父と娘の幻夢〈4〉 その人の面影

もの想い 妄夢草紙 
 第9話  父と娘の幻夢   

      R18 
このシリーズは、性的表現を含む官能読み物です。
18歳未満の方は、ご退出ください。


ジャズ・クルーズの客船から海を
見つめる美遊の横顔を見て、
私はある女性の顔を思い起こした。
美遊の面立ちは、その女性に、
どこか似通っていた——。


この話は連載4回目です。この話を最初から読みたい方は、⇒こちらから、前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 「きょうのお通し、私が作ったんですよ」。お盆を抱えてニッコリほほ笑む顔を「かわいい」と思った。名前を佐藤美遊。私がランチを食べに通う居酒屋「鉄太郎」のアルバイト店員だった。その顔を見たくて、昼飯は「鉄太郎」と決めた私。ある日、食事しながら、ジャズのナイト・クルージングのチラシを見ていると、彼女がそれに興味を示してきた。「ジャズが好き」と言う彼女を私は、横浜でのクルージングに誘った。「きょうは若いお嬢さんとご一緒で?」と冷やかすベースの前原に、「へへ、隠し子です」とふざける美遊。しかし、彼女が発した「隠し子」という言葉は、私の中で、具体的なイメージとともにふくらみ始めた――


 美遊の顔を特徴付けているワシ鼻。その上で大きく輝く目。
 一見、エキゾチックな……と感じさせるその顔立ちは、もう20年以上前に私が心を寄せていたことのある、ひとりの女性の顔に酷似している。
 そのことに、私は、突然、気づいた。
 彼女の名前は、佳山美佐子。
 当時、私が在籍していた編集部に、スタイリストとして出入りしていた女性だった。
 ファッション担当でなかった私とは、仕事上のつながりは希薄だったが、たまに、自分の担当する特集記事の撮影のために、スタイリングが必要になると、「わるいけど、こっちの仕事も、ちょっとだけお願いしていいかな」と声をかけた。その程度のつながりだった。
 いつも、ジーパン姿でキビキビと動く彫りの深い顔立ちの美人。そんな美佐子は、編集部の男子部員にも、カメラマンにも人気で、中にはしつこく言い寄る男もいた。しかし、美佐子は、そんな男たちの誘惑をいなし続けていた。
 30歳を目前に、私は、その会社を退職することになった。退職して郷里に帰り、フリーのエディターとして仕事をするつもりでいた。

 「杉村さん、辞めちゃうんですか?」
 美佐子が声をかけてきたのは、退職の1週間ほど前のことだった。
 「佳山さんとは、もう少し仕事がしたかったけどね」
 「私も、もっと仕事したかったです」
 「ホント? それ知ってたら、もう少しいたのになぁ……」
 「じゃ、いてくださいよ」
 「いまさらムリだよ。それとも、九州まで仕事しにくる?」
 「行きますよ、九州でも、どこでも」
 「てか、向こうでほんとに仕事ができるのか、まだ、何も決まってないんだ」
 「あの……」
 美佐子が、少しモジッとしながら言った。
 「こっちにいるうちに、一度、飲みに行きませんか?」
 「いいね。今生のお別れかもしれないしね」
 「そんなこと、言わないでくださいよ」
 言いながら、美佐子の目が少しウルッとしたようだった。
 その飲み会は、私が会社を辞め、郷里へ帰るための準備に入った6月の始めに実現した。

       

 私と美佐子は、私鉄の駅で1駅しか違わないところに住んでいた。
 こんな近くに住んでいながら、それまで一緒に食事をしたことも、お茶を飲んだことさえなかった。それを少し後悔した。
 飲み会は、美佐子が住む街の駅近くにある、評判のすし屋でやることになり、私は歩いて、そのすし屋まで行った。徒歩でも30分とかからない距離だった。
 歩いてきた――と言うと、美佐子は「ヘェ、そんな近くだったんだ」と驚き、「それ、知ってたらなぁ」とため息をもらした。
 「知ってたら、どうした?」
 「夜這いしてたかもしれない」
 「夜這い……かよ」
 「ワイン持って、飲もうって押しかけたりして……」
 「それ、やってほしかったなぁ。惜しいことした」
 「じゃ、きょう、やってあげる」
 すし屋を出ると、美佐子はほんとうに酒屋でワインを買って、私の部屋までやって来た。
 すでに、私の部屋は、引っ越しの荷物を詰めた段ボール箱がうずたかく積み上げてあった。そのすき間に2人分のすき間を作って腰を下ろし、まだ荷造りしてない食器棚からワイングラスを取り出して、乾杯した。
 「すごい荷物……」と部屋の中を見回しながら、美佐子は「ほんとに行っちゃうんですね」と、眉を八の字に寄せた。
 「でも、よかった」
 「何が……?」
 「最後の最後に、こうして、キミと飲めて」
 「どうして、もっと早く、会わなかったんだろ……」
 「そうできたらいいだろうな……って、ボクは思ってたんだよ」
 「ホント……?」
 「でも、誘う勇気がなかった」
 「どうして?」
 「キミを誘ったりしたら、そこら中の男たちに殺されそうな気がした」
 「意気地なし……」
 ボソリ……とつぶやいて、美佐子はグラスを足元に置いた。
 その手がゆっくり、胸元に動いた。
 ジーンズの上から羽織ったシャツのボタンを、美佐子は、ひとつひとつ外し始めた。
 露わになっていく白い肌に、十字のペンダントが揺れていた。
 「何もあげるものがないから……」
 美佐子は、ボタンを外したシャツを脱ぎ捨てながら言った。
 「東京での思い出のひとつにしてくれたら……」
 ほっそりとした体の中で、ひとつだけ彼女の「女」を主張しているふくらみが、可憐に揺れていた。

           

 私と佳山美佐子がふたりだけで会ったのは、それが最初で、そして最後になった。
 積み上げられた段ボール箱をどかして作ったわずかなすき間に彼女の体を横たえ、その体に重なって、私と美佐子は小さな思い出を作った。
 美佐子は、何度も小さな叫び声を上げて、私の背中にツメの跡を残した。
 それだけだった。
 「持ち帰りたくなっちゃうじゃないか……」と、つい口にした私だったが、彼女の仕事は、東京でしか成立しない仕事だったし、私が郷里でほんとに生きていけるのかどうかも、まだ確信がなかった。
 「いつかまた、きっと会えるよね」と問いかける彼女に、私も「ウン、きっと」と答えるしかなかった。
 夜がふけると、私たちはまた、彼女の最寄駅まで歩き、握手をして別れた。
 それから20年とちょっと。
 結局、私と佳山美佐子が再び会う機会はやって来なかった。

 私が、九州に帰っている間に、美佐子は結婚して子どもを生んだ――と、風の便りに聞いた。
 私たちは、運命のレールに乗るタイミングを逸したのだ。
 私はそのうち、佳山美佐子という名前を思い出すこともなくなっていた。

          

 見れば見るほど、美遊は、その美佐子に似ている。
 私の中で眠っていた美佐子との思い出が、鮮やかな色彩とともによみがえった。
 美遊は、デッキの手すりに両ひじを着き、重ね合わせた腕の上にあごを載せて、海面を見つめていた。
 その姿が、私の部屋で床に腹ばいになり、腕に頭を載せて、情事の後の気だるい視線を投げかけていた美佐子の姿とダブった。
 つい、見とれていると、視線を上げた美遊と目が合った。
 「いやだぁ、見てたんですか?」
 「ウン? ちょっとね。キミがあんまりメランコリックな顔をしてたから」
 「あ、すみません。お父さんの話とかしたんで、ちょっと……昔のことを思い出して……」
 「ね、キミのお母さんって……」
 「あ、もう、亡くなりました」
 「エッ……?」
 「おととし、子宮ガンで。私、いまは、天涯孤独の身なんですよ」
 もしかして、佳山美佐子という名前を……と言いかけた言葉を、私は、それで飲み込んだ。
 「もう、演奏、始まりますね。行きましょう」
 美遊に言われて、私はデッキから船室への通路の扉を開けた。
 前原トリオの演奏が、始まっていた。
 曲は、「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」だった――。
 ⇒続きを読む



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR