「社長」の価値観と「坊主」の価値観、どっちを選ぶ?


 不純愛トーク   第187夜  
あなたの愛のあり方に大きく影響する「価値観」。実は、人間の精神の歴史は、「聖なるもの」を重視する価値観と「俗なもの」に惹かれる価値観とのせめぎ合いの歴史であった――とも言えます。この「聖」と「俗」は、あなたの愛にどんな影響を与えているのでしょうか――。

【今回のキーワード】 俗物 ヒルズ族 ピル
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム 不倫

哲雄 AKIクン、「聖」の反対語は、何だと思います?

AKI 「性」……だったりして?

哲雄 AKIクンらしい発想ですが、違います。

AKI 「獣」とか……?

哲雄 オーッ、昔、『聖獣学園』なんていうマンガがありましたね。映画化もされて、確か、主演は多岐川裕美だったような……。しかし、違います。「獣」ではありません。正解は、こちら。

AKI エッ、「俗」……?

哲雄 そう。「世俗」の「俗」です。古代から中世を経て、近代へといたる人間の歴史を「精神の歴史」として見るなら、この「聖」と「俗」とのせめぎ合いだった――とも言えるわけです。

AKI 「聖」と「俗」とが闘ってきたわけですか?

哲雄 実際に、どちらが権力を握るか――をめぐって、血を流し合うような闘いが繰り広げられたこともありました。ヨーロッパでは「宗教改革」がそうでしたし、日本でも、信長の「比叡山焼き討ち」のようなことが起こりました。しかし、人間の精神そのものも、「聖的な価値」と「俗的な価値」をめぐって、長い間、葛藤を続けてきました。この葛藤は、いまも続いてるんですね。ちょっと、下の図をご覧くださいませ。

聖と俗


AKI な、なんすか、これ?

哲雄 実はね、「聖」と「俗」とは、完全に分離された世界なのではなくて、かなりな部分で重なり合ってるんだよね。その重なり合った部分に、長住流に言わせてもらうならば、「アートの世界」すなわち「芸術的領域」というものが存在していると思っています。

AKI 文学とか美術とかの芸術ですか?

哲雄 音楽も、哲学も、この領域に含まれると思っています。文学にしても、美術や音楽、哲学にしても、その技芸そのものは「俗」の領域に属してるんだけど、しかし、こういう芸術を創造したり、鑑賞したり、論評したりする人たちの精神は、常に、ある根源的な問いを発しています。

AKI 神とは何か……とかですか?

哲雄 あるいは、「生きるとは何か?」とか、「存在とは何か?」という、考えても答えの出ない問いを、常に発し続けているわけです。この「問い」そのものは、「聖」の領域に属する「問い」だよね。「芸術的領域」にいる人たちは、技術的には「俗」、精神的には「聖」という中で、絶えず葛藤を続けている人たちと言ってもいいと思います。わかりやすくするために、この「聖の領域」と「俗の領域」、そしてその中間にある「芸術の領域」に、どんな人たちが住んで、どんな「価値観」が存在するかを、まとめておきましょうか。

「聖」の領域の住人たちとその「価値観」

住人――僧侶、神官、修行者、求道者、神学者……など。
住んでいる場所――寺院、神社、教会……などの宗教界。その研究機関や関連団体。まれに森の奥深く、山の上、都会の片隅……などの秘境。
追求している価値――宇宙を支配している真理との出会い、存在の意味を知ること、魂が救われること……など。


「俗」の領域の住人たちとその「価値観」

住人――政治家、財界人、役人、ビジネスマン、ワーキング・ウーマン、職人・職工、労働者・農民、主婦、ふつうの市民、野次馬……など。
住んでいる場所――政界、財界、会社、役所、農場、工場、商店、学校、病院、軍隊、ふつうの家庭、歓楽街、ギャンブル場……など。
追求している価値――名誉・名声、地位、財産、収入、達成感、生活の充実、家庭の平和、人気、快楽……など。


「芸術」の領域の住人たちとその「価値観」

住人――画家、作家、音楽家、工芸家などのアーチスト。思想家、哲学者などの思索家。およびその評論、鑑賞を生業または生きがいとする人々。まれに教師や医師、各種の活動家。
住んでいる場所――アトリエ・工房、書斎、酒場やカフェの片隅、ふつうの家庭や職場、まれに路上……など。
追求している価値――美の完成、深い知識や奥義の獲得、深い感動や感銘の享受、真理の発見、社会への働きかけ……など。


AKI ちなみに哲ジイ、私のような、フーゾクに身を置く人間は、これで言うと……?

哲雄 もちろん、「俗」。これ以上の俗はいないというほどの「俗」です。ただし……。

AKI おっ、何かあるんですね?

哲雄 もし、あなたが、この寂しきジジイのためにもろ肌脱いで、「いいわ。お代はいただきませんから、どうぞあなたの孤独をこの肌でいやしてくださいな」と、身を投げ打ったりしてくだされば、そして、それをあっちの町でも、こっちの村でも……というふうに、広く、あまねく、実施に及べば、キミは、「聖なる遊女、おAKI」として、永く歴史に名を残すでありましょう。

AKI やなこった。だれが、そんな……。

哲雄 やっぱり、俗人だ。

AKI それで、その歴史的な葛藤のほうは、どうなったのでございましょうか?

哲雄 ハイ、本題に戻りましょうか? 歴史的に言うと、古代というのは、どちらかと言うと、「聖の権威」が「俗の権威」を従えた時代、と言っていいと思います。未開の地域では、宗教的指導者が政治的指導者を兼務する、ということも行われました。

AKI 卑弥呼みたいに……?

哲雄 おお、よくご存じで。まさに、卑弥呼はそんな存在であったろう、と考えられています。しかし、中世の封建時代になると、「聖」の権力と「俗」の権力は、激しくせめぎ合うようになります。「聖」は「俗」を従えようとするのですが、「俗」もしたたかに、その支配をかいくぐろうとします。ヨーロッパで言うと、「教皇」と呼ばれたローマ法王と諸国の王権との関係ですね。日本だと、天皇と将軍の関係がこれに近いと思います。

AKI それで? どっちが勝っちゃったんですか?

哲雄 どっちが勝った……とかいうんじゃなくて、宗教改革の結果、ヨーロッパでは、「聖」と「俗」とは、完全に分離されてしまいました。つまり、政治とか経済とかの俗世間のことは「俗」にまかせよう、「聖」は人間の魂のことだけに関わっていよう――というふうに、棲み分けが行われるようになったわけです。

AKI よかったですね。

哲雄 よかった……と言えるのかどうか。確かに、科学技術などは、それによって飛躍的に発展を遂げます。ガリレオみたいに、「地動説」を唱えただけで軟禁状態に置かれる、なんてこともなくなりましたしね。ジャンヌ・ダルクみたいに、国民的英雄が「魔女裁判」にかけられる、ということもなくなりました。ただ……。

AKI 何か、問題でも……?

哲雄 「聖」的な束縛がなくなったぶん、「俗」の野心にブレーキをかける者がいなくなりました。

AKI 「俗」的な人々って、野心家なんですか?

哲雄 AKIクンは、「俗物」という言葉を聞いたことがありますか? 英語で言うと、「スノッブ」って言うんだけど……。

AKI ええ。私は、哲ジイみたいな人のことを言うんだと思ってましたけど……。

哲雄 ま、いいですけどね、何と言われようと。この「俗物」がヨーロッパ社会で幅を利かせるようになるのは、宗教改革が終わり、市民革命が行われ、産業革命がどんどん進行していく時代なんだよね。で、その頃、「あいつは、俗物だから」などと侮蔑的に言われたのは、どういう層かと言うと……。

AKI わかった。ギャツビーみたいな男でしょう? 異常とも言える野心に導かれて、上流への階段を昇りつめていくようなタイプ。

哲雄 ホォ、よくご存じで。ギャツビーがそういうキャラであったかどうかはともかくとして、「異常とも言える野心」という部分は当たっていると思います。当時のヨーロッパ社会での新興勢力というのは、小金を貯めて、事業を成功させて、どんどん社会的なステータスを上げていきつつあった連中なんだよね。「成功法則」に導かれ、上昇志向むき出しで社会の中枢へと進出してくる彼らは、旧勢力の目から見ると、品性もない、卑しい欲望だらけの「成りあがり者」にしか映りませんでした。

AKI いまで言うと、ヒルズ族……?

哲雄 おお、スルドいご指摘。まさに、そんな感じだったんでしょうね。それでね、大事なのは、ここから先。この「俗物」という言葉に代表されるような価値観の持ち主というのは、「聖」的なものの価値には目もくれず、「俗」な価値ばかりを追い求め続ける人たちなんですが、近代以降、社会で成功を勝ち取る人たちには、この「俗物」たちが目立つようになった。

AKI ハハァ、哲ジイは、そこを問題視してるわけですね? つまり、聖・俗分離の結果、「俗」的な価値だけで突っ走る人たちが増えた。それは、いかがなものか……と?

哲雄 そのとおり。私は、この世が正しく運営されるためには、「聖」も「俗」も、両方必要だと思ってるんですが、どうも、このバランスが、あまりよろしくない。マックス・ウェーバーという人が、いいことを言ってます。

AKI マックス・ウェーバー? 知らな~い。

哲雄 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』という本を書いた、ドイツの社会学者ですが、この人が言うんです。研究室に入るときには、信仰という外套は、ドアの外のコート掛けに掛けて、入りたまえ――ってね。

AKI エッ!? ホコリが舞うから……? あれ、よくないんですよね、特に精密機械とかを扱う場所では。

哲雄 じゃなくて! 彼が言うのは、こういうことです。信仰に導かれた倫理観や、この世界の神秘性に心惹かれるというのは、とても、大事な人間の精神のありようだけれど、いざ、研究に当たるというときには、その信仰心は、いったん【 】にくくってロックしてしまいなさい。そうでないと、客観的な事実の解明はむずかしくなる。

AKI それ、研究室に入るときだけじゃありませんよね?

哲雄 さすが、AKIクン。察しがいい。つまり、こういうことです。「俗」の世界で「俗」な活動に従事するときには、「聖」なることは、いったん「ブラック・ボックス」に格納して、客観性を重視するようにしましょう。しかし、「聖」の部分は、いつでも取り出せるように、大事に保管しておくのだ――と、たぶん、そういうことを言いたかったのだと思います。しかしね、AKIクン、現代人は、この大事な「聖なる箱」を、いつの間にか忘れてしまった。「ブラック・ボックス」にしまったことさえ忘れてしまっている。そこが問題だと、私は思うのですよ。

AKI その「ブラック・ボックス」は、いったい、どこへ行ってしまったんでしょう?

哲雄 問題は、そこですよね。その話は、日を改めて。その前に、この聖・俗分離のあとで、近代人の精神を襲った、もうひとつの重大な問題について、次回、お話をしたいと思います。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR