「××のくせに」「××にもなって」~この修飾句は禁句です

手と手
人に注意を与えたり、叱ったりしようとするとき、
私たちは、つい、余計なひと言を付け加えてしまいます。
最たるものが、「××にもなって」と「××のくせに」。
口にしては敵を作ってしまうこの修飾句、禁句です。


 愛が生まれる日本語・殺す日本語   レッスン5-6 


 先日……と言っても、つい、1年ほど前のことです。
 パート帰りに電車に乗った私は、どこか空いてる席はないか――と、車内をキョロキョロ見回しながら、優先席付近のつり革につかまっていました。
 まだ、

 《優先席付近では携帯の電源をお切りください》

 というルールが、社会のマナーとして通用していた時代です。
 ところが――。

カラス スマホ高校生にかみつくおばさん

 私の目の前で優先席にどっかと腰を下ろして、しきりにスマホの画面をいじっている、まだ高校生と思われる若い男がいました。
 オイ、少しは気を利かせろよ――という思いも、ないではありませんでした。
 目の前に、相当に疲れているように見える(自分ではそうは思ってないのですがね……)高齢の域に達した男が立って、つり革に捕まっている。
 ふつうなら、サッと立ち上がるフリをして、「座りますか?」ぐらいのことは訊いてもいいよなぁ――と思うのですが、そんな顔で相手を見ていると、物欲しげに見えてしまうかもしれないし、譲られても「いや、私はすぐ降りますから」とウソのひとつもつく覚悟はできているので、あえて、知らん顔して、窓の外を流れていく下町の風景を眺めていました。
 ま、それが、大方の「寛容なる年寄り」の心意気だと思うのですが、どうも、そういう心意気は持ち合わせてないらしい御仁が、同じ車両の優先席付近に、やはり、つり革に捕まって、電車の揺れに身を任せておられました。
 年の頃、50代前半ぐらい……と思われる、私から見れば、まだまだ若いご婦人。
 その人が、目の前のスマホの若者に向かって、突然、尖った声で語りかけ始めたのです。
 いや、「語りかける」なんてものじゃない。どう見ても、それは、「噛みついている」という感じの語調でした。

  あなたさ、優先席付近では携帯使用禁止って知らないのッ!

 その声の鋭さに、周りにいた乗客も、みんな声の主のほうに視線を向けます。
 声をかけられた若い男のほうは、一瞬、「なんだよ、このおばさん?」という顔で、声の主の顔を見ています。
 ウン……? キレる気か、この若者……?
 険悪な情勢になったら、止めなくちゃな――と、私もそれなりに覚悟を決めて見守っていたのですが、若者は渋々という感じで、スマホの電源を切ってポケットにしまいこみました。
 やれやれ、一件落着か……。
 しかし、ホッと安堵している私の耳に、信じられない言葉が飛び込んできたのです。

  高校生にもなって、そういう常識もわかんないのッ?

 オイオイ、いくらなんでも、そりゃ言い過ぎだろう。
 風雲急を告げる、通勤電車の車内。
 次に起こることは、キレた若者が「何を、このババァ!」とつかみかかるか、それとも、若者が無視を決め込んで、夫人がなおもわめき続けるか……。
 しかし、若者は、「チッ」と舌を鳴らして、次の駅で電車を降りてしまいました。
 目の前の席が空いたので、じゃ、座るか――と動き始めると、私の体を押しのけるようにして、先ほどの婦人が体を潜り込ませ、目にも止まらぬ素早さで、その席にドカッと座り込んだのでした。
 速ッ――です。
 なるほど、そういう人だったのね。

カラス 「叱る」と「怒る」は、似て非なるもの

 電車の中での「マナー違反」を注意しようとした。
 婦人のその勇気は、ある意味、賞賛に値する――とも、私は思います。
 しかし、婦人の「注意」は、私には「注意」とは思えませんでした。
 「注意する」は、ほとんど「叱る」に近い「モノの言い方」ですが、婦人の言い方では、単に「クレームをつけている」としか感じられません。「クレームをつける」は「文句をつける」と同義。そして、「叱る」ではなく「怒る」に近い言い方だと、私は思っています。
もっとも問題なのは、婦人が最後に付け加えたひと言です。

  高校生にもなって、そういう常識もわかんないのッ?

 「注意」を与えるためには、まったく必要のないひと言。
 ただ、相手の人格を一段低く貶め、自分のほうが「位が上」を示すためだけに付け加えられるひと言のように、私には感じられました。
 実は、注意したり、叱ったりするときに、私たちはうっかりすると、こういう「余計なひと言」を付け加えてしまうのですね。
 その代表が、ここに挙げた「高校性にもなって」なのですが、問題なのは、この中で使われている「××にもなって」というフレーズです。

カラス 「××にもなって」は、「非難」のために発する言葉

 もし、婦人の言い方がこんなふうであったら、スマホの若者の態度も、多少は変わっていただろうと思います。

  もう、高校生なんだから、常識を守りましょうよ。

 シランケン個人は、このひと言も要らないと思うのですが、「高校生にもなって」よりは、数段ましです。
 「××にもなって」と「××なんだから」は、似て非なる言い方、と言っていいでしょう。

 「××にもなって」は、「非難」しようとして発せられる言葉です。相手が、その年齢・地位・立場に、一般的に求められる能力や知識やマナーなどを備えていないことを責めているのですが、その裏には、相手をその地位から引きずり下ろし、見下そうとする心理的動機が秘められています。相手を引きずり下ろすことによって、「自分のほうがエラい」を示そうとするわけです。
 なので、言われたほうは、素直にその言葉を受け入れようとはしません。「ムッ」として、「おまえにそんなことは言われたくない」と思ってしまうかもしれません。

 一方、「××なんだから」は、「説諭」しようとして発せられる言葉です。相手に、自分の年齢・地位・立場などを自覚させ、それにふさわしい行動・態度をとるように――と、諭しているわけで、その奥にあるのは「教育的動機」と言ってもいいでしょう。
 こういう言い方をされると、言われたほうも、「期待に応えなくちゃ」と思う場合が多いだろうと思われます。

 こういう話をすると、みなさんの中には、「もっとカチンとくる余計なひと言があるじゃないか」と思う方もいらっしゃろうかと思います。
 ハイ、おっしゃるとおり。
 人に何かを注意したり、叱責したり、助言したりしようとするとき、つい付け加えて、相手をムカつかせてしまう「余計なひと言」、もっとすごいのがあります。
 それが、こちら↓です。

カラス 「××のくせに」という、史上最悪の余計なひと言

 これは、もう言わずもがなでしょう。
 もっとも、頻繁に使われるのが、

 女のくせに。
 男のくせに。


 というフレーズ。

  女のくせに、出しゃばるなよ。
  男のくせに、メソメソしないでよ。

 というふうに使われたりしますが、こういう言い方は、どちらもヘタすると、「セクハラ」と受け取られかねない言い方です。
 「××のくせに」と言うときの「××」は、たいていの場合、発言者から見て「一段、地位が低い」と思われる存在だったり、逆に、「やっかみや怨嗟の対象」となる存在だったりします。
 「女のくせに」と言うときの「女」は、前者の「自分より地位が低い」ですが、「社長のくせに」とか「給料高いくせに」と言うときの「社長」や「給料高い」は、後者の「やっかみや怨嗟の対象」です。
 どちらにしても、この「××のくせに」と言うときの「××」には、発言者のあまりよくない感情が込められている――と思っていいわけです。なので、「××のくせに」と言われたほうは、やはり、発言者に対して「ムッ」としてしまいます。
 ちなみに――ですが、筆者の友人の中には、何かにつけて「給料安いくせに」とヨメになじられ続けた末に、とうとうガマンならず、家出してしまった男もいました。
 口は災いの元。
 「余計な修飾句」には特にご用心――という話でした。



   筆者の最新官能小説! キンドル、BOOKWALKERから発売中です!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please! (無制限、押し放題!)
管理人は常に、下記3つの要素を満たそうと、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんが投票してくださるポイントは、日々の反省の材料でもあり、執筆意欲のエネルギー源でもあります。
どうぞ、正直な、しかし、ちょっぴり温かめの感想ポチをお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛/モテ)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛/恋愛観)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛・結婚)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR