未亡人下宿〈3〉 障子穴の世界

もの想い 妄夢草紙 
 第7話  未亡人下宿   

      R18 
このシリーズは、性的表現を含む官能読み物です。
18歳未満の方は、ご退出ください。


大家夫人の部屋に男が来ている。
「行こう」と、大輔が階段に足を
忍ばせた。夫人の寝室の障子戸に
うごめく影が写っていた。男に髪を
つかまれた夫人の顔にアレが……。


この話は連載3回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
  前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 大輔が4度目の下宿に引っ越した。「今度の下宿のおばさん、ワシに色目使いよるんよ。いっぺん見に来いや」。大輔に誘われて下宿を訪ねると、大家夫人は肉感的で、どこか小悪魔を思わせる魅力を漂わせていた。風に吹かれて体に張り付くワンピースに浮き上がる下腹部の「Y」の字のレリーフ。幸一が見とれていると、夫人は、「この人、もう知っとるん?」と、大輔に寄り掛かる。大輔はワンピースの上から夫人の脚を撫で上げながら言うのだった。「おばさんが教えたったらええやん」。しかし、大家夫人の元へは、通って来る男がいた――




 体重をかけると、階段はミシリと音を立てた。
 幸一も、大輔も、そろりと足を踏み出しては、そのつま先に少しずつ体重を移し、移し終わると、また、そろりと反対側の足を踏み出した。
 そうやって階段を下りたところが、玄関になっている。
 右手には、障子戸で仕切られた部屋があって、そこが茶の間になっている。その前の廊下を右に行くと、突き当たりがトイレと風呂。その隣に、やはり障子戸で仕切られた部屋があって、そこが大家夫人の寝室だった。
 部屋には、行灯型の常夜灯が灯っているだけだった。
 その灯りに照らされて、中で激しく動く人の影が障子戸に映し出されていた。
 ひとつの影が部屋の右から左へ動くと、その影をもうひとつの影が追う。
 「イャッ……や、止めて……」
 逃げる影の長い髪を、追う影が手でつかみ、その体を引き寄せる。
 身にまとったガウンのような衣服が、剥ぎ取られる。
 「いやや……今夜はこらえて……お願い」
 「何、言いよんで。こんな、しとうてしとうて、ここ濡らしとったくせに。ここや、ここ! おら……」
 「いけん……て。上に……お客さんもおいでちょるし……」
 「お客さん? ああ、あのガキの友だちかいな? 聞かしたったらええんよ。うちの大家は、あれが好きで好きでたまらんのんよゆうて、教えたったらええんよ。女は、どがいに澄ましとっても、でっかいチ×ポ拝ませたら、腰から崩れるんよて、学習させたったらええんよ」
 男の腰から突出したものが、障子に巨大な影となって映し出された。
 髪をつかまれたほうの影は、顔を仰向けにさせられ、そのツンと尖った鼻先に、魚肉ソーセージのような影が突きつけられている。
 女の影は、両手を突き出して、押し付けられる男の腰を押し返そうとしている。
 男の影は、片方の手を振り上げた。
 その手が勢いよく振り下ろされた。
 ピシャッという音が、一度、二度、三度……と響き、そのたびに、「アッ」「イヤッ」「痛い」という悲鳴が響いた。そして、声がしなくなった――。

       

 寝室の障子戸は、下50センチほどが板張りになっていて、その上が障子になっていた。
 幸一も、大輔も、廊下の壁に張り付くようにして、様子を窺っていたが、部屋の中が静かになると、大輔が『コンバット』のサンダース軍曹のような手つきで、「前進!」の合図を送った。
 幸一は身を屈めて前進し、障子戸の左端に張り付いた。それを確かめてから、大輔は右端に張り付いた。
 大輔は、人差し指を口の中に入れてツバで濡らすと、その指先を障子紙に当てた。
 オイ、止めろ! まずいよ、それ――と、幸一が手で合図を送ると、大輔は「おまえもやれ」という合図を返してきた。
 部屋の中からは、「ングッ」「ングッ」という喉の音だけが聞こえていた。
 見たい――という欲求が、幸一の中にも湧き起こってきた。
 結局、幸一も指をツバで濡らして、障子紙に当てた。
 薄い障子紙には簡単に穴が開いた。
 幸一は、そこに目を当てた。
 体がブルッ…と震えた。
 大家夫人は、いつもはアップにまとめている髪を下ろしていた。
 肩甲骨の下まであるような長い髪。その髪は、男の左手でむんずとつかまれ、むりやり顔を上向きにさせられていた。
 その口に、男の褐色の肉棒がねじ込まれていた。
 さっきまで男の腰を押し返そうともがいていた夫人の両手は、ガウンのひもで後ろ手に縛られ、上半身は裸にされていた。
 男は、左手で夫人の髪をわしづかみにし、右手で夫人の乳房をもみしだきながら、腰を夫人の口に突き出している。
 男の腰が突き出されるたびに、夫人はその喉の奥から、「ングッ、ングッ」と苦しそうな声を絞り出す。男はその声をまるで楽しむかのように、喉に向かって深々と自分の棒を突き立てた。
 幸一には、その光景は、夫人が暴虐を尽くされているようにしか見えなかった。
 体の奥から、怒りとも、恐れともつかない感情が湧きあがり、しかしそれとは別のある烈しい熱が込み上げてきた。そして、その熱は、幸一の下腹で疼いた。
 大輔は、障子の穴に目を当てたまま、片手を拳に握り締め、それを入り口の柱に押し当てていた。拳を柱に押し当てたまま、大輔はもう一方の手をズボンの中に突っ込んでいた。その手が、ズボンの股間のあたりで、モゾモゾと動いていた。

       

 男は、いかつい体つきをしていた。
 胸の肉も、腕の肉も、まるで鋼の塊のように引き締まり、陽に赤黒く灼けていた。
 その灼けた背中から二の腕にかけて、蛇の刺青が施されていた。大輔が言うとおり、男は、堅気ではなさそうだった。
 やがて男は、夫人の口から唾液で濡れたイチモツを引き抜いた。
 デカい――と、幸一は、その太さに圧倒された。
 しかもそれは、天を向いてそそり立ち、脈動に合わせて、グイッグイッと鎌首を持ち上げている。
 男は、勝ち誇ったような顔をして、そそり立ったものでピシャピシャと夫人の顔をなぶった。
 「そろそろ、泣かしたろうかいのぉ。こいつがよ、こんなのあそこに入りたいゆうて、さっきから泣き叫びよるんよ」
 「いやッ! おねがいやけん……きょうは……」
 「何がきょうは……や。乳首おっ立ててからに。きょうはどっちや? 前がええんか?後ろがええんか?」
 「どっちも……いや……」
 言いながら大家夫人は、後ろ手に縛られたままの体で、畳の上を這って逃げようとした。
 「おお、ほうけ。後ろがええんか? こんなも好きやのぉ」
 男は、這い回る大家夫人の髪の毛をつかむと、その頭をグイと畳に押しつけて、もう片方の手を夫人の腹の下に差し入れた。
 「何が、いや……や。グチョグチョに濡れとるやないけゃ。エ? してほしかっんやろ? これがほしゅうてほしゅうて、たまらんかったんやろ?」
 言いながら、男は股間に回した手で夫人の腰を持ち上げた。
 頭を押さえつけられ、尻を突き出すような形になった夫人の格好を、幸一は「憐れ」と感じ、「憐れ」と感じるとともに「淫靡」と感じた。
 その憐れで淫靡な夫人の尻の肉の間から、男は、はちきれそうなほどに膨らんだ肉の塊をズブリと差し込んだ。
 「あ――――ッ!」
 夫人の口から、この世のものとも思えない声がもれた。
 それまでに聞いたこともない、高く、澄み渡った声。しかし、どこか弱々しく、いまにも壊れてしまいそうな声。
 畳に押さえつけられた夫人の顔は、眉を寄せ、眉間にシワを作り、苦悶の表情にゆがんでいるように見えた。しかし、その口は半開きになり、そこから激しい息の音がもれている。
 もしかして、これは苦悶ではなくて、喜悦なのか――。
 幸一が、男と女が織り成す世界の怪しい色彩に引き込まれそうになる横で、大輔はズボンの中の手を激しく動かしていた。

       

 大家夫人と男の狂宴は、いつ果てるともなく続いた。
 夫人を寝転がしたまま腰を動かしていた男は、それに飽きると、今度は、またも髪をつかんで夫人の体を引き起こした。自分は胡坐をかいたような格好になり、その股座に夫人を座らせて、下から腰を突き上げ始めた。
 幸一と大輔の目には、ふたりがつながっている様が、ハッキリと見てとれた。
 夫人の下腹部の黒い繁みの下で、すりこ木ほどもあろうかという男のイチモツが、赤く充血した夫人の肉の裂け目に吸い込まれていた。
 その合わせ目からは、ヌルヌルとした液体があふれ出し、男が腰を突き上げるたびにビチャビチャと淫靡な音を立てていた。
 男は、両手で夫人の乳房を包み込んで、まるでコンニャクをちぎるような感じでそのふくらみ全体をもみしだいている。
 夫人の白く豊満な、いつか、サンドレスの胸元からのぞいた美しい形の乳房が、あられもなくもみ崩され、男の毛むくじゃらの指の間から、崩された豆腐のように肉をはみ出させていた。
 「あ―――ッ! もう……ダメ――ッ。も、もう……な、あんた。もう……」
 夫人の声は、もはや絶叫に近くなっていた。
 「オラ、いくで! こんなの中に、ぶっ放すで。ドバーッと出したるで。オラ、オラーッ!」
 突き上げる男の腰の動きが速くなり、大家夫人の脚が、けいれんを起こしたようにピッと伸ばされ、全身をピクッピクッという震えが襲って、やがて夫人の体は、後ろから抱きかかえた男の腕の中に崩れていった。
⇒続きを読む



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
そのクジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
権太との三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、名前を変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR