ひとりHの「おかず」は、精神の発達に応じて変化する

手と手 
「ひとりH」には、エロ神経を高めるための
刺激材が必要と言われます。俗に「おかず」。
何を「おかず」にするかは、その人の精神の
発達段階によって変わるのですが――。


 性とエッチの《雑学》file.51   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。




 男はどんな「おかず」が好きか?
 そりゃ、何と言っても「肉じゃが」でしょ――という話じゃないので、あしからず。
 もっとHなおかず。
 そうです、「ひとりエッチ」にふけるとき、男は何を「おかず」にしているか? という話をしようと思うのです。
 「おかず」とは、男のエロ神経を奮い立たせ、アレを痛いほどにふくらませ、最終的には射精にいたらせるための「刺激(材)」のこと。
 どうしてこんな話をするかというと、実は、あなたの体の上で励んでいるときのカレや夫の頭の中で、何が起こっているか――が、この「おかず」のパターンと深い関係があるからなのです。
 そうです。
 男という生きものは、愛する女性と汗だくで励んでいるそのときでさえも、実は、頭の中では、指原莉乃が小峠と路上エッチしている姿とか、広瀬すずがブッチャーに襲われている姿とかを、想い描いたりしていることが多いからです。
 何と失礼な……と思う人もいるかもしれませんが、男の脳も、体も、「愛」さえあれば反応する――というふうには、作られてないんですね。
 どうしてもイメージ脳の助けが必要。
 目の前の彼女が、そのイメージを膨らませてくれるような存在であれば問題ないのですが、多くの現実は、「エッチなイメージ」とはかけ離れています。
 そこで、男の脳は、活動を始めるわけです。
 なんとか、自分を奮い立たせてくれるイメージを得ようと――。
 そのイメージとは?
 これが、千差万別、百花繚乱……。男が、そのとき、どんなイメージを思い浮かべるかは、彼がひとりエッチのときに、どんなイメージをおかずにしていたかと、大いに関係があるらしいのです。

悪魔女
「オブジェ」に興奮する精神は、きわめて幼い

 長年にわたる調査・取材活動の結果、わかったことがひとつ。
 なんと、この「おかず」は、個人の精神史の中でも「進化」するらしいのです。しかもそれは、個人の精神の発達レベルと見事に一致する……。
 大きな流れから言うと、それは、

 「オブジェ」から「妄想」へ

 という経過をたどります。
 「オブジェ」は「物」です。「妄想」は脳の中に描き出すイマージュです。ひとりエッチするのに、「物」を必要とするか、脳の働きによる「想像」だけですむか、という話ですから、当然、後者のほうが、脳の発達段階としては上、ということになります。
 では、まず、その「オブジェ期」の話から――。

 「物」は文字通りの物体です。
 たとえば、女性が脱ぎ捨てた下着や、口紅をぬぐったティッシュ、いつも携帯している化粧ポーチ……などなどといった「物」たちです。
 こういうものがないと、自らを慰めることができない――という男たちの精神の発達レベルは、フロイト的に言うと《口唇期》、つまり、母親の乳房を欲しがる段階に固着しています。
 筆者の遠い学生時代の友人にも、ひとり、こういう男がいました。
 彼は、どうしても、そのために女性の下着を必要としたのですが、ひとり身の彼にはそれを入手する術がありません。
 そこで、拝借してくるわけです、他家の物干し場などから。いえいえ、決して盗むわけではありませんよ。ただ、一時、拝借して、事を終えると、ちゃんと元の場所に戻しに行くわけです。実に、律儀な男です(←それでも、犯罪です、コレ)。
 あるとき、使用中にそれを汚してしまった彼は、律儀にもそれを洗って、部屋のストーブで乾かしていたのですが、あまりにストーブに近づけすぎたため、いちばん大事な部分が溶けてしまいました(化繊だったんですね、素材が)。
 しかし、なにせ律儀なこの男は、それでも、ポッカリ穴の開いた下着を、元の場所に戻しに行きました。実に見上げ果てた(←果てるか?)律儀さです。

悪魔女
やがて、男は「映像」を使うことを覚える

 もう少し、精神が発達すると、この「オブジェ」は「メディア」に変わります。
 つまり、「映像」ですね。
 AVなんてものがなかった時代には、いや、いまでもかなりの男たちが使っていると思いますが、ピンナップ写真が主役でした。いまで言うと、グラビア雑誌ですね。
 いまでは笑ってしまうのですが、筆者などは、むき出しの尻なら何でもいいと思ったのでしょうか、大相撲の若乃花や栃錦の尻を「おかず」にしたこともありました。小学校2~3年の頃の話です。
 そのうち、いいものを発見しました。母親が読んでいた主婦雑誌に、「サロンパス」の広告が載っていたのですが、その広告写真が、ナイス。裸の女性がお尻に湿布を貼っているという写真だったのです。
 とにかく、その時代、子どもが目にすることのできる「裸のお尻」は、大相撲湿布薬の広告しかなかったのですね。ひとりエッチの環境としては、実に、貧しい時代です。
 思春期に入ると、もう少しましな「おかず」が手に入るようになります。女優や歌手の水着写真です。
 しかし、水着とはいえ、いまみたいなハイレグだのTバックだのがない時代ですから、みんな体操着に毛が生えた程度の露出度しかありません。

  どうしても、吉永小百合をすっ裸にしたい!

 思い悩んだ(思い悩むな、そんなことで)少年シランケンは、小百合さんはお顔だけ拝借して、ボディは自ら鉛筆で描きこむというコラージュの技法を、独自に開発(?)したのでした。
 まさに、「必要は、知性の母」というべきであります。
 後年、ビデオなるものが登場して、さらに、アダルト映像までが世にあふれ出したときには、これでひとりエッチの世界は、飛躍的な進化を遂げると思ったのですが、残念ながら、そのときすでに筆者のエッチ精神は、次の発達レベルへと移行していました。

悪魔女
発見! 「妄想力」には、2つのタイプがある!

 さて、ここからが本題。
 エッチ精神が高度な進化を遂げると、人は、「オブジェ」にも「メディア」にも頼らず、「妄想力」だけで、木星までも飛んでいけるようになるのですが、いろんな男たちの話を聞いていると、実は、この妄想の仕方に、2つのタイプがあることが判明しました。
 「妄想」には、ストーリーが必要になります。
 女が夜道を歩いていると、突然、脇に白いワゴン車が停まって――というふうに、自分でストーリーを作っていくのですが、そこで、大きくタイプが分かれてしまうのです。
 タイプを分けるポイントは、

 自分が主役かどうか

 です。
 一方の男性たちは、そのストーリーの中で、自分が主役でないと燃えません。
 つまり、自分が名うての女たらしになったり、暴行魔になったり、スケベ教師になったりして、みずからその女といたしている――という設定でないと、リビドー(欲動)を満たせないのです。
 こちらのタイプは、賞味期限切れの奥さん(申し訳ありません)を相手にするときでも、自らを強盗に仕立てたり、チカン教師になったりして、奥さんにもそれなりの演技をさせるように仕向けたりします。コスプレに走ったりするのも、どちらかというと、こちらのタイプだろうと思われます。

 もうひとつのタイプは、自分を傍観者の位置に置きます。
 傍観者というより、「のぞき見ている者」という立場です。で、このときの主演女優は、ほとんどの場合、自分が見知っている女、しかも、自分が心を寄せている女だったりします。もちろん、彼女や奥さんも「のぞき見る」対象となります。
 つまり、このタイプは、自分が結ばれたいと望む女性が、他の男としている、あるいは犯されている――という状況を想像しないと、燃えないわけです。
 たとえ、いつものカミさんといたしているときでも、このタイプは、いたしているのは自分ではなくほかの男――というイメージを頭の中に思い浮かべます。自分自身は、まるで「幽体離脱」したように「第三の目」となって、いたしている自分とカミさんの姿を見ている立場におくわけです。
 まったく、難儀な話です。

悪魔女
「主役」の違いは、Sか、Mか――の違い

 実に不思議だと思うのですが、この両タイプは、見事に分かれます。
 なぜそうなるのか?
 かすかに推測できることは、本人が、S的性質M的性質かによって分かれるのではないか――ということです。
 もちろん、前者がS、後者がMです。
 もうひとつ、本人の、ごく初期の性的体験がどのようなものであったかにも、影響されるのではないか――と、筆者は思います。
 ちなみに、筆者は後者なのですが、それは、筆者が初めてペニスのうずきを感じたのが、父親と母親の性交を目撃したときであった、ということと関係しているのかもしれません。
 ただ、この2タイプの妄想の中身を比べると、後者のほうが複雑な設定を必要とします。つまり、ゲージツ的なわけです。
 文豪・谷崎潤一郎なんて、絶対、こっちのタイプだと筆者は思っているのですが、残念ながら、本人に訊くチャンスには恵まれせんでした。



   筆者初の官能小説! 電子書店んら発売中です!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
クジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。
Kindle でお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、名前を変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR