緩い急行、遥かな愛〈40〉 ボクたちの革命に「勝利の旗」はない



追憶   連載小説 
 緩やかな急行、遥かな愛
  1966~75
 「急行霧島」が運んだ
 「愛」と「時代」
  第40章 

4・28で敗北を喫して以降、
学生運動の主な舞台は、全国の学園に
移っていった。その中で歌われる
革命歌に出て来る「勝利の旗」という
歌詞に昌子も私も違和感を感じていた。
私たちの闘いに「勝利」という言葉は
ふさわしくないと感じたからだ――。

157 この話は連載41回目です。この話を最初から読みたい方は、こちらから、
前回から読みたい方は、こちらからどうぞ。
 ここまでのあらすじ  横浜の大学から福岡へ帰省する私は、京都の女子大から鹿児島へ帰省する上園雅子と、「急行・霧島」で同席することになった。やがて迎える政治的激動の時代への序章。列車の中で私たちは、季節労働者に違いない赤鉢巻の男と同席するが、男が岡山で下車すると、私たちの距離は、少し縮まった山陽路の暗い闇を走る間、私たちは睡魔に襲われ、夢路の中で手をつなぎ合った。聖書を片手にしながら、大学の合唱団に所属する私と昌子。しかし、ふたりのキャンパスにも、静かに政治の風が吹き始めていた。ベトナムでは米軍の北爆が激しさを増し、各地で反戦運動が起こっていた。そんな中、私が所属する合唱団は演奏旅行をやることになり、その最終日、京都で昌子たちの合唱団とジョイントすることになった。「どうせだったら、京都で一泊すれば」と言い出したのは、昌子だった。昌子が手配した宿は、K大の学生寮だった。案内した高城は、昌子をオルグしようとしている高城という男だった。寮に着くと、高城は、「こんなの見たことあるか?」と、一冊の小冊子と酒を持って部屋にやって来た。「火炎瓶は投げるか、投げないか」をめぐって、私と高城は論争し、そのうち、私は酔いつぶれた。翌朝、迎えに来た昌子は、ふたりの酒を責め、翌日の京都見物を「哲学の道」の散策に切り替えた。「愛に思想は必要か?」と問う昌子と私は、鴨川の川辺で暮れなずむ京都の街を眺めながら、唇を重ね合った。 その秋、学生デモ隊がヘルメットを被り、角材を手に機動隊とぶつかり合う事件が起こり、京大生がひとり、命を落とした。一気に「政治化」するキャンパス。そんな中、キリスト教系学生の全国大会が開かれ、リベラル派と保守派がぶつかり合った。結局、大会は何も決められないまま終わったが、クリスマスイブに、関東では集会とデモが、関西ではクリスマスキャンドルの座り込みが計画された。私と昌子は、それぞれの行動の中でおたがいの名前を祈り合った。その年の暮れ、カウントダウンのチャリティのために「霧島」に乗れないという昌子を、私は教会に尋ねた。カウントダウンのキスの相手は、昌子だった。激動の1968年の朝が明けた。教会の集会室で眠る私の布団に潜り込んできた昌子と私は、初めて、体を重ね合った。時代は、変わりつつあった。日本でも、世界でも、若者たちが行動を起こし、私たちに「おまえはどうする?」と問いかけていた。その答えを見つけられないまま、私と昌子は、走る「霧島」の中で、たがいの体を求め合った。春になると、東大と日大がストに突入し、学園紛争の季節が始まった。そんなとき、昌子が上京してきた。昌子たちが応援している神村信平たちのフォーク・ライブを開くためだという。宿は、私の部屋だった。ドブ臭い運河の匂いが漂う四畳半で体を重ね合った私と昌子。昌子は、バリケード封鎖の始まった「東大」へ行ってみたいと言い出した。党派の旗が立ち並び、支援の学生たちが詰めかけたキャンパスで、私と昌子はK大の高城やT大の野本と出会った。その翌日、横浜の街を案内した私に、昌子は「いくら残ってる?」と私の財布を気にかけ、「自炊しよう」と言い出した。段ボールを食卓代わりにした貧しい食事。それはふたりにとって至福の時間だった。しかし、幸せな時間はアッという間に過ぎ去る。やがて私たちは、時代の嵐に巻き込まれていく。そんなときに開かれた全国大学キリスト者大会。折しも、政府が靖国神社を国家護持しようとしていたときだった。その頃、京都では、昌子たちが「反戦フォーク集会」を準備していた。その主役は、深夜放送でも曲が流されるようになった神村信平だった。神村は、カリスマに祭り上げられることに不安と怖れを抱いていた。その神村が告白した昌子への愛。「彼女を悲しませたりしたら承知せえへんで」と脅す神村だったが、昌子を悲しませたのは、私ではなく、「東大の落城」だった。2月になると、学園紛争は全国のキャンパスに広がり、各大学に「全共闘」が結成された。そんな中、4・28の「沖縄デー」がやって来る。過激派各派は、「新橋決戦」を訴えている。昌子も4・28には新橋へ行く、と伝えてきた。私も決意を固めた。初めて角材を手にして参加した実力闘争。しかしそれは、拭いきれない挫折を私にもたらした。打ちひしがれて、横浜まで戻ってくると、運河のたもとにうずくまる女がいた。傷だらけになった女戦士。それは昌子だった。昌子は傷だらけの体を私が貸した黄色いシャツを着て、揺れる京都の街へ帰っていった。4・28以降、学生運動の舞台は、各地の学園に移っていった。そんなな中、京都の昌子と連絡が取れなくなった――



 1969年夏。
 その6月から11月までの約半年間は、全共闘運動が、数的にはもっとも盛り上がった時期だった。
 しかし、犠牲も多かった。キャンパスの友人たちの間からも、逮捕されたり、負傷したりして、姿を消す者が続出した。
 逮捕歴がつくということは、もうまともな企業には就職できなくなる、ということでもある。たとえ、どこかに就職できたとしても、その就職先にまで公安の刑事が訪ねてくる。

 「最近、○○はおとなしくしてますか?」

 こんな訪問を受けては、会社に腰を落ち着けてもいられない。居づらくなって、自分から辞めざるを得なくなる。おそらくはそれが目的で、公安はあとあとまでつきまとう。
 当時の学生たちは、権力がそれくらいのことはやる――ということを、常識として知っていた。知っていながら、声を挙げ、行動した。
 《どう行動するのが、得になるか?》ではなく、《どう行動するのが、正しいか?》を行動の規範とする学生たちが、まだ、その時代には、健全な勢力として存在していた。
 私も、昌子も、そんな学生のひとりとして、考え、悩み、そして選択した。
 人間としてどうあるべきかを『聖書』に問い、社会はどうあるべきかをマルクスの哲学に問い、私たちは、もがきながらも、そのときそのときの生き方を選択した。

          クローバー

 「ねェ、秋吉クン。デモとかに行くと、必ず『インターナショナル』を歌うでしょ? あの歌、好き?」

 昌子が、突然、そんなことを訊いてきたのは、あの4・28の夜だった。傷だらけの体をボクの腕に委ねながら、昌子はその問いを、まっすぐボクにぶつけてきた。

 「ときどき、好きになりそうになって、怖くなる」
 「そうなのよね。けっこう、いい歌なんだよね。でもね、私、あの歌の最後のところにくると、いつも、ウッ……と詰まってしまうの」
 「いざ闘わん、いざ。奮い立て、いざ……ってところ?」
 「その、ちょっと前……」
 「いまぞ高く掲げん、わが勝利の旗……ってところ?」
 「ウン。あそこだけは、ちょっと違うゾ、って思ってしまうの。大事なのは、勝つか、負けるかじゃないでしょ、って言いたくなってしまうんだよね。秋吉クンは?」

 昌子はなぜ、そんなことを訊いてるんだろう――と思いながら、私は、慎重に言葉を選んだ。

 「《勝利》って、どんな勝利なんだよ――って、ボクはずっと思ってた。まさか、目の前の勝った、負けたのことなんかじゃないよな、と思ってるんだけど、もし、そうじゃなくて《最終的な勝利》のことを言ってるんだとしたら、その勝利って何だよ……ってね、ずっと思ってた」
 「秋吉クンは、どういう勝利であってほしいと思ったの?」
 「いつまでも、達成できない勝利」
 「達成できない勝利……?」
 「というより、達成されてはいけない勝利……かな」
 「勝利した瞬間に、新たな権力を生み出してしまうから?」
 「それもある。だから、トロツキーは、《永続革命》なんてことを言ったんだと思うんだけど、この世界に、権力というものが立ち現れる限り、この闘いは、いつまでも続く。いや、続けなくちゃいけない。歌に出てくる《勝利の旗》が、そういう《勝利》の旗であれば、ボクは抵抗なく歌える」
 「でも、違うかもしれない……と思ってるのね」
 「違うだろうね。違うだろう……と思うから、ボクも、あの歌詞の最後の部分には抵抗を感じてる」
 「よかった……」

 目を少しほころばせながら、昌子は、胸に置いた手で私の肉をつまんだ。

 「私ね、この闘いは、負けてしまうかもしれない……って思ってるの。新橋のことを言ってるんじゃなくて、いま、私たちが闘ってるこの闘いそのものが、武力的にも、政治的にも、そのうち、打ち負かされてしまうだろうって思ってるの」
 「いやに、悲観的なんだね。前のキミだったら……」
 「私、そんな、短絡的な女に見えてた?」
 「短絡的ではないけど、ときどき、ショートしそうになってた」
 「でも、ショートせずにすんだわ。秋吉クンがいてくれたおかげで……。もし、私が、勝つか負けるかに価値を置く世界観しか持ってなかったら、そして、もし、このまま私たちの闘いが挫折してしまったら、私はもう、この世界に何も期待することができなくなってしまうわ」
 「しかし、ボクたちが求めているのは、勝ち負けに依存するような生命じゃない」
 「もっと言って。秋吉クンの山上の垂訓が聞きたい」
 「ボクは預言者じゃないし……」
 「じゃ、私だけの預言者になって」
 「ボクたちが求めているのは、永遠の生命でしょ? イエスが十字架にかかることによって、連なることができた永遠の生命だよね。聖書的に言うと、永遠の勝利=永遠の生命だと思うんだ。目の前の勝利のためにそれを忘れる者はそれを失い、目の前の勝利を失ってもそれを得ようとする者はそれを得るであろう」
 「パチパチ……」

 昌子は、口で拍手しながら、私の首に腕を巻きつけ、熱した舌を私の口に差し込んで私が発した言葉を捜し、それを胸の奥に呑み込んだ。
 どんな敗北も私たちを打ち負かすことがないよう、私たちは、おたがいの体をしっかりとつなぎ合った。
 そして、昌子は、私の黄色いTシャツを着て、京都に帰っていった。

 「ずっと着ててもいい?」

 イタズラっぽい笑みを浮かべて、そう叫びながら――。

          クローバー

 夏休みが近づいても、昌子からは、何の連絡もなかった。
 いつもなら、「何日の霧島に乗る?」と、昌子から訊いてくるはずなのに、その連絡もない。私から、「霧島、どうする?」と手紙を送っても返事がない。
 これは、いよいよおかしい。
 その夏の帰省の「霧島」を、私は京都で途中下車することにした。
 ⇒続きを読む



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 恋愛小説~愛の挫折と苦悩
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR