緩い急行、遥かな愛〈1〉 赤い鉢巻きと黒いタイト

追憶   連載小説 
 緩やかな急行、遥かな愛
  1966~75 「急行霧島」が運んだ
 「愛」と「時代」
  第1章 

東京-博多間を21時間30分で結ぶ
「急行霧島」。貧乏学生だった私は、
春・夏・冬の帰省の度に、
その急行を使っていた。
京都から乗り込んでくる彼女と私は、
その急行の中で出会った。それが、
私たちの激動の序章となった――。


 ここまでのあらすじ  1966年、横浜の大学に入学した私は、郷里・福岡との往復に、「急行・霧島」を使っていた。東京⇔博多を21時間かけて結ぶ急行列車。その車内で、私は奇妙な出会いを経験した――



 私は横浜のその大学に、月々1万8000円の仕送りを受けて通っていた。
 授業料は、半期・6カ月で6000円ですんだが、下宿代が月に4500円かかる。残り1万3500円で本や教科書を買い、服を買い、メシを食い、2、3日に一度は、銭湯にも入らなくてはならない。とても、暮らしていけないので、私の学園生活には、アルバイトが欠かせないものになった。
 帰郷のための旅費も、アルバイトで捻出するしかない。それでも、夏休み・冬休み・春休みと、年に3回は、横浜と九州を往復していた。
 ほんとうなら、「霧島」には、横浜駅から乗り込んでもいいのだが、そうすると、席が確保できない恐れもある。
 夏休みの帰省でそのことを思い知らされていた私は、その年の冬休みの帰省には、いったん東京駅に出て、始発の車両に乗り込むという方法をとった。

          クローバー

 それでも、そろそろ年末を迎えようとする車内は、ごった返していた。
 4人掛けのボックス席は、ほとんど乗客で埋まり、網棚には、大きなボストンバッグや紙袋が、ギュウギュウに押し込まれていた。
 空いている席を探して、車両を後ろから前へ移動していると、ひとつだけ1人分の席が空いているボックスが見つかった。
 空いてはいるのだが、席は埋められていた。
 向かい合う席に座った男が、分厚い靴下を履いた足をシートに投げ出し、私が座るべき席を占拠していたのだ。
 男は、ベージュ色の作業ズボンに腹巻き、上半身には綿入りのちゃんちゃんこを羽織り、頭にはねじった赤いタオルを巻いて、寝息を立てていた。
 東京方面での仕事を終えて郷里へ帰るところか、あるいは年末年始の仕事を求めて関西方面へ向かう季節労働者、といったところだろうか。
 一瞬、どうしようかと思ったが、他に空いている席はない。
 投げ出された男の足をポンポンと叩いた。
 冬眠にはいったばかりのところをたたき起こされた熊のように、男は、不機嫌そうなまぶたをしぶしぶと持ち上げ、私の全身を足元から頭のてっぺんまで、なめるように見回した。

 「ここ、いいですか?」
 「オッ……」

 男は、面倒くさそうに体を起こすと、シートに上げた足を床に下ろした。
 床には、一面に新聞紙が敷かれ、男が履いていた作業用ブーツは、シートの下に並べて押し込まれていた。
 私は、車中で読むために持ってきた本を2冊と、小田原を過ぎたら食べようと買い込んでおいた弁当を取り出し、バッグを網棚に上げて、さっきまで男の足が占拠していたシートに腰を下ろした。
 男は、そんな私の様子をジロジロと眺めていたが、やがて、足元に置いた一升瓶を持ち上げて、窓際の小テーブルに置いてあった湯のみにトクトクと注いだ。
 それをひと息にのどに流し込むと、また、チロチロと視線を私のほうに向ける。しかし、見ているのは、私ではなくて、どうやら私が持っている本のようだった。

 「兄ちゃん、どこまでや?」
 「博多です」
 「遠いな。そんなん履いとったら疲れるやろ。いいから、靴脱いで足伸ばせや。こうやって、互い違いに伸ばしたら、シートの下まで足伸ばせるやろ?」
 「はぁ……」

 男の口ぶりには、そのために新聞紙強いてあるんだ、汚すなよ――という恫喝も含まれているような気がして、私はその指示に従うことにした。
 確かに、そうして足を伸ばせば、少しラクになる。
 やれやれと思いながら、取り出した本を広げると、またも男の視線が注がれているのを感じた。

 「むずかしそうな本やなぁ。兄ちゃん、学生か?」
 「ハァ……」
 「経済学……哲学……?」
 「経済学哲学草稿ちゅう本です」
 「それは、あれかい? 金儲けかなんかのことが書いてあるんかい?」
 「いや、その逆です。金儲けのために労働者を搾取する連中と闘え、ちゅうことが書いてあるんです」
 「ええこと言うやんけ。それ、だれが書いたんや?」
 「マルクスという人です」
 「おお、マルクス先生かい?」
 「エッ、おじさん、マルクス知ってるんですか?」
 「アホぬかせ。マルクスゆうたら、あれやないか、立て、バンコクの労働者ゆうた先生やろ、知らいでかい。これ、見いや」

 言いながら、男は、自分の頭を指差した。

 「エ、鉢巻ですか?」
 「アホ。これがただの鉢巻に見えるか? 何色や、これ?」
 「赤ですけど……」
 「そうや。赤や。赤ゆうたら、団結の赤や。ピンと来いや、もっと。まったく、学生は、頭でっかちでいかん。よっしゃ、ま、一杯いけや。団結のしるしや」

 男は、さっきの湯のみに一升瓶から並々と酒を注いで、それを私に差し出した。
 しかし、私はそれを飲むわけにはいかなかった。男が注いだ程度の酒で、私はほぼ酩酊状態になる。ヘタしたら悪酔いしてしまうだろう。

 「すいません。酒は、全然、ダメなんです」
 「なんや、情けないなぁ。しゃあない。ワシが代わりに飲んじゃろう」

 男は、グビグビと、音を立てて湯のみの酒を飲み干すと、「あ~あ」とため息をつき、再び寝息を立て始めた。

          クローバー

 やれやれ、大変な男と道連れになってしまったもんだ――と思いながら、男が寝込んだのを見定めて、手にした本を開いた。
 ずっと、冬眠しててくれればいいのだが、男は、列車が大きな駅に着くたびに目を覚ました。

 「オッ、兄ちゃん、どこや、ここ?」
 「熱海です」
 「なんや、熱海か? おエライさんたちは、ここらまでハイヤー飛ばして来るんやで。銀座のおネエちゃんたちとか連れてな。ケッ!」

 ひとしきり悪態をついて、また寝息を立てる。

 「オッ! こんだ、どこや?」
 「浜松です」
 「オッ、いかん。兄ちゃん、窓開けてくれや。ウナギ買わんといかん。兄ちゃんもどや?」

 昼飯にと買っておいた弁当は、横浜を出た直後に食べてしまったので、そろそろ小腹が空いてくる時間だった。「ボクも買います」と窓を開け、ホームの駅弁売りを手招きした。
 駅弁と言えば、まだ、車内販売よりもホームでの立ち売りが主流の時代だった。

 「うなぎ弁当2つや。貧乏学生と貧乏労働者が2つも買うんや。おっちゃん、お茶、サービスしといてや」

 男はまんまとお茶2つをサービスにつけさせた。男が「これはおごりや」と言うのを、「いや、それはいかんです」と断って自分の分を払い、ふたりで「うまい」「うまいな」とパクついた。
 名古屋に着くと、ボクの隣に座っていたビジネスマン風の男とその向かいに座っていた初老の婦人が席を立ち、ボックス席はボクとその男だけになった。

 「オゥ、やっとゆったりできるわい。兄ちゃん、足伸ばそうや」

 再び、男の足はシートに乗せられ、ボクも足をシートに伸ばした。

          クローバー

 米原を過ぎる頃には、窓の外は暮れ始め、やがてすっかり暗くなった頃、「霧島」は静かに京都駅に滑り込んだ。
 その人が乗り込んできたのは、京都だった。
 黒いタイトのスカートに、淡いパープル色のフワリとしたセーター。両手にボストンバッグと紙袋を提げたその人は、ボブにカットした髪の毛先をプルンプルンと震わせながら、車両の後部から私たちの席のほうに近づいてきた。
 その足が、私たちのいるボックスの前で止まった。
 キラリと輝いた目が、「あ、席、あった!」と言っているように見えた。
 ボクは、シートに上げていた足を下ろし、眠りこけている男の足を叩いて、その足を下ろさせ、体をこれ以上ないというくらい窓際にずらして、「どうぞ」の意思を示した。

 「いいですか?」

 やわらかなソプラノが、まるで天女の声のように、私の頭の上から降ってきた。
 男は、「オッ、いい女!」というふうに目を見開き、それから、あわてて、頭に巻いていた「団結のシンボル」を外し、腹巻の中にしまい込んだ。
⇒続きを読む



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 恋愛小説~愛の挫折と苦悩
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR