「蟻の一穴」効果=彼女の心はその「小さな穴」から崩れる

コーヒーを飲む女知らなきゃよかった「恋愛法則」
 法則 69  どんな堅いガードも「小さな穴」ひとつから崩れる

彼女のガードは堅い。そんなとき、いきなり、
削岩機で心に穴を開けようとしてもダメ。
「小さな蟻の一穴」でいいのだ——という話。




 「蟻の一穴」という言葉があります。
 どんなに強固に築かれた堤防でも、アリが開けた小さな穴ひとつから崩れてしまうことがある――という意味です。
 通常は、「だから、小さなほころびをおろそかに考えてはいけない」という戒めとして使われるのですが、ときには、ポジティブな意味で使われることもあります。
 強大な敵に立ち向かっても、恐れることはない。自分は「アリ」のような小さな存在かもしれないけれど、「蟻の一穴」でも開けることができれば、そこから一気に突破口が開けることもあるゾ――と、勇気づける意味で使われることもあるのですね。
 その「蟻の一穴」理論、恋愛にも通用しないだろうか――というのが、今回の話の骨子であります。もちろん、ネガティブな意味ではなく、ポジティブな意味のほうで。
 わかりやすく言うと、こういう話です。

 ガードの堅い彼女でも、
 どこか一カ所、「小さな穴」を開けることができれば、
 そこから一気に陥落させることができる。


 何だよ、「穴」なら最初から開いているではないか?
 いや、いや、そういうことじゃなくて、もっと精神的な……というか、心理的な穴のことをお話しようかと思うわけです。

悪魔女
いきなり「大きな穴」を開けようと思っても、警戒されるだけ

 念願の彼女(カレでも同じなのですが、どちらかと言うと「アタック」をかけるのは、男性からのほうが多いと思いますので、ここでは、「彼女」としておきます)をデートに誘おう、よければつき合ってもらおう――などと思うとき、私たちは、よく、こんな失敗を犯してしまいます。

 ボクは前からあなたのことをずっと……などと、思いの丈を伝えようとする。
 いきなり、高価なプレゼントで振り向かせようとする。
 ビックリするほど豪華な(完璧な)デートプランを提示する。


 これらは、言ってみれば、いきなり大きな削岩機で、相手のハートに「でっかい穴」を開けようとするような試みです。
 相手にも、あなたを憎からず思う気持ちがあり、あなたとのデートや交際を望んでいることが確信できる状態であれば、いきなり削岩機でドリルしても、ショベルカーで掘削に当たってもいいでしょう。中には、「私(オレ)のために、そんなことまで」と目を輝かせる人もいるかもしれません。
 しかし、そんなデキ・レースのような恋愛は、世の中には、そうザラには存在しません。
 通常、人がアタックを試みようとする異性、特に女性は、初期の段階では、心を警戒心という鎧で覆っています。
 その心をこじ開けようとするときに、いきなり、削岩機やショベルカーを持ち出したのでは、相手の警戒心はますます強まり、堅く扉を閉ざしてしまうかもしれません。
 最初は、「蟻の一穴」レベルの「小さな穴」でいいじゃないか。
 問題は、その「小さな穴」をどうやって開けるか?――です。

悪魔女
ファースト・デートに「予約」は要らない

 たとえば、彼女やカレを「一度、食事にでも」と誘うシーンを考えてみましょうか?
 気合の入りすぎている人は、一生懸命、グルメ雑誌などをめくった末に、あるいは自分が利用した範囲で、考えられるもっとも豪華な店をチョイスして、予約を入れ、場合によっては、「窓際の夜景の見える席」などを押さえた上で、「ちょっと素敵な店を予約しておいたから」とお誘いをかけたりします。
 しかし――です。
 ファースト・デートがこの調子だと、ちょっとハードルが高くなるだろうなぁ――と、筆者は思うのです。
 こんなお誘いを受けたほうは、たいていは、こういうふうに考えてしまいます。

こんな立派な食事をごちそうになってしまうと、後のデートも断れなくなってしまうわねェ。ちょっと考えちゃうわ……。

 相手の心に負荷をかけてしまい、考えたり、迷ったりする時間を与えてしまうのですね。
 「蟻の一穴」主義者である筆者は、そんな方法はとりません。

 最初は、「ちょっとそこらでお茶でも」から始めます。
 あるいは、「軽く何か食べていかない?」でもいいでしょう。
 「お茶」ならワンコインですむ範囲。「食事」でも、ひとりあたり1000円札一枚ですむ範囲。わざわざ誘うのではなく、何かのついでに声をかける――という感じ。
 これくらいであれば、相手は「デートに誘われている」とは思わないので、わりと無警戒に、あなたの誘いに応じてくれるはずです。
 そういう「デートと思われないようなデート」を重ねたところで、切り出すわけです。

そう言えば、もうすぐ誕生日だよね。いつもチープな食事ばかりで申し訳ないから、今度、ちょっとオシャレな店でおいしいものでも食べようか?
ちょっと臨時収入が入ったんだ。少しリッチな食事でも……と思ってるんだけど、つき合ってくれない?

 「そこらでお茶でも」や「軽く何か食べて」で警戒心を解かれた相手は、「リッチな食事」のお誘いにも、応じやすくなる。
 これは、筆者も、身を以て実感したところであります。

悪魔女
「ノンストレス」から始めよう

 同じことが、相手に何かをプレゼントする場合にも、言えます。
 いきなり数万円のジュエリーや高級ブランドのバッグをプレゼントしようとしても(←おじさんたちが、よく、若い女性に対してやることです)、「私、そんなものをいただくわけにはまいりません」と気味悪がられてしまうのがオチ。
 私だったら、どこかに旅して買ってきた「縁結びのお守り」などを「ハイ、おみやげ」と渡すとか、どこかの道端に咲いていた可憐な花を手折ってきて、「キミみたいにかわいかったから」と、一輪、ポンと彼女のデスクに置いてあげるとか、そんなレベルから始めます。

 自分の「好意」を口で伝える場合も、同じです。
 「ボクは、ずっと前から、あなたのことが……」とか、「キミがいない世界で生きていたくない」などと、いきなり思いの丈を伝えられても、心の準備ができてない相手は戸惑ってしまうか、場合によっては、恐ろしく感じて、気持ちが引いてしまいます。
 最初は、「いつも元気だね」「きれいな目してますね」「やさしいんだね」などと「好感」を持っていることを伝えるところから始め、そのうち、「ボクは○○さんの味方だからね」「ちょっと気になる人なんだ」「かわいいね」などと「好意」を持っていることを伝え、そして最後に「好きなんだ」と、告白します。

 こうして、ノンストレスな「小さな穴」をコツコツと開け、相手の心の「警戒心」という堤防を決壊させてしまったら、後は、押すなり引くなり、お好きにどうぞ――というわけです。

悪魔女
実はこれは、悪徳セールスの商法でもある

 ところで、このやり方、ワル知恵に長けた訪問販売などの営業マンや通信販売などが、しばしば用いる方法でもあります。

ちょっと検査に伺いました。無料の検査ですから、ちょっとお宅の中を拝見させてもらってもいいですか?
1か月間、無料でお試しいただけますよ。もちろん、試した結果、合わないと思ったら、キャンセルしていただいてかまいませんので。

 実はこれが、「だましのテクニック」なのですが、どこがだましなのかは、ここでは詳述しません。
 とにかく、「無料」という言葉をちらつかせて、最初の「一穴」を開けてしまおう――というわけです。
 強引なセールスマンがよく用いる方法に、「フット・イン・ザ・ドア」というのもあります。
 訪問したお宅でドアを開けてもらうことに成功したら、まず、ドアの中に足を差し込んでしまえ。そうすれば、話を打ち切られずにすむ――というワル知恵です。
 どちらも、「蟻の一穴」と同じことを、セールスのためにやっているわけですね。
 セールスで使うくらいですから、その効果は「実証済み」ということでもあるわけです。
 ま、あまり、わるいことにお使いになるのも、いかがか――と思います。
 せめて、「恋愛テク」としてお使いいただくぐらいに止めておいほうが、世の中のためになるのではないか。私は、そう思います。



   筆者の最新官能小説! 電子書店で発売を開始しました!   

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
そのクジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
権太との三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
BOOK☆WALKER からお読みになる方は、ここをクリック。
Kindleでお読みになる方は、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、名前を変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR