七つの水仙~もっとも貧しかった宴の「美しい記憶」

 雑感 
 この小さな愛から 〈4〉 

北風少女
ワラ半紙に塩豆とピーナッツ。粗末なコップにビール。
その貧しい「結婚の宴」が、
私にとっては、もっとも心に沁みる宴となった……。


【リンク・キーワード】 エロ コミュニケーション 恋愛小説 オーガズム 不倫


 この歳になると、出席した結婚披露宴や結婚を祝う会の数も、半端じゃなくなる。
 ずいぶん派手なパーティもあったし、凝りに凝った趣向で楽しませてくれたパーティもあった。
 しかし、不思議なことに、その大部分は、いったいそれがだれとだれのパーティであったのかさえ、ほとんど忘れかけている。

 人が幸せになっていく形なんて、どんなに飾り立て、趣向を凝らしたところで、そんなに変わるものではない。みんな一様に、幸せな笑顔に満たされ、歓喜の涙に潤い、あふれるばかりのシャンパンとバラの香りに包まれ、喝采とストロボの閃光に彩られて、幸福の階段を上っていく。

 しかし、世の中には、そんな幸せな形とはまったく違う、つつましやかで、貧しく、そのぶん心に沁みる門出の儀式もある。
 私にもひとつだけ、そんな儀式の思い出がある。
 いまでも、その細部までが鮮やかによみがえる「KクンとTさんの結婚を祝う会」。
 それは、ワラ半紙の上にひとつまみの塩豆とピーナッツを盛り、粗末なガラスのコップにビールを満たして乾杯しただけの、これ以上はないと思えるような、貧しく、簡素な「祝う会」だった。

       

 「もし、時間があったら、長住クンも参加してくれないかなぁ」

 K先輩からそんな声をかけられたのは、私が大学の4年生になったばかりの頃だった。
 その頃、私の通うキャンパスは、全学ストのまっただ中で、正門も本館もバリケード封鎖されていた。
 いつ、大学側が機動隊の導入に踏み切るかわからない。
 そんな緊張感の中で、封鎖からすでに3ヵ月が経っていた。
 K先輩は、経済学部闘争委員会の主導権を握るS派の正規メンバーで、闘争委員会の中では、数少ない「プロの活動家」でもあった。

 そのKさんが、「実は、結婚することになってね」と言う。
 いつもは、対立する組織や学校当局と激しくやり合っている強面の顔が、そのときだけは照れくさそうに崩れたのを、いまでもはっきりと覚えている。
 相手は、教育学部の1級上の先輩で、音楽教師を目指していたTさん。長い黒髪をバンダナで束ねて、いつもジーンズ姿。どこかキャンディス・バーゲンを思わせる風貌は、美人というわけではないが、清楚で野性味にあふれ、なおかつ慈愛に富み……というふうだったので、私たち全共闘派の学生たちの間では、マドンナ的な存在でもあった。

 どちらの親も、結婚には反対していた。
 学生運動にのめり込んでいる、というだけでも、親にしてみれば「とんでもない」ということなのに、そこへ学生結婚……という話である。保守的な親にしてみれば、「何を考えてるんだ」ということになる。無理のない話だった。
 祝福されない結婚を、せめて、われわれ同志だけでも祝ってあげようじゃないか――ということで、だれ言うともなく「祝う会」の構想が持ち上がった。
 勤労会館の会議室を借りて、そこに座卓をコの字に並べ、新郎新婦を中央に座らせて、塩豆・ピーナッツとビールだけの、粗末と言えば、これ以上の粗末さはない「結婚を祝う会」がスタートしたのだった。

       

 ウエディング・ドレスもない、ケーキ入刀もない、花束の贈呈も、来賓の祝辞もない祝典は、ただ、参加者ひとりひとりがふたりにお祝いのメッセージを贈り、全員で労働歌を歌ったり、ロシア民謡やフォークソングを歌ったりして進行した。
 だれかがギターだけは用意していたので、フォークソングを歌うときなどは、多少はコードを押さえられる私が、伴奏役を務めることになった。

 「なぁ、長住クン。できたら、歌ってほしい曲があるんだけど……」

 会も終盤になって、K先輩が言い出した。

 「七つの水仙って曲、あるでしょ。実は、ボクら、あの曲が好きなんだ」

 K先輩が、横のTさんと顔を見合わせながら、照れくさそうに言うのだ。
 見合わせたTさんの顔が、ほんのりピンクに染まって、ウンウン…というふうにうなずいている。
 自信はなかったが、歌詞もコードも、だいたいは覚えていた。

 『七つの水仙』は、ブラザース・フォーが歌ってヒットさせた曲だが、すでにスタンダードになっていて、「ピーター、ポール・アンド・マリー(p.p.m)」などもレパートリーに加えていた。プロテスト・ソングが多かった当時のフォーク・ソングの中では、比較的牧歌的な……と思われている曲だった。
 それだけに、KさんとTさんがそんな曲を「好きな曲」と言ったときには、少し意外な気もした。

《ボクには、豪華な邸宅もない、土地もない。
手の中でしわくちゃにする紙幣さえもない。
でも、ボクには、キミに見せてあげられるものがある。
この千の丘に、やってくる朝。
そしたら、ボクはキミに口づけして、そしてあげるんだ、
七つの水仙を……》


 歌いながら、思った。
 「活動家」として生きる道を選んだKさんには、これから先、物質的な充足という生活は、望めないに違いない。
 それでもKさんは、その道を選び、Tさんは、そんなKさんと手を携えて生きる道を選んだ。
 KさんはTさんに、TさんはKさんに、「何もあげられないけど、美しい朝を見せ、七つの水仙をあげる」、そんな生活を選んだのだ――と。

 「アンド・キス・ユー、アンド・ギブ・ユー、セブン・ダファディル……」

 歌いながら、込み上げてくるものがあってのどを詰まらせていると、部屋の入り口で、「どうぞ、お入りください」と、だれかが言っている声がした。
 開け放たれた部屋のドアの入り口で、静かに頭を垂れている、すでに初老に近い男女の姿が目に入った。
 たぶん、K先輩のご両親だろうと、その様子から推察できた。
 半分、怒ったようなこわばった顔で、しかし、招き入れようとするボクたちの仲間にしきりに恐縮しながら、入り口近くの畳の上にちょこんと座ったふたりは、正面のふたりに軽く会釈をし、それから、いったいこの連中は何者だ――というふうに、一座を見回していた。
 正面に座った新婦のTさんは、「ごめんなさい」というふうに頭を下げた。
 最初は警戒心を露にしていたふたりの、特に父親の目の色が、少しずつ溶けていった。

《ボクには、キミにステキな物を買ってあげる財産なんてない。
でも、月の光を織って作ってあげよう、
キミの首飾りや指輪を……。
そして、キミに見せてあげる、
この千の丘にやってくる(ステキな)朝を。
ボクはキミに口づけして、それからあげるんだ、
七つの水仙を……》


 歌が終わると、参列者の何人かが、どう見てもその場には似合わないと思われるほどに正装したふたりを、「どうぞ、どうぞ」と手をとって、新郎新婦の隣に座らせた。
 幹事役のNが、ふたりのコップにビールを注ぎ、そして、言った。

 「申し訳ありません。こんな席しかご用意できなくて。しかし、われわれがおふたりの幸せを願う気持ちは、どんな立派な式に集うきらびやかに着飾った人たちにも、絶対に負けないつもりです。お怒りの気持ちもおありかと思いますが、もし、お許し願えるなら、どうか、私たちと一緒に、ふたりの前途のために乾杯してやっていただけないでしょうか?」

 ひざの上でギュッとこぶしを握っていたお父さんの背中が、小刻みに震えていた。
 やがてお父さんは、手にしたコップをテーブルに置き、それから、背筋をシャンと伸ばし、突然、畳に両手をついた。

 「親の承諾も得ず、こんな勝手なマネをする息子たちを、ほんとは、私も、家内も、怒っておりました。いまでも、怒っております。しかし、しかし……本日、こちらにおじゃまして、みなさんがこんなにも温かく、ふたりの結婚を祝福してくださっていることを知り、親として……まことに……感謝の申し上げようもありません。こんな未熟なふたりではありますが、どうか、みなさん、これからもこのふたりを……」

 そこまで言うと、お父さんの声は嗚咽に変わった。
 「オーッ!」と、会場の全員が喚声を上げ、銘々がビールを満たしたコップを持って立ち上がった。

 「じゃ、お父さんも、お母さんもご一緒に。もう一度、みんなで乾杯しましょう。K先輩、Tさん、ご結婚、おめでとうごぞいま~す!」

 Nの野太い声に続いて、全員が「おめでとうございます」と唱和し、コップのビールを飲み干した。K先輩のご両親も……。

       

 会がお開きになると、参加者の何人かで、ご両親を二次会に誘った。
 二次会と言っても、そこらの赤提灯に飛び込んで、焼き鳥をつまみにコップ酒を飲む程度だが、酒が進むほどに、私たちも、そして、ふたりのVIPも、饒舌になっていった。
 中には、「お父さん、ボクらがこの国を変えて見せますからね。見ててくださいよ」などと壮語する者もいたが、そうなると今度はお父さんも、「あんな程度で国が変わるやら、あんたらは甘かばい」と、お国言葉丸出しで反論したりするのだった。
 私たちとしては、貧乏学生のなけなしの金でふたりをおもてなししよう――という気持ちだったのだが、いざ、会計をとレジに行くと、勘定はすべて、ひと足先に帰ったお父さんがすませていた。

 卒業して連絡の絶えたK先輩とTさんが、その後、どんな人生を送ったのか、いまでもふたりが幸せに暮らしているのかどうか、私にはもう、知る由がない。
 しかし、私はいまでも、確信を持って言える。
 あの「祝う会」ほど心に沁みた結婚パーティは、その前にも、後にもなかった。そして、おそらく、これからもないだろう――と。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事は心の栄養になった(FC2 恋愛)
→この記事にちょっぴり感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は刺激になった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR