彼女を落とす「速攻会話」と「遅攻会話」

手と手
好きになった相手とは、一刻も早く結ばれたいと願う。
男とはそういう「速攻」を求める性ですが、女は、それに
ストップをかけようとします。つまり、「遅攻」好み。
このギャップを会話で埋める方法は——?


 愛が生まれる日本語・殺す日本語   レッスン 2-15 



 好きになった女性は、一刻も早く、この腕に抱きしめたい。
 そして、できることなら、逃げられない(?)うちに、早いとこ、「合体」をすませてしまいたい。
 男は、彼女とデートするようになったごく早い段階から、何かにつけて、彼女にセックスを迫る言動を示すようになります。個人差はあろうかと思いますが、それが男の性の本能的なありよう。一般に、動物のオスは、

 メスが他のオスの精液を浴びないうちに、
 自分の精液をぶっかけ(?)ようとしたがる


のですね。
 ま、仕方がありません。強烈な「精子戦争」にさらされるオスの世界では、これは、子孫を確保するための宿命でもあるのですから。
 そういうわけで、人間のオスも、メスよりははるかにせっかちに、彼女との「性的結合」を果たそうとするわけです。
 そこで、男たちは、「しようよ」「やらせてよ」と彼女に迫ることになるわけですが、もちろん、露骨にそういう言い方はしません。どうするか――?

 前から心惹かれていた職場の同僚A美を食事に誘ったK男は、食事の後、A美をホテル最上階のカクテル・ラウンジに誘います。夜景を眺めながら、K男の頭に浮かぶのは、豊満なA美の白い裸体。しかし、誘ってA美が応じるかどうかは、まだ「?」。
 K男の頭には、A美をベッドに誘う誘い方が、いろいろと浮かびます――。

 会話例1 

K男 この下の部屋、予約取ってあるんだ。

A美 エーッ!?

K男 今夜は、どうしても、キミを抱きたい。

A美 そんな……いきなり言われても……。

K男 ウンと言ってくれなかったら、
 ・オレはここから飛び降りて死ぬ。
 ・帰りに街で暴れてやる。
 ・グレてやる。
 ・この街でいちばんくだらない女とやっちゃう。
 ・もう、会社辞めて、田舎に帰る。

――などと拗ねては、彼女の「しょうがないわね」を引き出そうとする。

 会話例2 

K男 キミときょう、ここで見た夜景、忘れたくないなぁ。

A美 ホント? じゃ、覚えててくださいね、ずっと。

K男 でも、ボクの記憶力はあいまいだから。

A美 そうなの?(ちょっと残念そうな顔)

K男 心で思っただけのことは、すぐに忘れてしまうんだよね。

A美 エーッ、私のことも?

K男 絶対に忘れないことしようか? ここを出たら……。

 会話例3 

K男 もし、ボクたちが、1年経っても、こうして一緒に会って、食べて、飲んで、楽しい話をできるような関係だったら……。(ここで、いったん、口をつぐむ)

A美 だったら……?

K男 この下の部屋で、ボクはキミのパンツを脱がせる。

A美 ………(頬を紅潮させてもじもじ)

 まったく同じシチュエーションで交わされる3つの会話例をご紹介しました。
 もし、あなたがK男の立場だったら、どのパターンの口説き方を使うと思いますか?
 そして、もしあなたがA美の立場だったら、どのパターンの誘い方に心が揺らぐと思いますか?
 3つの会話例は、どれも、男性側が「キミとやりたい」と意思表明しているのですが、その違いは、「いますぐ」か「いつかきっと」かにあります。「あせりの速攻」か「余裕の持久戦」か、と言ってもいいと思います。
 【会話例1】【会話例2】は、どちらも「速攻」型ですが、【会話例1】がストレート勝負なのに対して、【会話例2】は変化球勝負。変化球を使う分だけ、余裕の感じられる口説き方になっています。
 対して【会話例3】は、完全に「持久戦」型。むしろ、女性をじらしている言い方のようにも感じられます。
 さて、どの言い方がもっとも効果的なのか?
 実は、どれも正解で、どれも不正解。
 どの言い方が奏功するかは、女性と男性の力関係によって違ってくる――というのが、私の見解です。

カラス ダメ元相手には、玉砕覚悟で挑むのもいい!

 もし、このA美が、攻略がむずかしそう、攻略できたら超ラッキー――ぐらいの相手だったら、私だったら、【会話例1】のパターンで迫ると思います。
 エッ、逆だろ? と思う人もいるかもしれませんが、私は、基本的には、ダメ元の恋愛はしない主義です。
 ダメに違いない――と思う相手を、1年間も追い回すほど、人生という「時間」は長くない、と思っていますから、早々と決着をつけてしまいたい。つまり、「ダメ」なら「ダメ」と、早めにハッキリさせてしまいたいのです。
 「しよう」→「あ、ダメ?」→「ウン、わかった」と、早々に撤退を決めてしまうのですが、あまりあっさり引き下がるのも何なので、万にひとつの可能性にかけて、a~eのようなセリフを吐いてみるわけです。とは言っても、〈a〉〈b〉〈e〉のような言い方はしません。

 〈a〉の「ここから飛び降りて死んでやる」も、〈b〉の「暴れてやる」も、一種の脅迫行為です。これは、男女のルール上……というか、人間としてやってはいけない行為と思っていますから、絶対にやりません。〈e〉の「会社辞めて……」も、準脅迫行為ですよね。だいいち、これを口にして、実際に辞めなかったら格好がつきません。
 言うなら、〈c〉の「グレてやる」か、〈d〉の「この街のいちぱんくだらない女と……」ぐらいですかね。こういうことを口走って「かわいい」ですませられるのが、おじさんの特権だと思ってますから。若い男がこれをやっても、ただ、「すねている」とか「わがままだ」としか思われないと思います。

 しかし、不思議なことに、この、一見、破れかぶれな戦法も、意外と効くことがあるんです。
 それは、相手が、ものすごく母性愛の強い女性であった場合。「この人、ほっとけない」の情が芽生えて、ひょっとするとひょっとするかも……という可能性が、髪の毛のミトコンドリア程度にはある、と思っていいでしょう。
 したがって、この戦法を使う場合には、相手のプロファイリングも重要というわけです。

カラス 女性は「美しい思い出」を持ちたがる生きもの

 【会話例2】も「速攻型」ですが、私だったらこの作戦は、可能性フィフティ・フィフティの相手に使います。
 【会話例1】が、「やらせろ。でなきゃグレてやる」と、脅迫めいた「北風作戦」をとっているのに対して、【会話例2】は、「美しい思い出」というエサをまく「太陽作戦」。もし、相手の女性に「水心」があれば、こっちのほうが、うまくいきそうです。
 これは、筆者のカンなのですが、女性は、「美しい思い出」という言葉にすこぶる弱い生きものです。友だちとの思い出をプリクラにして残すなんてことを、夢中でやるような生きものです。
 ただし、最初に申し上げたように、この作戦は、フィフティ・フィフティの相手にしか通用しません。相手にある程度の「水心」がある――という前提がないと、彼女の脳の中に、あなたの言う「美しい思い出」がイメージできないからです。
 もっとハッキリ言うと、「キモい」と思っている相手との間で、「美しい思い出」という仮想は成立しない、ということです。

  思い出がほしいんだ。絶対に忘れられない、強烈で美しい思い出が……。
  エッ、それ、キモいかも……。

 これじゃ、話になりませんよね。
 ここでもプロファイリングが重要になるわけです。

カラス 女性のほうから「待てない」と言わせるのがネライ

 最後に【会話例3】の「持久戦法」ですが、これは、フィフティ・フィフティよりも、やや彼女の想いのほうが強いかもしれない――と思われる場合にしか、通用しない戦法です。
 彼女の想いが強いとわかっているのなら、すぐ、やっちゃえばいいじゃないか――とおっしゃる方もあろうかと思いますが、それじゃ、恋の楽しみは味わえません。
 それに、「好き」→「したい」の間に、「クッション」のない女性なんて、恋の相手として面白くありません。
 恋とは、この「クッション」をいかに取り除くかのゲームだと、わたくし長住は思っているからです。

 この会話例では、その「クッション」を男性側から提示するという作戦をとりました。
 それも、「1年経っても」という、かなり厚めのクッションです。
 これも、長住の持論ですが、女性は、この種の時系列的条件提示にきわめて弱い、という性質を持っています。
 というのも、女という性は、子どもを自分の子宮内で10ヵ月以上もかけてはぐくみ、出産後も長い長い時間をかけて、育児に携わる性だからです。
 いまはいいけど、1年後はどうなってるかわからないよ――という男性には、簡単には心を動かされません。
 その時間保証を、男の側から持ち出すわけですから、これが効かないわけがない。しかも、「1年経ったら、ここでキミのパンツを脱がす」と言うのです。夢があります(どんな「夢」じゃ!)。

 それにしても、「1年って、長すぎませんか?」と思う人もいるかもしれませんね。
 そうです。長すぎるんです。
 「1ヶ月じゃダメなんですか?」と言う人もいるかもしれませんが、ダメなんです。
 この言い方の目的は、女性に「エーッ、1年も?」と思わせるのが、ひとつのネライでもあるからです。つまり、じらすわけですね。
 彼女に「1年も待てない」と思わせ、彼女のほうから腰をすり寄せてくるように仕向ける――これが、この作戦のほんとうのネライだと思ってください。
 もし、彼女がそんな態度を示してきたらどうするか?
 私だったらこうします。

  時計、進ませちゃおうか?

 と、グルグル針を回してしまいます。
 そのために、時計はアナログにしています……って、これはウソでした。お粗末。



   筆者の最新実用エッセイ! キンドル(アマゾン)から発売中です!   

「好きです」「愛してます」――そのひと言がスラッと口にできたら、この世の恋する男性や女性の心は、ずいぶんとラクになることでしょう。しかし、なかなか言えないんですね、このひと言が。勇気がなくて口にできない。自分は口ベタだからとためらってしまう。
そんな人たちに、「これなら言えるんじゃないか」とすすめるのが、「愛」と言わずに「愛」を伝える「メタメッセージ」の技術。あなたの恋愛の参考書として、お役立てください。

2019年11月発売 定価:600円 発行/虹BOOKS
「好き」を伝える技術: あなたの恋のメタメッセージ・テク (実用エッセイ)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

〈1〉          〈2〉        〈3〉
【1】妻は、おふたり様にひとりずつ
2016年3月発売 定価/342円

【2】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価122円

【3】チャボのラブレター
2014年10月発売 定価/122円

13 あなたの感想をClick Please! (無制限、押し放題!)
管理人は常に、下記3つの要素を満たそうと、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんが投票してくださるポイントは、日々の反省の材料でもあり、執筆意欲のエネルギー源でもあります。
どうぞ、正直な、しかし、ちょっぴり温かめの感想ポチをお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛/モテ)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛/恋愛観)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛・結婚)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR