「性欲」をコントロールできるつまみがあればいい

物思い 自分つまみ 〈7〉 

思春期を迎えた頃からその肉体が滅びるまで、
人はその一生を「性欲」とつき合って過ごします。
しかし、過度につき合いすぎると、時間も、
エネルギーも、消耗してしまいます。この欲望、
ほどほどにコントロールする方法は?


【リンク・キーワード】
メンタル エロ 恋愛観 男の心理 女の心理 官能小説




  ああ、やりたい!

 突然、そんな言葉が口をついて飛び出しそうになることがあります。
 修行の足りない筆者も、ときに、そんな衝動に襲われることがあります。
 しょうがありません。「食欲」と「睡眠欲」と「性欲」は、ところかまわず顔を出す人間の三大欲望のひとつなのですから。
 「欲望」なのですから、「意志の力」でコントロールしようと思えば、ある程度まではコントロールすることができます。しかし、限界があります。
 「睡眠欲」も「食欲」も、完全に「0」にはできません。「0」にしてもいいのですが、それは「生命」を「0」にしてしまうことにもつながりますので、いまだ「即身仏」となる覚悟も修行もまったくできてない、というか、その気もない筆者などは、きわめて限定的なコントロールしかいたしません。
 最近、血糖値が上がり気味だから、糖分の摂取は控えようとか、メタボ気味だから、食事の量を抑えようとか、少し夏バテ気味だから、ゲームはほどほどにしてたっぷり睡眠を取ろう――とか、ま、その程度です。
 しかし、「性欲」は別物です。
 抑えようと思ったら、とことんセーブできます。人によっては、生涯、その欲望を封印してしまおう、と決断する人もいます。
 特に、神や仏に仕える聖職者などは、宗派によっては、厳しくその欲望を戒めたりしています。

カラス
食糧問題が人類に「性欲」をコントロールさせた?

 三大欲望の中で、もっともコントロールしやすいのは、「性欲」でしょう。人類は、その欲望が際限もなくふくらむことを、太古の昔から戒めてきました。
 古くは、部族内のルールが、後には、宗教道徳倫理が、過度にセックスすることを人類に禁じてきました。
 もっとも厳しく戒めたのは、近親間のセックスです。遺伝子の劣化を防ぐ――が、その理由。近親同士のセックスによって生まれる子孫が種を危機に陥れることを、人類は本能的に知っていたのだろうと思われます。文化人類学の研究によれば、「同一氏族内(=トーテム)での婚姻」を禁じている部族もある――と報告されています。
 経済的な理由もあります。それは、食糧問題
 性欲の赴くままにセックスして、グループの成員が増えすぎると、集団が必要とする食料を確保するのがむずかしくなります。群れを形成する動物は、一般に、自分たちが確保できる食糧の量に合わせて集団の規模を決定しますが、農業を始める前の人類も、その法則に合わせて生殖をコントロールし、集団の規模を一定に保っていたのだろうと想像できます。
 しかし、人類が農業を開始し、食糧を備蓄できるようになると、事情が一変します。強い者と弱い者が生まれ、権力と財力が強い者の手に集中するようになると、「性欲」は、その「強い者」の力を維持するためにコントロールされるようになります。やたらめったら性欲を発揮して子孫を作りまくると、権力の分散を招いてしまうからです。
 というわけで、「性欲」は抑制して効率よく使え――と、人類の脳には新たに書き込まれました。

カラス
むだな「性欲」は、少年の「時間」を奪う

 「コントロールしないよりは、ほどほど、したほうがいい」という法則を、生物学的に、経済学的に、社会道徳的に獲得させられてきた「性欲」ですが、筆者には、個人的にも、「そのほうがいい」と自らに言い聞かせるべき理由がありました。
 第一の理由は、「時間が惜しい」でした。
 10歳でオナニーを覚えた長住は、別に比較したわけではありませんが、周りの同年代の友人たちよりは頻繁に、自分の股間をこすっていたような気がします。
 「こんなことばかりしてちゃいけないよなぁ」と、子ども心にも感じたものでした。
 脳の中が「性欲」で支配されていると、

  ⇒その間、勉強が手につかなくなる。
 ⇒古典派の絵画が「エロ画像」に見えてしまう。
 ⇒せっかく読んでいる純文学が、「官能小説」に感じられてしまう。


 などなどの現象が、脳内で起こります。
 「これじゃまずいよな」と感じた少年・長住は、「オナニーは一日一回にしよう」とか、「数学を20問解いたら一発やっとくか」などと、自分なりに性欲をコントロールするようになりました。
 受験勉強までの思春期の間、私は、そうやって、ムダに湧き上がる性欲と闘っていたような気がします。

カラス
青年期の私を脅えさせた「性欲定量説」の根拠

 長じて青年となった私は、「性欲」を抑えなければならない別の理由と出会います。
 ひとつは、知人たちの間で交わされるさまざまな俗説。
 ある者たちがもっともらしくささやいてきたのは、「精液定量説」。人が一生のうちに放出できる精液には、「定量」がある。中には、「人は、一生で一升ビン4本分の精液しか放出できない」などという説を、もっともらしく披瀝に及ぶ悪友もしました。一時期、それを真に受けたおろかなる私は、自分の精液量とその放出回数を計算して、青くなったことがありました。

  エッ、もう2本半使うてるやんけ。残り半分もあらへん。

 もちろん、そんな俗説には根も葉もない――ということをすぐに学習して、ほっと胸を撫で下ろすんですけどね。

 もうひとつの俗説は、「オナニーしすぎるとバカになる」でした。
 確かに、その行為に励んでいる間、頭の中は「真っ白」になって、痴呆状態に陥ったようになります。こういうことを続けていると、ほんとにバカになってしまうかもしれないなぁ――と、本気で心配したこともありました。
 しかし、この俗説も、ガセであることが判明しました。「バカになった」ように見えるのは、脳が一時的に快楽ホルモンであるドーパミンの支配を受けるからで、事がすめば、つまり、射精を終えてしまうと、脳は瞬時に元の状態、すなわち外敵の襲撃などに備えるテストステロン優位の状態に戻って、冷静さを取り戻すとわかって、ホッ……でした。

 もう少しおとなになると、「性欲」をコントロールすべきもうひとつの理由が生まれました。それは、

  大して「好き」とも思えない相手と、安易に性的関係を望む危険が高まる。

 です。
 こちらはガセでも何でもない。ほんとにそんな危険に直面して、「ああ、やっちまったなぁ」と後悔したことが、何度かありました。自分が後悔するだけならいいのですが、相手にメイワクをかけてしまうことにもなります。

  「性欲」は、ほどほどにコントロールしなきゃいけないなぁ。

 と、ほんとうに感じたのは、そんな理由からでした。

カラス
「性欲」を、より高度な別の「欲望」に置き換える

 問題は、その方法です。
 だれかとしたくてたまらなくなったら、エロい動画でも見ながら、抜いてしまえばいい。安直ですが、確かに効果はあります。少なくとも、手近なだれかに手を伸ばして、後悔する羽目には陥らずにはすみました。
 しかし、これでは「性欲」という欲望を抑制したことにはならない。単に、欲望の向かう対象を別の物に置き換えたにすぎません。
 おさまらない「性欲」を何とか鎮めようと、フーゾクを利用したこともありました。しかし、これも、単に「欲望の対象」を交換しただけで、「欲望」そのものをコントロールしたことにはなりません。だいいち、これじゃあ、金がかかって仕方がない。
 というわけで、青年期半ばに達した頃から、筆者は、「欲望」そのものをコントロールする方法に腐心しました。
 そんな中で会得したのは、「欲望」を「別の欲望」に置き換えるという方法でした。
 もっとも簡単で効果あり――と感じたのは、

  性欲  ×  食欲 

 の交換でした。
 つまり、やりたくなったら「食べる」という「欲望交換」ですが、実はこれは、大脳生理学的にも理にかなった方法でした。
 というのも、脳の視床下部にある「性欲中枢」は、食欲をコントロールする「満腹中枢」のすぐ近くにあり、「満腹中枢」が血糖値の上昇を検知して、「もう食べるの止めなよ」と「欲望」にブレーキをかけると、「性欲中枢」もその影響を受けて、欲望を抑制するらしいのです。
 しかし、性欲を感じる度に「よし、食べよう」とやっていると、確実に「メタボ化」が進行します。なので、後年、私は「食べる」を「アメなめる」程度に抑えたのですが、それでも、そこそこ効果はありました。

 もうひとつ、筆者が心がけたのは、「欲望」をもう少し上位の「欲望」に「昇華」させるという方法でした。
 アートに心得のある人なら、むらむらと沸き起こる「性欲」を絵筆に持ち替えて(どっちも「筆」を使うのが共通なんちゃって)、絵や漫画を描く。
 スポーツ得意という人なら、スポーツにあり余るエネルギーをぶつけて、エネルギーそのものを消耗させてしまうという方法もありでしょう。ちなみに、射精1回に要するエネルギーは、「100メートルを全力疾走する」に相当するそうです。
 残念ながら、絵心にも、運動神経にも恵まれなかった筆者は、そういう方法で欲望を昇華させることはできませんでした。
 しかし、文章なら書ける。どうせ「かく」なら、「掻く」より「書く」ほうがいい――というわけで、悶々とする夜には、筆者・長住は、「書く」という作業に没頭することで、いくぶんかでも、欲望をコントロールできてきたかなと思っております。
 よろしければ、みなさんもみなさんの方法で、お試しを。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)からリリースしました!   

 一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、姿を消した美少女。卒業から40年、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭とボクの淡い恋の物語。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 ⇒「自分つまみ」の記事一覧に戻る       ⇒トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR