愛に陰謀あり? 仕組まれたガス欠

傘と女性男と女のモテ技  M-18  

恋愛では、ときに策略がモノを言うこともあります。
中には「陰謀」と思われるような策略も登場します。
その男、Yが彼女を手に入れるために用いたのも、
陰謀。筆者が経験した実話です――。 





 あれはまだ、携帯電話なんてものがこの世に登場していなかった時代。
 したがって、電話一本でJAFがスッ飛んできてくれるなんてことも、まったく期待できない時代の話なので、この話は、いまの時代の恋人たちには、役に立たないかもしれません。
 しかし、見事にこの作戦に利用されてしまった私としては、いまだに腹立たしく、忘れることのできない出来事なので、あえてみなさんの前に公表する次第です。
 ハイ。これは、筆者・長住自身の苦い、苦い、実体験です。

男の子アイコン1F女のマドンナを巡る、ふたりの男

 それは、御殿場のさる合宿施設で行われた、合同合宿での話。関東地区のいくつかの大学が集まって、某研究サークルの合同合宿が行われた夜のことでした。
 参加大学の中には、お嬢様が集まることで有名な、横浜のF女子短大も含まれていて、実は、その短大の研究会にいるIという女子に、私は以前から心を奪われていました。
 もうひとり、彼女に目をつけた男がいました。山梨から来ていたY大学のTです。
 Tは、積極的な男です。早速にもIの自宅の電話を聞き出し、「合宿の件で詰めておきたいことがあるから」とかなんとか理屈をつけて、何度か、クルマを飛ばして横浜まで出てくるようになりました。
 私の大学はF女と同じ横浜のY大学で、私は、関東地区連合会の委員長でしたから、Tが横浜を訪ねてくるのには、表向き、正当性があったわけです。しかし、Tは、そのたびに、「F女の意向も聞いておきたい」と、Iも呼び出すのです。そして、帰りは決まって「クルマで送るよ」と言い出します。意図はミエミエ。しかし、Iは、そんなTの申し出を、いつも、「ちょっと友だちと会うので」などと断っていました。
 私は、内心「ざまぁみろ」と思っていました。しかし、IをめぐるY&Y対決は、その頃から火花を散らし始めていたのです。

 さて、いよいよ始まった春の合同合宿。総勢70~80名に及ぶ参加者の中で、私とTは、あるテーマをめぐってカンカンガクガクの論争を繰り広げていました。
 2派に分かれて、連日、繰り広げられる熱い論争。さすがに3日目ぐらいになると、みんなクタクタになってきました。
 その3日目の夜。合宿は翌日の昼で解散、という最後の夜です。
 夜更けまでの議論に疲れて、私が食堂でお茶を飲んでいると、そこへIがやって来ました。
 「委員長、3日間、お疲れ様でした。よかったら、これ、食べてください」
 テーブルの上にパラパラと広げてくれたのは、たぶん、彼女が合宿でのおやつにと持ってきたのであろうフィナンシェでした。
 「ありがとう。甘いものが欲しかったんだ」
 私とIは、フィナンシェを食べながら、しばしのコーヒー・タイム。3日間の議論の感想などを語り合っていました。
 と、そこへ、Tが現れたのです。手には、なにやらキラキラ光るものをぶら下げて……。
 「気分転換にさぁ、3人でちょっと抜けて、ドライブでもしない? もう、なんか、息が詰まりそうなんだ。あと2~3時間で、朝焼けに輝く富士山が見られるよ」
 缶詰状態で議論、議論……の繰り返しだった私たちには、ちょっと魅力的な提案でした。Iも、「3人で」の言葉に安心したのでしょう。「いいわね、息抜きしましょうよ」と、私に同意を求める視線を送ってきます。
 「よし、行こうか」
 3人でTのクルマに乗り込んだのですが、後部座席の半分には荷物が積んであって2人並んで乗るのはムリ。結局、私が後部座席、Iが助手席、という配置になりました。
 クルマは漆黒の山道を、いくつもの峠を越えて走り、やがて夜の闇の中に富士山のシルエットが浮かび上がるところまでやって来ました。と、そのときです。

男の子アイコン1山中で、突然のガス欠……?

 「あれっ……!?」
 Tが、ヘンな声を挙げました。
 クルマは急激にスピードを落とし始め、やがて、路肩に停止してしまいました。
 「まいったなぁ……」
 「どうしたの?」
 「ゴメン。ガス欠だ」
 「エーッ!?」
 Iが不安そうな声を挙げます。私も「オイオイ」と困った声。
 「ダイジョーブ。そのうち、クルマが走って来るだろうから、ガソリン分けてもらうよ。ちょっとの間、ガマンしててくれる?」
 しかし、ダイジョーブじゃありませんでした。10分、20分、30分待っても、クルマ1台通らないのです。そりゃそうでしょ。時間は午前3時。幹線道路でもない山道を、そんな時間にクルマが走ってくると期待するほうが間違っています。
 春とはいえ、まだ3月の末。しかも標高の高い山の中です。ヒーターの切れたクルマの中は、しんしんと冷えてきます。Tはトランクから毛布を2枚持ち出して、1枚を私に渡し、もう1枚を自分とIの腰にかけました。
 「毛布、2枚しかないんだ。わるいけど、これ、ボクとあなたで兼用ね」
 なんだか、すべてがTの思惑通りに運んでいるような……変な気分でした。
 それから、さらに30分が過ぎました。

男の子アイコン1彼女を凍えから救うために、走れ、メロス!

 「寒い……」
 Iさんがもらしたひと言が、事態を動かすきっかけになりました。
 「このままじゃ、凍えちまうよ。あのさ、この山道を登り始めるとき、国道との分岐点にGSがあったでしょ。あそこ、確か24時間営業だったと思うんだ。Sクン、申し訳ないんだけど、あそこまで歩いて降りて、店員に事情話して、ガソリン運んでくれって、頼んできてくれないかなぁ。ボク、運転席離れるわけにいかないし……」
 「そうだね、それしかないね」
 確か、そこまでは7~8キロ。急ぎ足で歩いても1時間はかかりそうな距離でしたが、他に方法も見当たりません。「ここは一発、走れメロス! の気分で」と、委員長気質を発揮して、クルマを降りました。
 「Sさん、気をつけて。早く帰ってきてね」
 Iが、祈るような顔で私を見送ったのを、いまでもハッキリ覚えています。
 私は山道を急ぎ足で下りながら、何度か振り返って、遠くなっていくクルマの影を見ました。一度、二度、そしてクルマが見える最後のカーブを曲がる前に、もう一度。
 月明かりの中に浮かぶクルマの後部ウインドウから、座席に座ったふたりの頭部のシルエットがかろうじて見えました。
 そのシルエットが、かすかに動いたように見えました。2つのシルエットの間から見えているクルマ前方の月明かりの空が、まるでシャッターでも切っているように、何度か閉ざされるのです。そして、クルマの影が、気のせいか、左に傾いては戻り、また傾いては戻り……と、揺れているように見えました。
 胸の中にどんどん黒い雲が広がっていきます。しかし、いまさら引き返すわけにはいきません。
 私は、自分に課された任務を果たすことでしか、この現状を救うことができない。
 思いきってカーブを曲がると、ふたりのクルマは切り立った山肌の陰に隠れてしまいました。私は、メロスになった気分で、歩を速め、最後は小走りに山道を駆け下りていきました。

男の子アイコン1彼女の目が濡れていた理由

 幸いにも開いていたGSの店員に頼み込み、ガソリンを積んでもらったクルマで現場に戻ったのは、それから1時間半後のことでした。
 東の空は、すでにパープル色に染まり始めていました。Iが「いちばん好き」と言っていた空の色です。
 TとIは、毛布を肩までかぶせて、Tはクルマのハンドルに頭をのせ、Iはクルマのウインドウに額を押し当てるようにして、半分、眠っているようでした。
 「ゴメン。遅くなって。お待ちかねのガソリンだよ」
 Tは「わるかったなぁ。ほんと、恩に着る」なんて言いながら、クルマを降りてきて、GSの店員に頭を下げています。
 Iは、ウインドウに頭をつけたままでしたが、といって、眠っているわけでもありませんでした。
 「もう、ダイジョーブだよ。寒かったでしょ?」
 かすかに、後ろへ向けた顔で「ウン」とうなずいて見せただけでした。その横顔を見て、ハッとなりました。
 月明かりに照らされたIの横顔が、氷のように冷たかったのです。そして、その目の縁には、ほんのいっとき前まで水分であふれていたであろう痕跡が見てとれました。
 「どうした? ダイジョーブ?」
 Iはまた、コクリとうなずいただけ。それからも、Iはクルマの窓に頭をつけたまま、ひと言も発しませんでした。

男の子アイコン1一枚の絵ハガキが伝えた「真相」

 そんな合宿が終わって、新年度に切り替わってから、Iは、私たちの定期的な会合にいっさい姿を見せなくなりました。F女のメンバーに訊くと、「I先輩は、もう退部しましたよ」という返事でした。
 あの箱根山中での一夜に何かが起こり、彼女を変えてしまったのだ――としか、私には思えませんでした。
 大学を卒業して1年後、私の手元に一通の絵葉書が届きました。Tからのものでした。

 《私たち、結婚しました》

 見た瞬間、私は手が震えました。Tの横で純白のウエディング・ドレスに身を包んで微笑んでいるのは、あのIだったからです。

カラス ポイント 
愛のためにめぐらす陰謀は「罪」なのか?

 いまでも私は、疑いの心を捨てきれないでいます。
 あの「ガス欠」は、意図されたものだったのではないか?
 しかし、いまとなっては、確かめようがありません。
 仮に、それが故意であったとして、それは、許しがたい行為なのか? どうしても欲しい「愛」を手に入れるために、陰謀をめぐらすことは罪なのか?
 残念ながら、私はいまだに、結論を出せずにいます。
 ひとつだけ言えることは、私だったらやらない――です。
 しかし、そう言うと、おそらく反論を受けるであろうことも、想像できます。おまえ、ほんとうにその人の愛を手に入れたかったの? おまえは、「愛」より「正義」を選んだだけなんじゃないの?
 これにも、いまだに答えが見つかっていません。
 愛ってやつは、愛ってやつは……ですね。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から、そっと発売中です!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでもPCでも読むことができます。よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックしてください。

2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。40年後、真実を知ったボクは…。
【右】『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。



13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR