第84夜☆娘を夫に差し出す母。母から父を奪う娘…



 第84夜  
「愛とは何か?」をめぐって、管理人・哲雄がパートナー・AKIを相手に展開する、オヤジ・ギャグ風+ちょっぴりアカデミックおしゃべり。前々回から、この世にあってはいけない関係、父と娘、母と息子の性的関係についてお話していますが、今回もその続きです。父と娘の関係に気づいた母親は、そのとき、どんな行動をとるのでしょうか―――?

【今回のキーワード】 代用妻 代用夫 父と娘 近親姦

AKI ねェ、哲ジイ。前回、「代用妻」とか「代用夫」って話、出ましたよね。子どもを「妻の代わり」「夫の代わり」にしてしまう親の話。それなんですけどね……。

哲雄 ほっ、何か……思い当たるフシでも?

AKI いやいや、そうじゃなくて、それって、親のエゴだよなぁ……って思ったんです。

哲雄 そうですよ。エゴ以外の何物でもない。で、このエゴが現れやすい状況を考えてみると、前回、私のつたない経験でもお話しましたが、夫婦の関係に問題あり……なケースが多い。

AKI つまり、あれですか? 妻で満たせないものを子どもに求め、夫で満たせないものを子どもに求めてしまう。そういうことですか?

哲雄 ま、本人たちのせいではない場合もあるんだけどね。たとえば、夫が単身赴任で家を空けているとか、夫婦共働きで、妻が夜、働きに出なくちゃいけないとか……。

AKI でも、そうじゃない場合もあるでしょ? 夫が外に女作って、なかなか家に帰ってこないとか、逆に妻が遊び好きで、あまり家庭を顧みない、亭主なんて粗大ゴミ扱いしてしまうとか……。

哲雄 単に夫婦仲が冷え切って、たとえ家にいても、おたがい口もきかない……なんて場合もあるだろうしね。

AKI で、子どもにはけ口を求めてしまう? それってひどくないですか?

哲雄 感情としては、理解できなくないけど、たぶん、そういう人たちは、はけ口にされた子どもの精神がどうなるか――ということについての配慮が足りない、というか、欠如してるよね。

AKI そういう親ってさ、子どもは自分のために存在してるんだ――とでも、思ってるんじゃないのかなぁ。

哲雄 少なくとも、娘に妻の代役をさせる父親とか、息子に夫の代役を期待する母親っていうのは、「自分の気持ちいいこと」を子どもに求めちゃってるんだと思う。「私、パパのお嫁さんになる」なんて娘に言われたら、そりゃ、父親としては気持ちいい。「母さんはボクが守ってあげる」なんて息子に言われたら、そりゃ、母親としては気持ちいい。しかし、その「気持ちいい」は、やっぱり子どもに要求しちゃいけないんだよ。

AKI それを要求するからエゴなんですよね。でもさ、哲ジイ、その要求って、エスカレートしませんか?

哲雄 します。するから問題なんだよね。たとえば、思春期の子どもとの間で起こる近親姦の典型的なパターンのひとつに、こういうのがある。

AKI なんか、聞くのが怖いカンジ……。

哲雄 夫婦共働きで、妻は夜、飲食店で働いていて、夫は昼間、建設現場などでわりと肉体を使う仕事に従事している。そして、ふたりには、中学生の娘がいる――という家庭を想像してみよう。

AKI わりと、ありがちなパターンですね。

哲雄 ていうか、これ、実際に相談に持ち込まれたケースなんだけどね。で、この父親がけっこう酒乱。肉体労働だから、クタクタになって帰ってきては、晩酌を始めるんだけど、その支度をするのは、娘の役目。ときには、肩もんでくれとか、足の裏をもんでくれとかいう父親の要求にも、応えていたらしい。

AKI 私でも、それくらいならやってあげると思う。

哲雄 ほぉ? じゃ、私もあとで……。

AKI それは、別! だって、その子にとっては父親でしょ。それなりに愛情もあったわけでしょ? それくらいは、やりますよ。

哲雄 ところがね、そんな夜が続くうちに、父親の娘を見る目が変わり始めた。

「おまえ、母さんの若い頃に似てきたなぁ」

と、なめまわすように娘の体を見るようになり、そのうち、手が伸びてくるようになった。胸にさわる、脚にさわる、そのうち……って話だね。

AKI 娘は、それを母親に相談しなかったのかな? 実は、お父さんが……って?

哲雄 ウン、そこなんだよね。こういうケースでは、いくつかパターンがあって、まず多いのが、娘が父親に脅されるケース。

「母さんには黙ってろよ。おまえがもし言うと……」

って脅すわけですよ。一家はバラバラになってしまうぞ、おまえもこの家にいられなくなるぞ、おまえさえ黙っていれば、いままでどおり暮らせるんだから――ってね。

AKI ウワぁ、娘は辛いですね。

哲雄 辛いと思う。黙ってれば、当然のように、父親は自分の体を求めてくる。逃げようにも、そこは自分の家なんだから、逃げようがない。母親にも相談できないし、他のおとなに相談すると、母親にも知れてしまうことになるから、それもできない。せいぜい、友だちの家を泊り歩くとか、ファミレスやネットカフェで夜を明かすぐらいしか方法がない。しかし、それにも限界がある。それに、どんなにイヤなことをされようと、それでも相手は父親だからね。心底から憎むということもできない。

AKI 精神的には、どうなっちゃうんだろ?

哲雄 そこから先は、精神科の領域だから、私の口からは言えません。ただ、けっして軽くはない神経的外傷を受けることだけは間違いない。親が、子どもをそんな状況に追い込んじゃ、絶対にいけない。

AKI もし、お母さんに相談してたら、どうなったんだろう?

哲雄 これはこれで、問題なんだ。実は、さっきの例の女の子は、あるとき、思い切って母親に打ち明けてるんだよね。

AKI で、どうなりました?

哲雄 娘が、母親に責められた。

AKI エッ、エッ!? エ―――ッ!? どうしてェ?

哲雄 おまえがお父さんを誘惑したんだろう? 色目を使って誘ったんだろう――ってね。

AKI それ、ひどすぎないですかぁ? それじゃ、まるっきり「白雪姫」じゃないですか?

哲雄 だから、言ったでしょ。「白雪姫」はどこにでもいる――って。いろんなケースを読んでるとね、母親の態度は3つに分かれる。ひとつは、事実を知ったとたんに、娘を連れて家を出る。ま、これはいちばん健全だと思うんだけど、しかし、それには財力が必要だよね。家を出たくても出られない、という人だっている。そこで、相談所などに駆け込んで……ってやればいいんだろうけど、そのあとの生活のこともあるしね。

AKI どうするんですか、そういう場合?

哲雄 そこで、第2のケースとして、見て見ぬフリをする。もっとひどい母親になると、

自分の生活を守るために、娘を差し出す。

AKI ウソーッ! 許せないです、そんなの。

哲雄 自分はもう歳で、この先、女の魅力でこの男をつなぎ止めることはムリ。でも、娘の若い肉体があれば……と、計算してしまうんじゃない? 特に、夫婦が再婚で、娘と父親の間に血の繋がりがない、なんて場合にあり得るケースだと思う。

AKI もうひとつのケースとは?

哲雄 さっき言ったように、「おまえがわるい」と娘を責める。もう、こうなると、親と子じゃないんだね。女と女の闘いみたいになってしまう。

AKI 娘は救われませんね。まるで、地獄……。

哲雄 ほんと、そうだね。ふつうだと、神経がズタズタになってしまうよね。でもね、人間ってたくましいというか、強いなぁというか、そうはならない子もいるみたいなんだよね。

AKI もしかして、お母さんとバトルを始めちゃうんですか?

哲雄 そう。代役をやらされるんだったら、「代役」じゃなくて「本物」になってやろう――と、ハラを据えるんだろうね。というか、元々、父と娘なわけだから、愛情がないわけじゃない。いったん、父との間に親和性を築いたら、敵は「母親」になってしまう。こっちのほうが、「白雪姫」っぽいね。

AKI 怖い話ですね。ね、母親と息子の間にも、そういう関係があり得るの?

哲雄 ありますよ。この話、そろそろ終わりにしようと思ったんだけど、次回は、その話をしようか。

AKI みなさん、すみません。もうちょっとだけ、「怖い話」におつき合いください。

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかし愛ある感想をポチしてください。よろしくお願いいたします。

→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  
関連記事
拍手する

テーマ : 愛のかたち
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

りんさま
いつもご訪問、コメントありがとうございます。
この問題は、フロイト的に言うと、順番が逆みたいですね。
元々あった「父への愛」「母への愛」が、「禁止=抑圧」にあって、
無意識の中に閉じ込められているだけなので、
「近親への愛」を「性的な愛」と分離して考えること自体が不自然、
ということになってしまうようです。
「愛の素」はみな同じ。
そう考えればいいのだろうと私は思っています。
ただ、おとなとしては、教育的な意味で、
気をつけなくてはならない――ということなのでしょうね。

No title

2話連続で読んで
理解できない!  ・・と言い切れないから
ほんとに怖くなってしまいました(汗)

よく、誰でも鬱になる要素は持っていて発症するかしないかは
きっかけ次第・・・とか耳にしますが
それと同じで自分が母性愛と思っているものも
どこからどこまでがというボーダーラインって明確では無いですよね。
大なり小なりみんな心の奥には可能性を秘めているのかも・・・

他人のことには眉を寄せても自分にことは気づいて無いことのほうが
多いですから・・・(自分も含めて)。

いずれにしても子供に気を使わせるような親にはなりたくないですね。


ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR