未亡人下宿〈2〉 Yの字の誘惑

もの想い 妄夢草紙 
 第7話  未亡人下宿   

      R18 
このシリーズは、性的表現を含む官能読み物です。
18歳未満の方は、ご退出ください。


風に、大家夫人のワンピースは
体にピッタリ張り付いて、体の線を
浮き上がらせた。下腹部にレリーフ
される「Y」の字。見とれる幸一に
夫人は妖しく体をくねらせた。


この話は連載2回目です。最初から読みたい方は⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 大輔が4度目の下宿に引っ越した。「今度の下宿のおばさん、ワシに色目使いよるんよ。いっぺん見に来いや」。大輔に誘われて、その新しい下宿を訪ねると、大家夫人は肉感的で、どこか小悪魔を思わせる魅力を漂わせていた。未亡人であるその大家の元へは、通って来る男がいた――



 「なんや、向こうの窓、閉めたままかいな。ほじゃけ、風が通らんのやわ」
 大家夫人は、つと立ち上がって、納戸として使っている向かいの部屋の窓を開け、雨戸を引いた。
 東向きの窓からサーッとまぶしい光が射しこみ、夫人の薄いワンピースの生地を刺し貫いた。光の中に、夫人の体の線が浮かび上がった。
 細い腰だった。しかし、その下には、豊かなラインを描く尻が張り出していた。
 夫人は、ビキニのショーツを穿いているようだった。ピッチリとしたショーツに押さえつけられた肉が、その縁から少しだけはみ出して、淫猥な盛り上がりを見せていた。
 夫人が窓を開けたので、東の窓からはモワッとした風が吹き込んできた。
 モワッとはしていたが、風が通るようになると、体の表面にへばりついていた暑熱が払われて、一瞬、涼気が体を撫でていく。
 風は、夫人のワンピースを体に張り付かせた。腿と腹部が合わさる部分が「Y」の字の形にレリーフされ、その「Y」字の上に、ちょっとだけポッコリと突き出た腹部が浮き上がって見えた。
 幸一が夫人の「Y字」に見とれていると、大輔が声をひそめて言った。
 「な、うちのおばさん、色っぽいやろ?」
 ひそめた声でも、その声はしっかり、大家夫人の耳に届いたようだった。
 「何言いよん、村上さん。こんなおばさんをからこうたらいかんがな」
 言いながら、夫人は、大輔の隣に腰を下ろした。
 ワンピースの裾から出た脚を横へ投げ出し、倒れそうな体を床に着いた手で支える。
 きれいにそろえて畳の上に投げ出されたひざから下の脚。
 床に下ろした尻の豊かなふくらみ。
 尻の上でくねりと曲がった上体の危なっかしいバランス。
 その上で、息を弾ませるたびに存在を主張する乳房のふくらみと、何かの拍子に浮かび上がる乳首のリアルな形。
 肩は、夫人が何か言葉を発するたびに、ユラリと大輔の体のほうに傾く。
 大輔の言う「色っぽい」は、こういうことを指していたんだろうな――と思いながら、幸一はその姿に目を奪われた。

       

 「どうぞ」と勧められて、冷たいお茶を飲んでいると、大家夫人が「なぁ、村上さん」と、肩を大輔の肩にぶつけながら言った。
 「このひと、ガール・フレンドとかおるん?」
 「おるわけないやん」
 「なんで?」
 「なんで……て、ワシら、男子校なんで。たいていのやつは、女なんかおらんでよ。なぁ、幸一」
 幸一は、話を振られて、うなずくしかなかった。
 それを聞いて、大家夫人の目がキラッと輝いたような気がした。
 「ほたら、あれ? まだ、知らんのん?」
 「何をですか?」
 「何を……て、女をや。まだ、したことないのん?」
 「ハ、ハイ……」
 「そら、気の毒やなもし。なぁ、大ちゃん」
 言いながら、大家夫人は、またも肩を大輔の肩にぶつけ、「なぁ、なぁ」というふうに大輔の体を揺らした。
 いつの間にか、「村上さん」が「大ちゃん」に変わっている。
 大輔は、「そんな、からかわんといてや。上原が困っとんで」と言いながら、手を大家夫人の腿に伸ばした。
 大家夫人は、腿の上に置かれた大輔の手にそっと自分の手を重ねて、それを腿の付け根のほうへと導いた。
 ふたりの手が腿の上を滑るのに合わせて、ワンピースがずれ上がっていき、夫人の白く、むっちりした太腿が、露わになった。
 目のやり場に困ってドギマギしている幸一を、上目遣いに見ながら、大家夫人はクスリと笑った。
 「ねェ、大ちゃん。上原さんにも教えたらんといけんねェ」
 「ほたら、おばさんが教えたらええじゃろ」
 「もぉ、さっきからおばさん、おばさんて。そら、確かに下宿のおばさんやけんど……」
 「ほたら、どがいゆうたらええんかいのぉ?」
 「綾子さん……とか。ほや、綾ちゃんがええわ」
 「綾ちゃん? そんなん、言われんがや」
 「ゆうて。綾ちゃんてゆうてみて」
 「ほ、ほたら……綾ちゃん」
 「わぁ、いま、ゾクッ……ときたわ」
 言いながら、大家夫人は、重ねた手をグイと腿の付け根に引き寄せた。
 ワンピースの奥に、花柄のビキニのショーツが見えた。大輔の手は、夫人の手に導かれて、そのビキニの上へと到達した――と見えた瞬間、大輔がパッと、その手を振り解いた。
 「止めときや。お客さんがいよんのに」
 「なんよ。ええとこ見せたろ思たのに……」
 大家夫人は、プッと頬をふくらませて、めくれ上がったワンピースの裾を直した。

       

 後日、学校で顔を合わせた大輔に、幸一は訊いた。
 「なぁ、大輔。こんなは、あのおばさんとどがいな関係なんよ?」
 「どがいな……て、下宿人と大家やないか」
 「ほんまにそれだけか?」
 「ほやけ、ゆうたやろ。あのおばさんは、ワシに色目使いよるゆうて……」
 「色目だけか?」
 「あとはな……」と、大輔は幸一の耳元に口を寄せてささやいた。
 「勝手に想像せえや」
 言うと同時に、腹にパンチが飛んできた。
 幸一が反撃を加えようと繰り出した拳を、大輔はヒラリとかわして言った。
 「おまえな、経験してみたかったら、あのおばさんに頼むとええぞ。おまえ、けっこう、おばさんのタイプらしいでよ」
 それだけ言うと、大輔は自転車に飛び乗って走り去ってしまった。
 オレが、あの大家夫人のタイプ……?
 幸一は、ゾクッ……と身震いした。
 身震いすると同時に、ワンピースの胸元からのぞいた形のいい胸とその先端で硬く尖っていたアーモンドのような乳首が頭に浮かび、大輔の手を腿の付け根に誘いながらのぞかせた花柄のショーツが目の奥に浮かんだ。
 あれは、もしかして自分を挑発していたのか――。
 幸一の腿のあたりから、何かがゾクゾクと粟立って、幸一の全身を這い上がっていった。

       

 幸一が次に大輔の下宿を訪ねたのは、1週間後だった。
 「おじゃまします」
 玄関で声をかけたのだが、返事はなかった。
 その上がり口に、見慣れない靴が置いてあった。ピカピカに光る大きな革靴。大輔のものでないことは、一目瞭然だった。
 だれかお客さんでも――と思って、もう一度、声をかけようとしたら、階段の上から大輔が顔を出して、「しっ」と口に指を当てたので、幸一はそっと靴を脱いで階段を上がった。
 「これが来とんのや。はよ、入れや」
 大輔は、親指を立てて幸一を招き入れると、そっと襖を閉めた。
 階下からは、物音がしなかった。物音がしないということは、何もしてないか、音がしない何かをしている、ということだ。
 「いつもの男や。これや、これ」
 大輔は、人差し指で頬を斜めに切るマネをして見せた。
 「エーッ、あのおばさん、そんな男とつきおうとん?」
 「大きな声、出すなっちゅうに。そのうち、始まりよんで」
 「始まる……て、何がぞ?」
 「決まっとるやないけ。アレじゃが」
 大輔と幸一が声をひそめていると、ガチャンと大きな音がした。テーブルの上で食器か何かが倒れて割れたような、そんな音だった。
 続いて、「ヒーッ」という悲鳴が聞こえた。
 「下のコレな、けっこう、荒っぽいのが好きみたいなんや」
 大輔が、幸一に耳打ちしたときだった。
 「イヤーッ! そんなんせんといて。なぁ……あ、止めて。イ、イヤッ……」
 ピシッ、バシッ――と、何かを打ち付ける音がして、そのたびに「ヒーッ」と悲鳴が挙がった。
 「きょうは、一段と激しいみたいやで。オイ、見に行こうか?」
 「エッ!? 見る……って、オイ、大輔」
 止める間もなく、大輔はそっと襖を開けて、階段に足を踏み出した。
 「シッ」と口に指を当てて、手招きする。
 おまえもついて来い――という合図だった。
 幸一は、足音を立てないように忍び足でその後に従った。
 ⇒続きを読む



  筆者の最新官能小説、電子書店から好評発売中です!  

盆かか表紙盆になると、男たちがクジで「かか」を交換し合う。
明治半ばまで、一部の地域で実際に行われていた
「盆かか」と呼ばれる風習。本作品は、その風習を
題材に描いた官能フィクションです。
与一の新婚の妻・妙も、今年は、クジの対象になる。
そのクジを引き当てたのは、村いちばんの乱暴者・権太。
権太との三日間を終えて帰って来た妙は、その夜から、
様子が変わった。その変化に戸惑う与一は、
ある日、その秘密を知った??。
筆者初の官能作品、どうぞお愉しみください。

2020年9月発売 定価:200円 発行/虹BOOKS
Kindle から読むには、ここをクリック。
BOOK☆WALKER から読むには、ここをクリック。



   既刊本もどうぞよろしく    写真をクリックしてください。

   

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、名前を変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR