西暦2072年の結婚〈52〉 はじめまして、父です

 
結婚式 R18 
この小説には性的表現が含まれます。18歳未満の方はご退出を。

しばらくどちらも声を発せなかった。
しばらく抱き合った後、麻衣は、
望海を呼んだ。父の姿に脅える息子。
しかし、その手は、恐る恐る、
真弓の火傷跡に伸ばされた——。


 連載   西暦2072年の結婚 
 第52章  はじめまして、父です

 【リンク・キーワード】
恋愛小説 純愛 エロ 官能小説




この話は、連載52回目です。この小説を
    最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 玄関のロックが外される音がした。
 ドアが開いた。
 静かに……という感じでも、恐る恐るという感じでもない。ドアは、バッ……と勢いよく開けられた。
 開けたドアのノブを手で押さえた格好のまま、その人、吉高麻衣は、固まって石像となった――ように見えた。
 口はぽかんと開けられたまま、何事も発しない。いや、発せないでいる。
 立花真弓も同じだった。
 固まったままの時間が、2秒、3秒……たぶん、5秒ぐらいは続いた。
 先にフリーズが解けたのは、吉高麻衣の顔だった。
 驚きの形に見開かれた眼の縁が、溢れ出ようとする湧水に溶け崩れて決壊し、クシャッとなった睚からこぼれ出た湧水が、ロザリオとなって頬を伝った。
 その頬は、何かをこらえるようにピクピクと震えている。言いたいに違いない言葉が、震える頬の内側で攪拌されているように見えた。
 濡れた頬を震わせながら、吉高麻衣は、ゆっくりと右手を挙げた。肘で15度に折り曲げた腕の先がピンと伸び、額の端を指す。
 ぎこちない敬礼の形。
 立花真弓が背筋をピンと伸ばして答礼すると、敬礼の主の顔は、一気に崩れた。
 「もォーッ!」
 わけのわからない叫び声を上げて、彼女の体は立花真弓の体に向けて突進してきた。
 真弓は両手を広げて、そのゴムまりのような突進を受け止めた。
 「もうッ、もうッ、もォーッ!」
 意味もなく「もうッ」を繰り返しながら、麻衣は握り締めた拳で真弓の胸をドンドンと叩いた。
 火傷を負った胸の筋肉がヒリヒリと痛んだ。
 真弓は、なおも胸を打ち続ける麻衣の体をそっと抱き包み、次にギュッと抱き締めた。
 吉高家の前を行ったり来たりする真弓を見て、「ちょっと、あーた」と声をかけてきた老婦人が、その光景を見ながら、そっと手ぬぐいで目を拭った。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

ここまでおいで~「夢の浮橋」作戦

傘と女性男と女のモテ技  M-11  

彼女には「危険なロープを渡らせよ」という教えがあります。
そのとき、手を差し伸べてくれた相手を彼女は忘れない。
Yが私の目の前で彼女をかっさらっていた戦法もそれ。
私はその作戦を「夢の浮橋作戦」と名付けました――。 


【SEOリンク・キーワード】
エロ 官能小説 モテ  不倫


   は「男からのモテ技」、   は「女からのモテ技」、   は「男女共通のモテ技」です。


 皆さんは、「夢の浮橋」ってご存じでしょうか?
 『源氏物語』の……じゃないですよ。大和の吉野川に「夢の淵」と呼ばれているところがあって、そこにかかっている浮橋を「夢の浮橋」と言うんですが、それでもなくて、いや、それでもいいんだけど……って、ナニ言ってるか、わかりませんよね。
 エーと、ほんとは「夢の浮橋」という菖蒲の話なんです。

 この菖蒲、池の中などに、ポツン、ポツン…と花を咲かせるのですが、どうしてそういう名前がついているかというと、その花の上をポン、ポン……と跳んでいくと、向こう岸に着けそうな気がするらしいんですね。
 夢の中に浮かんだ浮橋みたいだから、「夢の浮橋」。
 ステキなネーミングだと思いませんか?

 夢の通う道は、細くて危ういけれど、美しい。

 そんなことを思わせてくれるネーミングですよね。
 それが、恋愛と何の関係があるんだ?
 まぁまぁ、あせらずにお聞きください。
 実は、この「夢の浮橋」、恋愛の技法としても、大いに有効なんですね。
 いろんな場面で、いろんな方法で使えるのですが、それを説明しようと思うと、本一冊分くらい書かなくてはならないので、いちばんわかりやすくて、簡単で、超リアルな方法をご紹介しようかと思います。
 と言っても、不肖・長住が自ら実践したわけではなく、見事にやられちまった――という、なんとも情けない話ではあるのですが……。

カラス 水辺の冒険。彼女を「愛の岸辺」へ呼び寄せた男の手管

 不肖・長住が、まだ青臭い学生だった頃の話です。
 その頃、長住は、某文化系サークルの関東地区連合会の委員長を務めておりまして、毎年一度、夏休みになると、合同合宿なんてものを企画しておりました。
 まだ青雲の志に満ち満ちていた私は、集まった参加者を前に、自分たちのサークルのあるべき姿、この混乱の世の中にあって、自分たちの活動は社会とどうコミットすべきか――なんていう、そりゃもう、退屈すぎて屁が出そうになるような議論ばかりを突き詰めておりました。
 しかし、いつの時代もそうだろうと思うのですが、参加した男たちの中には、そんな議論なんかはほんとはどうでもよくて、他のキャンパスのカワイコちゃんを何とかナンパできないか――なんてことばかりを考えている不埒なやつばらも、少なからずいたわけですねェ、困ったことに。
 山梨地方の大学から参加したYクンも、そんな男のひとりでした。
 で、そいつが使ったのが、「夢の浮橋作戦」とでも呼ぶべきものだったのですね。

続きを読む

拍手する

人がもっとあなたと話したくなる 《2ビートあいづち》

手と手 
会話が3分続かないカップルがいます。プツリ、プツリ…と
切れてしまう会話。欠けているのは「あいづち」です。人は、
心地よくあいづちを打ってくれる相手を好きになるのですが…。


 愛が生まれる日本語・殺す日本語   レッスン3-1 
【リンク・キーワード】 エロ 官能小説 コミュニケーション 不倫



 カフェなどで話しているカップルを観察していると、会話が全然はずんでないなぁ――と思う人たちがいます。
 「はずんでない」と感じるひとつのパターンは、会話がポツリ、ポツリ……とぶつ切れになっているパターン。こんな感じです。

 会話例1  ポツリ、ポツリ…とぶつ切れになる会話

 きのう、××のライブに行ってきたんだよ。

 …………。

 ボーカルの××が、チョーよかった。

 …………。

 …………。(なんだ、聞いてないのか)

 もうひとつは、どちらかが一方的に話していて、相手は聞いているだけ、というパターンです。こちらは、こんな感じ。

 会話例2  どちらかが一方的に話しまくるだけの会話

 きのう、××のライブに行ってきたんだけどさ、ボーカルの××が、チョーよかった。前から聞きたいって言ってたでしょ。だから、○子と一緒に行ってきたんだけどさ、あの××ってボーカル、チョー声が高くてェ、しかもハスキーなのね。なんか、胸の奥がジーンってなってェ。○子なんか、胸の前でこうやって手を組んで、ウルウルしちゃってェ~。そんでね、帰りにね……。(この後も、延々と話が続きます)

 …………。(長ェんだよな、こいつの話)

 どちらも、けっして、はずんでいるとは言いがたい会話ですよね。
 もうお気づきかと思いますが、この2つのパターンには、共通している特徴があります。
 それは、絶対的に「あいづち」が不足している――ということです。
 「あいづち」がないので、相手が自分の話を聞いているのかどうか不安になって、会話がプツリと途絶えたり、「あいづち」という「休符」がないので、一方の話が延々と続くことになったりしてしまうわけです。

カラス 人は、タイミングのいい「あいづち」を打つ相手に好意を抱く

 会話における「あいづち」は、「息継ぎ」のようなものです。
 話しているほうは、心地いいタイミングで「あいづち」を打ってくれる聞き手が好きです。そういうふうに自分の話を聞いてくれる相手に、愛情を感じたりもします。
 「あいづち」にそんな効果があることを知っているので、TV番組などでも、この「あいづち」を効果音として使ったりします。レポーターが何か面白い話を紹介する場面などでは、「ヘエーッ」「ホォーッ」「ハァーッ」などの音声を、わざと挿入したりしています。
 生身の人間同士の会話、それも、これから親しくなっていこうとする人間の会話であれば、なおさら、この「あいづち」の効果は重要になる、というわけです。
 問題は、そのタイミングです。
 あまりに間延びしたタイミングでは、会話の勢いが削がれますし、あまりに多すぎる「あいづち」では、気ぜわしくなってしまいます。
 個人的な好みもあるかもしれませんが、私は、相手の息継ぎに合わせて、「ヘェ」だの「フーン」だのと「合いの手」を入れてあげるのがベストではないか、と思っています。
 私は、これを「2ビート話法」と呼んでいます。前出の会話を例に、ちょっと験してみましょうか。

 会話例3  「会話例2」に「あいづち」を加えてみると……

 きのう、××のライブに行ってきたんだけどさ……。

 ヘーッ。

 ボーカルの××が、チョーよかったの。

 そうなんだ……。

 私、前から聞きたいって言ってたでしょ。

 ウン。

 だから、○子と一緒に行ってきたんだけどさ、あの××ってボーカル、チョー声が高くてェ、しかもハスキーなのね。

 ヘーッ。

 なんか、胸の奥がジーンってなってェ。○子なんか、胸の前でこうやって手を組んで、ウルウルしちゃってさぁ~。

 ヘーッ、あの子がねェ。

 どうでしょう。だいぶ、会話らしくなったと思いませんか?
 しかし、私だったら、この「あいづち」にもうひと工夫、加えます。「ヘーッ」とか「ホォ」だけなら、TVで機械的に付け加える「人工あいづち」と同じ。いまひとつ、「あなたの話を聞いてるよ」が伝わらないような気がするからです。
 その方法として、私がよく使うのが、「復唱」という方法です。

続きを読む

拍手する
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR