「顔に出したい」と言う男の本心

手と手
女性の顔に射精したがる男たちがいます。
AVではおなじみの性テク。実はこれ、
男性の「征服欲」が求める性技。もし、
それを断ったらどうなるのでしょう?


 性とエッチの《雑学》file.68   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。




 読者の方から、こんな内容のご相談を受けました。
 同じ悩みを抱えた方も多いかと思いますので、以下に全文を掲載し、私なりの考え方をご紹介したいと思います。

《ご相談いただいた内容―原文のまま》

知り合って10年、恋愛関係5年になります。
すこしづつ時間を捻出して愛し合ってきました。
最近、彼が顔にだしたいといいます。
私は嫌じゃないけど「わからない」と答えています。
その理由をきくと、「誰もしたことのない特別なことを私にしたい」とのこと。
男の征服欲でしょうか?
大きな気持ちで受け止めてあげることが、今後もお付合いできるのでしょうか?
よくわからなくてもやもやしています。
その話の後は連絡を控えています。彼からもありません。
彼を傷つけてしまったのでしょうか?
それとも嫌われてしまったのでしょうか?
・・・・どうかよきアドバイスをお願いします。

 このご相談のメールを読んで、まず、私が感じたこと。それは――

 交際5年?
 永い!


 でした。
 これくらいの期間、肉体関係ありの交際(たぶん、そうなのだろうと推測します)が続いたとすると、世間的には「永すぎた春」ということになると思います。
 不肖・重松にも、かつて交際8年という彼女がいましたが、5年を経過する頃からは、彼女とSEXしたいという気持ちは、希薄になっていきました。それでも、彼女が好きでしたから、交際は続けたし、その心に寄り添おうという気持ちは持ち続けていました。
 しかし、そうした「愛情」はともかくとして、性的関係だけに絞って言うと、ふたりの肉体的関係は、かなりマンネリになっていきます。相談者のカレの場合も、おそらくはそうなのではないか――と推察できるわけです。

 男性側の勝手な都合で言うと、「何か刺激がないと燃えない」状態とも言えます。
 もしかしたら、「顔に出したい」も、その「刺激が欲しい」が言わせた言葉かも……とも思えます。
 もし、それが「刺激」を求めるためだけの要求であったとしたら、それが「刺激」として通用するのは、最初の1回か2回だけでしょう。
 「刺激」の「賞味期限」は、とても短いのです。
 「刺激」を感じなくなった相手は、次なる「刺激」を求めます。それに応える⇒飽きる⇒新たな刺激を求める⇒応える⇒飽きる⇒新たな刺激を求める……これを、永遠に繰り返すしかなくなるわけです。
 こういう男女関係は、ただただ消耗するばかり。
 私は、好みません。たぶん、相談者もそうだろうと思います。

悪魔女
「美しいもの」を「汚したい」という欲望

 「顔に出す」は、AVの世界では「顔射(がんしゃ)」と言って、最初は、

 この男優は本気でやってますよ。
 ホラ、ちゃんと射精してるでしょ。


 ということをわからせるための手法として、AV上のプレーの中に取り入れられるようになりました。
 もちろん、別のネライもありました。
 女優のかわいい顔を男優の精液で汚す――ということで、見る人間(この場合は「男」です)の劣情を満足させる、というネライです。
 人間には、「美しいものを汚したい」という欲求が潜んでいます。
 「美しく気高い」と感じられるものを「汚す」ことによって、その価値を自分と同等またはそれ以下へと引きずり下ろす。そうすることによって、「征服欲」が満たされる。
 世の中には、そういうタイプの男性が、少なからず存在します。
 相談者のカレ氏がそういうタイプであるかどうかは、残念ながら、文面からだけでは判断できませんが、「顔に出す」という行為を求める男性の中に、その種の「征服欲」が潜んでいることは、否定できない事実だろうと思います。

 なぜ、「顔に出す」が「征服欲を満たす」になるかと言うと、「顔」が、その人間の「尊厳」を表す場所だからです。
 たぶん、相談者は、男に「その顔を汚したい」と思わせるような「気高さ」や「美しさ」をお持ちなのかもしれません(←私の推測です)。
 仮に、相談者が、カレの求めに応じて、その顔を精液でヌルヌルにしたとしましょう。
 カレは、その時点で「征服欲」を満たされて満足。
 ご相談の文面(下線部分)にあった「誰もしたことのない特別なことを私にしたい」というカレの言葉は、相談者がおっしゃるとおり、そうすることによって「この女を自分の言いなりになる女として掌中に収めた」満足を得たい――という男の気持ちが言わせた言葉。男の「征服欲」が言わせた言葉――と解釈するのが、妥当だろうと思います。
 しかし、どうか覚えておいてください。
 「征服欲」は、その征服が完了した時点で、満たされてしまい、もはや欲望をたぎらせる原動力とはなり得なくなります。
 つまり、

 征服されてしまったら、もはや「征服欲」は作動しなくなる

 のです。
 もし、カレの「征服欲」を持続させ、それを、男を自分に繋ぎ止める原動力として維持したい――というのであれば、女としては、それを拒み続けるしかない。あるいは、焦らしに焦らし続けるしかないわけです。
 そういう意味では、相談者がカレに返した「わからない」という答えは、一種の「じらし戦法」と言えなくもありません。
 満点とは言えないけど、わるくない返答であった――と、シランケンは思います。

悪魔女
カレは「気の弱い征服者」……?

 問題は、以降、連絡がなくなった――という状況のほうですね。
 カレは、「征服すること」を諦めてしまったのでしょうか?
 だとしたら、カレの「征服欲」は、かなり脆弱であった、と言えるかもしれません。本来の「征服欲」は、拒まれれば拒まれるほど燃え上がる、という性質を持っているからです。
 ちょっと口にしてみたけど、いい返事が返って来なかったので、スゴスゴと諦めてしまった。もしそうだとしたら、この「征服者」はかなり、草食系です。
 他の可能性も考えられます。

 ひとつは、別に「征服しよう」というほどの強い欲望ではなく、単に、「マンネリ化したSEXにちょっと刺激を加えよう」程度の申し出であった、というケースです。
 ちょっと言ってみたけど、やっぱりダメか。何だかもう、エネルギー湧いてこないや――と、情熱を失ってしまった。
 この場合、連絡がつかなくなった原因は、「顔出し」を断られたことにあるのではなく、「顔出し」を求める理由となった「マンネリ」のほうにあると考えたほうがいいでしょう。文字どおり「永すぎた春」現象のひとつで、こっちのほうが根が深いと思います。

 もうひとつ、考えられる理由があります。
 それは、「顔に出したい」が、あなたの「献身」を測るためのテストであった――というケースです。
 「この女は、どこまで自分の要求を受け入れてくれるか?」を確めたくて、「顔に」と言ってみたけど、やっぱり断られた。「オレの言うとおりにはなってくれないわけね」と判断して、相談者に見切りをつけた。
 もしそうだとしたら、わるいことは言いません。そんな男はお止めなさい、と申し上げるしかありません。
 そもそも、「どこまで自分のわがままを聞いてくれるか?」を相手の価値を定める判断の規準とする――という時点で、私は、恋人としていかがなものかと思います。

悪魔女
「征服欲」は「消えもの」です

 というわけで、「連絡がなくなった理由」は、この文面からだけでは、判断がつきません。
 ただ、相談者のシューティングスターさんには、ひとつだけ覚えておいていただきたいことがあります。
 それは、「征服欲」は「消えもの」だ――ということです。
 それに依拠した男女関係は、危うく、もろいものです。
 もし、カレに「征服欲」以上に、「この人を大事にしたい」という気持ちが強ければ、「この前は変なことを求めて、ごめんね」と、あなたの気持ちを修復する努力をするはずです。
 私だったら、そうします。
 カレからそんなアプローチがあることを期待して、この稿は閉じたいと思います。
 あなたの恋がうまくいくよう、心よりお祈りしています。



   筆者初の官能小説! 電子書店から発売中です!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。
Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 性とエッチにまつわる科学と雑学
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR