ポーラに忘れな草〈2〉 牛乳瓶に忘れな草

smile.jpg 「花咲荘」に越してきた女子高生・公子。
ある夜、繁の部屋の障子戸を遠慮がちに
ノックする音がした。英語の構文を教えて
ほしいとやってきた公子だった――。


 連載   ポーラに忘れな草   第2章 



この話は連載2回目です。最初から読みたい方は⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 深川繁は高校の3年間を下宿で過ごした。その下宿「花咲荘」に、母親に連れられてひとりの女子高生が引っ越してきた。ミッションスクールに通う矢田公子。父親の転勤で、ひとり、学校に残ることになったのだと言う。障子戸一枚と廊下で隔てられた隣人。ある夜、その隣人が、遠慮がちに繁の部屋の障子戸をノックした――




 障子を開けた瞬間、それまで嗅いだこともない香りが、繁の鼻をくすぐった。
 石鹸の匂いと、ほんのり甘いシャンプーの香り。それらに混じってかすかに漂う、濡れた動物の毛の匂い――。
 身だしなみにうるさい公子の学校では、肩より長い髪は、お下げにまとめるのが校則になっていた。
 いつもは、そのお下げ姿しか見てないのだが、そのときの公子は、洗いたての髪をひと束にまとめて、左肩から胸の前へと垂らしていた。
 銭湯から戻ったばかりなんだ――。
 全身から漂ってくる洗ったばかりの体の匂いに、リアルな女を感じて、公子が少しおとなに見えた。
 「ごめんなさい、こんな時間に。ちょっとだけ教えてもらいたいことがあって……」
 公子は大きな目をいつもより大きく開いて繁の顔を見上げ、それから、恥ずかしそうに口の端を結んだ。
 口を結ぶと、公子の口角の両側には、小さなえくぼが浮かぶ。そのえくぼは、初めて会ったときからの、繁のお気に入りだった。

            

 公子の「教えてもらいたいこと」は、簡単な英語の構文だった。
 その質問と回答は、ほんの十五分ほどで終わってしまった。
 そのまま立ち去りそうな公子をもう少しだけ引き留めたくて、繁は「コーヒー、飲む?」と訊いた。
 「ウン、飲みたい。あ、そうや。なんか、小さなビン、ない?」
 「ビン? ビンゆうたら、牛乳ビンぐらいしかないで」
 「あ、それでええわ。ちょっと借りてもいい?」
 繁が、電気ポットで湯を沸かしている間、公子は繁から受け取った牛乳ビンを持って洗面所に向かい、それから自分の部屋の戸を開けた。
 戻ってきた公子が手にした牛乳ビンには、小さな、濃い水色の花が挿してあった。
 「学校の園芸部の友だちが育ててたんを、もろうてきたんよ。何ゆう花か、知っとる?」
 「いや、見たこともないが」
 「忘れな草ゆうんよ。英語でゆうたら、Forget me not」
 「Forget……そのまんまやなぁ」
 「小さな花やろ。ユリみたいに気高くもないし、バラみたいに華麗でもないし、ゆうたら、そこらに生えとる野草みたいな花。でもな、この花のために命を落とした若者がおったんよ」
 「どこで?」
 「ドナウ川のほとりゆう話しか知らん。その若者な、恋人にこの花をプレゼントしよう思うて、泳いで川の中の小島まで渡ったんやけど、その帰りしなに、深みにはまって流されてしもたんやて」
 「それで? その若者は死んでしもたん?」
 「ウン。でもな、流される前にな、若者は花束を岸辺の彼女に投げて、叫んだんやて。ボクのことを忘れないで……て」
 「それで、忘れな草か。ええ話やのぉ」
 「やろ? 深川クンの部屋、なんにものうて寂しそうやから、ちょっとおすそ分けしたんよ。少しの間でええから、飾っといてくれる?」
 「もちろん」と、繁は、その牛乳ビンを勉強机の脇の本棚の上に置いた。
 殺風景な部屋に、ポッと明かりが点ったような気がした。
 しかし、この明かり、なんて物悲しい色をしてるんだろう……。
 それから、繁たちは、学校のこと、将来のこと、趣味のこと、読んだ本のこと、下宿の賄いのおかずのこと――と、とりとめもない話を続けた。
 公子は、話しながらよく手を動かした。
 「ねェ、ねェ」と言いながら、ちゃぶ台の上に置いた繁の手の甲をチョンチョンと叩く。
 「ワァ、それ、すごい!」と言いながら、両手を胸の前で組み合わせる。
 「ウーン、どうしようか?」と考え事をするときには、両手で頬をはさんで首を傾ける。
 「エッ、私のこと?」などと言うときには、人差し指をえくぼの辺りに当てて自分を指差す。
 コーヒーを飲むときには、取っ手をつかむのではなくて、カップを両手で包み込むように持って飲む。
 ほんの少しの間に、繁は公子という生きもののほとんどのクセを、頭に刻み込んだような気がした。

            

 「ちょっと冷えてきたね」
 公子がブルッと体を震わせた。
 時計の針は、もう夜中の一時を回っていた。
 「それ、着たら?」
 「ウン、ちょっと着させてもらうわ」
 肩に羽織っていただけのセーターを、公子は頭から被り、首を通し、腕を通す。
 薄いピンク色のセーターは、公子の胸のふくらみの上で、引っかかっている。その裾を引っ張り下ろすと、公子の胸は、まるでプルンと音を立てるようにセーターの中に納まり、しっかりその形を浮き上がらせた。
 「いまね、私ら、新しいフォークダンス、覚えよるんよ。ちょっと練習してみん?」
 公子がS学園でフォークダンス部に所属していることは、食事のときの自己紹介で知らされていた。
 「エッ!? こんな時間に?」
 ためらう繁の手をとって、「いいから、いいから」と立ち上がらせると、公子は「シーッ」と唇に指を立てた。
 「足音、響かんように、そっとね」
 それは、繁がまったく見たことも聞いたこともないダンスだった。
 男女が向かい合って両手を取り合い、ステップを踏みながら、体を近づけたり遠ざけたりする――というのが動きの基本で、その間に、おたがいの体を軸にして円を描いたり、片方が相手の掲げた腕の下でターンしたり……という動きが組み込まれていた。
 「私が、右足を引いたら、深川クンは左足を出すんよ。ほんで、私が右足を出したら、深川クンは、左足を引くん。それを同時にね……」
 繁の耳元で、ささやきかけるように動きを指示する公子の声。その声とともに吐き出される息が、少し熱かった。
 「ホラ、遅れんで。1、2、3、4。2、2、3、4……」
 30分も続けているうちに、握り合った手にはじっとり汗がにじみ、公子が耳元でささやく声もあえぎ始めた。
 「フーッ。ちょっと疲れたね」
 「続きは今度にしようか」
 動きを止めて、しばらく繁たちは、おたがいの顔を見つめ合った。
 つないだ手の指と指が、おたがいの手の中でペアを探して、ためらいがちに動いた。
 やっと相手を見つけて、5本の指は、一瞬、絡まり合った。
 その指に少しだけ力を込めたとき、相手の指はスルリと、その絡み合いを解いた。
 「きょうはもう遅いけん……」
 公子は、自分の足元を見下ろすように下を向いたまま、小さな声で言った。
 頬がほんのり紅色に染まり、まぶたが小刻みに震えている。その声は、やさしく繁を諭すようでもあり、自分自身に言い聞かせているようでもあった。
 意を決したように教科書を手にした公子は、「おやすみ」と、ほとんど口のかたちだけであいさつして、戸口に向かった。
 障子戸を開けながら、一瞬、目を忘れな草の牛乳ビンに向け、その目を繁に振り向けた。
 〈あの花、大事にしてね……〉
 公子の目がそう言っているように、繁には見えた。

 公子が部屋を去ったあとも、繁はしばらく、絡み合った指先の感触を思い出して、ボーッとしていた。
 やっと気を取り直して、部屋を片づけ、寝ようとしているところへ、障子戸の隙間からスーッと差し込まれたものがある。
 見ると、2つ折にした水色の便箋だった。

《楽しい時間をありがとう。
もっといっぱい、いろんなことを話したかったけど、
きょうはもう寝ます。
あなたの貴重な勉強の時間をジャマして、ごめんなさい。 公子》

 それから、数え切れないほど受け取ることになる「水色の手紙」の、それが第一通目だった。
⇒続きを読む



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。絶賛在庫中!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。40年後、ボクが知った真実は?

【右】『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭とボクの、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR