自伝的創愛記〈21〉 恋風船、破裂した

老犬自伝的エッセイ 「創愛記」
 第21章  


「お前たち、何しに来たとや?」
美智子を見舞ったボクたちを、
脅して来たのは3組の八田という
暴れん坊な少年だった――。

 病気になった女の子を自宅に見舞う。
 当時の小学校高学年の男子にとって、それは、かなり勇気を求められる行動だった。
 きっかけは、「卒業文集が出来上がったけん、届けてくれや」という教師の言葉ではあったにしても、「じゃ、ふたりで行こう」と田口を誘ったのは、間違いなくボクの意思だった。
 最初、田口は渋っていた。それを、「おまえ、副級長やないか。一緒に行ってくれや」と腕を引っ張ったのは、ボクだった。
 「おまえ、ミッチーば好いとぉと?」
 「バカ言うな」と、そのとき、ボクは田口を小突いたが、市営住宅の屋上でフラフープを回して見せる林田美智子の姿を見ているうちに、ボクの胸の中では、田口の言った「好いとォ」が、どんどん膨らんでいった。
 それは、ボクが初めて初めて意識する「ホレる気持ち」だったかもしれない。
 しかし、正月の市営住宅の屋上で膨らんでいくかに見えた「恋風船」は、突然、背後からかけられた声で、「パン」と音を立てて破裂した。

            

 「二組のもんが、何しに来たとや」
 振り返ると、三組の八田が、屋上への通用口からボクたちのほうへ歩み寄ってくるところだった。
 八田は、三組の暴れん坊だった。体は小さいくせにケンカっ早く、二組の男子ともしょっちゅうモメ事を起こしていた。そのたびに、ボクや田口は仲裁に入らなくてはならなかった。
 そうか、八田は確か、市営団地に住んでいたんだと、ボクは思い出した。
 「何しに来たかて、訊きよぉとよ」
 「何しに……て、見舞いに来たっちゃないか」
 「だれに頼まれてや?」
 変なことを言う――と、ボクは思った。
 「だれにも頼まれん。オレたち、ふたりで相談して来たったい」
 「ウソつけ。スパイしに来たんやろ?」
 「スパイちゃ、何や?」
 「スパイはスパイたい。二組のもんは信用できん。帰れ」
 八田は、いまにもつかみかかりそうな勢いで詰め寄ってきた。
 「止めり、八田クン!」
 美智子が回していた輪を首から抜いて、叫んだ。
 ポーシャがシャイロックをとがめたときのような、ハリのある声だった。
 「おまえ、二組のもんとは会いとぉないて言いよったやないか!」
 「いいと。この人たちはいいと」
 「そやけど、こいつら……」
 「よかて言いよるでしょ。ちょっと話がしたかけん、私が来てもろたと」
 わけがわからず、ボクも田口も、ふたりのやりとりを眺めていた。
 「止めり」と言われた八田は、もう一度、ボクと田口の顔をナメ回すように睨みつけながら、押し殺した声で言った。
 「用がすんだら、とっとと帰れよ。きょうは見逃しちゃるけど、二度と来るなや」
 捨てゼリフのように言い残すと、肩を揺すりながら通用口に消えていく。その姿を、ボクと田口は、呆気にとられて見送った。

            

 「ごめんね。あの子、ここのボスのような気でおるけん」
 美智子は、ほんとに申し訳ない、という顔をした。
 八田は、もしかして美智子に気があるんじゃないかと思ったが、そのことは口にしなかった。それよりも、ボクは八田が口にした「スパイ」という言葉が気にかかっていた。
 「何かあったと、二組のだれかと? もしかして、だれかにいじめられたん?」
 ボクの頭に、一瞬、ケイコやユミの顔が浮かんだ。
 しかし、美智子は力なく首を振った。
 「だれもいじめてなんかおらんよ。だれのせいでもないと」
 それっきり、美智子が口をつぐんでしまったので、ボクはそれ以上、尋ねるのを止めた。
 「重松クンも、これ、やってみる?」
 不意に美智子がフラフープをボクに渡した。その目が、イタズラっぽく笑っている。からかうつもりなんだ――とわかったけど、そのからかいに応じてあげることしか、そのときのボクにはできることがなかった。
 なんとか輪を回そうと、腰をくねらせてみた。しかし、何度やっても、輪は、ボクの腰の周りを二、三度、回っただけで、だらしなく足元に落ちてしまう。
 それを見て、美智子がクスリと笑った。そうして美智子が笑ってくれたことが、ボクには、ちょっとだけうれしかった。
 「よし、オレも」と、田口も挑戦したが、ボクより運動神経が発達しているはずの田口も、何度やっても失敗した。
 「ダメやねぇ、ふたりとも」
 そんなふたりを見て、勝ち誇ったような顔をしている美智子が、ほんの少し、昔の美智子に戻ったように見えて、ボクと田口は、うなずき合った。

            

 それは、卒業の準備が始まった季節の、ほんのつかの間の「心なごむ時間」だった。
 雲ひとつなく晴れ上がった空も、空でさえずるスズメたちも、束の間のボクたちの平和な時間を祝福してくれているように見えた。
 「そしたら、ボクたち帰るけど、林田さん、元気になったら、学級に戻ってくるよね」
 「………」
 ずいぶん長く感じられる沈黙のあとで、美智子の首が、タテにコクリと動いた。
 美智子は、帰るボクたちを、階段の下まで送ってくれた。
 「じゃ……」
 手を振って帰ろうとすると、美智子がスッと手を差し伸べた。
 「きょうは来てくれてありがとう……」
 差し出された手を握り返しながら、ボクは、いつ言おうかと胸にしまっておいた言葉を口にした。
 「林田さんのおらん教室は寂しいけん、早う戻ってきて」
 美智子の目に、一瞬だけ、光が宿ったような気がした。



   筆者初の官能小説。電子書店から発売中です!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR