「ムリな恋」を「危険な恋」にしないために、脳が行う作業

コーヒーを飲む女知らなきゃよかった「恋愛法則」
 法則65  「ムリな恋」を「危険な恋」にしないために、脳がすること

「ムリ」と思う恋を暴走させないために、脳は、
「危険な情動」を何とか眠りに就かせようとします。
その方法とは——??




 たとえば、あなたがどこかで、「すごくいい女」や「すごいイケメン」に出会ったとします。
 「オッ、いい女(男)」と思ったあなたの脳の中には、「この女(男)、好き」という感情が生まれ、「こんな女を抱いてみたい」「こんな男に抱かれたい」という情動が芽生えます。
 しかし、どうやらその女(男)には、恋人がいるらしい――というウワサ。しかも、本人はとてもガードが固く、いくら押してもビクともしないと言われている。つまり、あなたの「抱かれたい」「抱きたい」という情動がかなえられる可能性は、限りなく「0」に近い。そんな状況にあるとします。
 あなたの中に芽生えた「情動」をそのままにしておくと、とんでもないムチャをやらかす危険性もあります。もしかしたら、かなえられる可能性0の想いを「妄想化」して、ストーカーのようにカレ(彼女)につきまとうようになるかもしれない。あるいは、いきなり彼女に飛びかかったり、カレの前に身を投げ出したりするかもしれない。
 そんなことになったらヤバいので、通常は、その情動を脳がコントロールしようとします。

悪魔女
「動物の脳」が生み出す感情とそれをコントロールする「理性」

 ここに出てきた「情動」というのは、食欲、性欲、危険回避などの、動物としての「本能的な行動」に関連して形成される、とても原始的な感情です。言ってみれば、「感情の素」と言ってもいい脳のはたらきです。
 あまり高度とは言えないその「情動」が生まれる場所は、大脳の奥のほうにまとまっている「大脳辺縁系」と呼ばれる領域です。実は、この領域には、動物の生存にとって、とても大事な「本能」に関する中枢が集中していて、そこで生まれる「情動」は、人間の本能的行動を促したり、制御したりするはたらきをしています。
 「大脳辺縁系」は、「哺乳類の脳」とか「動物の脳」とも呼ばれます。
 ここには、食欲や性欲に関わる「視床下部」、記憶の整理に関わる「海馬」、「恐怖」などの感情を記憶し、「好き」や「嫌い」の感情を生み出す「扁桃体」などといったパーツが、ごちゃごちゃと固まっています。
 私たちと同じ哺乳類であれば、この「辺縁系」が生み出す「怖い」「食べたい」「セックスしたい」「好き」「嫌い」「うれしい」「悲しい」「怒った」などの「情動」は、感じるし、示すこともできます。ここまでは「動物の感情」。ペットの犬やネコだって、これくらいの感情は持ち合わせています。

 しかし、人間は、この「辺縁系」の上部に「大脳新皮質」と呼ばれる、より高度な活動を行う大脳の領域を発達させてきました。特に注目なのが、「新皮質」の額側に広がる「前頭葉」と呼ばれる領域、中でもその前部に発達させた「前頭前野」と呼ばれる領域です。
 実は、この前頭前野」こそ、人間が人間らしい精神活動を繰り広げるために欠かせない領域だと言われています。
 深くものごとを考えたり、分析したり、総合的な判断を下したり、さらには、創作的な活動を行ったりするのも、この「前頭前野」。「理性」が形成されるのも、その「理性」のはたらきによって、行動をコントロールしようとするのも、この領域のはたらきと言っていいかと思います。
 脳の奥=「大脳辺縁系」で生まれた「感情の素=情動」は、通常は、そのまま表されるのではなく、いつたん、この「前頭前野」に送られて、さまざまな判断が加えられ、加工されたり、調理・調味された上で「感情」として表出されます。その加工や調理・調味の段階で、もっとも大きなはたらきをするのが、「前頭前野」の産物と言っていい「理性」です。
 「理性」というのは、物事を思慮深く考え、その真偽や善悪を判断する脳のはたらき、その能力――と言ってもいいかと思います。
 「理性」の活動によって、人は、「道徳」や「倫理」を修得し、「世界観」や「価値観」を学び、それらを総合して、どう生きていくかという「思想」を築き上げていきます。しかし、その学び方は人それぞれです。どういう人間と出会って影響を受けるかによっても、「理性」が築き上げていく「道徳」や「倫理」や「世界観」や「思想」は、まったく違うものになってしまいます。
 「感情」の取り扱い方も、「理性」がどうはたらくかによって、変わってしまうのですね。

悪魔女
「動物脳」が生み出す「チッ!」を、「理性」はどう加工するか?

 たとえば、道を歩いているときに、だれかが肩に担いだバッグがあなたの体にぶつかったとします。
 こういうとき、危険な敵を察知して防御行動をとらせようとする本能の脳(大脳辺縁系の「扁桃体」)では、「オッ、なんだ、こいつ! やる気か!」と、戦闘モードに入る「情動」が生み出されます。
 これがそのまま、「感情」として表に出てくると、「チッ!」と舌打ちしたり、「何だよ、痛ェなぁ」と声に出したりします。場合によっては、「オイ、気をつけろよ!」と相手に文句を言ったり、「待てよ、オイ!」と相手を呼び止めようとしたりします。
 このままだと、口論やケンカが始まってしまうかもしれません。
 しかし、通常は、そうはなりません。
 「扁桃体」で生まれた「何だよ、痛ェなぁ」という「情動」は、同時に、理性の脳にも送られます。そこで、「前頭前野」は、こんな判断を下します。

[1]こいつ、わざとぶつかったのか? それとも急いでて気づかなかったのか? あんな大きなバッグじゃ、人に当たっても気づかないかもしれないなぁ。=状況判断
[2]それにしても、ガッシリした体してるなぁ。こんなやつに文句つけて、やり返されたら、かなわないかも。ここは、ガマンするか。=利害判断
[3]だいたい、バッグがぶつかったぐらいで、頭に血が上るなんて、オレもどうかしてるぜ。=自己分析
[4]ま、こんなことで、騒ぎ立てるなんてのは、ガキみたいでみっともないしな。オレはもっと、渋いおとなになるんじゃなかったのかい?=美的価値判断
[5]そう言えば、何かの本に書いてあったなぁ。小さなことにハラを立てる人間は、大きな正義を貫くことはできないって。危ない、危ない! とんでもない小悪党になっちまうところだったじゃないか。=道徳的判断

 こんなふうに理性が正常に作動すれば、粗暴な「情動」である「何だ、このヤロー!」が、そのまま表に飛び出して、モメ事を引き起こすなんていう事態にはならずにすみます。
 こうして、理性にコントロールされた「情動」は、どうなるのでしょうか?
 この例に出てきたような、「ちょっと頭に来た」程度の「情動」なら、たいていは、脳の奥に一時保管された後、忘れ去られてしまいます。
 しかし、簡単に忘れてしまうわけにはいかない、「情動」や「感情」もあります。そういう場合には、「理性」は、もう少し複雑な作業をします。

悪魔女
「ムリ目な恋」を眠らせる「理性」のはたらき

 最初に挙げたケースに戻りましょう。
 目の前に現れた「いい女」「いい男」を見て発生した、「抱きたい」「抱かれたい」という情動を「理性の脳」はどう処理するでしょうか?
 こんなとき、「理性」が行う「感情(情動)の加工」という作業。そのやり方は、人それぞれなのですが、よくあるパターンを挙げてみましょう。

[1]確かに「いい女」かもしれないけど、ああいう女は高慢ちきなだけで、つき合っても味気ないだけなんだから――などと芽生えた「情動」を打ち消し、「あんな女はタイプじゃない」という反対の感情を作り出す。=反動の形成
[2]あんな女を追いかけても、時間のムダだぞ。そんなことより、いまは、もっとやんなきゃいけないことがあるんじゃないの?――などと逃げ道を探し、「彼女のために使う情熱は、もっと有効な目的のために使おう」という感情を作り出す。=合理化
[3]あんな「高根の花」なんて、ムリムリ。ああいう女は見るだけにしておいたほうがいいんだよ――などと、芽生えた情動を鎮静化しようとする。=抑圧
[4]確かに、いまの自分には「高根の花」かもしれないけど、いまは、仕事(勉強、スポーツなど)をガンバって、彼女が目を留める男になってやろう――などと、「情動」を「高度な感情」へとレベル・アップさせる。=昇華

 ここでは、男性の「理性」が行う加工の代表的なパターンを取り上げましたが、加工の仕方は、他にもいろいろ。女性の場合も、ほぼ同様の加工を行うと考えていいと思います。
 脳に発生した「情動」は、通常は、こんなふうに「理性」というフィルターを通して加工され、より現実に適応した感情として、表現されることになります。
 しかし、それは、「理性」が正常にはたらいた場合の話。
 すぐ「感情的」になる人の脳の中では、このプロセスがまったくはたらかないか、はたらきはするけど、処理にあたる「理性」そのものが、いびつに形成されている場合が多いようです。
 理性が正常にはたらかないケースについては、機会を改めてお話することにしましょう。



   筆者の最新実用エッセイ! キンドル(アマゾン)から発売中です!   

「好きです」「愛してます」――そのひと言がスラッと口にできたら、この世の恋する男性や女性の心は、ずいぶんとラクになることでしょう。しかし、なかなか言えないんですね、このひと言が。勇気がなくて口にできない。自分は口ベタだからとためらってしまう。
そんな人たちに、「これなら言えるんじゃないか」とすすめるのが、「愛」と言わずに「愛」を伝える「メタメッセージ」の技術。あなたの恋愛の参考書として、お役立てください。

2019年11月発売 定価:600円 発行/虹BOOKS
「好き」を伝える技術: あなたの恋のメタメッセージ・テク (実用エッセイ)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

〈1〉          〈2〉        〈3〉
【1】妻は、おふたり様にひとりずつ
2016年3月発売 定価/342円

【2】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価122円

【3】チャボのラブレター
2014年10月発売 定価/122円

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR