父と娘の幻夢〈2〉 愛を栞られて

もの想い 妄夢草紙 
 第9話  父と娘の幻夢   

 R18 
このシリーズは、性的表現を含む官能読み物です。
18歳未満の方は、ご退出ください。


「鉄太郎」のバイト店員・美遊は、
私の顔を見る度に「今日の魚は」
などと話しかけてくる。
そんなある日、彼女は私が食事中、
読んでいる本に興味を示した——。


この話は連載2回目です。最初から読みたい方は⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 「きょうのお通し、私が作ったんですよ」。お盆を抱えてニッコリほほ笑む顔を「かわいい」と思った。名前を佐藤美遊。私がランチを食べに通う居酒屋「鉄太郎」のアルバイト店員だった。その顔を見たくて、昼飯は「鉄太郎」と決めた私。そんな私に、ある日、彼女が「あの……」と声をかけてきた――


 「なんだか、面白そうな本を読んでましたね」
 「あ、これ?」
 「いつも、むずかしそうな本を読んでらっしゃいますよね。でも、きょうのは、ちょっと面白そうに見えたんで……」
 「これね、けっこういい話だよ。小説なんだけど、主人公がみんな、愛する人を病気で失ってしまう話なんだ。ちょっと泣けるよ」
 「ヘェ。私、そういう話、けっこう好きかもしれない」
 「もうすぐ読み終わるから、読んだら貸してあげようか」
 「ほんとですか? うれしいッ!」
 ほんとにうれしそうに顔をほころばせるので、私は、残りのページをその夜、一気に読み終えてしまい、翌日のランチタイムには、読み終えた本を小脇に抱えて「鉄太郎」の暖簾をくぐった。

 「ハイ、これ、読んじゃったから」
 「もう……ですか? 早ッ!」
 「キミが読みたそうだったから、きのう、徹夜して読んじゃった」
 「エーッ、徹夜ですかぁ?」
 「ウソだよ」
 「もぉーッ、本気にしちゃったじゃないですか」
 「あ、それ、返すの、いつでもいいからね。なんなら、一生かけて読んでくれてもいいし……」
 「知らなかったんですか?」
 「何を?」
 「私、読むの、早いんですよ。これでも、国文だし……」
 佐藤美遊が国文科だということを、そのとき、初めて知った。
 このあたりで、国文科だと……と、大学名が頭に浮かんだが、それは訊かないでおいた。そういうことを根掘り葉掘り訊き出すのは、私の流儀ではなかった。

            

 私が貸した『見えない明日』は、2日で美遊の手から私の手に戻ってきた。
 全部で8話から成る短編集だから、2日もあれば、読破するには十分だろう。
 しかし、それは夢中で読んだ場合の話だ。「そのうち、読んでやるか」ぐらいの気持ちでいたら、1週間経っても、2週間経っても、戻ってきやしない。ヘタしたら、忘れた頃になって……というケースだってある。
 それが2日で戻ってきた。
 彼女が、私から借りたその日から、その一冊を熱心に読みふけった――ということの証だった。

 「私、ダメです、こういう本」
 私の顔を見るなり駆け寄って来た美遊が、「ありがとうございました」と両手で本を差し出しながら言った。
 「もしかして、苦手なタイプの話だった?」
 「じゃなくて、弱いんです。もう、目が腫れちゃって、腫れちゃって……」
 「どこがいちばん泣けた?」
 「最後の話かな……。亡くなった奥さんから手紙が届くシーン……」
 「おんなじだ。ボクもあそこでグッ……ときた」
 「趣味が合いますね」
 クスッと笑った顔が、「それで、本日のご注文は?」と訊いている。
 「じゃ、きょうはマナガツオの西京焼きにしよう」
 「やっぱり……?」
 「エッ?」
 「それ、頼むんじゃないか……って思ってました」
 厨房に注文を伝えにいった美遊が、女将さんと何か言葉を交わしながら、笑っている。
 女将さんが私のほうをチラと見て、美遊の頭をポンと叩くと、美遊はペロッと舌を出して、奥へ消えた。

 「いい子でしょ、あの子?」 
 あとで料理を運んできた女将が、意味ありげな微笑を浮かべて、私にささやきかけた。
 「性格もいいのよ。うちとしては、いつまでもいてほしいんだけどさ……」
 「エッ、辞めちゃうの?」
 「今年いっぱいぐらいは、いてくれると思うんだけどね。来年になると、学校が忙しくなるらしいんで、どうなるか……」
 「女将がいじめて辞めさせるってこともあるだろうしね」
 「しませんよ、私はそんなこと。いまね、ああいう気立てのいい子を探すの、たいへんなんだから」
 「だろうね」
 「あら、やっぱり、そう思うの? あの子もね、いいお客さんだって思ってるみたいだから、かわいがってあげて。ここだけの話なんだけど……」
 突然、女将が声を潜めた。
 「あの子、お父さんがいないのよ。だから、お客さんみたいな年上の紳士に弱いみたいなの。でも、ダメだよ。そんな気持ちにつけこんでわるさなんかしたら、私が……」
 「わかってますよ。わるさなんかしません。そんなことしそうになったら、みそ汁に毒盛っていいから」
 「もう、入れてあるわよ」
 「エーッ!?」
 まったく、口の軽い女将だ――と思ったが、だれにもかれにもぶちまけているというわけでもなさそうだった。
 女将が口にした「あの子、お父さんがいないのよ」のひと言は、私の胸の奥に引っかかった。
 胸の奥に引っかかったまま、ふくらし粉を混ぜたパン種のようにふくらんでいった。

          

 美遊から返ってきた本には、ちょっとだけうれしいお返しがついていた。
 押し花を貼り付けた手製の栞だった。

 《いい本をありがとうございました。
 この栞、私のハンドメイドです。
 よかったら、使ってください。美遊》


 私は、その栞を次に読む本の間に挟み込み、そして、その次の本にも、次の次の本にも挟み込んで使った。
 本を開くたびに手に触れる栞から、かすかに彼女の香りが漂ってくるような気がした。
 やがて、梅雨が明け、空から照りつける夏の太陽が痛く感じられるような真夏日がやってきた。そんなある日のことだった。
 「鉄太郎」で昼食をとりながら、私は、その夏の日曜日に、横浜で行われるジャズ・クルーズの案内チラシを眺めていた。
 横浜の山下埠頭の大桟橋から出航する「ロイヤル・ウイング」を借り切って行われるクルージングだが、その時期に行われるクルージングには、毎年、私の知っているジャズ・ミュージシャンたちが何名か参加するので、案内をもらうと、たいていは出席するようにしていた。
 チラシを手に、参加ミュージシャンの顔ぶれや演奏曲目などを眺めていると、注文を取りにきた美遊が、「ワッ、ナイト・クルージングですか?」と、興味深そうな声をあげた。
 「ウン。ジャズ・クルーズなんだ。ボクの知り合いのミュージシャンたちが何人か出るんでね、行ってみるか……って思いながら見てたの」
 「エーッ!! いいなぁ」
 「ミユちゃんも、ジャズ好きなの?」
 「大好き。ほんとはライブとか行きたいんだけど、ビンボーな学生だから……」
 「じゃ、一緒に行く? いつも、チケットを2枚もらうんだけど、今年はまだ、パートナーが決まってないんだ」
 「エッ、私でいいんですか?」
 「もちろん。キミなら喜んで……だよ」
 「エーッ、うれしいッ! 私、行きたいです」
 お盆を抱えたまま、跳び上がりそうに喜んで見せる美遊の姿を、遠くから女将が見ていた。
 知ったことか――。
 私は、クルージングがてら横浜の街を案内してあげることを約束して、7月最後の日曜日のスケジュールを手帳に書き込んだ。
 「じゃ、これ」と、帰りに美遊が私に手渡したものがあった。
 携帯の電話番号を書いたメモだった。
 ⇒続きを読む



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR