あなたの前で他の男をホメる彼女の 《かぐや姫本能》

疑いの目「愛」はときどきウソつき
 File-51  あなたの前で「他の男」をホメる彼女の本心

女性はしばしば、交際中の男性の前で、
他の男をホメることがあります。
「いいわねェ」というわけですが、
その「いいわねェ」には、あなたへの大事な
メッセージが込められている場合もあるのです。




 自分に好意を寄せてくる異性が複数いた場合、その中からどうやって相手を選別するか? 実は、その方法が、男と女では、大きく違っている。
 今回は、そんな話をしてみたいと思います。
 結論から先に言いましょう。

 男は、できれば、全部といい思いを味わおうとする。
 しかし、女は、男たちを競わせてひとりを選ぼうとする。


 個人差はあろうかと思いますが、大まかにはそんな傾向があろうかと思います。
 その証拠に――と言えるかどうかはわかりませんが、女性はよく、パートナーの前で他の男性をホメることがあります。
 あなたが彼女の夫であれば、もう耳にタコができるくらい、奥さんのこんな言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

  いいなぁ。お隣のご主人、今度、部長に昇進ですって。
  ○○さんのご主人、いつも奥さんの荷物を持ってくれるんだって。いいわよねェ。

 まだ、交際中あるいは交際しようと思っている彼女の口から、こんな言葉を聞かされることもあるかもしれません。

  私、ほんとは、あれくらい背の高い人がタイプなんだよね。
  ○○さんって、いろんなこと知ってるのよ。あなたとは月とすっぽん。

 彼女たちが、この種の言葉=「他の男をホメる」を口にしたからと言って、何も彼女たちは、「男を乗り換えよう」などと思っているわけではありません。中には、そういう願望を口にしたというケースもあるかもしれませんが、たいていの場合は、違います。
 では、何ゆえ、彼女たちは、もしかしたら男が不快に感じるかもしれないこの種の言葉を、あえて口にするのでしょうか?
 単に、「隣の芝生」が青く見えているだけ――なのでしょうか?
 たぶん、それも違います。
 そこにあるのは、「かぐや姫本能」ではないか――と、筆者は思っています。

悪魔女
女には、「男を競わせたい」という本能がある

 「かぐや姫」が登場する『竹取物語』については、みなさん、大筋はご存じだろうと思います。実は、この物語、似たような話が世界中に民話として散らばっています。共通しているのは、女が男に貢物を持って来させて、自分を満足させた者の嫁になる――という構造です。
子安貝 その貢物の中に、「燕石」というものが登場します。「燕石」というのは、ツバメが海から運んでくるとされていて、ツバメはその石の力で、安全に雛を産んだり、雛の目を開けさせたりすることができる――と伝えられているのですが、その「燕石」が、『竹取物語』では「子安貝」(=写真右参照)に化けます。
 で、かぐや姫は男たちに要求するんですね。「ツバメの巣にある子安貝を取ってきておくれ」と。ご覧になったことがある方はおわかりかと思うのですが、この「子安貝」というのは、見た目、女性器にそっくりの形をしています。しかも、それを「ツバメの巣から探して来い」と、かぐや姫は言うのです。
 文化人類学者の研究によれば、鳥の巣に手を突っ込むという行為は、「鳥の巣あさり」として、世界中に分布している遊び。「鳥の巣」の中はフワフワしていて気持ちがよく、そこに手を突っ込んで、鳥が大事にしている卵を盗む――という遊びには、性的な意味が込められているのでないか、と指摘されています。
 『竹取物語』に出てくる男は、その「鳥の巣あさり」に失敗して木から落ち、腰を痛めてしまいます。かぐや姫は失望して、月に帰ってしまう。なんとも、象徴的なストーリーではありませんか。
 少し話がそれましたが、女の中には、こうして男たちをテストして、自分にふさわしい伴侶を選び出そうとする本能が備わっています。私が「かぐや姫本能」と呼んだのは、そうした女性特有の本能のことなんですね。
 女が男たちに課す「テスト」の中には、「男たちを競わせる」という要素も含まれています。
 動物のメスの中には、文字どおりオス同士を闘わせて、優秀なオスを選び取ろうとする種もいます。交尾しようとするオスに必死の抵抗を試みて、それでも自分を屈服させる力を持つオスにだけ身を任せようとする種もいます。鳥の中には、オスに巣を作らせてプレゼンテーションさせ、その巣の立派さで伴侶を選び取ろうとする種もいます。
 オスに課題を与えたり、オス同士を競わせようとするのは、メスが優秀な子孫を残すためにとる本能的な行動。パートナーの前で「他の男」をホメる、という女性の言動の裏では、こういう本能がうごめいているのかもしれない――ということを、まず、頭の中に入れておいていただきたいと思います。

悪魔女
彼女の「他の男ホメ」は、あなたへの「激励メッセージ」

 彼女のメスとしての本能を考えると、あなたの前で彼女が「他の男をホメる」のは、あなたと「他の男」を競わせたいからだ――ということになるわけですが、では、ほんとうに彼女は、あなたが「彼女がホメる男」と血みどろのバトルを繰り広げることを期待しているのかというと、どうも、そこまでの覚悟はないようです。
 というか、文明化の進んだこの社会で、そんなバトルを求めていたら、社会には累々と男たちの死体が横たわることになります。
 なので、そこまでは求めない。しかし、ある程度はガンバってもらいたい。自分が「いいわぁ」とホメるその男に負けないくらい、あなたにも男気を見せてほしい。
 おそらく、彼女たちは、心の内ではそう願っているのだろうと思います。
 つまり、彼女たちが「他の男」をホメるその言葉の裏には、「おまえも負けずにガンバれ」という「応援メッセージ」が込められているわけですね。
 ただし、この「応援メッセージ」の目的は、そう単純ではありません。ふたりの関係性や交際の程度などによっても、意図するところが変わってきます。ざっと、挙げておきましょう。

  [1]男の誠意の程度を量りたい
 まだ、ふたりの関係が「ステディ」と言えるところまで行ってない段階であれば、この種のメッセージは、「あなたがどこまで本気か?」を探る目的で使われる場合があります。あなたの前に、争うべきライバルの存在を匂わせて、「あなたには、このハードルを乗り越えてでも、私を取りに来る気があるか?」と問いかけているわけです。
 気の弱い筆者などは、この段階で、「あ、こりゃまた失礼しました」と身を引いてしまうのですが、それじゃダメじゃん……なんですね。「オレ、あんな男には負けない。絶対にキミを奪ってみせる」という意気込みを見せること。彼女はそれを期待している、とも考えられるわけです。

  [2]「そうあってほしい」という願望
 すでに恋人同士となり、交際が進展している段階であれば、このメッセージは、「教育的な目的」で使われることもあります。
 たとえば、「いいわぁ。わたし、ああいうやさしい男が好きなの」と、彼女があなたの前で「他の男」をホメたとしましょう。それは、あなたにライバルの存在を匂わせるためなどではなく、「だから、あなたも、もっとやさしくしてよ」という彼女の希望を、暗にあなたに伝えるためである場合が多い――と、筆者は思っています。
 なので、こういう「いいわぁ」を聞いたときには、彼女が「いい」と言っているその内容を、しっかり頭の中にインプットしておくことが大事。「いいわぁ、やさしくて」であれば、彼女は自分に「やさしさ」を求めているんだ、「いいわぁ、料理ができるなんて」であれば、彼女は自分に「料理を作る男であれ」と求めているんだ――というふうにです。
 この「本心」、あんまり無視し続けると、彼女の失望を誘って……ということも、十分に考えられます。彼女の「いいわぁ」に込められた「心の声」、ゆめゆめおろそかにはできない、というわけです。

  [3]刺激剤として使う「仮想ライバル」
 もし、ふたりの関係が、長年連れ添った夫婦や恋人同士である場合、彼女が口にする「いいわぁ」は、マンネリ化したふたりの「刺激剤」として使われる場合もあります。
 もう、自分を「女」としては扱おうとしないパートナーに対して、「あなたがボヤボヤしてると、私は他の男に心を奪われてしまうかもしれないわよ」という警告の意味も含めて、「いいわぁ、ああいう男。私、タイプなの」と口走ったりするわけです。
 これも、そうそうは無視できないメッセージです。「おまえなんぞに見向きしてくれる男がいたら、お目にかかりたいもんだ」などと、余裕をこいていると、ある日、突然……なんてことにならないとも限りません。
 こういう場合、ウソでもいいので、「おまえ、あいつと何かあったのか?」などとヤキモチのひとつも焼いてみせる。
 それも、男の甲斐性のうち、と覚えておきましょう。

 とにかく、女が男の前で「他の男」をホメる場合には、こういう意図が込められている場合もある。「フンフン」と聞き流していると、あとで痛い目に遭うこともある――と覚えておいたほうがいいだろうと思います。



   筆者の最新実用エッセイ! キンドル(アマゾン)から発売中です!   

「好きです」「愛してます」――そのひと言がスラッと口にできたら、この世の恋する男性や女性の心は、ずいぶんとラクになることでしょう。しかし、なかなか言えないんですね、このひと言が。勇気がなくて口にできない。自分は口ベタだからとためらってしまう。
そんな人たちに、「これなら言えるんじゃないか」とすすめるのが、「愛」と言わずに「愛」を伝える「メタメッセージ」の技術。あなたの恋愛の参考書として、お役立てください。

2019年11月発売 定価:600円 発行/虹BOOKS
「好き」を伝える技術: あなたの恋のメタメッセージ・テク (実用エッセイ)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

〈1〉          〈2〉        〈3〉
【1】妻は、おふたり様にひとりずつ
2016年3月発売 定価/342円

【2】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価122円

【3】チャボのラブレター
2014年10月発売 定価/122円

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR