「生殺しフーゾク」が生んだ悲劇?~耳かき店員殺人事件について

g_scooter_20090210173409.jpg 恋愛ジャーナル〈1〉 
実際に起こった恋愛がらみの出来事を長住流に解説します。

耳かき店員殺人事件」の被告に、死刑が求刑されました!
しかし、この事件、単なる男女の痴情事件として片づけていいのか?
その背景には、《癒し》を看板にするフーゾク産業の
危険な事情が潜んでいるような気がするのです。


【リンク・キーワード】 エロ コミュニケーション 恋愛小説 オーガズム 不倫


 裁判員制度が適用された裁判で、初の死刑求刑!

 と、大々的に報じられている「耳かき店員殺人事件」。
 愛と欲にからんだ事件として、どうしても看過できず、今回は、この事件を長住的にまとめてみたいと思います。

 まず、最初に明らかにしておきたい事実関係があります。
 報道では、単に「耳かき店」としか伝えていませんが、被害者が勤務していた秋葉原の「山本耳かき店 撫子庵」は、長住に言わせれば、リッパに「フーゾク」です。

 《ひざまくら みみかき
  ふれるように なでるように
  極上の癒しをあなたに》


 路上に出された看板には、こんなキャッチ・コピーが躍り、その横には、

 《癒し! 美女と逢える店》

 の文字と、ゆかた姿の美女が男性の腕や脚をマッサージする写真が掲げられています。

 看板につられて入店すると、客は和室仕立ての個室に案内され、そこへゆかた姿の「小町(店では、サービスにあたる女の子をこう呼んでいます)」がお茶を持って現れ、体調などについて簡単なカウンセリングを行ったあと、「耳かき」の施術に入ります。
 客は、ゆかた姿の小町のももに頭をのせ、そのままの姿勢で耳ツボのマッサージ、耳かきなどの施術を受けるわけです。
江尻美保 女の子は写真付きのメンバー表から指名でき、指名すると、30分で500円の指名料が女の子に入る仕組み。(←写真は、「撫子庵」のHPに掲載された、被害者・美保さんの写真です)

 通常の耳かきコース」は、「30分=2700円」「60分=4800円」の2種。
 しかし、耳だけでは満足できない、もっと癒されたいという客のために、「撫子コース」というマッサージのコースが設けられていて、こちらは、「60分=6000円」「90分=9000円」「120分=1万2000円」「180分=1万8000円」の4コースがあります。

 あくまで「売り」はマッサージで、性感、回春などの性的サービスは提供してないのですが、「ひざまくら」は、限りなくそれに近い――と、私は思っています。
 「ひざまくら耳かきは、業界的には、「メイド・カフェ」などと並んで、「萌え産業」に分類されています。
 しかし、私に言わせていただけるなら、これは

 《生殺しフーゾク》

 です。
 男性に肌が接触するサービスを提供して、心も体も「萌え」状態にさせるけれど、その欲望を最後までは満たさせない。つまり、「生殺し」状態のまま、街に送り出す。
 これは、とても危険だ――と、私は以前から指摘し続けてきました。

 諸悪の根源は、「新風営法」

 わたくし長住は、「フーゾク必要論者」です。
 欲望を満たす相手もなく、悶々としている男たち、特に若者を野放しにしておくことは、防犯上も好ましくない。彼らがガス抜きできるシステムを、社会的にも用意しておかないと、そのホコ先は弱者に向かい、性犯罪や暴力犯罪を引き起こすことになってしまう、と思うからです。
 性産業は「産業」として公認し、その代わり、厚労省なりがきっちり管理して、税金もバツチリいただく――こういうシステムにすれば、ピンチな国の財源も潤うし、何より、暗黒組織の資金源を断つことができる、性感染症の蔓延だって防げるではないか、と思うのですが、ここ10年近くの間、国や自治体がやってきたことは、その逆でした。
 「新風営法」なんてものを作って、「浄化」の名のもとに、社会の表面から「性」の字のつくものを閉め出しにかかったのです。
 その結果、何が起こったか?
 性犯罪の凶悪化。SEX産業の暗黒化。そして、もうひとつが、前述の「生殺しフーゾク」の隆盛です。
 表面上は、「癒し」「リラクゼーション」などを看板にし、「フーゾク」ではないように装いながら、その実、限りなくフーゾクに近いことをやる――という業態の急増です。「新風営法」下では、そんな形でしか、新規の出店ができなくなってしまったわけです。
 今回の事件の背景には、こうした「生殺しフーゾク」の弊害が隠されているのではないか――と、私は思っています。

「生殺しフーゾク」は、人間を壊す

 「山本耳かき店 撫子庵」は、表面上は、「癒し」を謳った非フーゾク店です。
 しかし、客はゆかた姿の「小町」たちのももの上に頭をのせて、やさしい言葉をかけられながら、マッサージを受け、耳かきをしてもらいます。
 当然、気持ちはもやもやしてきます。目の前にあるやわらかいももに手を伸ばしたくもなります。しかし、そういうタッチは、店の規約上はNG。

 「そうだな。いきなり、そんなことしたら怒るよな。でも、もう少し通って親しくなったら、ちょっとくらいのことは、大目に見てくれるかもしれない……」

 そんなふうに考える男が現れたとしても、ムリはない。というか、男はたいていそんなことを考える生きものです。
 男は、彼女に触れたい気持ちをグッと自分の意識の奥に閉じ込めて、女の子に言います。

 「ああ、気持ちよかった。リラックスできたよ。また来るね」
 「ワァ、うれしいッ! お待ちしてますね」

 ショーバイですから、たいてい、女の子はこんな返事を返すはずですが、客の男のほうは、そうは思いません。

 《そうか。彼女、来てほしいのか…。じゃ、今度は、もっとたっぷり時間をとって、彼女を指名することにしよう》

 こうして、男はリピーターとなり、最初は60分だったコースが120分となり、180分になり……というふうにエスカレートしていきます。
 私に言わせれば、この段階で、男はすでに半分、壊れかかっています。

 私にも経験があるのですが、こんな状態で店を出るのは、とてもキケンです。高まるだけ高まった性衝動を、未消化のまま抱えて街に出るのですから、どこかでそれを吐き出したくなります。
 長住は、人並み外れた理性の持ち主ですから(?)、決してそんなことはしませんが、だれかれかまわず飛びつきたくなるかもしれません。
 性衝動とともに高まったテストステロン(男性ホルモン)は、とても凶暴なホルモンです。男性をレイプに駆り立てたり、人を殴ったりするのも、主には、このテストステロンの仕業です。
 それを溜めるだけ溜めて、店を出るわけですから、人間としては、かなりヤバい状態になっているわけです。

 この事件の林 貢ニ被告(42歳)も、そうして「ヤバい状態」をエスカレートさせていったものと思われます。
 事実、被告は、リピートするたびに長時間の予約を入れるようになり、被害者を食事に誘ったり、待ち伏せしたりするようにもなり(被告側は否定)、それらが理由で、店から「出入り禁止」を言い渡されてしまいます。
 結局は、そのことを逆恨みするようになって、犯行に及んだ――というのが、これまでの公判で明らかになったところです。

最大の問題は、このハンパなフーゾクのシステムそのもの

 死刑を求刑した検察官が「死刑」に相当の理由として挙げたのは、被害者を何度も刺すなど、その犯行が「残虐」であったこと。もうひとつは、「被害者遺族の心情を考えると」というものでした。
 しかし、犯行の手口が残虐であることは、犯行を犯す人間が残虐であることの証明にはなりません。むしろ、追い詰められた弱い立場の人間ほど、結果的には残虐と思われる方法で相手を殺害する――というほうが、犯罪心理学的には正しいだろうと思います。
 もうひとつは「遺族の心情」ですが、被害者遺族の代理人として意見陳述した女性弁護士は、こう陳述しています。

 《本件犯行は、被告の身勝手な犯行であり、江尻美保さん、鈴木芳江さんには一つも落ち度がないということです》

 さらに代理人は、こう続けます。

 《美保さんは気配りのできるやさしい女性で、家族のために一生懸命働いていました。林被告はひとりの客に過ぎなかったのです》

 この陳述、聞きようによっては、こう聞こえます。

 《家族のためにガンバっている美保さんにとって、ひとりの客にすぎない林被告がどう考えようと、美保さんには関係がなかったはずだ》

 フーゾク的サービスを受けながら壊れていく客・林被告は、美保さんにとっては、「ただのメイワクな客」にすぎなかった――ということでしょう。
 この種の仕事に従事するときに、そうして壊れていきそうな客ともきちんと向き合って、その不満や鬱屈をうまく緩和し、誘導してあげなくてはならないのだ、という覚悟が、あるいはその技術が、はたして彼女の中にあったかどうか? 美保さんに限らず、この種の業界で働く女性たちが、そこまでの技術や覚悟をもってこの業界に入ってきているのかどうか? 私は、いささか疑問に感じています。

 私は、どんな理由があろうと、人を殺害した被告の行為は、断じて許されるべきではない、と思います。
 また、フーゾクまがいの仕事に従事している女性なのだから、その行為には、何かしら犯行を誘発する要因があったのではないか――という見方にも、まったくもって同意できません。それどころか、こういう仕事でガンバっている女性には、ある種のシンパシーさえ抱いています。

 しかし、この事件に関しては、ひとつだけ、どうしても見落とされているポイントがあるような気がするのです。
 それが、事件の舞台となった「ひざまくら耳かき」のような、「生殺しフーゾク」が内包している「システムとしての危険性」です。そのことにだれも触れなかったことに、むしろ、ゾッとするほどの危なさを感じてしまいます。

 繰り返しますが、こういう中途半端なシステム、表面だけとりつくろって客を生殺し状態で送り出すようなシステムは、客の人間性を破壊し、従事している女性スタッフを危険にさらすことになります。
 こんなシステムを続けている限り、同種の事件は繰り返されるに違いない。
 そんな危惧が、現実のものとならないよう、ただただ祈るばかりです。

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事にちょっぴり共感(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 風俗
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR