満月の夜の神社の姫子〈4〉 稲荷をむさぼり食うキツネ女

もの想い 妄夢草紙 
 第10話  満月の夜の神社の姫子   

      R18 
このシリーズは、性的表現を含む官能読み物です。
18歳未満の方は、ご退出ください。


神社の楠の袂に立つ姫子のもとへ
通ってくる男は一人ではなかった。
漁協の古田が帰っていくと、また、
ひとり、階段を上ってくる気配。
その手がぶら下げていたのは―—。


この話は連載4回目です。この話を最初から読みたい方は、⇒こちらから、前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 満月の夜になると、神社の楠のたもとにその女が現れるという。「見に行こう」と言い出したのは、亀吉だった。純平は、しぶしぶその後にしたがった。待っていると、やって来たのは漁協の古田さんだった。古田さんは「姫子」の尻から、太いモノをぶち込んだ。男が行くと、姫子は純平たちのかれている小藪までやって来ると、そこへ腰を下ろした――


 社のところまで全速力で走っていくと、亀吉が賽銭箱に腰かけて「ハァハァ」と息を整えていた。
 「追って来てないか?」
 亀吉が後ろを振り返って、不安げな顔を見せる。純平が首を振ると、亀吉は「フゥ……」と怒らせていた肩を落とした。
 「すごかったな、あのおばさん」
 「そんなおばさんでもなかったぞ」
 「いくつぐらいだろ?」
 「オレには、27か28ぐらいに見えた」
 「オレは、もうちょっといってるような気がした。30ちょっとぐらい……かな」
 「な……」と、純平は亀吉の顔をのぞき込んだ。
 「カメは、ああいうの、見たことあるの?」
 「ああいうの? 男と女のあれ……か?」
 「それもあるけど、女のあそこも……」
 「そりゃよ……」と亀吉は、小鼻をふくらませた。
 「あるのか?」
 「妹のとか、酒屋の幸恵のとか……なら」
 「エッ、おまえ、幸恵の、見たの?」
 幸恵というのは、中学時代まで純平たちの1級下にいたかわいい女の子だ。都会の私立高校に入学してこの町を離れるまで、純平も、ひそかに心惹かれていた女の子だった。
 その幸恵のあそこを見た――と亀吉に言われて、純平は思わず、胸倉につかみかかった。
 「よせよ。見た――つってもよ、あれだよ。まだ、毛も生えてない頃。学校に上がる前のあいつのスカートとパンツを脱がせて、見せろつっただけだよ」
 「それで……見せたのかよ、幸恵は?」
 「オゥ、ベソかきながらな。そんな、ムキになんなよ。ただのお医者さんごっこじゃないかよ。それにしても、そのとき見た幸恵のあそことは、ずいぶん違かったな、さっきの女のあそこ。おれ、あそこに、あんな毛が生えてるなんて、思わなかったよ」
 「ああ、オレもだ」
 「さっき、ションベンしてただろ? 女がションベンするの見たのも、あれが初めてだぜ」
 「オレも。ああいう格好でするって、知らなかった」
 「古田のオヤジ、あの穴に突っ込んだのかな、チンポコを?」
 「エッ!? あの穴に入れたの? オレはケツにぶち込んだのかと思った」
 「ケツ……? バカ、違うだろ。そんなところに入れたら、汚いじゃないか」
 「そうか……」
 ふたりがそんな話をしているときだった。
 「オイ」と亀吉が、純平の腕を突いた。
 「だれか来るぞ」
 耳をすますと、石段を上ってくるだれかの足音が聞こえた。

             

 まさか――と、純平と亀吉は、顔を見合わせた。
 古田さんが帰っていったばかりなのに、また、男が来るのか……?
 ここにいるのを見られちゃまずい――と、ふたりは、社の陰に身を隠して、男をやり過ごすことにした。
 男は、カタカタと下駄の音を鳴らしながら、石段を上がってくる。
 その姿を見て、亀吉が「あれ……?」と声を挙げた。
 「あれ、幸恵のオヤジじゃないか?」
 肩を揺するようにして歩いてくる姿が、酒屋「サカエ」のオヤジに似ていた。名前は、確か……植村じゃなかったか。下の名前は知らない。
 植村のオヤジは、石段を上がり切って社の前まで来ると、ポケットの中に手を突っ込んで小銭を取り出し、それをチャランと賽銭箱の中に放り投げて、二度、柏手を打ち、一礼した。
 その左手にレジ袋をぶら下げている。
 何が入っているんだろう?――と、目を凝らして見た。
 何かの飲み物と思われるペットボトルのようなもの。それと、ふっくらと丸みを帯びた物体。何か食べ物だろうか――と思ったが、それ以上はわからなかった。
 オヤジは、「よし」と声を挙げると、片手に下げたレジ袋をブラブラとさせながら、社の裏手に回り込み、それから広場を横切って、森に続く小路のほうへと歩いて行く。
 後ろ姿を見送った亀吉が、そっと、その跡を尾けようとする。
 「オイ、やべェぞ……」
 純平は止めようとしたが、亀吉が構わず歩いていくので、仕方なく、その後に従った。

          

 「サカエ」のオヤジは、純平たちが後を尾けていることも知らず、鼻歌を歌いながら、あの楠のほうへと歩いて行く。
 手に下げたレジ袋を大きく揺らし、下駄の音をカランカラン……と響かせて、なんだか楽しそうだ。
 純平と亀吉は、少し距離を置いてその様子を見守った。
 「ヒ~メ~コちゃ~ん」
 楠の近くまで行くと、オヤジは気持ちの悪い声で「姫子」の名前を呼んだ。
 それに応えて、幹の陰からヌッと白い腕が差し出され、その手の先が、「おいで、おいで」というふうに手招きをする。
 オヤジはその手に誘われて、幹の陰に回り込み、左手にぶら下げたレジ袋を白い手の持ち主の目の前に差し出した。
 白い手は、そのレジ袋をひったくるように受け取ると、袋の中をまさぐって、中から何かの塊を取り出した。
 その塊を手に取ると、「姫子」が木の陰から顔を出した。
 もう何日もエサを与えられてない猛獣のように、「姫子」は大きく口を開けて、その塊にガブリとかぶりついた。
 「姫子」が頬張った塊は、黄色い色をしていた。
 「あれ、稲荷ずしじゃねェか?」
 亀吉が、感心したような、あきれたような声を挙げる。
 確かに、イナリだ――と、純平も思った。
 女は、最初の1個をあっという間に呑み込んでしまうと、すぐにレジ袋に手を突っ込んで、次の1個を取り出し、それもまた、ガフガフと口の中に押し込んで、「ホラ」とオヤジが差し出したペットボトルに口をつけた。
 ボトルの色からすると、たぶん、あれはお茶だ。
 口の中に残った稲荷ずしを、そのお茶とともに胃袋の中に流し込んで、それでひと段落かと思ったら、また、手をレジ袋の中に突っ込む。
 純平も、亀吉も、その様子を呆気にとられて眺めていた。
 「あの女、もしかしたら……」と、亀吉が純平の顔を見る。
 「きつね女……!」
 ふたり同時に口にして、体をブルッ……と震わせた。

 あっという間に稲荷ずし4個をたいらげた女は、ペットボトルに残ったお茶を飲み干し、ペロリと出した長い舌で口の周りをなめ回して、その口を手の甲で拭った。
 すべての動作が、とても人間の女とは思えない。
 やっぱり、「姫子」はきつねの化身なのかもしれない――と、純平は思った。(続く)



   筆者の最新・官能小説! キンドルから発売しました!   

封建時代のかつての日本には、嫁ぐ娘の
「初夜」を領主や宮司という土地の権力者が、
手にするという「初夜権」が存在しました。
本書は、そんな時代を背景に描いた
歴史官能フィクション。婚礼を控えた
村の娘・初の「初穂」を巡って、
村の代官と神社の宮司が醜い争いを
繰り広げるストーリーです。
女たちの性を権力者が思うように手にしていた
暗黒の時代を、ぜひ、ご覧ください。

2022年8月発売 定価:650円 発行/虹BOOKS

Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

     

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 恋愛小説~愛の挫折と苦悩
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR