自伝的創愛記〈26〉 白いパンツの罪と罰

老犬自伝的エッセイ 「創愛記」
     Vol.26  


中2のクラスに、林文子という
ヤンチャな女子がいた。人より
短いスカートを穿き、人の名前を
呼んでは、足を開いて――。

 小学校時代の最後の半年間を級長として過ごしたボクは、中学校のクラスでも学級委員長に推薦され、胸に委員長バッジを飾ることになった。
 胸にかがやくバッジは、それなりに誇らしくもあったが、同時にそれは、身にある種の危険を背負うことも意味した。
 中学校には、1クラスに2人か3人、いわゆる不良と呼ばれる連中がいた。そういう連中にとって、「委員長」のバッジは、何かと目障りになるに違いない。
 しかし、ボクには、小学校の最後の1年間で、ちょっとだけ学習したことがあった。クラスをまとめるためには、クラスの中でワルっぽくふるまうそういう連中を決して仲間外れにはせず、ほどほど仲よくしておいたほうが、クラスはよくまとまるということだ。
 というわけで、委員長になってからのボクの周りには、頭のいい連中も寄ってきたが、あまり素行のよくない連中も寄って来て、何かと手助けをしてくれたりするようになった。
 その中には、女子もいた。林文子も、そのひとりだった。
 ちょっとやんちゃな女の子だった。体育の時間など、他の子たちがブルーマーを穿いてくるのに、彼女だけは、所属する卓球部の短パン姿で現れて、少し脚を開き気味に地べたに座ったりしていた。
 「重松クン」と名前を呼ばれて振り向くと、開いた脚をボクのほうに向けて、閉じていたヒザを貝の殻のようにジンワリと開き、開いたと思うとギュッとすぼめて見せたりする。
 それはまるで、ボクをそこへ誘い込むしぐさのように見えた。しかし、ボクには、そんな誘いに乗る気はなかったので、彼女が脚を開いて見せる度に、目を逸らしていた。

            

 2年生になるときには、クラス替えが行われたが、林文子とは、またも同じクラスになった。ボクが再び学級委員長に選ばれると、文子は自分から「私、掲示係やる」と言い出した。
 クラスの掲示板に、何をどう貼り出すかを決めるのは、委員長であるボクの仕事だった。その指示に従って、文子は机の上に飛び上がり、掲示板の右から左へ、高い位置から低い位置へと、背伸びをし、腰を屈め、掲示物をコルクのボードに画鋲で留めていく。
 お転婆な文子の制服のスカート丈は、人よりもだいぶ短かったので、彼女伸び上がる度に、屈み込む度に、スカートの裾からは、白いパンツがのぞいた。
 ボクは、その度に「ドキッ」とさせられたが、そのことを口にはしなかった。口にすると、なんだか彼女のあざとい計略にはめられてしまうような気がして、見て見ないフリをした。それでも、目はチラチラ……と、彼女のパンツに向いてしまう。
 林文子は、ボクにとって「好きなタイプ」の女子というわけではなかったが、無警戒とも見えるお転婆っぽさの中に、時折、漂わせてくる「女の子」という匂いは、ボクの心をちょっとだけ動揺させた。
 というわけで、林文子と掲示物を貼り出す時間は、ボクにとって、密かな愉しみの時間ともなっていた。
 しかし、その愉しみは、長くは続かなかった。

            

 いつものように、林文子に手伝ってもらって掲示物を貼り出していたある日のことだった。いきなり、ガラガラッ……と、教室の鉄製のトビラを開ける音がした。
 「なん……?」と、文子が脅えたような表情を見せた。
 「オウ、文子」と入ってきたのは、3人の男たちだった。顔に見覚えがない。たぶん、3年生だ。
 「ボクら、いま、掲示板の整理やりよっちゃけど……」
 だから、ジャマせんといててくれ――と、ボクにしてみれば、精いっぱい抵抗して見せたつもりだったが、3年生の圧力にはかなわなかった。
 「オレたち、この子に話があるっちゃ。おまえ、ちょっと、席外しとってくれ」
 「NO」と断ることも、「なんで?」と問い返すこともできず、「どうする?」と尋ねるつもりで文子の顔を見ると、文子はコクリとうなずいたように見えた。
 その顔が、「ゴメンね」と言っているようにも見えたので、ボクは、仕方なく教室のトビラを開けて外へ出た。
 「これ、片づけんといかんけん、30分経ったら、戻ってくるばい」と言い残して。
 他に言いようがあったろうに――と、後になって思ったのだが、そのときは思いつかなかった。いや、それよりも、そもそも女の子ひとりを残して教室を出ていくなんてことを、やるべきじゃなかったとも思ったが、ボクにはその勇気もなかった。
 よく考えると、職員室に走って、先生を呼んでくるという方法もあったはずだが、その知恵は、残念ながら、そのときのボクの頭には浮かばなかった。
 結局、ボクは逃げたのだ――と、思い知るしかなかった。
 30分経って教室に戻ってみると、文子の姿は教室になく、貼りかけの掲示物が、彼女が踏み台にした机の上に置きっ放しになっており、なぜか、文子のものと思われるハンカチが、床に落ちていた。
 男たちと文子の間で何が起こったのか、ボクには知る術がなかった。
 その日、彼女が教室に戻ってくることはなく、その日以後、文子が掲示物の貼り出しを手伝ってくれることもなかった。
 ボクには、苦い後悔だけが残った。
 身を挺してでも、教室に居残り続けるべきではなかったか?
 以後、ボクと顔を合わせることを避けるようになった林文子を見る度に、その後悔がボクを苦しめた。



   筆者の初官能小説! 電子書店から発売中です!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 恋愛小説~愛の挫折と苦悩
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR