自伝的創愛記〈22〉 おとなたちの秘密

老犬自伝的エッセイ 「創愛記」
 Vol.22  


卒業まで1カ月余のボクたちに
サプライズがもたらされた。
『ベニスの商人』の中学校演劇
コンクールへの特別招待だ――。

 林田美智子を自宅に見舞い、「教室に戻っておいでよ。待っとるけん」と、12歳にできる精いっぱいのメッセージを残して、ふだんの学校生活に戻ったボクたちだったが、ミッチーがすぐに教室に戻ってくるということはなかった。
 その机は、主のいないまま、青田先生のデスクの脇に置かれたままだった。
 そんな日々が何日が続いたある日、午後の授業が突然、中止になった。
 「きょうは、父兄との面談があるので、午後の授業は中止にする。用事が在る者も、みんな、給食がすんだら、下校するように」
 先生の指示は、それだけだった。
 「今頃、何の面談ぞ?」
 「もしかして、だれか落第させるんか?」
 ボクたちは、口々に疑問を発しながら、響灘に向かって下っていく坂道を、三々五々下っていった。
 そんなボクたちの列と行き違いに、坂道を登っていく、何人かのお母さんたの姿を見たが、ボクたちが「こんにちは」とお辞儀をしても、お母さんたちはコクリとうなずき返すだけで、その顔は苦々しくゆがんでいた。
 「どうしたっちゃろ」
 「みんな怒ったごたる顔しとったちゃ」
 ボクたちは、顔を見合わせたが、ほんとうの理由は、だれも知らなかったし、想像もしていなかった。
 ボクたちが真相を知ることになるのは、ずっと後、中学校の高学年になってからだった。

            

 疑問を残したまま、ボクたちは、2月を迎えた。
 あと1カ月と10日で卒業。
 そんなときになって、ボクたちには、ちょっとビッグなニュースが飛び込んできた。
 ボクたちが学芸会で発表した『ベニスの商人』が、市内の中学校演劇コンクールに、特別招待されることになった――というのだ。
 脚本も、キャスティングも、基本的には学芸会のときと同じだったが、ひとつだけ、違ったところがあった。学芸会で女判事・ポーシャ姫を演じた林田美智子がいないので、春にその役を演じたケイコが再登板ということになった。
 峻厳な美智子のポーシャに代わって、どこかけなげでかわいいお姫様を演じようとするケイコのポーシャ。ボクには、美智子のポーシャのほうが役にはまっているように思われたが、会場を埋めた年上の観客たちには、それは、どちらでもいいことだったのかもしれない。
 ただ、その劇を上演するに当たって、演出を務める教師・青田が、ボクに求めたことがある。
 「重松、おまえ、それで満足か?」
 ワケがわからず「ハ……?」という顔をしていると、熱血演劇青年と化した教師・青田は、広い額に手を当てて言うのだった。
 「金貸しのシャイロックは、金を返せなかったら、心臓の肉を1ポンドちょうだいする。契約書にはそう書いてあると言って、アントニオたちに金を返すか、肉を切り取らせるかと迫るんだよな。その訴えをポーシャは何と言って退けた?」
 「ならば、心臓の肉を切り取るがいい。ただし、血の一滴も流してはならぬ――です。契約書には、心臓の肉を1ポンドとは書いてあるが、血を――とは書いてないって……」
 「おまえ、そのセリフを聞いて、どう思った?」
 「屁理屈だと思いました」
 「何でだと思う? どうして、この原作者は……あ、原作者のシェークスピアはだ、そんな屁理屈をこねるまでして、金貸し・シャイロックを悪者にしようとしたと思う?」
 「シャイロックがユダヤ人だから……ですか?」
 「そうだ。シェイクスピアの時代には、ユダヤ人は嫌われてたんだよ、重松。それはな、彼らには金貸し業などで身を立てる者が多かったからだ。というか、国を持たない彼らは、そうやって生きていくしかなかったんだよ。いつの時代にも、嫌われるんだよなぁ、金貸しは。しかし、そうして金を蓄えていった彼らの中から、銀行家が育っていったりしたから、ヨーロッパの市民の間には、そんな連中をやっかむ者も出てくる。ユダヤ人の金貸しは、半分はやっかみながら軽蔑される。そういう存在だったんだ」
 「シャイロック、なんか気の毒ですね……」
 ボクがボソッと言うと、先生は「よし」とヒザを叩いた。
 「おまえに3分、時間をやる。幕が下りたら、おまえ、ひとりで幕の前に出て行って、モノローグやれ」
 「モ・ノ・ロ・ー・グ……? 何ですか、それ……?」
 「ひとりで語るセリフだよ。シャイロックが気の毒と思うんだったら、その悔しい気持ちをモノローグでぶちまけて、幕の前に倒れろ。なんで、ユダヤ人だけが……と言いながらだ。あとのセリフは、おまえにまかせるから……」
 「エッ?」と思ったが、青田先生は、もうすっかり、自分が思いついた演出に満足しているようだった。

            

 ちょっと重すぎるよ――という先生の思いつきだった。しかし、ユダヤ人金貸しというヒールを演じさせられてきたボクにとって、それは、半分は胸がスッとするような演出の変更でもあった。
 脚本にあるすべての演技を終え、拍手のなかでライトが落ち、幕が引かれると、ボクは「よしッ」と胸を叩いた。
 左右から閉じられた幕の中央に、スポットライトが当たっていた。
 その幕の合わせ目から、ボクはヨロつくように顔を出して、ステージ中央に歩み出た。
 「オッ、何だ……」というどよめきが、客席のあちこちから伝わってきた。
 客席が知っている『ベニスの商人』の脚本には、そんな演出は書き込まれていない。「何する気だ」という驚きが、どよめきと共に、ボクの体に伝わってきた。
 慌てるな――と自分に言い聞かせながら、ボクはその客席を睨みつけ、ゆっくりと見回した。
 「お前たち、これで満足か?」
 精いっぱいドスを利かせて客席を客席を右の端から左の端まで睨み回すと、中央前方の左列で、口を両手で覆って目を驚愕しように見開いている女の子がいた。どこかの中学校の女子生徒だろう。その隣では、引率の教師だろうか、ベレー帽をかぶった中年のオヤジが、腕組みをして舞台の中央を見つめている。
 よしッ、あれにしよう。
 セリフを言うとき、ボクはいつも、客席のだれかをターゲットに選んでいた。力を込めたセリフや、だれかを説得するようなセリフを口にするときは、そのターゲットに向かって言うように口を開き、それが客席全体に広がるように声帯を開く。
 そうすることによって説得力が高まることを、ボクは、このクラスに来て1年半の間に習得した。それは、青田学級に来て得た唯一の収穫と言ってよかった。
 「おまえたちも見ただろう。あの判事は、こう言った。約束通り、心臓の肉を切り取ってもよろしい。ただし、血の一滴も流してはならぬ。契約書には、血を取るとは書いてないので――とな。こんな詭弁があるか!」
 そう言いながら、ボクは左腕を振り上げて、ブルブルと震わせた。
 その瞬間、ターゲットに選んだふたりの体が、「オッ」と身を乗り出すようなしぐさを見せた。
 オッ、それでいい!
 ボクは彼らの反応に力を得て、最後のセリフを喉元に用意した。それを口から吐き出すとき、最高のパフォーマンスができるように、ボクは自分の感情を整えた。憎悪で血が沸騰するように、全身の血をたぎらせた。
 「あいつらは、ユダヤ人であるオレを貶めるために、あんなペテンを思いつきやがった。ユダヤ人であるというだけで……ユダヤ人というだけで……オレは……」
 そう言いながら、ステージにヒザをつき、崩れるように舞台に突っ伏す。
 そうして、スポットライトはフェイド・アウト――。
 しばらくすると、客席から拍手が起こった。
 なんか、気持ちいい。
 その気持ちよさにほんのちょっぴり浸った後で、ボクはゆっくり体を起こし、客席に向かって深々と頭を垂れた。

            

 「あの最後の演技、よかったよ」
 先輩である中学校の生徒やおとなたちを前に演じた、たかが12歳の演技は、おとなたちからもホメられた。
 教師・青田の演出プランも、教師仲間からは、評価されているようだった。
 しかし、一部のおとなたちからは、不評もささやかれた。
 子どもの耳では、正確な意味はわからなかったが、「あの先生、アカじゃないか」という声も聞こえてきた。どちらかと言うと、年配の父兄ちから発せられる声だった。
 もうひとつ、意外なところから、反応が寄せられた。
 しかし、ボクがそれを知ったのは、ずっと時間が経ってからだった。



   筆者の最新実用エッセイ! キンドル(アマゾン)から発売中です!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR