父と娘の幻夢〈13〉 レター・フロム・USA

もの想い 妄夢草紙 
 第9話  父と娘の幻夢  13 

      R18 
このシリーズは、性的表現を含む官能読み物です。
18歳未満の方は、ご退出ください。


美遊の行方が知れないまま、
3つの秋が過ぎ、4つ目の秋が
やって来た。そんなある日、一通の
封書が届いた。差出人は「Myu」。
美遊からだった—―。


この話は連載13回目です。この話を最初から読みたい方は、⇒こちらから、前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 「きょうのお通し、私が作ったんですよ」。お盆を抱えてニッコリほほ笑む顔を「かわいい」と思った。名前を佐藤美遊。私がランチを食べに通う居酒屋「鉄太郎」のアルバイト店員だった。その顔を見たくて、昼飯は「鉄太郎」と決めた私。ある日、食事しながら、ジャズのナイト・クルージングのチラシを見ていると、彼女がそれに興味を示してきた。「ジャズが好き」と言う彼女を私は、横浜でのクルージングに誘った。「きょうは若いお嬢さんとご一緒で?」と冷やかすベースの前原に、「へへ、隠し子です」とふざける美遊。しかし、彼女が発した「隠し子」という言葉は、私の中で、具体的なイメージとともにふくらみ始めた。かつて、私が会社を辞めるときに、一度だけ愛し合ったことのある桂山美佐子。美遊の顔には、その面影が宿っていた。横浜からの帰り、美遊は「これからも会ってくれますか? お父さんのように」と言う。私と美遊は、それからも度々、逢瀬を重ねた。娘のように甘える美遊が「やってみたかったことがある」と言う。それは、「父親の背中を流してあげること」。私は、その願いを叶えてあげることにした。しかし、それは「危ない遊び」につながった。「キミの部屋が見たい」と彼女のアパートを訪ねた私は、そこに飾られた写真に目が釘付けになった。母と娘らしきツーショット。母親と思われる女は、桂山美佐子だった。「どうして母の名前を知っているの?」と問い詰めてくる美憂に、私は、かつて美佐子に寄せていた思慕を打ち明けた。美憂は、私の目をまっすぐに見つめて訊いた。「母とセックスしたの?」。私はコクリとうなずいた。その2日後、美遊は、「鉄太郎」でのバイトを辞め、大学を退学し、アパートを引き払って、私の前から忽然と姿を消した。行方を求めて訪ねた大学の「ジャズ研」の部室で、ひとりの男が、私を呼び止めた。中川と名乗るその男が口にしたのは、美遊からの頼まれごとのことだった。その頼まれ事とは「DNA鑑定」。その結果は、彼女に退学を決意させ、姿を消すことを決意させるようなものだった――



 あれは、知らなければよかった事実なのかもしれない――と、いまでも思うことがある。
 美遊にとっては、どうだったのか?
 もし、どちらもそのことを知らないでいたら、私たちは、「父と娘」のような恋人同士として、いまでも仲よく手をつないで、この街のあちこちを、飲んだり、食べたり、買い物をしたり、ときにはライブハウスに顔を出したりしてブラつき、どこかの街角で身を寄せ合うようにして熱い唇を重ね合っていただろうか?
 もし、知らないでいたら……。

 もし、私たちに罪があるとしたら、それは、それを知らないでいたことか?
 それとも、知ってしまったことか?
 違う、と私は思った。
 知ってしまったことによって、「知らないでいたこと」が罪になってしまったのだ。
 美遊にとっても、それは同じだろう。
 わずか数ヶ月の間、私と美遊が交し合った甘美な言葉も、一緒に過ごした美しく濃密な時間も、その事実を知ったがゆえに、唾棄すべき言葉となり、消し去ってしまいたい時間となった。

 もし、そんなことが何もなかったら……と、私は別の可能性について考えてもみる。
 私たちは、「父と娘」としておたがいを発見し、驚き、戸惑いながらも、やがては、ごくありふれた「親子」の情愛を交わすようになっていったのだろうか?
 「娘」を「女」として意識することもなく、「父」を「男」として意識することもないままに……。
 しかし、その仮定には、答えを見つけることができない。
 愛しいと思い、知らず知らず惹かれ合っていったそのプロセスを「0」に戻して、仮定のストーリーを組み立てることなど、私にはできなかった。

 美遊の行方については、私には、調べる手立てがなかった。
 中川と名乗った男の話によれば、美遊はもう、日本にいないことになる。
 アパートの家具を「全部、処分して」と言い残して部屋を出た――ということは、どこかに転居する意思もなかった、ということだ。
 どこに行った、美遊?
 その問いは、風に問うしかない。
 そして、風は、何も答えなかった――。

       

 それから3度の秋が行き、3度の春が来て、4度目の秋がきた。
 私の人生にも、そろそろ晩秋の風が吹き始めた……と感じ始めた、そんな季節だった。
 ポストに見慣れない郵便物が届いていた。
 私たちの間でも、通常の私信のやり取りは、メールが当たり前という時代になりつつあった。ポストに封書入りの私信が届くということ自体が、珍しいことだった。
 封筒は、薄茶色のエアメール便だった。
 あて先は、「Mr.Hideo Sugimura」となっている。
 差出人の名前を見て、「ハッ」となった。

 「Myu  Barlington

 ファミリー・ネームには見覚えがなかった。
 しかし、「Myu」は、「ミユ」と読めた。美遊からだ――と、一瞬でわかった。
 部屋に入るとすぐに、封を開けた。
 中からパラリと数枚の写真がこぼれ落ちた。
 どこかの森林のように見えた。その森林の、何かの木の幹に寄りかかって肩を寄せ合う男女のポートレート。背の高い、栗色の髪の男は、頬からあごにかけて見事なヒゲをたくわえている。
 ふたりはそれぞれの手にブリキのマグカップを持ち、そのカップをカチンと合わせるようなポーズをとって、カメラに向かってほほえみかけている。
 男の腕は、抱き寄せるように女の肩に回され、女はその肩にもたれかかるように頬を寄せている。
 男が着込んだ厚手のチェックのシャツは、ひじのあたりまで捲り上げられ、その上から羽織ったベストには、何かワッペンのようなものが付いている。女もおそろいのシャツにベストという姿で、その胸にも、同じ形のワッペンが付いている。
 忘れようにも忘れられない顔だった。
 女の顔を特徴づけているワシ形の鼻と、その上で大きく輝く2つの目。
 少したくましくなったように見えるが、間違いない。美遊だった。
 生きていた――。
 まず、そう思った。
 その笑顔が知らせてようとしているメッセージに、胸が熱くなった。
 「私は、ホラ、こんなに元気で、いまは幸せだよ」
 カメラに向かってほほえみかけている美遊が、私にそう語りかけているように見えた。
 私は、大きく息を吸い、その息をゆっくり吐き出してから、4つに折り畳まれた便箋を開いた。

あれから、何回、陽が沈み、昇ったか――もう、わからなくなりました。
たぶん、1000回以上……かな。
もう、陽なんか昇らなければいいのに……と思ったこともありました。
でも、安心してください。
いまは、昇ってくる陽が、愛しくてたまりません。陽が暖めてくれる空気を吸えることがありがたい――と、心から感じられるようになりました。
杉村さん、いえ、お父さん、元気でお過ごしですか?
元気であることを信じて、そして、この便りがお手元に届くことを信じて、手紙をしたためています。

いっぱい、謝らなくてはいけないことがあります。
まず、何も言わずにあなたの元を去ったことです。
でも、わかってください。あのまま、あなたと会っていたら、私は自分を壊すしかありませんでした。自分を壊すことで、あなたも壊してしまうことになるだろうと思いました。
何も言えなかった。何も言わないまま、ああするしかなかったのです。

もうひとつは、あなたに無断で、私たちの封印された過去を掘り起こしてしまったことです。
その結果、知ってはいけない秘密を知ってしまいました。とても、科学的に……。
もう、おそらくお気づきだろうと思います。
あなたは、私が長い間、捜し求めていたその人でした。
「お父さ~ん」と叫んで、その胸に飛び込みたい――と願っていたその人でした。

神様は、なんてイジワルなんでしょう。
どうして、私たちがあんなふうになる前に、その事実を私たちに教えてくれなかったのでしょう?
どうして、その前に、私にあなたを愛させてしまったのでしょう?
私たちが取り返しのつかない罪を犯してしまうその前に、なぜ……?
私は、その罪の恐れ多いことにおののき、しばらくは人に会うことさえイヤと感じるような、そんな生活を送っていました。

でも、お父さん、私は気づきました。
いえ、気づかせてもらったのです、トミーに。
トミーというのは、同封した写真に写っている人で、いまでは私の夫になっている人です。ええ、結婚したんですよ、私。
ね、健全でしょ、お父さん。
苦しんで、苦しんで、彼にすべてを打ち明けたとき、トミーが言ってくれたんです。
「心が汚されていなければ、どんな罪も救われるよ」って。
「キミのお父さんの心にも、キミ自身の心にも、愛しかなかったんだろ? そんな心を罰する神様なんて、どこにもいないよ」って。
いい人でしょ、トミー。
初めて会った頃の杉村さんみたいに、大きくて寛容な心を持った人。だから、選んだんです、彼を。

私のおなかには、いま、小さな命が宿っています。
トミーと私の子どもです。
トミーは言ってくれてます。
「いつか、この子を、おじいちゃんに会わせてあげなくちゃね」って。
私も、そう思ってます。
丈夫な赤ちゃんが生まれて、ひとりで歩けるくらいになったら、その子を連れて、日本に行こう――と、トミーは言ってくれてます。
それまで、元気でいてくださいね。
私、今度は、ほんとに、心から言いたいんだから。
「お父さん」って。

あなたの娘・美遊より

 何度も何度も読み返して、それからそっと手紙を元通りに折り畳み、ていねいに封筒に戻して、デスクの引き出しにしまった。
 テーブルの上のふたりの写真を一枚選び出して、フォトフレームに入れ、ラックの上段に立てかけた。
 私に向かってほほえみかけているようなふたりの姿が、私の中の何かを洗い流してくれるような気がした。
 あれ……と、思った。
 写真の中の、美遊の胸元。そこで輝いている小さな光。それは、かつて美佐子の胸元で輝いていた、小さな十字のペンダントだった。

 第9話『父と娘の幻夢』これにて《完》です。
  最後までお読みくださり、ありがとうございました。



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR