女神の探し物〈17〉 ヴィーナスを洗浄する

ギターと女

ホームレスたちに暴行を受けた翠さんに
禊を施すため、オレはホテルに部屋を取った。
男たちが女神の体にぶっ放した穢れを、
使い捨てビデで洗い落とすためだった。
ビデのノズルを見た女神は首を振った。
「自分じゃできない。お願い」と、ローブの裾を
からげて下半身をさらけ出した女神は——。


 連載   女神の探し物   第17章 

【リンク・キーワード】 恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説


この話は連載17回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
   前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 翠さんは、ジャズクラブやライブハウスで歌っている歌姫だ。そのダンナ・浅尾龍二は、世間が「総会屋」と呼ぶ右翼の活動家だ。オレはその舎弟として使いっぱしりをやっている。翠さんが毎週、顔を出しているジャズクラブ「メモリー」に、大下博明というピアニストと玉川恵一というベーシストがいる。その3人で出したファーストアルバムが、メジャーに注目され、翠さんにTV出演の話が舞い込んだ。芽生えたメジャー・デビューのチャンス。しかし、その芽をつぶしたのは、龍二兄ィその人だった。ベースの「タマちゃん」が「だんなであるあなたが、彼女のチャンスをつぶすのか」とかみついたが、兄ィの気持ちは変わらなかった。翠さんには、熱心な固定ファンがいた。その中には、彼女に酒をすすめてくる者もいる。しかし、翠さんは酒乱だった。酒が犯させる過ち。そんな日、兄ィと翠さんの夜は修羅場となった。「おまえは血を汚してんだゾ」と声を荒げ、手を振り上げる兄ィ。翠さんは「禁酒」を宣言したが、その翠さんには変な「追っかけ」がついていた。「変なのが現れるかも」というので、しばらくその送り迎えをおおせつかったオレは、初めて翠さんのステージを見て、その姿と声にホレた。その夜、オレはママに頼まれて、ピアニストの大下博明を自宅に送っていくことになった。肝硬変に冒されて歩くこともままならない老ピアニスト。その体を支えたのは、客の児玉敦という男だった。実は、その児玉と浅尾龍二の間には、20代の頃から続く因縁があった。右翼と左翼。ふたりはぶつかり合っては血を流す、天敵同士だった。7か月後、大下博明がこの世を去った。その後も翠さんの送り迎えを続けるオレは、ある日、翠さんの奇妙な行動に気づいた。ホームレスがたむろする公園に足を踏み入れた翠さんが、ひとりひとり、彼らの顔をのぞき込み始めたのだ。翠さんが探しているのは、8歳のときに駆け落ちしたまま行方が知れないという父親だった。そんなある日、オレと兄ィは暴力団のフロント企業に脅しをかけて、追われる身となった。彼らは翠さんにも危害を加えるかもしれない。安全な場所に匿うようにと兄ィに頼まれたオレは、その日、彼女が出演する渋谷のジャズクラブに向かったが、翠さんの姿は、そこにはなかった。クルマを停めた地下駐車場の上がホームレスのたむろする公園になっていることを知ったオレは、不安に駆られて公園に足を踏み入れた。「その女なら、向こうの小屋へ行ったゾ」と、ホームレスのひとりが教えてくれた。ひと際大きなブルーシートの小屋。その前では男たちが数人で酒盛りをし、めくれたシートの端からは、白い脚がのぞいていた。男がひとり、精液のしたたるペニスをしごきながら、小屋から出てきた。「姐御~!」。オレは叫びながら小屋の中に突進し、男の股間を蹴り上げて翠さんを救い出し、ドラッグストアへ向かった。やらなければいけないことがあった。穢された彼女の体に禊を施すため、オレは丘の上のホテルに部屋を取った――




 ゆったりとまとったバスローブを湯あみするヴィーナスのようにからげて、下半身をオレの目の前にさらけ出した女神・浅尾翠。
 そのもっとも敏感で繊細な裂け目に向けて、オレは、使い捨てビデのノズルの先端を差し込んだ。
 ズブズブ……と、ノズルの先端が女神の肉をかき分けてのめり込んでいく。
 女神の肉は、その先端に絡みついて、かすかな抵抗を示してくる。
 その抵抗をそっとかき分けながら、ノズルを奥へと進ませると、女神は、「あっ……」「フッ……」と、悲鳴ともため息ともつかない息を口からもらして、上体をのけぞらせた。
 ノズルの先端が、少し硬い肉の塊に触れた。たぶん、男たちが翠さんの体内にぶっ放した精子のいくつかは、そこから彼女の頸管に潜り込み、子宮目指して泳いでいったに違いない。
 クソーッと思いながら、オレはビデのボトルをプッシュした。先端から、勢いよく洗浄液が飛び出し、その照射を受けて、彼女はビクンと体を震わせた。
 洗浄液は、彼女の体内に残る男たちの体液の残滓を洗い流していく。しかし、子宮へ向けて泳いでいった精子までは洗い流せない。それらの精子が間違っても女神の卵子を受精させることがないよう、夜が明けたら、産院をたたき起こしてでも、アフターピルを処方してもらうしかない。
 その前に、彼女の膣内に残った不純物を一滴残さず洗い流してしまおう。
 オレは、ノズルの先端を彼女の手前に向け、奥に向け、前の壁に向け、後ろの壁に向け、ボトルを押し続けた。その度に、女神の体がビクンビクンと震えて上体が揺れた。
 耐えきれなくなった翠さんは、両手を突っ張り棒のように伸ばしてバスルームの壁を押し、倒れそうになる体を支えている。
 ノズル付きの器具を女の秘部に差し込んで、上体をのけぞらせている男。見ようによっちゃ、オレは、女を責め立てているサディスティックな男のようじゃないか。
 そう思うと、オレの体には、またも、不埒なエネルギーが沸いてくる。
 そのエネルギーが股間をふくらませるのを必死に隠しながら、オレは、手にしたノズルでこれでもかと翠さんの肉襞のなかをかき回した。

            

 「こいつ、見たかもしれない……って言ったのよ、あの男」
 ノズルの刺激に身を悶えさせながら、翠さんが口にしたのは、ブルーシートの小屋で起こったことの一部始終だった。
 「こんな男が来たことないか?」と写真を見せる彼女に、あのとき、精液を滴らせながら小屋から出てきた髭面の男が、「写真が残ってるかもしれない」と言い出したのだ。
 「探してみっから、ま、一杯やんな」と、男は紙コップに注いだ酒を差し出した。
 飲むと危険であることは、重々わかっていた。しかし、その一杯を拒むと、「探してみるか」という男の好意を無為にしてしまうかもしれない。翠さんは、男が差し出すコップに恐る恐る口をつけた。
 その酒は、強かった。
 というより、それは酒ではなく、泡盛のようだった。ひと口すすると、のどに焼けるような感覚がある。二口、三口すすって、コップの酒が半分くらいになると、男たちが「お嬢ちゃん、いける口だねェ」と、酒を注ぎ足してきた。
 頭はカーッと熱くなり、体が右に左に揺らぎ始める。
 そんなとき、小屋の中から、「お嬢ちゃん、これ見てみな」という声がした。
 のぞくと、男は古い写真を何枚か、床に敷き詰めたベニヤ板の上に並べていた。
 「お嬢ちゃんが探してんのは、ダンナさんかい?」
 翠さんが首を振って「お父さん……」とつぶやくと、髭男はニヤリとほくそ笑んだ。
 「そうかい、お父さんかい? いなくなってどれくらい経つんだい?」
 「20年ぐらい」
 「じゃ、もう50にはなってるわなぁ。オレたちと同じぐらいの歳かぁ。いっぱいいるからなぁ」
 言いながら、男はベニヤの床に、キャビネ版の数枚の写真を並べた。
 「毎年一回、年末にボランティアの連中がやる炊き出しがあんだけどよ、これは、そんときの写真よ。いっぱい、いんだろ? この日はよ、炊き出し目当てに、いろんなとこからオレっちのような連中が集まってくるから、もしかして、あんたの父ちゃんもハラ空かして来てたりしてたんじゃねェかって思ってよ。ホラ、中には、こういうガタイのいいのもいたりするからさ……」
 男が写真に写った男のひとりを指さす。何人か並んだホームレスの中に、ひときわ背の高い、ガッシリした体つきの男がいた。
 「エッ……」とのぞき込む翠さんの肩に手を置いて、背後から、男がしゃがれた声を響かせた。
 「ま、しかしよ、20年も経ってりゃ、顔見ただけじゃわかんねェかしんねェなぁ。お嬢ちゃん、いくつになったよ?」
 「28ですけど……」
 「じゃ、向こうもわかんねェだろうなぁ。てめェの娘が、こんないい女になってるなんて思わねェだろうしなぁ」
 男の臭い息が首筋にかかる。
 肩に置いた手が、ツツーッと鎖骨をなぞり、胸のふくらみへと下りてくる。
 「そいつ、娘と知らずに、あんたの乳をもんだりしてな。それとも、あれか……。娘と知りながら、揉むか。おまえも立派な体になりやがって……とか何とか言いながらよ。わるい親父だよなぁ……」
 言葉で口汚く責めながら、男の手は胸のふくらみをもみしだく。
 その手を振り払おうとした彼女の手は、もぎ取られてベニヤの床に抑えつけられ、男の体が異臭を放ちながら、のしかかってきた。
 それから先の記憶はない――。

            

 事の次第を語り終えた翠さんのまつ毛は濡れていた。
 その胸を嗚咽が襲う。しゃくり上げるたびに、横隔膜が収縮して、下半身の筋肉が緊張する。その度に、彼女の可憐な入口からは、照射した洗浄液が泡を吹きながらこぼれ出て、腿を伝って流れ落ちた。
 オレの目には、それは、女神・浅尾翠のヴァギナが流す涙のように見えた。
 こぼれてくるその涙を、オレは、ていねいにていねいに、シャワーで洗い流した。
 「お願い、洗い流して。私の穢れを、ゼ・ン・ブ……」
 女神はそう言いながら、オレの首に手を回し、洗浄液の流れ落ちた腰を、グイ……と、オレの顔に向けて突き出した。
⇒続きを読む



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。絶賛在庫中!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。40年後、ボクが知った真実は?

【右】『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭とボクの、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR