もしも時計が左回りを始めたら?〈3〉 ボクの手首の金色の輝き

時計彼女が「別れ」を切り出して以来、
逆回転を始めたボクの腕時計。
修理しようと持ち込んだ時計屋の主人は、
「もったいない」と言うのだった。
世の中には、「針を逆回転させてほしい」と
頼み込んでくる客も多いのに――と言うのだ。
その理由を聞いて、ボクは納得した——。


 連載 
 もしも時計が左回りを始めたら?   第3章 



この話は連載3回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
   前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 8年間つき合った希美が、「別れてください」と切り出してから、ボクの腕時計は、ナゾの左回りを始めた。その瞬間から、ボクの「時間」は逆流を始めたのだった。修理しようかと見せた時計職人は、「コレ、修理するんですか?」と意外な顔をした。「せっかく逆回転を始めてくれたのに」と言うのだった――




 「針を逆回転させてくれ」と言ってくる人間には、3種類ある――と、時計屋は言う。
 ひとつは、腕時計を右の手首に巻く人たち。左利きなので、針は左回りに動いてくれたほうが、感覚的にはピンとくるんだそうだ。
 ひとつは、高齢の域にさしかかった人たち。加齢の坂を転がり落ち始めたことを感じた人の中には、何とか、その時間を止めたい、できることならその時間を撒き戻したいと願う気持ちもはたらいて、時を撒き戻したいと願ってくる。
 そして、最後のひとつ。何か人生の転機とも言うべき辛い出来事に出会って、その出来事が起こる前に戻ろうとする人たち。
 「一種の初期化ですな。逆回転を求める人たちは、それを願ってくる。あなたの時計は、勝手にそれをやろうとしたんじゃないですかなぁ」
 この老時計職人は、ときにわけのわからないことを言う。
 だいたい、時計が勝手に時を初期化しようとするなんてことが、あるはずないじゃないか?
 そんなボクの疑問を読み取ったように、老職人は言うのだった。
 「時計ってやつはね、ときに、持ち主の気持ちを読んじまうことがあるんですよ。あなた、この時間が遡れれば……と思ったこと、あるんじゃありませんか?」
 「ウン、まぁ……」とうなずくと、老職人はフムフム……という顔で、ボクの目を穿った。
 「あなたのそういう気持ちは、使い癖となって伝わるんですよ、時計のやつにね。時間よ、遡れ。あなた、そう願ったことはありませんか?」
 そう言われれば、そういう心情もなくはなかった。
 この人、時計職人というより、心療士のようだ――と、ボクは思った。
 そう思いながら、そのとき、ボクの頭に浮かんだのは、ボクがその時計を腕にはめるようになったきっかけだった。

            

 あれは、8年前。希美とつき合うようになって、3カ月か4カ月経った頃だったと思う。
 「それ、かっこよくないよ、おじさん」
 当時、ボクは35歳で彼女は19歳。16も年下なので、彼女はボクのことを「おじさん」と呼んでいた。人を「おじさん」呼ばわりする彼女が「かっこよくないよ」と指摘したのは、ボクが時計を見る動作だった。
 その頃のボクは、腕時計というものをはめていなかった。大学に入るまでははめていたが、大学3年になったときに参加した「安保反対」のデモで機動隊と衝突し、粉々に砕かれたのを機に、腕に時計を巻くのを止めた。
 それは同時に、「時計に縛られる生活」への「NO」の意思を示す選択でもあった。
 しかし、時計は必要なときがある。
 就職してからは、デジタル時計付きのボールペンを携行するようにして、必要に応じてチラチラとボールペンの頭部に目をやっていたのだが、それが、19歳の目には「かっよくない」と映ったのだろう。
 「男の人が、腕の白いYシャツの袖口をめくって、腕時計をチラと見る姿って、けっこうセクシーだと思うんだよね。わたし、その姿にクラッとすることもあるんだよ」
 セクシーなおやじでいよう――なんぞとは、ツユほども考えていないボクだったが、16も年下の女の子の訴えをムキになって退けるほど、青くもなかった。
 「しょうがないな」と、ボクは、15年ぶりに腕に時計をはめることにした。

            

 ブランドなどにはまったく興味がなかったので、時計売り場で目についたのを買うことにした。
 金色の文字盤に「Carven」という文字があった。下に「Paris」とあるので、フランス製らしい。売り場の女の子が、「それ、パリのデザイナーですよ」と教えてくれた。
 体が小さいそのデザイナーは、「体の小さい自分のような人間にも似合うように」と、服やアクセサリーをデザインしているのだと言う。
 別にそんな話に感動したわけではない。ただ、過剰な装飾をあしらわず、シンプルにまとめたデザインが気に入って、つい、「じゃ、それにしようか」と口にした。
 深く考えもせずに選んだ腕時計に「フーン」と言って目を留めたのは、希美だった。
 「左手がキラキラ光って見える。作家の手に見えるよ」
 希美に言われて、ボクはうかつにも、その気分になった。
 それから8年間、その腕時計は、ボクの左手首で光を放ち続けることになった。彼女が別れを切り出すことになった、その日まで。
 そして、彼女が別れを告げるとともに、そいつは「逆走」を始めたのだった。
 ⇒続きを読む



   筆者の最新実用エッセイ! キンドル(アマゾン)から発売中です!   

「好きです」「愛してます」――そのひと言がスラッと口にできたら、この世の恋する男性や女性の心は、ずいぶんとラクになることでしょう。しかし、なかなか言えないんですね、このひと言が。勇気がなくて口にできない。自分は口ベタだからとためらってしまう。
そんな人たちに、「これなら言えるんじゃないか」とすすめるのが、「愛」と言わずに「愛」を伝える「メタメッセージ」の技術。あなたの恋愛の参考書として、お役立てください。

2019年11月発売 定価:600円 発行/虹BOOKS
「好き」を伝える技術: あなたの恋のメタメッセージ・テク (実用エッセイ)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

〈1〉          〈2〉        〈3〉
【1】妻は、おふたり様にひとりずつ
2016年3月発売 定価/342円

【2】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価122円

【3】チャボのラブレター
2014年10月発売 定価/122円

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR