ピンちゃん〈15〉 ラスト・ショーの鶴

smile.jpg「この平均台で、もう一度、練習したい」
突然、ピンちゃんが言い出した。だから、
「みんな先に帰って」というのだが、だれも
帰ろうとはしなかった——。


 連載   ピンちゃん   第15章 



この話は連載15回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
   前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 中学3年の2学期、ボクは瀬戸内海に面した工業都市のその中学校に転校した。その中学校の校庭に忘れ去られたような平均台が1基、据えてあった。ある日の放課後、ボクは、その平均台で舞うひとりの女子生徒を目にした。「ピンちゃん」と呼ばれる同じクラスの女子。その姿に恋をしたボクだったが、彼女には親衛隊がついていた。ピンちゃんと親しく口をきく転校生のボクは、その標的になっていた。そんな中、クラス対抗のリレーが行われ、なぜか、転校生のボクがメンバーに選ばれた。それは、転校生に恥をかかせてやれ、というクラスの連中の意地悪でもあった。その手には乗るか。ボクは必死で足を動かしたが、後続のランナーに次々抜かれていく。そのとき「ガンバって」と叫ぶ声が聞こえた。ピンちゃんの声だった。秋になると、担任の教師から「弁論大会に出てみないか」と声がかかった。ボクがその準備にかかった頃、ピンちゃんはひとりで平均台の練習に励んでいた。その練習姿を見ていると、「おい」と長尾が突っかかってきた。「止めんね」と止めに入ったピンちゃんは、長尾に校舎の裏に連れていかれた。コンちゃんたちは、「ピンちゃん、長尾にやられたらしい」と言う。怒りに体が震えた。そんな中、やってきた弁論大会当日、ボクはその日の弁論を、「ピンちゃんの勇気に捧げよう」と決意した。最後の1枚半、1分間分の原稿にさしかかったとき、ボクの頭に突然、用意した原稿とは別のフレーズが浮かんだ。急遽、差し替えた原稿に、担任は苦い顔をしたが、結局は、そこが評価されて、ボクの弁論は金賞に選ばれた。その大会の会場には、ピンちゃんも来ていたが、金賞を祝福する輪の中に、彼女の姿はなかった。弁論の内容に傷ついて、姿を消したか? 心配しながら帰り支度をしていると、自転車の前カゴに、ドスンとだれかが荷物を放り込んできた。ピンちゃんだった。ボクが自転車を引き出すと、「乗せて」と荷台にまたがって、手を腰に回してくる。だれかに見られたら大変だと思いながら、ボクは、彼女の体温を背中に感じながら、農道を走った。翌週、金賞の弁論を、校内放送で再演することになった。その原稿を放送すれば、ピンちゃんに危害が及ぶかもしれない。原稿を変えなくちゃと言うボクに、ピンちゃんが言うのだった、「一字一句変えずに放送して」と。放送が流された数日後のホームルームで、その事件は報告された。ピンちゃんの手袋が、なんと、男子トイレで発見されたと言うのだ。ピンちゃんは。長尾に男子トイレに連れ込まれ、いやらしいことをされそうになった。つかまれた手をふりほどくとき、手袋が脱げ落ちたというのだ。そのピンちゃんが、「家でクリスマス会をやるけど、来ませんか?」と言う。その会には、大北も幸恵も参加して、ピンちゃんのピアノでクリスマスソングを歌ったりした。楽しいひと時を過ごしてピンちゃん宅を出たボクは、帰り道、突然、黒い影に襲われた。いきなりの襲撃にボクは口の中を切り、血を流した。すぐ、冬休みになった。やがてボクたちには、別れの季節がやって来る。卒業まで1週間と迫ったある日、コンちゃんが教室に駆け込んできた。「ピンちゃんが、長尾たちに連れていかれた」というのだ。ボクたちは、コンちゃんに大北を呼びに行かせ、体育倉庫に急いだ。大北とボクと笠ブーとコンちゃん、4人で扉に体当たりを食らわせて扉をこじ開けて飛び込むと、真っ先に長尾が向かってきた。ボクは、その腹に渾身の蹴りを食らわせた。そして、ボクたちは、ピンちゃんを救出した――




 3年生の2学期になって転校してきたボクにとって、その中学校での半年間は、ボクの思春期をほんの一時期、彩ったにすぎない通過点のようなものだった。
 故郷でもなく、生涯を過ごす場所でもない、昼になれば、海風に乗って漂ってくる、化学工場の吐き出す硫黄臭のする臭いに鼻をつまみたくなるような、海辺の、小さな工業都市。
 ボクは、その町の中学校で小さな恋に出会い、その小さな恋を守るために、生まれて初めて、人の体に跳びかかり、手を挙げた。
 4月になれば、ボクはこの町を離れ、その小さな恋の相手も、遠い都会に去っていく。
 しかし、この町でわずか半年の間に経験したことのすべてを、ボクはけっして忘れることがないだろう。
 そう思うと、卒業までの一日一日、1時間1時間が、たまらなく貴重なものに思えた。

 明日は卒業式、という日だった。
 ピンちゃんを家まで送るために、4人が裏門の前に集まっていると、ピンちゃんが「ゴメン、ゴメン」と駆けてきた。
 「あのね……」と、ピンちゃんが4人の顔を順番に眺めながら言った。
 「うち、もう一度だけ、この平均台で練習したいんよ、思い出に。じゃけん……」
 だから、みんな、今日は先に帰っていいよ――と言いたかったのだろうが、たとえ、ピンちゃんの口からそう言われても、だれも、帰ったりはしなかっただろう。
 「ええのぉ。ワシらも思い出に、もういっぺん、ピンちゃんの平均台、見ときたいが」
 笠ブーが言い出し、ボクも、コンちゃんも、「そうだね」とうなずいた。大北は、黙ってスケッチ・ブックを取り出した。
 「エッ!? スケッチするん?」
 「そうだよ。中学生活の思い出に」
 「いやや。恥ずかしいわ……」
 ピンちゃんの頬が、ちょっとだけ赤くなったような気がした。
 「いいやん。ボクらも、しっかり目に焼き付けとくけん……」
 ボクが言うと、ピンちゃんは「わかった」とうなずき、着替えのために校舎に走った。

            

 3月の、ようやく春の陽気が漂い始めた穏やかな日だった。
 ピンちゃんは、ボクが最初にその姿に目を奪われた黒のレオタードに身を包み、短い髪を肩の上でピョンピョン跳ねさせながら、校舎から駆け出てきた。
 「しばらくやってないけんなぁ、うまくできるかどうかわからんけど……」
 そう言って舌をペロッと出して見せたピンちゃんは、体に溜めたバネをヒザに集めて、ピョンと跳び上がった。一瞬、空中に浮いたピンちゃんの両足は、幅10センチの平均台の梁の上にピタリと静止した。
 「オーッ」と、全員が声を挙げた。
 ピンちゃんは、両手を肩の位置に上げてバランスを取りながら、狭い梁の上を反対側の端までスッスッと歩いていくと、そこで、片脚を頭の上まで上げて腿を片手で支え、「Y」の字を作った。
 どんな計算式も作り出せない絶妙のバランスを、ピンちゃんはその手と足とボディを使って、ボクたちの前に見せてくれた。ボクたちはその気高さに圧倒され、ただ、ポカンと口を開けて見ていることしかできなかった。
 ピンちゃんは、「Y」の形に振り上げた足を下ろしながら、その遠心力を利用して体をクルリと反転させた。
 怖いほどに真剣な目が、梁の前方の一点を見つめていた。
 その一点へ向けて、ピンちゃんはまるで駆け出すように歩を進めた。
 次の瞬間、ピンちゃんは、ボクたちのだれも想像さえしていなかった動きを見せた。
 小走りに梁の上を台の中央まで進んだところで、上体だけをひねったと思うと、その体を思いきり後ろ向きに反らし、「あっ」と思ったときには、ピンちゃんの体が宙を飛んだ。
 正確には、飛んだのではなかった。まるで飛ぶように、後ろ向きに反らした体勢で、両手で梁に着地し、クルリと体を一回転させたのだ。
 ピンちゃんの脚は真っ直ぐに伸ばされたまま、天空に弧を描いた。回転した足先は、見事に、正確に、台の梁を捉え、再び、ピンちゃんは台の上で胸を反らした。
 そのワザが、どれくらいの難度なのか、ボクたちは知らなかった。
 しかし、わずか10センチ幅の狭い台の上で体を半ひねりさせてバック転をするというワザが、どんなにむずかしいものであるかは、容易に想像できた。
 ただのバック転さえできないボクには、それは、もはや「神の領域」に属するワザにさえ見えた。
 ピンちゃんの顔は、西の空に傾き始めた陽を受けて、誇らしげに輝いていた。
 もう一度、台の中央に戻ったピンちゃんは、今度は、片足立ちになって、反対側の脚を思い切り上に上げて胸をグイと後ろに反らした。

            

 ピンちゃんの片足は、反らした頭の後ろに着きそうになっている。ピンちゃんは、その足首を両手でつかんで、これでもかというほど胸を反らした。
 鶴だ――と、ボクは思った。
 初めてピンちゃんの平均台を見たときに覚えた感動が、再び、胸によみがえった。
 ピンちゃんは、その姿勢を保ったまま、静止した。
 反らされたピンちゃんの胸が、レオタードの上に、ふくらみ始めたものの輪郭を浮き上がらせていた。
 ピンちゃんが演技を終えて地面に飛び降りると、笠ブーも、コンちゃんも、ボクも、そして大北も、「ホーッ」とため息をもらし、それからパチパチと手を打った。
 いつの間にか、ボクたちの後ろで遠巻きに眺めていた男子や女子からも拍手が起こった。
 それが、ピンちゃんのラスト・ショーだった。
 ⇒続きを読む



   筆者の最新実用エッセイ! キンドル(アマゾン)から発売中です!   

「好きです」「愛してます」――そのひと言がスラッと口にできたら、この世の恋する男性や女性の心は、ずいぶんとラクになることでしょう。しかし、なかなか言えないんですね、このひと言が。勇気がなくて口にできない。自分は口ベタだからとためらってしまう。
そんな人たちに、「これなら言えるんじゃないか」とすすめるのが、「愛」と言わずに「愛」を伝える「メタメッセージ」の技術。あなたの恋愛の参考書として、お役立てください。

2019年11月発売 定価:600円 発行/虹BOOKS
「好き」を伝える技術: あなたの恋のメタメッセージ・テク (実用エッセイ)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

〈1〉          〈2〉        〈3〉
【1】妻は、おふたり様にひとりずつ
2016年3月発売 定価/342円

【2】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価122円

【3】チャボのラブレター
2014年10月発売 定価/122円

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR