留学難民・グエンの日々〈12〉 風の噂の「それからの彼女」


見返り眼鏡 連載小説 
留学難民・グエンの日々
 第12章 


名前も顔も、記憶から薄れかけたころ、
オレは電車の中でそのウワサを耳にした。
男の欲望を手で抜くマッサージの店。
そこで働くベトナム人留学生。オレは、
それがグエンではないかと思った――。


157 この話は連載12目です。この話を最初から読みたい方は、こちらから、
前回から読みたい方は、こちらからどうぞ。
 ここまでのあらすじ  ちょっとたどたどしい日本語の電話で、店のアルバイト店員に応募してきたグエンは、大学に通っていた。学費と生活費を稼ぎ出すために、3つのアルバイトを掛け持ちする彼女は、度々、遅刻する。その度に彼女は、オレに「お礼」を渡すのだった。彼女の出身は、ベトナム北部、ハノイ近郊の街。祖母の背中には、戦争中の北爆で焼かれたケロイドの跡があると言う。しかし、彼女たち若い世代は、その時代を知らない。グエンは、オレの背後をすり抜ける度に、胸の突起で背中をくすぐって、ニッと笑った。そして言うのだった。「今度、フォーを作って持っていってあげるよ」。しかし、その約束が実現される日は来なかった。その前にコロナがやって来た。そしてグエンは発熱し、病院に入院した。理由は「盲腸」だった。手術して仕事に復帰したグエンを新たな難問が襲った。コロナでバイト先が減り、彼女は帰国する羽も、戻ってくる羽も、失ったのだった。そんな中、オレはシフトを減らされ、店を辞めるしかなくなった。それを告げると、グエンは「寂しくなる」と言い、「私を忘れないで」とメモを手渡した。それから1カ月後、店を訪ねてみたが、彼女は、店を辞めていた――



 いなくなってみると、妙にグエンのことが気になった。
 石坂が口にした「お水系のバイト」という言葉も、胸に引っかかったままだ。
 バイトの行き帰りに利用する駅を通る度に、駅前に集まってはベトナム語で談笑する若い女の子たちのグループがいると、そこにグエンがいはしないか――と、オレはつい、目を凝らした。
 そんな時間、そんな場所にいるはずもないのに、人混みに目を遣ってしまう自分に気づく度に、オレは「バカだなぁ」と自分を笑った。
 しかし、そうして眺める人混みの様相に、少し、変化が現れた。やたら目立っていたアジア系外国人の姿が、日に日に少なくなっていく。以前は、やたら耳についていた意味不明の外国語を耳にすることも、めっきり少なくなった。
 たぶん、このコロナ禍の自粛ムードで、留学生の多くが大学に通えず、生活費を稼ぐバイトもできなくなり、多くは、国へ帰ってしまったんだろうな――と、オレは想像した。たぶん、グエンも……。

          クローバー

 そんな日々が1カ月、2カ月……と過ぎていった。
 もう、グエンという名前も、顔も、陽にさらされた水彩画のように、オレの記憶の中で色彩を失いつつあった。
 そんなときだった。
 電車の中で交わす男同士の会話が、不意にオレの耳に飛び込んで来た。
 「あの子さぁ……大学に通ってるらしいよ」
 「エッ、そうなんですか? 大学?」
 「なんか、留学生らしいんだよな。どこだって言ってたかなぁ。タイじゃなくて、ミャンマーでもなくて……あ、そう、そう。ベトナムだよ、ベトナム」
 別に聞こうと思ったわけではなかったが、男の口から途切れ途切れに出た3つの単語が、オレの耳の鼓膜を緊張させた。「留学生」「大学」「ベトナム」。聴覚中枢とつながったオレの脳は、その3つの言葉を拾って、勝手にストーリーを組み立て始めていた。
 「かわいかっただろ、あの子?」
 「なんで、こんな子が……って思いましたよ」
 「コロナのせいだよ。前は、コンビニ系の店でレジやったり、ファミレスでホールのバイトやったり、パン工場で夜勤やったり……って、いくつもバイト掛け持ちしてたらしいんだけど、特にファミレスとかは、自粛ムードでバイトの人数、減らしちゃったりしたじゃない。そういうときに、真っ先に切られちゃうの、外国人だもんな」
 「かわいそうですね」
 「かわいそうだよ。あの、プライドの高い子がさぁ、男の体にオイル塗ってマッサージして、乳揉まれたり、お股触られたりしながら、最後はアレをしごいて抜いてあげるところまでやるんだからなぁ。おまえ、あれ、やった?」
 そこで、男たちが声を潜めたので、話の内容は聞き取れなかった。
 しかし、そこまでの話の内容から、「まさか……」という思いがオレの中で「確信」に変わっていった。石坂が口にした「お水系のバイト」という言葉と男たちの話が、そこでリンクした。

          クローバー

 男たちが乗り込んできたのは、西船橋の駅だった。かつては、フーゾク系のサービスのメッカとされた場所だ。男たちは、そういうサービスを提供するどこかの店に寄って、電車に乗り込んで来たに違いない。
 西船橋なら、グエンが通う大学と彼女が住んでいるアパートのある町のちょうど中間にあたる。学校の仲間に知られる心配も、アパートの住人たちに発見される恐れもほぼない。
 男たちの話す女がもしグエンだとするなら、彼女が口にしたとされる「お水系のバイト」の場所として西船橋を選んだことも納得できた。しかし、いかに「お水系」とはいえ、いきなりフーゾク? グエンが追い込まれた状況を思うと、オレは、胸の底がキュンとなった。
 そこへ、さらに、男たちのひそひそ話が飛び込んで来た。
 「エッ、添い寝? そんなサービス、ありましたっけ?」
 「メニュー表、見なかったのかよ? オプション・サービスってのがあっただろ? 5000円プラスで、女の子が60分、添い寝してくれるってやつ」
 「エッ、やらせてくれるんですか?」
 「ないない、それはない。そんなことやったら、店は手入れ受けちまうだろうよ。しかしな、触ることはできる。服の上からなら、乳ももうが、お股触ろうが、お好きにどうぞ――ってやつさ」
 「それ知ってたら、やってたなぁ……」
 「何だよ、それ。おまえ、ネット見なかったのかよ」
 「ネット? 見ないすよ、そんなの」
 「じゃ、検索してみなよ。アロマと入力して、次にマッサージ、留学難民って入れて、検索すると、一発であの店のサイトが出てくるから。店のサイトが出たら、『オプション』というボタンがあるから、そこをクリックすればいいんだよ」
 「今度、やってみます」
 「試してみ。あの子さ…………が、メチャ弱いんだよな」
 男が声を潜めたので、「………」の部分は聞き取れなかった。しかし、その相手が返した声で、その内容がだいたい想像できた。
 「ホットパンツの上からですか? それでイッちゃうんですか?」
 「だから、弱いんだって、お・×・×が」
 男が、相手の耳に口をつけるようにして吹き込んだ言葉。しかし、男の口の動きでそれは想像できた。
 お・ま・た――男は、そう言ったのだった。
 「60分の添い寝の間に、オレ、3回もイカせたことがある。あいつさ、ホットパンツ、グショグショに濡らしながら、足をピクッピクッ……と痙攣させてイクんだけどさぁ、そのときに、オレの腕とか背中とか首とかに回した手で、思い切り、人の肉にツメ立てるから、もう、オレの体、傷だらけだよ」
 「マジ、本気じゃないですか」
 「本気で抵抗してるのか、喜んでるのか、そのどっちかじゃね」
 途切れ途切れに聞こえてくる男たちの話に耳を欹てているうちに、電車は新松戸のホームに滑り込んだ。
 男たちは「着いたゾ」と席を立ち、オレもドアに向かった。
 客に「色っぽいね」などと言われただけで、目を吊り上げていたグエンが、ホットパンツを穿いて客の体にマッサージを施している。そのパンツの上から股間をまさぐられて、パンツをグショグショに濡らしながら、男の体にツメを立てている。
 その姿を想像しただけで、オレの頭の中では血がふつふつと湧き始めていた。
 ⇒続きを読む



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 恋愛小説~愛の挫折と苦悩
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR