第110夜☆私がホワイトデーを嫌うほんとの理由



 第110夜  
「愛とは何か?」をめぐって、管理人・哲雄がパートナー・AKIを相手に展開する、オヤジ・ギャグ風+ちょっぴりアカデミックおしゃべり。今回はホワイトデー直前企画。贈り物の「交換」は、人を「経済」へと走らせ、やがて、「贈り物」の「価値」だけがひとり歩きする世界を作り出す。贈り物は、「無償」であってこそ意味がある、との持論から、ホワイトデーに激しく反発する哲雄ですが――。

【今回のキーワード】 ホワイトデー プレゼント交換会 疎外
【リンク・キーワード】 オーガズム 恋愛小説 エロ コミュニケーション 不倫

AKI 「贈り物」は、すぐに返礼すると、贈った人の心も送り返してしまうことになるから、やってはいけない。だから、自分はホワイトデーのお返しはしないのだ。そうおっしゃいましたわね、哲ジイ。

哲雄 それが、「贈り物」というものの本質だからね。「贈り物」である以上、それは、基本的に「無償」でなくちゃならない。

AKI つまり、これあげるから何かしてとか、何かちょうだい――っていうのは、ダメなんですね。

哲雄 ダメです。この指輪あげるから結婚してとか、ボクのツメの垢あげるからキミのヘアちょうだい……なんてのは、贈り物のルールに反する行為なんですね。

AKI なんか、こないだからヘアにこだわってますね。

哲雄 それだけ貴重な贈り物だってことです。

AKI 私のヘアは、何物とも交換なんてしませんよ。

哲雄 どこかのおじさんが100万円積んでも?

AKI ウッ、ひゃ……ひゃくまん円? ちょっと考えちゃうかも……。

哲雄 情けない。キミの貞節は、その程度のものですか?

AKI ジョ、ジョーダンですよ。私、自分のヘアをお金で売り渡したりはしません。でもね、真剣に私のヘアを欲しがる人がいて、その人が明日をも知れない命……ってわかったりしたら、たぶん、あげちゃうな。もし、私のヘアで、その人の不安や苦痛が少しでも取り除かれるとしたら……。

哲雄 それこそ、無償の「贈り物」。贈り物とは、本来、そういうものなんだよね。ね、キミは、子どもの頃に「プレゼント交換会」なんてやったことある?

AKI クリスマス会とかでしょ? やった、やった。みんなで輪になって、クリスマスの曲とかかけて、用意したプレゼントを順番に回していくの。曲が終わったところで、自分のところに回ってきたのが、自分がもらえるプレゼントだったかな。

哲雄 私もやりました。ひとり100円以内とか、プレゼントの額も決まってたりしてね。でもね、みんなでプレゼントを回しているうちに思ったんだ。ボクが用意したプレゼントは、ほんとは道子ちゃんに当たればいいな……と考えて用意したものなのに、そうやってグルグル回してると、だれのところに行くかわからない。もしかしたら、大嫌いな田口のヤツのところに行くかもしれない……。

AKI ウン、私も、そんなこと感じたような気がする。

哲雄 とすると、目の前をグルグル回っているプレゼントって、何なんだろう? まだ少年であった私は、そこで深く考え込んでしまったわけです。

AKI 少年・T、哲学に目覚めてしまったわけですね。

哲雄 道子に当たればいいなと思って用意したボクのプレゼントは、ただ、100円の価値のある何かとして、だれともわからないやつの手に渡るために、この場を回ってるんだな。

この場を回ってるのは、贈り物ではなくて、「100円という価値」なんだ

――と思ったわけですよ。

AKI いいじゃないですか、道子ちゃんじゃなくても。もしかしたら、田口クンだって喜んでくれるかもしれないし……。

哲雄 ウン、それが、せいぜい50人程度のグループなら、そう思うこともできるだろうね。道子に当たれば最高だけど、ま、由美でもいいかとか、美也子でもよしとしよう……なんてね。

AKI この、エロ少年。どうして、女の子しか想像しないかなぁ。男の子だっていいじゃない。

哲雄 男の子が用意したプレゼントなら、女の子に当たったほうが美しいではありませんか。ま、それはさておいてです。もし、このグループが1000人だったらどうなるか? いやいや、もし1万人だったらどうなるか?

AKI 50人だったら、当たった人のガッカリする顔も、喜ぶ顔も見られるけど、1000人となったら、いったい、自分のプレゼントがどこへ行ったかもわからなくなりますよね。

哲雄 自分のところへ回ってきたプレゼントだって、いったい、だれがどんな気持ちで用意したものなのか、まったくわからなくなる、と思うんだ。

AKI そうかぁ……。もはや、それは、「贈り物」とは呼べないものになっちゃうわけですね。

哲雄 ウン、もはや「贈り物」ではなくて、単に「価値100円の何か」でしかなくなる。実際には、規模1000人でのプレゼント交換会なんてあり得ないけど、こういう規模の「交換」は、人間の世界ではあり得ることだよね。「交換」がこの規模になると、みんなの間を回り始めるのは、「贈り物の意味」ではなくて、その「価値」だけになる。つまり、「贈り物」は「商品」になるわけで、「交換会」という場は「マーケット」になる。

AKI あ、それって「経済」じゃないですか。

哲雄 そのとおり。そして、そういう「マーケット」を回り始める「贈り物」の「価値」は、「貨幣」という共通の尺度で表されるようになります。

AKI 「贈り物」を「交換」するというシステムが発達していくと、「経済」というシステムに変わっていく――と、そういうことですか?

哲雄 そして、そのとき、人間の精神には、ある重大なことが起こります。

AKI 何、ナニ?

哲雄 人間が、自分が作り出したもの、この場合は、自分が心を込めて用意したものから切り離されてしまい、「もの」がひとり歩きを始める――ということです。

「商品」となった「贈り物」は、自分が生み出したものにもかかわらず、
自分にとってよそよそしい、冷たい存在に変わってしまうんですね。


AKI でも、哲ジイ、いま、わたしたちの周りにあるものは、みんな、「商品」ですよ。

哲雄 そうです。近代以降の人間は、そのぼう大な「商品」の山に囲まれて暮らしているわけです。何億、何十億という、巨大な「プレゼント交換会」の、相手の顔も気持ちも見えない世界の中で、自分が世界に向けて送り出した物からも切り離されて、生きているわけですね。この状態を、マルクスは「疎外(そがい)」と呼びました。

AKI マルクスって、あの『共産党宣言』を書いたマルクスですか?

哲雄 ほぉ、よくご存じで。マルクスは、人間のそういう状態を、だれよりも嘆いた哲学者でもあったわけですよ。だからね……。

AKI ハイハイ、そこからが哲ジイのホンネですよね。伺いましょう。

哲雄 せめて、人が人として示す「愛の贈り物」ぐらいは、その「商品社会」のシステムの中に紛れ込ませないでいただきたい――と、切に願うわけですよ。

AKI つまり、交換なんてするな――と?

哲雄 少なくとも、巨大な「交換会」には参加しないでいただきたい。

AKI ところで、哲ジイが道子ちゃんのために用意した「交換会」のプレゼントって何だったんですか?

哲雄 家にあったショートケーキを1個くすねて、箱に詰めて、リボンをかけて持っていきました。

AKI それ、道子ちゃんには当たらなかったんですね。だれに当たったんですか?

哲雄 田口……。

AKI 哲ジイとしては最悪だったわけね。

哲雄 最悪です。しかも、田口のやつは、その箱を開けて、「ワッ、だれだよ。グチャグチャのケーキなんか入れてきて。もぉ、最悪」なんてぬかしやがった。

AKI グルグル回してるうちに、ひっくり返っちゃったわけですね。

哲雄 だから、交換会なんて嫌いだ。

AKI 哲雄少年は、以来、プレゼントが嫌いになってしまったとさ。めでたし、めでたし。

哲雄 何がめでたし……だ。そんなこと言うやつには、これも、あげない。

AKI ナニ、ナニ? も、もしかして……用意してくれてたの、ホワイトデーのお返し?

哲雄 回答を拒否します!


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  
関連記事
拍手する

テーマ : 愛のかたち
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR