人はなぜ、「楽園」から追放されたのか?

手にハート  不純愛トーク   第425夜 

「悪意」は、人類が農業を開始するとともに生まれた、という話を前回はしました。それ以前の人類は、「狩猟・採集」生活を送っていましたが、そんな生活の中では、人は「善意」の共同体を作って生活していました。しかし、人類は、その「楽園」を追放されてしまいます。それはなぜ――。

 Talker 
哲雄 自ら著作を手がけるエッセイスト。当ブログの管理人です。
AKI 出張エステ嬢として働きながら、作家を目指すアラサーの美女。

【今回のキーワード】 エデンの園 氷河期 農業


AKI 今年も始まっちゃいましたね。

哲雄 始まっちゃいましたね、とうとう2020年が。

AKI なんか、イヤなものが始まったようなおっしゃり方ですが……。

哲雄 申し訳ない。せっかくなんだけど、私は、「東京オリパラ」なんてものに、まったく興味が持てない――というか、東京2020てものに、そもそも反対なので、とてもウキウキな気分にはなれないのでございますよ。

AKI あら、それは残念。

哲雄 でもね、こうしてAKIクンと新年のあいさつが交わせることも、みなさんにごあいさつできることも、とても喜ばしいのでございますよ。こうして新年のごあいさつをするのも、今年で11回目になりました。

鏡餅AKI このトークの第1夜目をお届けしたのが、2009年でした。あれから11年。私たちもついに12年目に突入したわけですよね。道理でババァになったわけだ。

哲雄 いや、AKIクンはまだまだ。見ようによっては、30代前半で通用しますよ。私なんぞは、どこからどう見ても、「ただのジジイ」にしか見えませんから。ま、しかし、こんなふたりではありますが、のぞきに来てくださったみなさま、ほんとうにありがとうございます。

AKI 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

哲雄 よろしくお願い申し上げます。さて、昨年は……と、どこまでお話したんでしたっけ?

AKI この地上には、「善意」を生み出す社会と「悪意」を生み出す社会があって、「悪意」もそれを警戒する「悪意」も、人類が農耕を始めるとともに始まった、というところまでお聞きしました。じゃ、「善意」のほうはどうなのか? 今回は、その話をしようということでしたよね?

哲雄 そうでした、そうでした。さて、AKIクンは、農耕を始める前の人類がどうやって生きていたか、ご存じですか?

AKI 自然に実った果実とか木の実とか、もしかして虫とかも食べてたんですかね?

哲雄 貝や魚も獲っていたでしょうね。小さな動物程度なら、捕獲して食料にしていただろうと思います。小規模な栽培は行っていたかもしれませんが、ほとんどは、自然にあるものを採ったり、獲ったりして食べる。そんな生活を送っていたんだろうと思いますよ。そういう生活様式を「狩猟・採集生活」と言うんですが、さて、そんな生活様式を送っていた人たちは、どういう場所でどんなふうに暮らしていたか?

AKI 木の実や果実が豊富に採集できる場所とか、貝や魚が簡単に獲れる場所とか……ですかね?

哲雄 ま、だいたいそんなところでしょうね。たぶん、そういう場所は、当時の人類にとっては、「楽園」のような場所だったのではないかと想像できます。食物は、手を伸ばせば簡単に手に入れられるようなところに豊富にある。魚介だって、肉だって、大がかりな狩りなどしなくても、手に入れることができる。そういう「楽園」にいる人間には、他人の食料を略奪しようなどという「悪意」は、芽生えようがない。人々は、小さな集落を作って、おたがいに助け合いながら暮らしていたのではないか――と、私は思います。しかし、彼らは、その「楽園」から追い出されてしまいます。

AKI エッ、追い出された? それはいつ? どうして?

哲雄 旧約聖書の『創世記』には、その楽園は「エデンの園」として登場します。創造主である神は、そこに、人間の祖先とされるアダムとエバを住まわせるのですが、エバがヘビにそそのかされて「善悪を判断できるようになる」という木の実を口にしてしまったために、神はふたりを「エデン」から追放してしまいます。そのとき、神は、アダムにこう告げます。

あなたは一生、苦しんで地から食物を取る
地はあなたのために、いばらとあざみとを生じ、
あなたは野の草を食べるであろう。
あなたは額に汗してパンを食べ、ついに土に帰る(以下略)
――『旧約聖書/創世記』第3章17~19節

ま、これは神話で、『創世記』が書かれたのは、紀元前1500年頃とされているのですが、そこに書かれているのは、もっとずっと古い時代の話を象徴的に伝えているのではないか――と、言われています。そして、そこに書かれている「あること」は、人類の歴史にとってきわめて重要な事実を示唆しているんですよ。

AKI ウソッ、なんだろ? 全然、わかんない。

哲雄 注目してほしいのは、「一生、苦しんで地から食物を取る」という部分と「額に汗してパンを食べ」という部分です。これは、いったい、何を意味しているのか?

AKI 働かざる者、食うべからず――とか?

哲雄 あ~あ、なんと浅薄な解釈。残念ながら、『聖書』には、そういう「人生訓」みたいなことは、書いてないんですよ。「創世記」のこの記述は、人間の「原罪」がどうして生まれたかに触れた重要な部分なのですが、それはあくまで宗教的な意味であって、文化人類学者や考古学者や歴史学者たちは、この記述が「ある歴史的な事実」を物語っているのではないか――と、推測しているんですよね。

AKI な、何すか、その「歴史的事実」てぇのは?

哲雄 人類が農業を始めた――という事実です。

AKI 紀元前1500年にですか?

哲雄 それじゃ、遅すぎるでしょ。それよりずーっと前。おそらく紀元前1万年ぐらいではないかと言われています。その頃の地球は、氷河期の終わりの時期にあって、地表は分厚い氷で覆われていました。地表の水分は、かなりな程度、氷結していましたから、海面は、いまよりも200~300メートルは下がっていただろうと言われています。そんな氷の時代に、聖書に出て来る「エデンの園」は、いったいどこにあったのか?

AKI ずっと南のほうですか?

哲雄 『創世記』の記述に従えば、おそらくは、メソポタミアの東南部、現在はペルシャ湾となっているあたりではないかと言われています。その頃は、一帯は低地で、氷河期であっても温暖な気候に恵まれ、果実は豊かに実って、文字通りの「楽園」だったのではないかと思われます。しかし、その楽園を気候の変動が襲います。

AKI どんな変動だったんですか?

哲雄 「氷河期」が終わりを迎え、地表を覆っていた氷が、どんどん溶け始めました。その結果、海面はグングン上昇して、豊かな採集・狩猟生活を送っていた「メソポタミアの楽園」も、海の底に飲み込まれていきました。

AKI 楽園の住人たちは、どこへ行ったんですかね?

哲雄 かつては分厚い氷に覆われていた高地へと、移動を余儀なくされました。しかし、それまで氷に閉ざされていた大地は、かつての「楽園」のように、手を伸ばせば簡単に食べ物が手に入るという環境ではありませんでした。『創世記』に書かれたとおり、「一生、苦しんで、地から食物を取る」しかない環境。そんな中で、人類は偶然にも小麦を発見し、そして、その小麦の種実は、すぐには地上に落下せず、穂先に付いたままになっている。その時期に穂先を収穫して、実を穂先から外しておけば、その実は、しばらく食糧として貯蔵しておくことができる。こうして、人類は、農業が自分たちの食料問題を解決してくれる手段であることを発見します。

AKI それが、紀元前1万年ですか?

哲雄 だいたい、紀元前8000年から1万年ぐらいですね。その頃に人類が穀物を栽培し、収穫していたとする痕跡は、さまざまな発掘調査などでも確認されているので、間違いないと思います。

AKI それで、人類は救われたんでいね?

哲雄 救われたのかどうかは、わかりません。もしかしたら、それは「不幸の始まり」だったのかもしれないし……。

AKI エッ、不幸の始まり? それ、どういうことですか?

哲雄 それについては、次回、詳しくお話したいと思います。



   筆者の最新実用エッセイ! キンドル(アマゾン)から発売中です!   

「好きです」「愛してます」――そのひと言がスラッと口にできたら、この世の恋する男性や女性の心は、ずいぶんとラクになることでしょう。しかし、なかなか言えないんですね、このひと言が。勇気がなくて口にできない。自分は口ベタだからとためらってしまう。
そんな人たちに、「これなら言えるんじゃないか」とすすめるのが、「愛」と言わずに「愛」を伝える「メタメッセージ」の技術。あなたの恋愛の参考書として、お役立てください。

2019年11月発売 定価:600円 発行/虹BOOKS
「好き」を伝える技術: あなたの恋のメタメッセージ・テク (実用エッセイ)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

〈1〉          〈2〉        〈3〉
【1】妻は、おふたり様にひとりずつ
2016年3月発売 定価/342円

【2】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価122円

【3】チャボのラブレター
2014年10月発売 定価/122円

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR