「純潔」を叫ぶ人ほど、心の中はドロドロ

疑いの目愛という名のウソ
 File-6  純潔を叫ぶ人ほど、心の中はドロドロ

「道徳」の旗のもと、「純潔」や「純真」を
声高に叫ぶ人ほど、心の中では
不純なことを考えています。「正義」の名で
行われる戦争。「不倫」の名で人を責める
嫉妬心。すべては、ウソです。


 ひとつだけ、覚えておいていただきたい法則があります。

 人は、心の内に隠さなければならないものが大きいほど、
 外に向かっての「武装」が強大になる。


 という法則です。
 その「武装」として、しばしば使われるのか、「道徳」です。
 本来の「道徳」は、自らを律する行動規範として黙々と遵守するものであって、人の行動を指弾するために使うべき道具ではありません。
 もし、あなたに向かって「道徳」の旗を振りかざし、「おまえは不道徳だ」「不純だ」「不潔だ」……などと叫ぶ人がいたら、叫んでいるその人の心の内にこそ、醜い欲望やずるい心根がひそんでいる――と思って、間違いありません。
 歴史的にも、社会的にも、そのことを裏付ける事例がゴロゴロ転がっています。

悪魔女
「道徳」は繰り返し人間を裏切ってきた

十字軍」は、略奪者の群れだった。
 イスラム勢力に占領された聖地エルサレムを奪還せよ――とのかけ声で編成され、全部で7回(回数については諸説あり)に及ぶ遠征が行われますが、その実態は、略奪者の群れ。兵を差し向けた諸侯たちは、中東の地に自分の植民地を作ることに血眼になり、行軍の進路にあたる各地で、残虐な殺戮や略奪を繰り返しました。
 とりわけ、「十字軍」に名を借りた、各地でのユダヤ人虐殺は、歴史に大きな汚点を残すこととなり、2000年には、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が、全世界に向かって、それらの残虐行為を「悔い改める」との声明を発表しました。

日本を大戦へと駆り立てた「神国」の思想
 日本は「神の国」であり、日本人はその神の国の「純潔」な民族であると煽り立てて、国民を戦争へと駆り立てたのは、当時の軍部とジャーナリズムでした。しかし、その戦争の実態は、侵略行為以外の何物でもなく、「聖戦」の旗印に踊らされた軍人たちは、「純潔」ではないとする他民族に対して、各地で残虐な行為に及びました。
 戦争末期には、「1億火の玉」「十死零生」などの掛け声に応じて、若い命が自らを犠牲として散っていきましたが、若者たちにそれを命じ、「あとからわれわれも必ず行く」と約束した上層部の中で、その言葉を実行したのは、わずか数名の指揮官たちだけでした。

イラクを「悪魔」呼ばわりし、多国籍軍を「十字軍」と称した欺瞞
 記憶に新しい湾岸戦争では、おバカのブッシュが、イラクや北朝鮮を「悪の枢軸」と呼び、多国籍軍を「十字軍」と称して、「正義の戦い」を仕掛けましたが、その実態は、イラクの石油をめぐる権益闘争。ブッシュのシンクタンクが、石油メジャーの息のかかった組織であったことがスッパ抜かれて、そのネライが露呈してしまいました。

「純潔」の名のもとに繰り返される「民族浄化」
 最近では、旧ユーゴスラビアから独立したセルビアで、国内の他民族を排除しようという動きが起こり、大規模な殺戮が行われたこと。古くは、ナチス支配下のドイツでのユダヤ人虐殺。日本でも、関東大震災時の朝鮮人虐殺。「純潔」の名のもとに行われる「民族浄化」は、歴史上、たびたび登場する概念です。

 まだまだいろいろあるのですが、これくらいにしておきます。
 要は、「道徳」という旗のもとでは、どんな非人間的なことも行われてきた――ということ。むしろ、「道徳」は、その非人間的なことを覆い隠す隠れ蓑として使われてきた、と言ってもいいと思います。筆者は、こうも思っています。

 「」という言葉ほどキケンな言葉はない。

純潔」「純粋」「純血」――こうした言葉のもと、いったいどれだけの殺戮や略奪、差別が繰り返されてきたか? このブログのタイトルを「不純愛講座」としたのも、管理人が「」のウソを、イヤというほど見てきたからなのです。

悪魔女
「道徳」は「劣等感」を覆い隠す鎧になる

 さて、問題を「恋愛」に戻しましょう。
 ここにひとり、妙齢のご婦人がいます。
 年のころ40代半ば。きっちりと身を包むパンツ・スーツに、パーマでまとめた髪。顔には金縁のメガネ。このご婦人が、通りを歩くミニ・スカートの女子高生を見て、マユをひそめます。

  まったく、近頃の若い子ときたら、あんな短いスカートはいちゃって。
   親はいったい、何を教えてるのかしらね。


 私・シランケンの理論によると、このご婦人は、実は、自分もそんなスカートをはきたくて仕方がないのです。
 はきたいけれど、そんな年齢でもないし、自分の脚にミニ・スカートは似合わない――とわかってもいる。そこで、堂々とミニをはいて歩く女子高生たちを、「道徳」の名のもとに一刀両断に切り捨てるわけです。
 もう、お気づきかと思いますが、このご婦人に「道徳」の鎧を着せたのは、たぶん、彼女の劣等感=コンプレックスだろうと思われます。
 「自分にはできない」という劣等感と向き合いたくないがために、「道徳」という固い鎧を身に着けて、できている人々に怨嗟の攻撃を仕掛けているわけです。
 「道徳」は、こんなときのまことに便利な道具。

悪魔女
「不倫」を責める「道徳」は、「おひとりさま1名ずつ」

 「道徳家」は、他人の恋愛にも余計な口出しをします。
 典型的なのが、「不倫攻撃」。「人の家庭を壊して心が痛まないの?」「泥棒ネコ」……とそりゃあまぁ、激しい口調で口撃を仕掛けます。
 自由恋愛論者(恋愛しない自由を含む)であり、「反・家族帝国主義」を標榜する筆者の目には、なんとわかりやすい人たちだろう――と映ってしまいます。
 この人たちが主張している「道徳」は、きわめて新しい道徳(「道徳」と言っていいかどうかもわからないような道徳)で、端的に言うと、「おひとりさま1名ずつを守りなさいよ」ということなんですね。
 「道徳」と言うより「分配理論」です。
 「おひとりさま1名ずつ」が社会的に定着したのは、何度もお話したかと思いますが、産業革命以降。労働力を再生産するためには、みんなに2~3人ずつ子どもを作ってもらわない と、とても社会が維持できない――というのが、社会的動機でした。
 「おひとりさま1名ずつを守りなさいよ」を「道徳」として叫ぶ人たちの本心は、「そうしないと私があぶれる」です。つまり、「分け前」に預かれなくなってしまうわけです。
 自信がある人は、「分け前」のことなど気にしません。気にするのは「ほんとに愛があるのかどうか」だけです。
 つまり、ここでも「道徳」は、劣等感をカバーするツールとして、激しく使われることになるわけです。

悪魔女
「これは正しいこと?」と自分に問い続ける心

 では、「道徳」ではなく、「倫理」だったらどうなるか?
 「倫理」は「分け前」や「形」ではなく、w」ではなく、「True or not」です。」ではなく、「True or not」です。
 恋愛に関して言うなら、「私だけを愛してくれるか?」とか「浮気するかどうか?」とか「毎日、キスしてくれるか?」なんていう瑣末な問題ではなく、「私はこの人をほんとうに愛していると言えるのか?」「何の報酬も期待しない愛でいられるだろうか?」――と、愛の本質を問い続けます。
 人を攻撃するための道具としてではなく、自分に向かって「これは正しいことなの?」と問いかける言葉、それこそが「倫理」だと筆者は思っています。
 たとえ、周り中が「ニッポン、勝った!」と日の丸を打ち振っていても、「この戦争って、正しいのか?」と、自らに問いかける言葉。たとえ、周り中が「あのふたり、不倫だよ」と後ろ指を指しまくっていても、「あのふたりの愛に、何か打算があるだろうか?」と問いかける言葉。「倫理」とは、そんな言葉の源だろうと思います。
 「道徳」は、しばしば欺瞞の道具として使われますが、「倫理」は、その欺瞞を見抜き、人に真理を問い続けます。
 「不倫だからダメ」は「道徳」の言葉ですが、「倫理」が発する言葉は、「その愛って、ほんとに愛?」。
 この違い、筆者にとっては、天と地ほども大きいんですよね。



   筆者の最新・官能小説! 発売しました!   

封建時代のかつての日本には、嫁ぐ娘の
「初夜」を領主や宮司という土地の権力者が、
手にするという「初夜権」が存在しました。
本書は、そんな時代を背景に描いた
歴史官能フィクション。婚礼を控えた
村の娘・初の「初穂」を巡って、
村の代官と神社の宮司が醜い争いを
繰り広げるストーリーです。
女たちの性を権力者が思うように手にしていた
暗黒の時代を、ぜひ、ご覧ください。

2022年8月発売 定価:650円 発行/虹BOOKS

Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。
⇒「BOOK WALKER」でお読みになる方はこちらから



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

     

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  
関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR