「美人」とはできない男でも、「ブス」とならできる理由

手と手
美人すぎてエッチなんてできない。男に、
そう感じさせる女性がいます。彼らは
言うのです。エッチするならブスのほうが
いい――と。その理由は?

 性とエッチの《雑学》file.67   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。




 「美人」より、「ブス」がいい――と言う友人がいます。
 あ、これは、「もし、エッチをするなら」という話ですよ。
 で、念のために申し上げておくと、その友人が言う「ブス」というのは、「不美人」という程度のことで、私なんぞから見ると、十分に「美しい」の範疇に入れてもいい、と思える女性たちです。

 変わった人ネ――と思われる方も多いでしょうが、実はこれ、その友人に限ったことではない。こういう感じ方をする男が、私の周囲には少なからずいるのです。
 彼らの主張は、ほぼ共通しています。

 「美人」は「観賞用」であって、「エッチ」には向かない。

 というのです。
 どういうことなのでしょう?
 彼らの主張するところをまとめると、こうなります。

悪魔女  「美人」が「エッチ」に向かない理由〈その1〉 
「いやらしい要求」ができない

 これを声高に主張したのは、友人A。思いっきり栃木ナマリでこう言うのです。

だってよ、おめェ。エビちゃんに向かって、四つんばいになってケツの穴見せろ、なんて、言えねっぺよ。言えねェよォ。でもよ、辺見えみりにだったら、言えるっぺ。

 すみません。えみりさん。
 友人Aにとっては、辺見えみりは「ブス」の範疇に入るらしいのです(←筆者は、全然、そうは思いませんからね)。
 そうなのです。
 この友人Aのように、「エッチ」というものは、思いきりヒワイに楽しむもの――と思っている男性にとっては、「美人」は扱いに困るらしいのです。
 確かに、相手が「美人」さんだと、「エッチ」は作法(?)にのっとって、正しい姿勢、正しい手順で行わなくてはいけないんじゃないか――という気になってしまいます。
 「オレのをくわえてくれ」だの「なめてくれ」だのも、言いづらい気がします。
 なるほど、この理由、わからないでもありません。

悪魔女  「美人」が「エッチ」に向かない理由〈その2〉 
緊張して、体が言うことを利かなくなる

 男性が「エッチ」可能な状態になるためには、神経が「副交感神経」優位(=リラックス状態)になって、血管が拡張し、血液がどんどん、あそこに流れ込む必要があります。
 ところが、相手がものすごい美人だったりすると、男性の神経は緊張状態(=交感神経優位)となることがあります。血管は収縮し、血流も抑制されてしまいますから、この状態では、どんなにガンバっても、肝心のものが「使用可能」の状態になりません。
 これでは、「エッチ」しようにも、ムリ……というわけです。

 残念なことに筆者は、緊張でそれが言うことを聞かなくなるほどの「美人」と事に及んだことなどありませんが、幸運にもそうした状況に直面した友人たちの中には、実際、緊張のあまり、その千載一遇のチャンスを逃がしてしまった者もいました。
 しかし、考えるに、これは、相手が「美人」かどうか――という問題ではないような気もします。
 たとえ「美人」でなくても、相手が、長年恋い慕ってきた女性であったとか、サインひとつで自分の首を飛ばす権利を握っている女性管理職であったとか、事の成否ひとつで契約がとれるかどうかが分かれる大事なクライアントであった――なんていう場面でも、起こり得ることだと思います。

悪魔女  「美人」が「エッチ」に向かない理由〈その3〉 
「妄想力」にスイッチが入らない

 精神的にもっとも大きいのは、これではないか――と、筆者は思います。
 そもそも男という生きものは、愛する彼女の上で果てるときでさえ、「妄想」の力を借りて、自らを奮い立たせています。
 目の前にいるのが、どんないい女であっても、その映像だけで魂を宇宙の彼方に飛ばせるか――というと、どうもそうではないような気がするのです(もちろん、個人差はあるでしょうが……)。
 刺激として重要なのは、目の前にいる女性の映像よりも、つながっているその部分から伝わってくる触覚信号と、その女性について描き出す脳内のイメージだと思います。
 男は、目の前の「素材」をそのまま刺激として使っているのではなく、脳の中で「加工」したそのイメージを使っているのだ――と、私は思っています。
 その「素材」が、かなりの「美人」だったとしても、「美人」であるというだけで刺激されるわけではなく、その「美人」を征服し、辱めている自分……というストーリーが描けて、初めて、興奮はピークに達するのではないか。私は、そう思うのです。

 実際、「美人」を相手にした私の幸運な友人たちは、その美しきオブジェを目の前にして、脳を「妄想」モードに切り替えることができず、あえなく撃沈……の運命をたどったのでした。

悪魔女
ではなぜ、「ブス」が相手だとできるのか?

 これは、《「美人」だとできない理由》をすべて裏返しにして考えると、わかりやすいと思います。

〈1〉「ブス」だと、どんないやらしい要求も、突きつけやすい。
 〈2〉相手が「ブス」だと、緊張しなくてすむ。
 〈3〉「ブス」のほうが「妄想」を働かせやすい。
    というか、「妄想」の力を借りないと、できない。


 もうひとつだけ、これに付け加えるとするなら、 

 「ブス」のほうが、情が厚い。

 です。
 友人Bの言葉を借りると、こうです。

自分は美人ではない――と思っている女は、ただ、お人形さんのようにしていただけじゃ、男の心を繋ぎ留められないって知ってる。だから、いろいろ工夫するんだよね、エッチについても。うまいよ、彼女たち。あんまり具体的なことは言えないけど、いろいろとさ……。

 たしかに、それは言えるだろう――と、筆者も思います。具体的には、言えませんけど……。
 「ブス」のほうが「エッチ」に向く、というのは、だいたいこんな理由から。
 もし「美人」を思いのままに操れる男がいるとしたら、「美人」を「ブス」扱いできる男ではないか――というのが、友人たちの共通した意見でした。

悪魔女
「ブス」には限界があるか?

 さて、ここまで繰り返し、「ブス」という言葉を使ってきました。
 女性のみなさんには、失礼を承知で使わせていただいたのですが、最初にお断りしたとおり、ここで「ブス」と言っているのは、「それほど美人ではない女性」という程度の意味です。

 では、その「ブス」に下限はあるのか?
 どんな「ブス」でも、男は、「エッチ」の対象にすることができるのか?


 この質問への答えは、「YES」であり、「NO」です。
 先に説明したとおり、男は最終的には「妄想力」に頼って、事を成し遂げます。そういう意味では、どんな相手であろうとOKなのですが、この「妄想力」にも限りがあります。
 というより、この「妄想力」を妨げるタイプの「ブス」だと、いかに妄想好きの男でも、いかんともしがたくなります。
 筆者の経験から言わせてもらうなら、「不衛生」は、絶対にダメです。もうひとつは、ニオイです。
 このお方、しばらく顔も洗ってないのではないだろうかとか、口も磨いてないようだとか、痰がのどにからまっているんじゃないのとか、髪が臭うとか、前歯が抜けたままとか、その口の発疹はもしかして感染症? とか――こういうのは、やっぱりダメです。
 恐ろしい妄想しか浮かびません。
 「ブス」の下限を決定するのは、容姿ではなく、ニオイと衛生面。「不潔なブス」だけは、どうしようもないんですね。ごめんなさい。



   筆者初の官能小説! 電子書店から発売中です!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。
Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 性とエッチにまつわる科学と雑学
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR