よくグチを聞く人は、よく愛を得る人

コーヒーを飲む女知らなきゃよかった「恋愛法則」
 法則93  よくグチを聞く人は、よく愛を得る人である。

男も女も、よくグチを言います。気を許した
相手には特に。問題はその聞き方。グチを聞く
のがうまい人は、愛をゲットするのもうまい。


 男も、女も、よくグチを口にします。
 恋愛中であれば、カレや彼女に対して。結婚していれば、夫や妻に対して。
 しかし、そういう間柄でグチをこぼすのは、どちらかと言うと女性のほうが多いかもしれません。

悪魔女
男は、大事な人には「グチ」を言わない

 男性だってグチを言うことはあるのですが、それは、妻や恋人の前ではない場合が多いだろう――と思います。というのも、男は自分の家族や恋人の前では、「弱っている自分」を見せたくないと思っているからです。グチは言いたくても、ガマンして強がっていることが多いのですね。
 では、そのガマンしたグチはどこへ消えてしまうのか?
 グッと胸の内に収めて消化してしまうという、人間のデキた人もいるかもしれません。しかし、私の知る限り、そういう人はレアです。たいていは、どこか他の場所で、溜めたグチを吐き出そうとします。
 どこで? 知りたくないかもしれませんが、その「他の場所」とは、飲み屋のカウンターだったり、クラブのホステスの耳元だったり、もしかしたら、仕事場の部下の前だったりします。そして、考えられる最悪の場所は、愛人の胸元……。
 こういう場所で吐き出されるグチの中には、もしかしたら、「まったくうちの嫁ときたら……」「オレの彼女ときた日には……」などという、妻や恋人へのグチも含まれているかもしれません。
 「うちのダンナ、家ではグチひとつこぼさないのよォ」などとあぐらをかいていると、その頃、ダンナは、どこかの女の前で思いきりグチをこぼしまくっているかもしれないわけです。
 それを避けたければ、ふだんから、夫やカレがグチを言いやすい空気を作っておいてあげることが大事。「グチを言いやすい空気」とは、「グチなら聞くわよ」という雰囲気を醸し出しておくということです。

  男がグチグチ言うなんてみっともない。
  仕事の不満とか、私にぶつけないでね。

 ふだんからこんなメッセージを発していると、男性は、「この女の前ではみっともない姿は見せられない」と思い、彼女に「くだらない」と思われかねないグチは、別の場所で吐き出そうと思うようになります。
 反対に、

  いいわよ、だれにも言えないこと、この胸に吐き出してくれても。
  会社で何かあったの? 私でよかったら、話聞かせて。

 こういう態度を見せておけば、男性も、安心してグチをこぼせるようになるかもしれません。

悪魔女
女の「グチ」に、男が見せる反応4タイプ

 人に向かってだれかがグチをこぼすとき、人は相手に対して何を期待しているのでしょうか?

〈1〉「それは大変だねェ」と共感・同情して、自分の心情的味方になってくれる。
〈2〉客観的に状況を分析して、的確な批評・判断を示してくれる。
〈3〉「〇〇してみたらいいんじゃないの」などと、解決策を提示してくれる。
〈4〉「私も〇〇には不満がある」と共感を示して、共同戦線を張ってくれる。

 上記の〈1〉〈4〉は、グチを聞かされる側がグチをこぼす人間の胸の内を想像して下す判断です。
 しかし、この判断は、ほとんどの場合、あまり正確とは言えません。
 特に、グチをこぼすのが 《女性》 で、聞かされる側が 《男性》 であった場合、「聞かせる側が望むこと」と「聞かされる側が想像すること」の間には、かなりのズレが生じてしまう――ということが、しばしば起こります。
 たとえば、妻が夫の前で、こんなグチをこぼしたとします。

もう、イヤになっちゃう。今度、引っ越してきた向かいのご夫婦、どうも日本人じゃないみたいで、ゴミの出し方とかメチャクチャなのよ。いつも、隣の奥さんとふたりで、分別をやり直したりしてあげてるんだけどさ。そういうの、わかってるくせに、顔を合わせても知らんぷりなのよ。まったく、いやになっちゃう……。

 こういうグチを聞かされた夫は、どういう態度をとるでしょう。
 だいたいは、次の6タイプぐらいに分かれると思います。

夫A 「ヘェ」「フーン」と、気のない返事を返すだけ―― 生返事型 

夫B 「そういうの、ガツンと言ってやったほうがいいんじゃないの」と、わりと無責任なアドバイスを口走る―― ヤジウマ型 

夫C 「最近、そういう問題があっちでもこっちでも起こってるよね。外国人にもわかるように、分別のルールを解説する工夫をするとかさぁ、もっと行政とかがやるべきなんだよなぁ」と、なんだか、評論家的なコメント―― 評論家型 

夫D 「大変だなぁ。でも、エラいよ、〇ちゃん。分別し直してあげるなんてさ。そういうところにホレたんだよなぁ」と、同情を示しつつ、ホメてくれる―― 共感・同情型 

夫E 「一度、その夫婦の前で、実演してあげたらどう? こういうゴミは可燃ゴミ、こういうゴミは不燃ゴミ、こういうゴミは資源ゴミだよ――ってさ。何なら、オレ、講師役やってあげようか?」などと、助言&解決策を示してくれる―― 解決マン型 

 夫A夫Eの反応のうち、妻は、どの反応を好ましいと感じるでしょうか?
 夫Aの反応=生返事型は、世の男性がもっとも示しがちな反応ですが、これが、「うちの人、少しも私の話を聞いてくれない」と不評なのは、すでにみなさん、察しがついているのではないかと思います。
 夫Bの 《ヤジウマ型》 も、夫Cの 《評論家型》 も、「他人事みたいで冷たい」と感じる女性が多いだろう――と想像できます。
 残るは、夫Dの 《共感・同情型》 と、夫Eの 《解決マン型》 です。
 あなただったら、どっちのタイプの反応を見せようとするでしょう?
 そして、女性は、どっちのタイプの反応を期待するでしょう?
 実は、そこが、男と女で食い違っていることが多いのです。

悪魔女
「解決策」は要らない、「同情」「共感」が欲しい

 一般的に男性は、人の「グチ」を聞かされたとき、それを「グチ」とは受け取らず、「相談」と受け取ってしまう場合が多い。『わかりあえない理由』(田丸美寿々訳)という本を書いたアメリカの言語学者、デボラ・タネンはそう言っています。「相談」と受け取ってしまうので、何とか「解決策」を提示しなくてはなるまい。男は、そう思ってしまうことが多いのだそうです。
 一方、女性の側には、「相談」という意識はほとんどありません。ただ、話を聞いてくれて、「たいへんだったね」「キミの気持ちはよくわかる」と、共感を示し、同調または同情してくれるだけでいい。
 それを男性はわかってない場合が多く、「解決策」を提示しようとして、かえって女性に迷惑がられる場合が多い――とデボラ女史は指摘しています。
 というわけで、妻のグチを聞かされた夫の反応として、もっとも好ましいと思われるのは、夫Dの 《共感・同情型》 ということになります。

 以上は、「グチを言う女」vs「グチを聞く男」というケースを例にとっての解説でしたが、「女vs女」であっても、「男vs男」であっても、ほぼ同じだと考えていいかと思います。
 ただし、同じ 《共感・同情、同調》 を求める場合でも、そこが職場などの組織社会であれば、「共感や同調を軸に自分の派閥を形成しよう」とか「対立する人物・グループに対する対抗勢力を結成しよう」という、政治的野望が含まれている場合もあります。うかつに「共感」や「同調」を示すと、知らないうちに、その人の「一味」としてカウントされてしまうこともあるかもしれないので、少し注意が必要です。
 そういうケースを除いた、一個人vs一個人の場面でもらされる「グチ」には、「ウン、わかる」とうなずきながら、静かに話を聞いてあげるのが、「よい聞き手」の条件。
 そういう聞き方をしていれば、たぶん、あなたにグチをこぼした相手は、あなたを「いい人」と思い、親密感を抱いてくれるはずです。

  ごめんね、あまりいいアドバイスをしてあげられなくて……。
  ウウン、いいの。話を聞いてくれただけで心が楽になった。ありがとう。

 そこから「愛」が芽生えることも、大いに期待できます。

 よくグチ聞く人は、よく愛を得る人である。

 これが、今回の結論です。



   筆者の最新官能小説! 電子書店で発売を開始しました!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。
Kindleでお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR