女神の探し物〈終章〉 最後の旅

ギターと女

面会に行った龍二兄ィから教えられた
一本の電話番号。それは、翠さんが修業している
という「そば屋」の電話番号だった。
そっと様子を見に行ってみたが、そこに、
翠さんの姿はなかった。「浅尾翠さんは?」と
尋ねると、見覚えのある顔が奥から顔を出した。
その口からは意外な事実が語られた——。


 連載   女神の探し物   終章 

【リンク・キーワード】 恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説


この話は連載21回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
   前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 翠さんは、ジャズクラブやライブハウスで歌っている歌姫だ。そのダンナ・浅尾龍二は、世間が「総会屋」と呼ぶ右翼の活動家だ。オレはその舎弟として使いっぱしりをやっている。翠さんが毎週、顔を出しているジャズクラブ「メモリー」に、大下博明というピアニストと玉川恵一というベーシストがいる。その3人で出したファーストアルバムが、メジャーに注目され、翠さんにTV出演の話が舞い込んだ。芽生えたメジャー・デビューのチャンス。しかし、その芽をつぶしたのは、龍二兄ィその人だった。ベースの「タマちゃん」が「だんなであるあなたが、彼女のチャンスをつぶすのか」とかみついたが、兄ィの気持ちは変わらなかった。翠さんには、熱心な固定ファンがいた。その中には、彼女に酒をすすめてくる者もいる。しかし、翠さんは酒乱だった。酒が犯させる過ち。そんな日、兄ィと翠さんの夜は修羅場となった。「おまえは血を汚してんだゾ」と声を荒げ、手を振り上げる兄ィ。翠さんは「禁酒」を宣言したが、その翠さんには変な「追っかけ」がついていた。「変なのが現れるかも」というので、しばらくその送り迎えをおおせつかったオレは、初めて翠さんのステージを見て、その姿と声にホレた。その夜、オレはママに頼まれて、ピアニストの大下博明を自宅に送っていくことになった。肝硬変に冒されて歩くこともままならない老ピアニスト。その体を支えたのは、客の児玉敦という男だった。実は、その児玉と浅尾龍二の間には、20代の頃から続く因縁があった。右翼と左翼。ふたりはぶつかり合っては血を流す、天敵同士だった。7か月後、大下博明がこの世を去った。その後も翠さんの送り迎えを続けるオレは、ある日、翠さんの奇妙な行動に気づいた。ホームレスがたむろする公園に足を踏み入れた翠さんが、ひとりひとり、彼らの顔をのぞき込み始めたのだ。翠さんが探しているのは、8歳のときに駆け落ちしたまま行方が知れないという父親だった。そんなある日、オレと兄ィは暴力団のフロント企業に脅しをかけて、追われる身となった。彼らは翠さんにも危害を加えるかもしれない。安全な場所に匿うようにと兄ィに頼まれたオレは、その日、彼女が出演する渋谷のジャズクラブに向かったが、翠さんの姿は、そこにはなかった。クルマを停めた地下駐車場の上がホームレスのたむろする公園になっていることを知ったオレは、不安に駆られて公園に足を踏み入れた。「その女なら、向こうの小屋へ行ったゾ」と、ホームレスのひとりが教えてくれた。ひと際大きなブルーシートの小屋。その前では男たちが数人で酒盛りをし、めくれたシートの端からは、白い脚がのぞいていた。男がひとり、精液のしたたるペニスをしごきながら、小屋から出てきた。「姐御~!」。オレは叫びながら小屋の中に突進し、男の股間を蹴り上げて翠さんを救い出し、ドラッグストアへ向かった。やらなければいけないことがあった。穢された彼女の体に禊を施すため、オレは丘の上のホテルに部屋を取った。使い捨てビデのノズルを見て、女神・浅尾翠は懇願した。「自分では使えない。お願い」。オレがノズルを挿入すると、女神は身もだえしながら、自分の身に起こったことのすべてを語り始めた。そしてオレは、傷ついた女神のヴァギナを修復するために、クリームをまぶした指を彼女のスリットにもぐり込ませた。数日後、刑事がオレの部屋を訪ねてきた。龍二兄ィが人を刺したという。オレたちが脅した企業のバックである暴力団のチンピラともみ合ううちに、ドスで相手を刺したのだ。7年の実刑判決を受けた兄ィは、翠さんと別れたと言う。その翠さんは、プロとして歌うことを止め、そば屋になる決意を固めた。なぜか、その理由はわからなかった。面会に行ったオレに、兄ィは一枚のメモを見せた。それは、翠さんが働くそば屋の電話番号だった――




 席に着いて、ざるそばを注文した。
 最初に店をのぞいたとき、「翠さんか?」と見間違えた作務衣姿の背の高い女の子が、「ざる一丁」と、元気な声で注文を厨房に通す。
 ほどなく「お待たせしました」とそばを運んできた女の子に、オレは思い切って声をかけた。
 「こちらで、以前、浅尾翠という女性が働いていたかと思うのですが、もう、彼女は辞めてしまったんですか?」
 女の子は、キョトンと首をかしげてオレの顔を見ている。
 「わたし、ここのバイト、始めたばかりなので、よくわからないんです。ちょっと、大将に訊いてみますね」
 あ、そこまでしなくても――と思ったが、女の子は厨房に向かって声をかけ、「あの方が」というふうにオレのほうを指し示して、何事かを告げている。
 大将と思われる男が厨房から顔出してオレのほうを見て、「アレ……?」という顔をした。
 オレもその顔を見て、「オヤ?」と思った。
 どこかで見た顔だ。しかし、すぐには、それがどこだったか思い出せなかった。

            

 男は、急いで手を拭き、前掛けを外し、頭に被った和帽子を脱ぎ、カタカタ……と下駄の音を響かせて、オレの座った席へと向かって来る。その顔を見て、オレは「アッ」と思った。
 どこかで見た――と思ったのは、翠さんがレギュラーで出演していた「メモリー」の常連客のひとりだと思い出したからだ。
 「お久しぶりです。翠ちゃんのマネジャーやってた、エーと……」
 「あ、野原と申します。野原憲治郎です。でも、マネジャー業はやってないですよ。一時期、付き人みたいなことをやってただけで」
 「そうですか? 私らはみんな、ありゃ、マネジャーだなって思ってたんですよ。翠ちゃん、どこか危なっかしいところがあったから、ああいうマネジャーがついてりゃ大丈夫だろうって、みんなで話してたんですよ。ああ、私は、森田です。『生そば もり田』の森田。店名、安易に決めちゃったんで、ちょっとお恥ずかしいんですがね」
 そうか――と、オレは納得した。
 翠さんが、突然、そば屋で修業を始めたという背景には、この男の存在があったのに違いない。そば屋でありながら、ミュージシャンたち以上にジャズの曲に精通し、だれも知らない曲の譜面を持っていたりするので、みんなから「ソバシャン森田」などと呼ばれていた男だ。
 音楽の師と言うべき大下博明を亡くし、ジャズを歌う情熱を失いかけていた浅尾翠に、「そばでも打ってみないか? とすすめたのは自分だ」と、森田は告白した。「そうして、自分をリセットすれば、また、新たな歌の意欲が涌いてくるかもしれない」と思ったというのだ。「しかしね……」と、ソバシャン・森田は口ごもった。

            

 「せっかくおいでいただいたのに、翠ちゃん、もうここにはいないんですよ。というか、もう、日本にも……」
 ある日、森田氏も見たことのない男が店にやって来て、浅尾翠と何やら話し込んでいた。
 男は、閉店した後も店の前で翠さんを待ち、そしてふたりは、夜の街へ消えて行った。
 それが、森田氏が浅尾翠を見た最後だった。
 翌日、翠さんから店に電話が入った。
 「訳があって旅に出たいので、そば打ちのほうは、しばらく休ませてください」
 その理由が何なのか、どこへ旅に出るのか――などの説明は、何もなかった。
 しかし、森田氏は前日、男が翠さんを訪ねて来た後、彼女が気になる言葉をつぶやいたのを覚えている。
 「あの人、そんなとこに? 海を渡っちゃったの?」
 「あの人」というのがだれのことを指すのか、オレには何となく想像がついたが、それは口にしないでおいた。
 「海を渡った」については、森田氏が、ふたりの会話の中で気になる言葉を耳にしていた。
 「エッ、釜山……?」
 翠さんが大きな声で訊き返していたというのだ。
 森田氏の観察では、男は、宗教団体に関係する人間のようだったという。
 もしかしたらそれは、浅尾龍二と翠を結び付け、音楽界にも多くの信者を抱える団体で、その本部が韓国にある、あの団体だ。
 「彼女は、出家したのかもしれない」と、そば庵の亭主は言う。
 そうかもしれない。
 しかし、彼女は彼女の人生の旅を完成させる、最後の旅に出かけたのかもしれない。
 それは、だれにもわからない。
 そして、それ以降、彼女の噂を聞いた者は、だれもいない。

  ご愛読いただいた『女神の探し物』は、これにて《完》です。
   長い間、お読みいただき、ありがとうございました。




   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。絶賛在庫中!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。40年後、ボクが知った真実は?

【右】『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭とボクの、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


  このブログの読者になってくださる方は  

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村

▼こちらの市民です。



管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR