A I ロボ・ジゴロ1号〈3〉 人間にしかできないこと

もの想い 妄夢草紙 
 第3話  AIロボ・ジゴロ1号   

      R18 
このシリーズは、性的表現を含む官能読み物です。
18歳未満の方は、ご退出ください。


ジゴロの愛撫にもだえる桂子の姿を
8つの目が見つめていた。その手は
白衣の下の股間に当てられていた。
そこへウイーンと音を立てて伸びて
きたものがあった。それは——。


この話は連載3回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
  前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ フリーターの桂子は、さまざまな商品の効能や使い心地を自らの体で試すモニターでアルバイト代を稼いでいる。「バイト代、いつもの3倍出すから」と楠田聡子に言われて訪ねたのは、何かの研究室ようなオフィスだった。そこに置かれていたのは、歯医者にある診療台のようなチェア。楠田によれば、それは「ちょっとエッチなマッサージ・チェア」だと言う。座ると、桂子の体は固定され、全身が心地いいバイブレーションに包まれていく。つい腰が浮き上がりそうになる。すると、そこへ、先端にボールのついた4本のアームが伸びてきて、2本は桂子の乳房をバイブレーションしながら揉み、2本は、M字に開いた桂子の内ももを下から上へ、揉み上がってくる。たまらず「あっ……」と声を上げると、その様子を見守る8つの目が輝いた――




 「ピー、来たね」
 「来ましたね。いわゆる、イッちゃったってことですね」
 大島と高峰が、顔を見合わせてほくそ笑む。
 白衣のポケットに突っ込んだままの大島の手が、モゾモゾと動いているのが、暗闇の中で薄ぼんやりと確認できた。
 「これで、いっぺん、リセットされるわけ?」
 「いや、リセットはされないです、女性の場合は。メーターはいったん振り切れちゃいましたが、まだ120あたりをウロチョロしてるでしょ? 刺激さえ与えれば、何度でもピーしますよ」
 「ホォ、そういうもんかね」
 「そういうもんです。ただ、まぁ、体力の問題もありますから、際限もなくとはいきませんけど……」
 「じゃ、もう、アレ行っちゃっていいんじゃないの?」
 「アレ、行っちゃいますか」
 男たちの白い歯が、暗闇の中でニヤついた。
 高峰の手がボックス上面の赤いボタンに触れる。
 ジゴロ1号の背面に、最後まで残されていた1本のアームが、ウイン、ウインと鎌首を持ち上げ、桂子の開かされた脚の真ん中に向かって、進んできた。
 先端に付いている、ノズルの形を見て、桂子はゾッとなった。
 「ちょ……ちょっと、何ですか、これ? やだ、それ、いやだぁ……」
 これまでの無機質な球体とは違う、リアルな造形。銀色に輝いてはいるものの、それは、男性器そのものの形だった。それも、歌麿の絵に出てくるような、それゆえに西欧の人たちが日本人を巨根の民族と誤解したような、見事なサイズの……。
 それが、うなりをあげながら、近づいてくる。先端が、心臓の鼓動に合わせるように、ドクンドクンと鎌首を持ち上げる。
 よく見ると、本体の上にもう一本、本体から枝分かれした小さなアームが付いていた。その先端には、小さなボールがついていて、こちらは小刻みにブルブルと震動している。

 《いやだ。何する気……?》

 桂子が体をこわばらせると、さっきから桂子のそばに立っていた楠田が、桂子の髪をなでながら言った。
 「怖がらなくていいわよ。ジゴロ1号はやさしいから。でもね、ジゴロにはふたつだけできないことがあるの」
 楠田は、髪をなでていた手を桂子の頬に滑らせ、てのひらで頬を包み込むようにしながら言った。

       

 「ジゴロにできないこと、それはね……」
 楠田は、桂子の耳に口をつけるようにしてささやいた。
 「あなたの耳に愛の言葉をささやくこと。それともうひとつ……」
 言いながら、楠田の口が桂子の唇の縁をとらえる。
 やわらかい楠田の唇のテクスチャーが、桂子の唇の縁をなぞり、半開きの桂子の唇をゆっくりゆっくり押し開いていく。

 《聡子さんの息、いい匂い……》

 女同士で唇を合わせるのは、それが初めての経験だったが、不思議と抵抗感はなかった。
 楠田の舌が、開かれた歯の間から侵入してきたときには、「エッ……」と思ったが、それでも桂子の舌を求めてくる楠田の動きに、抵抗なく応ずることができた。
 「こんなふうにキスするのは、さすがのジゴロにもできないの。これからあなたは、いままで経験したこともない快感を味わうことになるけど、覚えておいてね。あなたの耳に愛の言葉をささやくことと、心のこもったキスをすること。これだけは、人間にしかできないことなのよ」
 唇を触れ合わせたままささやく楠田の言葉が、そのとき、桂子には天女の声のように感じられた。
 桂子の胸は、2本のアームに捕らえられたまま、乳輪を転がる銀色のボールにくすぐられ、ときには膨らみ全体を押圧されて、その快感が脳を甘い果汁で満たしている。
 ヒップの下に潜り込んだ2つの球体は、執拗に桂子のヒップを責め続けていて、球体が尻の割れ目に潜り込んでくるたびに、桂子の腰はシートから浮き上がってしまう。
 内ももを転がる2つのボールは、相変わらず桂子のももの付け根をくすぐり続け、その鋭い感覚が脊髄に伝わるたびに、桂子の口から、「あっ」と小さな悲鳴がもれている。
 そこへ近づいてきた5本目のアーム。
 その異形のノズルは、桂子の脚の中心をロック・オンして、身震いしながら忍び寄ってくる。そのときだった――。

       

 「あっ……」
 桂子の全身がピクリと震えた。
 ノズルの先端から、何かが桂子の股間に照射された。生温かくて、ドロッとしたもの。

 《ナニ、これ……?》

 不安な表情を浮かべる桂子の耳元に、楠田がささやいた。
 「ダイジョーブよ。潤滑用のジェルだから。ちょっとひんやりした?」
 その甘い声に、桂子は心をゆだねてしまいたくなる。固定された手首の先で、空をつかむように開いた桂子の指に、楠田が指を絡めてきた。
 桂子がその指を握り返すと同時に、鋭い感覚が桂子の下半身を走り抜けた。
 枝分かれしたノズルの先端の小さな球体が、桂子の核に触れたのだ。
 ブイーン……と震動するその小さな球体は、包皮の下に隠された桂子の硬直を探り当てると、それを掘り起こすようになぞった。硬直の根元から先端に向けて、全体をグラインドするように圧迫しながら、微妙な震動を加えてくる。
 「あっ、あーっ。ダ、ダメェ~」
 桂子は、思わず大きな叫び声を挙げた。
 イヤイヤというふうに、首を右に振り、左に振り、固定されたままの脚を開閉させようとしてもがく。つなぎ合った指を、楠田がギュッと握り締めてきた。
 「そろそろ2回目のピーかな?」
 「そ、そうですね」
 大島と高峰が目配せを交わし合う。
 冷静を装っているが、その目は虚ろ。声も、気のせいか、震えていた。
 しかし、声が震えているのには、別の理由があった。彼らの手が自らの体を揺らしているからだった。
 ふたりの後ろでは、もうひとりの若い男が、白衣の前をはだけて、屹立したものを手にしていた。
 その姿は、桂子からは見えない。

       

 鋭い感覚が、何度も桂子の体を走り抜けた。
 計器の針は、何度も振り切れ、そのたびに「ピー」という音が鳴り響いた。
 「いよいよかな?」
 「いよいよですね」
 ジゴロ1号が、最後の動きを始めた。
 ノズルの本体が、桂子のジュンと潤った入り口を探り当て、その砲身をズブ、ズブッ……と押し込んできた。
 「イヤ――ッ!」
 桂子の悲鳴が、部屋中に響きわたった。
 本体が桂子の入り口を陵辱すると同時に、桂子の両耳に聞こえるBGMが変わった。

 ウォーッ、ウォーッ……。

 動物が唸るような、低くくぐもった声が、桂子の耳を襲い、体を震わせた。
 ジゴロのノズルは、ゆっくり全身を桂子の中に沈めると、次にはそれをゆっくりと引き、ほとんど抜けるかと思う位置までくると、再び、ズズリと押し入ってくる。
 そのペースが少しずつ速くなっていく。
 桂子の首が激しく振られる。つなぎ合った指のツメが、痛いほどに楠田の指に食い込んでくる。

 ウォッ、ウォッ、ウォッ……。

 ノズルが往復するペースに合わせて、スピーカーから流れる唸り声のテンポも速くなる。
  「ハッ、ハッ、ハァーッ。ダ、ダメェ――ッ」
 桂子の声は絶叫に変わり、見守る男たちの手の動きがマックスになる。
 計器の針は振り切れたままになり、「ピーッ」という長音が室内に響きっぱなしになる。
 「さ、聡子さん、私、もォ、もォーッ……」
 「いいのよ。イッちゃってもいいのよ」
 楠田は、右手で桂子の手を握り締めたまま、額に張り付いた桂子の前髪を左手でかき上げ、開きっぱなしになった桂子の口を自分の口でふさいで、激しく舌を絡めた。
 「ングッ、ンー、ンー。ンヤッ――!」
 桂子の背中が激しくのけぞり、全身が、ピクピクと震えた。
 その瞬間、ノズルの先端から、何かが激しく桂子の体の中に照射されたのを、桂子は遠くなる意識の中で感じた。

       

 全身を激しく硬直させたあと、桂子の体からは、ゆっくりと力が抜けていった。
 その弛緩を感じ取ったかのように、チェアは桂子の体を固定していた拘束を解き、開いた脚部とアームレストを静かに元の位置に戻していく――。
 それを見ながら、男たちはあわてて、白衣の前を合わせ、ズボンのジッパーを上げた。
 桂子の腹部では、ジゴロが飛ばしたジェルとは違う種類の粘液が、ゆっくりと背中のほうへと流れ落ちていく。
 楠田聡子が、非難するような目を向けると、男たちはそそくさと白い部屋を後にした。
 ダウンライトに照らされたチェアの上で、桂子は放心状態のまま、天井を見上げていた。
 その髪をなで続けている楠田が、そっと、桂子のはだけたガウンを元に戻した。
 「ちょっとハードなモニターだったわね。でも、ヘンな男たちより、よっぽどよかったでしょう?」
 桂子は、まだピクピクと震えるまぶたを上げて、小さくうなずいた。
 握り合っていた手をゆっくりとほどいた楠田は、ファイルの中から厚めの茶封筒を取り出して、それを桂子の手に握らせた。
 「ありがとう。これ、きょうのギャラよ。少し、はずんどいたから。ゆっくり着替えて、きょうはこれで帰っていいわ」
 桂子が体を起こすのを待って、楠田は、ダウンライトを消し、部屋の灯りを点けた。
 一気にまぶしい光が目に飛び込んできて、桂子は目の上に手をかざした。
 さっきまで桂子の体をいたぶっていたアームは、シルバーのボックスの背面にすべて折りたたまれていた。
 目に入るのは、「ジゴロ1号」と名づけられたそのマシンだけ。男たちの姿はどこにも見当たらない。
 そこは、ただ無機質なだけの、真っ白な部屋だった。

 第3話『AIロボ・ジゴロ1号』これにて《完》です。
  最後までお読みくださり、ありがとうございました。



   筆者の最新実用エッセイ! キンドル(アマゾン)から発売中です!   

「好きです」「愛してます」――そのひと言がスラッと口にできたら、この世の恋する男性や女性の心は、ずいぶんとラクになることでしょう。しかし、なかなか言えないんですね、このひと言が。勇気がなくて口にできない。自分は口ベタだからとためらってしまう。
そんな人たちに、「これなら言えるんじゃないか」とすすめるのが、「愛」と言わずに「愛」を伝える「メタメッセージ」の技術。あなたの恋愛の参考書として、お役立てください。

2019年11月発売 定価:600円 発行/虹BOOKS
「好き」を伝える技術: あなたの恋のメタメッセージ・テク (実用エッセイ)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

〈1〉         〈2〉        〈3〉
【1】妻は、おふたり様にひとりずつ
2016年3月発売 定価/342円

【2】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価122円

【3】チャボのラブレター
2014年10月発売 定価/122円

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、名前を変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR