未亡人下宿〈5〉 筆おろし

もの想い 妄夢草紙 
 第7話  未亡人下宿   

      R18 
このシリーズは、性的表現を含む官能読み物です。
18歳未満の方は、ご退出ください。


このおばさんに教えてもらえや。
言うやいなや大輔は幸一の両腕を
押さえつけた。幸一のズボンは
大家夫人の手で脱がされ、幸一の
それは夫人の手に握られて——。


この話は連載5回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
  前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 大輔が4度目の下宿に引っ越した。「今度の下宿のおばさん、ワシに色目使いよるんよ。いっぺん見に来いや」。大輔に誘われて下宿を訪ねると、大家夫人は肉感的で、どこか小悪魔を思わせる魅力を漂わせていた。風に吹かれて体に張り付くワンピースに浮き上がる下腹部の「Y」の字のレリーフ。幸一が見とれていると、夫人は、「この人、もう知っとるん?」と、大輔に寄り掛かる。大輔はワンピースの上から夫人の脚を撫で上げながら言うのだった。「おばさんが教えたったらええやん」。しかし、大家夫人の元へは、通って来る男がいた。次に下宿を訪ねると、大輔が「シッ!」と指を口に当てた。「コレが来とる」と親指を立てて見せる。やがて階下から妖しげな声が聞こえてきた。「見に行こう」と、大輔が階段に足を忍ばせた。階下の大家の寝室。その障子戸に、男に髪をつかまれ、引き倒される夫人の姿が、影となって写っていた。大輔と幸一は、指で障子に穴を開けて、部屋の中の様子をのぞき見した。すぐに、学校は夏休みに入った。帰省する前にと大輔の下宿を訪ねると、大輔は浴衣の大家夫人とスイカを頬張っていた。手は、夫人の浴衣のももに置かれている。その手でその裾を割りながら、大輔は言うのだった。「おまえ、このおばさんに教えてもらえよ」――




 大家夫人の手で、幸一の下半身は、まる裸にされた。
 大輔と夫人の行為を見て興奮していた幸一のそれは、すでにパンツの中でカチンカチンになっていた。それをふたりの目にさらされたことが、幸一には屈辱と感じられた。
 しかし、それでも幸一の硬直は治まりそうになかった。
 それはいいのだが、ひとつだけ、大輔に見られると格好のつかないことがあった。案の定、大輔がそれを指摘した。
 「なんぞ、こんなは、まだ皮かむりかいな。綾さん、むいたって」
 「あら、あら……」
 言いながら、大家夫人はクスリと笑い、幸一のそれに手を伸ばした。硬直度合を確かめるように砲身を手の中に握り締めると、それをゆっくりと上下に動かす。夫人の手が振幅を大きくするにつれて、皮の下から亀頭が顔を出し、包皮はツルリ……とむけた。
 大家夫人の手は、幸一には、天女のそれのように感じられた。フワリとしていて、ジワッと温かく、ピタッ……と幸一の敏感な皮膚に張り付いて、それを興奮の血流でみなぎらせた。
 「ちょ……ちょっと……止めろ……おい、大輔、止めさせてくれ。な、大輔……」
 このままじゃ、オレは、夫人の手の中にあれを放出してしまうことになる。
 しかも、大輔の見ている前で……。
 そんな事態になったのでは、幸一は一生、大輔に頭が上がらなってしまう。
 しかし、大輔は、幸一の上半身を押さえつけたまま、ニヤニヤ笑いながら、それを見ているだけだった。
 興奮がマックスに達したと見るや、大家夫人は、幸一の高まりを手で支え持ったまま、その体にまたがって、浴衣の前をはだけた。
 さっき見せられたばかりの大家夫人の黒い繁みと、その下で血の色に熟れて濡れそぼった小さな穴が、幸一の目に映った。
 「や、止め……あ、だ……」
 「大丈夫よ。いま、すぐ……気持ちよくなりよんで」
 言いながら、大家夫人は、幸一の怒張の上に腰を沈めた。
 むいたばかりの幸一の亀頭に、熱を帯びたヌルヌルの粘膜が触れた。
 「あっ……」と思ったときには、それは、ニュルリと夫人の窮屈な入り口を通り抜け、その奥へと吸い込まれていった。
 「あーん……」
 大家夫人は幸一をくわえ込むと、口から、息の音とも声ともつかない甘い吐息を吐きながら、腰をゆっくり動かした。
 自分の体の最深部まで幸一を迎え入れたかと思うと、次には、幸一の先端の膨らみが抜け落ちそうになるところまで腰を浮かして、再び、腰を沈める。
 それは、不思議な感覚だった。
 夫人が腰を浮かすと、ブランコを思い切り漕いで、後ろのトップまで引いたときのような感覚に襲われた。
 腰を沈めるときには、トップの位置から一気に下りてくるときのような、ゾワーッとした感覚が全身を襲った。
 それを二度、三度と繰り返すうちに、幸一は体の中を何かが這い上がってくるのを感じた。
 陰嚢のほうに湧いたその感覚は、幸一の腹の中に入り、それから一気に尿道を駆け下ってきた。
 いかん。止めなくちゃ――と思ったが、間に合わなかった。
 それは、勢いよく、夫人の体の中に迸った。
 「あら、もう? かわいいッ! この人、もうイキはったで、大ちゃん」
 それが、幸一の初の体験になった――。

       

 「幸一よ、いくらなんでも、それ、早すぎるで」
 「あら、大ちゃんかて、最初のときは、こんなもんやなかったかいのぉ」
 「よもだ言わんといてや。ワシは、もうちょっともったで」
 そうか。やっぱり、大輔もやったんだ、このおばさんと――と、幸一は思った。
 そして、ふたりの間には、「最初のとき」が過去形で語られるだけの時間が流れているんだ――と知って、幸一はだんだん腹が立ってきた。
 腹が立つと同時に、自分がみじめにも感じられた。
 すでに情を交わしてわけありとなっているふたりに、自分のセックスを笑われているような気がして、幸一はいたたまれない気分になった。
 「ワシ、帰るわ」
 幸一がパンツを穿こうとすると、「まぁ、待てや」と大輔が引き止めた。
 「人んちの玄関まで来て、ション便だけして帰るようなマネすなや。ちゃんとメシまで食うていけや」
 「メシとはなんぞ?」
 「それは、これからや。な、綾さん」
 言うなり、大輔は大家夫人の浴衣の帯に手をかけた。
 「あっ、いけん。な、それは……いけんて……上原さん、困っとりんさるやないの」
 かまわず、大輔は結び目を解き、解いた端をグイと引っ張った。大家夫人の体は、ゴロン……と畳の上を転がった。
 大輔は、その体を押さえ付け、下帯も解いて、大家夫人の浴衣を剥ぎ取った。
 この前、障子の穴からのぞいたときよりも、夫人の肌は艶かしく感じられた。モチッとした白い肌は、ほんのりピンク色に上気し、うっすらと汗ばんでいた。
 大輔は、その体を後ろから抱きかかえ、抱きかかえたまま、表に返した。
 大家夫人の豊満な体は、大輔の腕にホールドされたまま、幸一に向かってすべてをさらけ出す格好になった。

       

 「なぁ、幸一。乳を吸うんと、あそこをなめるんと、おまえ、どっちがええゾ?」
 「どっち……って、そんなん、ワシゃ、ええがや……」
 「ええけん、どっちか選べや。そやな、乳は赤ん坊のとき、母ちゃんのを吸うとるわな。おまえ、まだ、女のここ、なめたことないやろ?」
 「なめるかいな、そんなとこ。見るんかて、これが初めてやのに……」
 「ほたら、なめてみいや。ワシがこうやって、脚開かせとるでよ」
 言いながら、大輔は自分の足を大家夫人の足首に絡ませ、そうしておいてグイと足を開いた。
 大家夫人は、幸一に向かって思いきり脚を開かされる形になった。
 「どや、ええ眺めやろ?」
 「あ、ああ……」
 「このおばさんはの、クリちゃんをなめられるんが、ものすご好きなんよ」
 「クリちゃん? なんぞ、それ?」
 「おまえ、クリトリスも知らんのけ? おばさん、教えたって」
 「いややわ。おばさんと違うでしょ?」
 「あ、そやった。綾ちゃんや。かわいい綾ちゃん、こいつに教えたってや」
 「もう……」
 大家夫人は、ゆっくり自分の手を股間に伸ばし、人差し指と中指をVの字に開いて、少し色の濃い皮膚を左右にかき分けた。
 鮮やかなピンク色の粘膜組織が姿を現した。
 ヌメヌメと怪しく光る湿地帯の起点となっているあたりに、ボタンのように顔をのぞかせている組織があった。大家夫人の指は、そのボタンを指差した。
 幸一は恐る恐る、夫人が指差す場所に口を近づけた。
 甘酸っぱい匂いがした。
 「そこ、上から皮がかぶさっとるやろ。その皮をな、指で上に引っ張り上げるようにすると、中からピンク色のコリッとしたものが顔を出してくるけん、それを、尖らせた舌の先でな、ツンツンゆうふうに叩いたり、グリグリと押し揉むようにするんよ。やってみ。綾ちゃん、たちまちもだえ始めるよって」
 言われるままに、幸一は、その部分の皮膚を上に引っ張り上げた。
 大輔の言うとおり、表皮の下から、ピンク色の小さな組織が、さやから顔を出した豆のように、顔をのぞかせた。
 幸一が舌の先端をそこに押し当てた途端、大家夫人は「あっ……」と声を挙げた。
 はんぺんのように柔らかい夫人の白いももに、力が加わるのがわかった。
 夫人はそのももを外側に向かって開きながら、腰を幸一の口に向けて押し出すように持ち上げた。
 幸一は、大輔が教えたとおり、夫人のピンクのベルをツンツンと叩き、次には、舌先に力を入れてそこに押し当て、グリグリと揉むようにしてみた。
 幸一の舌の先で、夫人のベルはどんどん硬くなっていき、気のせいか、サイズも大きくなっていった。
 「ああ――ッ! あっ、あっ!」
 夫人のももの開閉が大きくなった。
 夫人の持ち上げられた腰は、単に持ち上げられたというのではなく、幸一の口にそこをこすりつけるような動きを見せた。
 幸一がそこに舌を押し当てている間、大輔は、後ろから抱きかかえた手で、夫人の乳房をもてあそんでいた。
 人差し指と中指で、アーモンドのような夫人の乳首をはさんでもみながら、手のひら全体で乳房のふくらみを包み込んで、それを回転させるように揺らしていた。
 夫人が口からもらす声は、ますます高く、大きくなり、それに「ハッ、ハッ……」という息の音が混じって、どこか苦しそうな、断末魔のような声に変わっていった。
 そして、幸一は、生まれて初めて、女がもらすその声を聞いた。
 「だ、ダメ――ッ! い、いく――ッ!」
 夫人の体から、一気に力が抜けていった。
 ⇒続きを読む



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
そのクジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
権太との三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR