも見えた。
 そもそも良心なんてものを信じているわけじゃない。しかし、良識だったら、中には信用に値するものもある。その良識の声に従うか、従わないか――それは、良心が作動しているか、いないかによって決まる。
 人が見ていれば作動する。しかし、見ていなければ作動しない、というのであれば、そういう良心は、もう「良心」とは言えないのかもしれない。もし「良心」と言うなら、それは「腐敗した良心」だ。
 腐敗した良心がわれもわれもと放置した自転車が、駅前の歩道の両側を埋め尽くして、通りは人ひとり通るのがやっと……という状態になっていた。
 自転車と自転車の間をすり抜けるように歩きながら、オレは思った。
 この街の良心は、腐っている。

            

 「言ったとおりでしょ?」
 日曜日の話をすると、川添益男は、得意げに鼻の穴を膨らませた。
 「モチベーション、下がりますよ、ああいう光景を見ると」
 「そうかい?」と、川添は「異議あり」とでも言いたげな顔をした。自分は、逆に「モチベーションが上がる」と言うのだ。
 「オレたちがいないと、ああなっちゃうんだぜ――って思うとさ、なんか、ファイト湧いてくるんだよね」
 ああ、そっちか――とオレは思った。
 「だからさぁ……」
 いつもはそういうとき、無口を貫いている安藤信之が、ボソリと口を開いた。
 「土日も勤務させればいいのよ、オレたちを」
 「エッ、土日も? それはカンベンしてよォ~」と、川添が悲鳴を挙げる。
 リーダーの倉橋は、「そうかぁ~」とうなって、口を開いた。
 「そうすれば、少し稼げますよね、安藤さん」
 なるほど、そういう見方もあるか――と思った。
 1カ月15日程度の勤務で得られる報酬は、4万強にしかならない。時給は、県の最低賃金基準=845円に抑えられている。
 その4万円強を「小遣い銭稼ぎだ」という指導員もいれば、少ない年金を補うための「生活費」として欠かせないという指導員もいる。
 オレは、後者だ。「小遣い銭だ」と笑っている余裕など、オレにはない。「土日も配置につく」という体制にすれば、経済的に多少は助かる。おそらく、安藤信之も似たような事情なのだろう。
 しかし、たぶん、それは実現しない。土日は、市役所が休みだからだ。オレたち指導員と市民の間に、何かしらのトラブルが発生したとき、あるいはトラブルとなるような問題が発生したとき、窓口になる市役所の担当部署が休みでは、問題処理ができないからだ。
 「しょうがないですよ、安藤さん」と、小遣い稼ぎ派の川添益男は言う。
 「それよか、時給上げろですよ、ねェ、倉橋リーダー」
 「それ、オレに言われても困るのよねェ」
 倉橋嗣義が頭をかくのを、川添は、「まったく、このリーダー、アテになんないんだから」とからかう。もちろん、それは、親しいがゆえにつく悪態なのだが、「時給を上げろ」は、指導員全員の本音だったに違いない。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

「愛の巣」に男を誘い入れるクモ女

見返り美人 性的な人々-02 

「私の部屋で飲みなおさない?」。憎からず
思っている女性からそんな誘いを受けたら?
たいていの男は、喜んでお供すると思う。しかし、
その部屋には通ってくる男がいた。そんな場合……。


 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。

【SEOリンク・キーワード】
エロ 官能小説 オーガズム 不倫




 登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗には、いっさい関係がありません。

  私の部屋で飲み直す?

 憎からず思っている女性から、そんな提案を受けたら、あなただったらどうするだろうか?
 もちろん、その彼女は、素性も知れない「ゆきずりの女」でもないし、どこかの飲み屋のアバズレでもない。あなたが以前からよく知っている女性で、既婚者でもなければ、だれかと同棲しているわけでもない――ということを承知している相手だった、としての話だ。

 彼女の名前は、るり子。
 仕事上の仲間として、一緒にメシを食ったり、飲みに行ったりしているうちに、心惹かれ合うようになり、飲んだ勢いで、キスぐらいは交わす関係になっていた。
 そんなわけで、「私の部屋で」と言われた私は、何のためらいもなく、「いいねェ」と目を輝かせた。
 ふつう、このシチュエーションで目を輝かせない男はいないだろう――と思うのだが、ま、そんなことはどうでもいい。

  酒は何がある?
  バーボンとビール、赤ワインもあったかな……。
  OK。それだけあれば何もいらない。キミの瞳をさかなに飲もう。
  フフ……。

 たがいに30代前半の「性気盛ん」な年頃。話は簡単にまとまり、ふらつく足でタクシーを止めた。
 「キミの部屋に呼ぶ男、ボクで何人目?」なんてことは、たぶん、酔ってなかったとしても、尋ねなかったに違いない。

女の子アイコン3 あまりに動物的……な彼女の愛し方

 街道筋に建てられた瀟洒なマンション。
 その5Fに、彼女のワンルームの部屋はあった。
 もどかしげに玄関のカギを開けた彼女は、ドアの中に体を滑り込ませたとたん、荒い息を吐きながら私の体にしがみついてきた。
 その体を抱き寄せ、唇を重ねると、彼女は私の上着を剥ぎ取り、ズボンのベルトを抜き取った。私もそれに応じて、彼女のジャケットを脱がせ、スカートを剥ぎ取った。
 おたがいの衣服を一枚、また一枚と脱がせながら、奥のベッドに辿り着いたときには、どちらも全裸になっていた。
 なんだか、『ナインハーフ』のミッキー・ロークとキム・ベイシンガーみたいだな――と思いながら、彼女の体をベッドに押し倒し、1分も1秒も待てないというふうに、おたがいの体をむさぼり合った。

  ワオッ、アウッ、オーッ……。

 とても日本人とは思えない叫び声を挙げながら、彼女は私の愛撫に応じ、自分から私の腰を引き寄せた。

  来て! もういいの。来て!

 私が侵入すると、彼女は自ら腰を突き上げて、私の動きに応じた。
 ベリー・ダンサーのような腰の動きに、私はたちまち高まっていき、快感メーターの針が振り切れた。
 それは、私がそれまで経験したこともないような、動物的なSEXだった。

続きを読む

拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★ただ貴女を愛したくて
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★Mie&Darの蜜逢記
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR