父と娘の幻夢〈6〉 「いけないお父さん」と「いけない子」

もの想い 妄夢草紙 
 第9話  父と娘の幻夢   

 R18 
このシリーズは、性的表現を含む官能読み物です。
18歳未満の方は、ご退出ください。


横浜でのジャズ・クルーズの帰り、
美遊は私の肩にもたれかかりながら
言うのだった。「これからも、
こうして会ってくれますか?」。
私はその願いに答えることにした。


この話は連載6回目です。この話を最初から読みたい方は、⇒こちらから、前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 「きょうのお通し、私が作ったんですよ」。お盆を抱えてニッコリほほ笑む顔を「かわいい」と思った。名前を佐藤美遊。私がランチを食べに通う居酒屋「鉄太郎」のアルバイト店員だった。その顔を見たくて、昼飯は「鉄太郎」と決めた私。ある日、食事しながら、ジャズのナイト・クルージングのチラシを見ていると、彼女がそれに興味を示してきた。「ジャズが好き」と言う彼女を私は、横浜でのクルージングに誘った。「きょうは若いお嬢さんとご一緒で?」と冷やかすベースの前原に、「へへ、隠し子です」とふざける美遊。しかし、彼女が発した「隠し子」という言葉は、私の中で、具体的なイメージとともにふくらみ始めた。かつて、私が会社を辞めるときに、一度だけ愛し合ったことのある桂山美佐子。美遊の顔には、その面影が宿っていた――


 翌週からの「鉄太郎」での昼食には、いつも「おまけ」の一品がつくようになった。
 「これ、きのうの残りですけど」
 「私が作ってみたので」
 「きょうの魚、小さいので」
 いろんな理由をつけては出される小鉢を、私は「ウン、うまい」「ありがとう」と口にし、その様子を美遊がうれしそうに眺め、そんなふたりを女将さんが「ま、いいか」という顔で眺め、「お父さんにされちゃったみたいだね」と冷やかした。
 私たちは、交換し合った携帯のメールで連絡を取り合った。
 私の仕事と美遊のバイトや学校の都合が合えば、私たちは新宿や渋谷や六本木で待ち合わせ、ジャズ・ライブに出かけたり、「どこそこの串焼きがうまい」「あそこのパスタが食べてみたい」と、少しぜいたくな夕食を楽しんだりした。
 どこかへ出かけるときには、美遊はいつも私の腕を求めてきた。
 美遊の頼りない手に腕を差し出すことは、私の大きな喜びになっていた。
 そして、私たちのデートには、絡み合う腕と人目を避けて交わすキスが、欠かせないアイテムになっていた。
 私たちの距離が縮まるのに時間はかからなかった。
 そんなデートを重ねる何回目か、街を吹き抜ける風が少し涼しく感じられるようになった9月の初めだった。
 「わたし、ひとつだけ、お父さんに会ったらしてあげよう……って思ってたことがあるんだ……」
 腕にもぐり込ませた手で、私の筋肉をギュッとつかみながら、美遊が言った。
 「何だい、それ?」
 「背中を流してあげること」
 「エッ……!?」
 驚いて見る美遊の顔の中で、大きな目がいたずらっぽい光を浮かべていた。

          

 私と美遊は、タクシーを拾って千鳥が渕まで行き、お堀を見下ろす位置に立てられた瀟洒なホテルに部屋をとった。
 部屋のカーテンを開けると、目の前には、北の丸のお堀が緑の水をたたえていた。
 対岸は、北の丸公園。春には、花見の客で満室状態が続くホテルだが、この季節は閑散としている。
 バスルームからは、浴槽に湯を張る音が聞こえていた。
 「お湯、すぐ貯まるからね、お父さん」
 言いながら、美遊は私のジャケットを脱がせて、それをクローゼットのハンガーにかけた。
 美遊が「世話焼きな娘」という役回りを演じようとしているらしいので、私は、彼女がしたがることに素直に従うことにした。
 私のズボンからベルトを抜き取り、ホックを外し、ジッパーを下ろし、「ハイ、お父さん、足上げて」と片足ずつ上げさせて、ズボンを足から抜き取っていく美遊。その息が、私の下腹をくすぐって、そこがムックリと持ち上がる。
 高まっていくそれを、美遊の顔に押し付けたくなる。
 そのワシ鼻の先端に触れさせたくなる。
 美遊の頭を両手で抱えて、ゆっくり引き寄せようとすると、しかし、美遊は静かに首を振った。
 「ダメでしょう、お父さん。そんなことしちゃ……」
 たしなめられて、私は、突き出しかけた腰を引っ込めた。
 「もう、お湯が貯まったみたい。お父さん、先に入ってて。あとで、背中、流してあげますからね」
 言われるままに、私はバスルームへ向かう。
 そうして美遊の指示に従うことが、どこか心地いい。
 私は、口やかましい娘に叱られたり、小言を言われたりするだらしない父親になったような気分で、浴室のドアを開けた。

          

 美遊は、ウオッシュ・タオルで体の前を隠すようにして、バスルームに入ってきた。
 しかし、小さなウオッシュ・タオル一枚では、彼女の体のすべてを覆い尽くすことは、到底できない。
 タオルの上の縁からは、形のいい胸のふくらみの谷間がのぞき、その横の縁からは、ラフランスのようなふくらみのあり余る豊満がこぼれ出している。
 スラリと伸びた脚の上では、ほどよく張り出した骨盤を包んだ肉が、羞恥の色に輝く窪みをのぞかせていた。
「もう少し入っててね」
 言いながら、美遊は床に片ひざをつき、体を覆っていたタオルをバスタブの縁にかけて、シャワーのノズルを手にとった。
 そのノズルから飛び出す湯を首筋に当て、鎖骨に当て、乳房のふくらみに当てながら、もう一方の手で、体の表面を洗っていく。
 美遊の肌に当たって飛び散るシャワーの飛沫。
 立ち込める湯気の中に、美遊の上半身と折り曲げられた下半身が、美しいフォルムを見せていた。
 洋梨のような美遊の乳房は、美遊が手で洗うたびにプルンと揺れる。
 その美しい曲線の先端では、レーズン色の種実がすでに硬く尖っているように見えた。
 まるで、湯浴みするゼウスの娘のようだ――と、その姿を見ていると、美遊と目が合った。
 「もォーッ、そんなに見てると恥ずかしいでしょ」
 「ずっと見てたいね。まるで、女神の湯浴みみたいだよ」
 「もう、嫌いッ! いいわよ、お父さん。上がってここに立って」
 ちょっと怒ったふりをして、私が立つべき場所を指示する。
 私は、バスタブから上がって、美遊に指示された場所に、美遊に背中を見せて立った。
 ソープをまぶしたウォッシュ・タオルが、私の背中に当てられる。
 美遊のもう一方の手は、私の肩に置かれている。
 その手で私の体を固定しながら、タオルが私の背中を滑り始める。
 やさしく、しかし力強く、私の背中を流していく美遊の手。その手から伝わってくる愛情は、娘のようであり、母のようでもあり、そして、おや……と思うほどに娼婦のようでもあった。

          

 背中を流し終えた美遊の手は、私の胸に回された。
 美遊の手に握られたタオルが、私の胸を滑り、腹部を滑り、そして、その下へと下ろされていく。
 私の背中には、美遊の胸のふたつの高まりが、触れていた。
 その先端のコリッと固まったものが、私の背中に付着したままのソープの泡の上を滑る。
 心地よさが背中に発生して、それが私の腹部へ這い降りていく。
 ガマンしきれなくなった腹部がその信号に反応して、ググッと持ち上がる。
 そこへ美遊の手が触れた。
 私の反応の正体に触れると、美遊は手にしていたタオルを浴槽の縁にかけて、その硬直の全体を、石けんの泡をまぶした手のひらで包み込んだ。
 包み込んだまま、美遊はその手をゆっくり滑らせた。
 血がそこに集まっていくのがわかった。
 「いけない、お父さん……」
 背中で、美遊がつぶやいた。
 つぶやくと同時に、美遊の胸が私の背中に押し付けられた。美遊のやわらかで張りのある弾力が、私の背中で押しつぶされ、その下の胸郭の骨組みまでが、私の背中に伝わってきた。
 私の胸に回されたままの美遊のもう一方の手に、力が込められた。
 「お父さん……」
 「いけない子だね、美遊は……」
 「ウン。いけない子……だよ」
 「もっとしっかり、お父さんにつかまりなさい」
 胸に回された腕に力が加わり、下腹で私を握り締める手に力が込められた。
 やがて、その手がゆっくり、上下に動き始めた……。
 ⇒続きを読む



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR