あなたが「隠している自分」の正体

ガラス玉と美女 《自己分析テスト集》

「人の目に映るあなた」は、
ホントは、どんな人?


 File-4 

前回はテストで、あなたが「隠している自分」
をあぶり出しました。その4タイプ、
弱い自分醜い自分ズルい自分冷たい自分
について、ひとつひとつ解説してみます——。


 前回は、 Q1  ~ Q11  の11の質問に対する回答から、あなたが「どんな自分」を隠しているかを、あぶり出しました。あなたの回答が、のどれが多かったかによって、

「a」が3個以上でもっとも多かった⇒隠しているのは  弱い自分 
「b」が3個以上でもっとも多かった⇒隠しているのは  醜い自分 
「c」が3個以上でもっとも多かった⇒隠しているのは  ズルい自分 
「d」が3個以上でもっとも多かった⇒隠しているのは  冷たい自分 

【注】 もっとも多かったa~dが3個以上で複数になった場合には、あなたには「隠したい自分」が複数いる――と判断してください。

という話をしました。
 まだ、テストがお済みでない方は、下記記事から、トライしてみてください。
  『あなたが隠している自分をあぶり出す』

 さて、あなたは「どんな自分」を隠しているのでしょうか?
 テストの結果をもとに、詳しく解説してみたいと思います。

悪魔女隠している自分が
 弱い自分  なあなたの場合

 あなたは、ごく幼い頃か感じやすい思春期に、自分の力のなさをだれかに指摘されるか、思い知らされる場面に遭遇して、「自分は弱い人間」と思い込むようになったのかもしれません。
 その「弱い自分」をどこかで責めている自分がいて、あなたは「弱い自分」を素直に受け入れることができなくなっています。無理に自分を強く見せようとするか、自分の弱さから逃げ出そうとする傾向が、いつの間にか、身に着いてしまっています。
 ここで言う「弱い」は、何も「腕力が弱い」というだけではありません。
 頭がわるい、意気地がない、意志が弱い、運動能力が低い、仕事ができないなど、身体的能力精神力、知力に関する弱さすべてが、あなたの「弱さ」の成分になります。
 こうした弱さが、「隠したい自分」になるきっかけには、他者の関与が重大な役割を果たします。それも、親。教師、友人たち……といった、あなたにごく近しい関係にある「他者」です。
 たとえば、ごく幼い頃に、父親や母親から、「そんな弱いことでどうする?」「気の弱い子ねェ」などと、ことあるごとに言われて育った。
 学校の教師から「おまえはグズだなぁ」「こんなこともわからないのか」などと、いつも責められてばかりいた。
 友だちから「バ~カ」「弱虫」などとからかれてばかりいた。好きな女の子から「弱い男の子は嫌い」とフラれたことがある。あるいは、ケンカで負けてひどい屈辱感を味わった。闘わなければいけない場面で、逃げてしまったことがある。さらには、家が貧乏でいつも悔しい思いを味わっていた……などの経験が、原因となる場合もあるかもしれません。
 いずれにしても、あなたはそうした自分の弱さをだれかに指摘されて、それを責められていると感じ、自分の存在価値を否定されていると思って、その結果、「弱い自分」は隠さなくてはいけないのだ――と、考えるようになったのだと思います。
 この傾向は、どちらかと言うと、女性よりも男性に多く見られる傾向で、他の性質、たとえば「やさしい」とか「繊細」とかをどんなにホメられても、「弱い」のひと言は、それらすべてを帳消しにしてしまうインパクトを持っています。

悪魔女隠している自分が
 醜く、不格好な自分  なあなたの場合

 あなたは、まだ人格形成途上のある時期に、何らかの理由で自分の「醜さ」や「恰好わるさ」を指摘され、とても恥ずかしい思いをした経験があるはずです。そのことを周りから笑われているのだと思い、以後、「醜い自分」は隠さなくては――という思いが、意識の奥深くに書き込まれたものと思われます。
 「醜さ」には、さまざまな要素が含まれます。顔が不細工、体形が貧弱、太っている、チビである、足が短い……などといった容貌・容姿に関することから、息が臭い、体毛が濃い、髪が薄い……といった生理的なこと、さらには、淫乱、だらしない、行儀がわるい……といった性癖・習癖に関すること、センスがわるい、悪趣味といった感性に関することまで、指摘されると「恥ずかしい」と感じることすべてが、「醜い自分」の構成要素となります。
 これらのことを「醜い」と意識するプロセスでは、やはり、「他者の目」が重要な役割を果たします。だれかにそれを「醜い」と指摘され、そのことを責められたり、笑われたり、比較されたりしたことで、初めて、あなたはそれが「醜い」ことだと感じ、「恥ずかしい」という気持ちが生まれて、そんな自分を「隠さなくては」と思い始めるわけです。
 この場合の「他者の目」には、親の目、兄弟姉妹の目、教師の目、友人の目など、身近にいるさまざまな「他者」が含まれますが、とりわけ大きいのが、「親の目」と「異性の友人の目」でしょう。
 たとえば、小さい頃から親に、「おまえは器量がわるいんだから」「あんたはおチビちゃんなんだから」などと言われて育った。とりわけ、それを「〇〇ちゃんはいつもきれいにしてるのに、どうしておまえはそんなにだらしないの?」というふうに、他人との比較で指摘されることが多かった……などという場合、「醜い」という指摘は「価値が低い」と指摘されたのと同じ意味を持ち、より大きな心の傷として残ります。
 異性の友人からの指摘も、インパクト大です。せっかく用意したプレゼントを「ナニ、これ?」と笑われた、一生懸命おしゃれしたのに、「ヘンな服」と笑われてしまった……なんていう経験は、おとなになってからも心の傷として残り、「隠したい自分」を誕生させる大きなきっかけとなります。

悪魔女隠している自分が
 ズルく、不正な自分  なあなたの場合

 人は、「自分は正しい」と信じ、「間違ったことはしていない」と思うことで、安心して、現実の社会を生きていくことができます。
 ところがあなたには、そう思い込むことができない何らかの理由があるようです。
 「自分は悪い人間だ」「いけない人間だ」「ズルい人間だ」という書き込みが、幼少期から青年期にかけての、どこかの段階で行われ、胸を張って「自分は正しい」と言えなくなってしまったのです。
 こうした書き込みが行われるケースは、大きく分けると2つあります。
 ひとつは、ごく小さい頃に周りの人間、特に親や教師などから、「おまえはズルい子だ」「わるい子だ」ということを繰り返し言われ、非難され続けたために、「自分は正しい」と思えなくなったケース。
 もうひとつは、自分が「正しい」と感じることを実行できない重大な出来事に遭遇して、深く心を傷つけてしまった場合。たとえば、心ならずも友人を裏切った、助けを求めていた友人を見殺しにした、悪いとは知りつつ不正に手を染めた……などの出来事があり、その結果、「自分は正しい」と思うことができなくなった、というケースです。
 「正しくない」と判断するには、「正しい」の基準が必要になります。
幼いうちは、親や教師などの周囲のおとなの目が、その基準になります。そういうおとなたちから厳しい「道徳的基準」を押し付けられ、それに応えることができなくて、それを叱られたり責められたり……ということが重なると、「自分は認められてない存在なんだ」という意識が定着してしまいます。
 成長してからは、これに、社会的に学習したり、書物などを通して身に着けた倫理観道徳的規範が加わって、全体的な善悪・正邪の基準が出来上がります。
 いずれにしても、「自分はズルい」「間違っている」という判断の元となる規範は、自分の外側の世界にあるわけで、「正しくない自分」は、外側の世界に対しては「隠さなければならない自分」ということになります。

悪魔女隠している自分が
 冷たく、人を愛せない自分  なあなたの場合

 もしかしたらあなたのこれまでの人生には、人とスキンシップをとったり、濃密な人間関係を作ったりということが、あまりなかったのかもしれません。あなたの中には、人との関係が深く、濃くなることに対する恐れのようなものがあり、どちらかというと「人づきあいは苦手」という意識が、心の奥に潜んでいるのかもしれません。
 そのことを、かつてだれか(親や教師や友人など)に指摘されるか、自分で気づくかして、それが自分の負い目であると考えるようになったのだろうと思われます。
 スキンシップや人との関係における「情の深さ」といったものは、ごく幼い頃の環境に大きく影響されます。
 たとえば、幼い頃に父親や母親があまりスキンシップをしてくれなかった、家庭が厳格で、家族間に温かい交流がなかった……などという場合、人と肌が触れ合うようなつきあいをすることが苦手な子ども、人間的な感情を交流させることが苦手な子どもに育ってしまう可能性があります。
 また、成長してからのなんらかの出来事、異性または同性から性的虐待を受けた、ひどいイジメに遭った、人を信じてだまされた、血や暴力が怖くなるような事件に遭遇した……などが原因となって、人との深い関係を恐れるようになる場合もあります。
 そうして、知らず知らずのうちにあなたは、他者との間に距離を置くようなスタンスを身に着けていったはずです。
 みんなで飲んでいても、とことん飲んでだれかが酔いつぶれるまでつき合うということをしない。ほんとに困っている人を見ても、親身になって相談にのってあげるということができない。殴り合いになるまで人と徹底的に争ったこともなければ、ボロボロになるまでひとりの異性を追い求めたこともない。
 そういう姿勢を、だれかに指摘されたのかもしれないし、自分で気づいたのかもしれません。いずれにしてもあなたは、自分が「人に対して冷たい」ということを知り、それを周りから責められていると感じて、そんな自分は「隠さなければならない」と考えるようになったと思われます。

 以上が、あなたが「隠している自分」の正体。その「正体」は、簡単に見破られてしまうこともありますが、たいていの場合、人は、何とかそれを見破られないようにしよう――と、偽装を施します。つまり、隠してしまうんですね、見られたくない自分を。
 実は、その「隠し方」こそが、「他人の目に映るあなた」を決定する重要な意味を持つのですが、それについては、次回、探ってみたいと思います。



   筆者の官能小説! 電子書店から発売中です!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間の盆かかを終えて帰って来た妙は、その夜から
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。
Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。


   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR