はじめてのおつかい 《夜道編》

老犬自伝的エッセイ 「創愛記」  Vol.4  


幼いボクは、よく、母親の家事を
手伝わされた。その日は1キロ先の
米屋へモチ1箱を取りに行く仕事。
光のない夜道がボクを脅えさせた。



 ボクには、幼い時代、ほとんど、親と一緒に遊んだという記憶がない。
 親に連れられてどこか遠くに遊びに出かけた、という記憶もない。
 そんな時代じゃなかった――というのもあるが、親たちの精神にも余裕がなかった。
 弟が生まれ、妹が生まれてからは、母親は家事と育児に追われながら、家族5人分の食糧を調達するために走り回っていた。まだ、米が「配給制」の時代である。育ち盛りのボクたちがごはんを食べすぎると、米びつが底をつくこともあった。そんなときには、サツマイモが昼の食卓に並ぶこともあった。
 それでも、父親は、家事を手伝おうとはしなかった。
 母親によれば、ボクが生まれたときも、弟が生まれたときも、父親は、道楽にしている釣りに出かけて、家にいなかったという。

 その年の暮れも、家に父親はいなかった。
 母親は、朝から、大掃除だ、買い出しだ、お節の準備だ――と、忙しく働いていた。
 年長で、翌年には小学校に上がるボクには、そんな母親を助けたいという気持ちが、たぶん、あったのだろうと思う。
 床の雑巾がけ、庭の掃き掃除など、自分にできることは、極力やろうと心がけていたように思う。
 そんなふうにガンバっていると、母親が作りかけのイモきんとんや黒豆を味見させてくれたりする。ほんとうは、それが目当てだったのかもしれないが、いまではわからない。

            

 やがて、日が暮れた。
 「いけん。モチ、取りに行かないかん。あんた、白山町の米屋さん、覚えとるね?」
 何となく覚えてはいるが、日暮の薄暗がりの中で正確に行けるかどうか、自信がなかった。首をひねっていると、母親が地図を描いて渡してくれた。
 「あんこモチが、番重1箱分、6時にできあがるけん、取りに行ってほしいっちゃん。他のモチはもう届いとるばってん、あんこモチだけ、取りに行かんといけんと。1箱分やけど、持てるね?」
 ボクは、床の間に積まれたモチ箱を1箱持ち上げてみた。1箱に並べたモチは28個。箱と合わせると、4キロぐらいの重さにはなる。持ち上げることはできるが、その箱を抱えて、米屋から1キロほどの道を歩かなくてはならない。
 ちょっと大変だぞと思ったが、ボクは「ウン」とうなずいた。
 大丈夫、できる。
 たぷん、ボクは、子どものころから、そうやって強がって見せるタイプだったらしい。
 「ホントに大丈夫ね? あんたたちの好きなあんこモチやけんね、落としたりしたら、食べられんごとなるよ」
 「ウン、大丈夫」と胸を張るボクに、母親は懐中電灯と地図を持たせて送り出した。

            

 駄菓子屋の角を右。地図に書かれた目印を呪文のように唱えながら、ボクは、暮れなずむ田んぼ脇の道を、米屋に向かって歩いた。
 道には迷わなかったが、米屋に着く頃には、日は、水平線の向こうに沈んでいた。
 街のいろんなものが、どんどん、光を失っていく。
 大丈夫――と自分に言い聞かせながらも、増えていく闇の量が、ボクの胸の中に不安の翼を広げていった。
 「ああ、長住さんちの坊や? ひとりで取りに来たと? エラかねェ」
 米屋のおばさんにホメられて、ボクはちょっぴり誇らしくなった。
 「せっかく来てくれたとこ、わるかとばって、あんたんとこのあんこモチ、まだできとらんとよ。あと30分ぐらいかかるけん、まっとってくれる?」
 どうしよう……と思った。もちろん、携帯なんてない時代だ。家にはまだ電話も引いてなかったから、親に相談するわけにもいかない。
 泣きたい気持ちで「ウン」とうなずくと、「これ、なめよって」と、おばさんはニッキ玉を2つ、握らせてくれた。
 ビー玉の2倍ぐらいありそうなそのアメ玉をなめながら、ボクは、おとなたちが忙しく働いている様子を眺めていた。
 「〇〇さん家の5箱、上ったよ」
 「次、〇〇さん家の4箱!」
 奥では、おじさんが2人、もち米を炊き上げ、それを餅つき機に放り込んでいる。おばさんたちは、搗き上がったモチを丸めては、それを番重に並べている。
 「次、あんこモチ行くよ」
 あんこを搗き上がったモチでくるんで、おばさんたちがそれを器用に丸めて、番重に並べていく。その中には、お姉さんぐらいの若い人もいる。もしかしたら、ここん家の子ども? 一家総出で働いとるんやろか……?
 みんなが忙しく働いている様子を珍しそうに眺めていると、おばさんが、「長住さんのモチ、次やけんね。待ちくたびれたやろ?」と言って、できたてのモチを1個、手に握らせてくれた。
 ボクはパクリと、それに食いついた。

            

 「ええね、ひじば腰に当てて、両腕にこの箱ば載せて運ぶとよ。もう道は真っ暗やけん、懐中電灯で照らしながら歩くんよ。転ばんごとね。転んだら、お餅、泥だらけになってしまうけんね」
 おばさんは懐中電灯のスイッチを入れてボクの右手に持たせ、伸ばした腕の上に番重を載せた。モチ箱は新聞紙でくるまれていて、それを、おばさんはひもで縛って、端を結んで首にかけてくれた。箱の重さは、ちょっとだけ軽くなったような気がした。
 帰り道は、おばさんの言うように、真っ暗だった。
 角ごとにポツンと裸電球の街灯が灯っているが、その光が届く範囲を超えると、まったく光のない道。舗装もされてない道は、穴ぼこだらけで、石も転がっている。つまずかないように、懐中電灯で路面を照らしながら、ボクは、慎重に夜道を歩いた。
 どこかで犬が吠えると、ボクはビクッと体を強張らせた。
 その頃は、狂犬病が流行っていて、野犬にかまれると死ぬゾ――と、おとなたちには脅されていた。
 犬の吠え声を聞くと、その度に、暗がりから野犬が飛び出してくるのではないか――と周囲を見回し、少し急ぎ足になった。
 月が出て来るには、ちょっと時間があった。
 空には、満天の星が、氷砂糖をぶちまけたように広がっていた。
 田んぼ脇の民家には明かりが灯り、中から、家族が笑ったり、叫んだり、怒鳴ったりする声が、聞こえてきた。
 「〇〇ちゃん、××男~、もうごはんやけん、家に入りんさい」
 家ではあまり聞くことのない声。そんな声が飛び交う明かりのある世界が、何だか、自分には縁のない世界のように思えて、モチ箱を抱えている腕が、少し重くなった。

            

 家に帰ったボクを迎えたのは、「遅かったねェ」という母親の声だった。
 「道に迷うたんかて、心配したとよ」
 「待たされたと」
 「6時にはあがるて言いよったとにねェ」
 残念そうに言う母親の言葉を聞きながら、ボクは、何だか泣きたい気分になった。
 しかし、泣かなかった。ただ、学習した。
 この家では、何事も正しくできるかどうかが、大事なんだ――と。
 それは、自分ひとりで成し遂げるしかないことだ――と。
 たとえ、夜の闇に襲われようと、野犬の声に脅えようと。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)からリリースしました!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、PCでも読むことができます。
よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックしてください。


2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。40年後、その真実を知ったボクは……。

【右】『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事はためになった(FC2 恋愛)
この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR