「栄誉」なんぞで人の一生は「豊か」にはならない

抱き枕 心の抱き枕 〈50〉 

「栄誉」を受けることを人生の目標と考える人もいます。
しかし、そんなものは欲しくないと言う人もいます。
筆者もまったく欲しくありません。そんなものを求める心からは
豊かな人生は得られないと思うからです。その理由——。


【リンク・キーワード】
メンタル エロ 恋愛観 男の心理 女の心理 官能小説




 先日は、イチローが「国民栄誉賞」の受賞を辞退しました。
 何とこれで3度目の辞退。

  現役を退いた後でいただけるのであれば、ありがたい。

 というのが、辞退の弁でしたが、筆者には「現役を退いた後に」は、「死んだ後に」と言っているようにも聞こえました。
 つまり、この人は、「生きているうちには栄誉など求めない」と言っているようにも感じられたのです。
 「栄誉」など求めない――ということについては、筆者もまったく同感です。
 そんなものを求めて、記念のメダルやらトロフィーやらをマントルピースの上に並べるとか、額縁に入れた賞状で欄間を埋め尽くすなんぞということは、やってみようとも思いません。(←やってみようにも、ブツがないんでございますがね)
 もちろん、死んだ後でどこかに銅像を建ててもらおうなんていう野心も、まったく持ち合わせておりません。
 しかし、世の中にはいるんですね、それこそが「人生の目標」とばかりに、追い求め続ける人たちが。

人から「評価」されることを求める卑しい性質

 「栄誉」とは、他人から与えられる「評価」です。
 「栄誉」を追い求め続ける生き方は、すなわち、他人からの「評価」を求め続ける生き方という言い方もできるかと思います。
 人からどう評価されるかをたえず気にして、「いい評価」得よう、得よう――と行動する生き方。
 はたして、そんな生き方で、人は心豊かに生涯を過ごすことができるか?
 私の答えは「NO」です。
 そんなの息苦しいし、だいいち、「他人の評価を得よう」とする心根が「卑しい」と感じられるので、私はやらないのですが、周りを見回してみると、どうも、そんなふうに「ひとの目」を気にして生きている人たちが、けっこういます。
 その「ひとの目」には、いろんな「目」があります。
 筆者の友人には「カミさんの目」という「ひとの目」を気にする男がいます。
 「カミさんがいやがるから」と焼き鳥の臭いを着けて家に帰るのを避けたり、「カミさんがホメてくれるから」と白髪を染めてみたりもします。しかし、こんな「ひとの目」ならかわいいものです。「カミさんの目」が「友人の目」に代わろうが、「子どもの目」に代わろうが、その目を気にしたところで「栄誉」を求めるということにまではなりません。

 筆者の知人には、こういう男もいました。この男が気にした目は、「上司の目」です。
 何かにつけて「こんなことしたら、上はどう思うだろう?」と上司の評価を気にし、「上はオレの仕事をきちんと見てくれてない」とボヤきます。こうなると、「ひとの目」は「組織」という他人の目に近くなります。
 「上司は……」が「課は……」とか「部は……」とかに代わり、さらに「会社は……」に代わると、もはや、それを気にする態度を「かわいいもの」とは言っていられなくなります。求める「評価」も「栄誉」に近いものとなります。
 「評価」を求める「組織」が大きくなればなるほど、その「評価」は「栄誉」と呼ぶにふさわしいものとなり、それを求める態度は、人の目に「強欲」と映るようになります。
 そうやって、自らその「栄誉」を求めようとする強欲な人間が、実は私は、あまり好きではありません。というか、嫌いです。

「悪」に評価されても、うれしくない

 仮に私が、何らかの功績を評価されて「栄誉」を手に入れたとしても、そんなことで人生が豊かになったなどとは決して思えないだろう――と最初に申し上げましたが、その理由のもうひとつは、評価してくれる相手のせいでもあります。
 たいていの場合、人を評価してなんらかの「栄誉」を与えようとするのは、学校や企業、地方公共団体や自治体、国家などの「組織」です。
 その「組織」が「善」であると判断できる場合ならともかく、管理人が見る限り、「善なる組織」などというものは、存在しない。というか、「善なる組織」は、その成員を評価し、栄誉を与えることによって忠誠を誓わせよう――なんてことをしません。
 極論を言わせてもらうなら、

 組織は、組織であるがゆえに「悪」なのである。

 ですかね。
 そんな「悪」に評価されたりしてもうれしくない――どころか、不名誉でさえあると思うので、私はこれまで、「組織に評価される」ことを追い求めてはきませんでした。

「絶対」を持たない人間は「評価」に揺すぶられる

 「評価」されることを好まず、「栄誉」を求めないとすれば、人はいったい、何をもって自らの人生を総括すればいいのか?
 私の場合、希求するのは、「それでいいんだよ」という声です。
 その声は、どこからもたらされるのか?
 家族や友人たちではありません。学校や会社でもありません。市でも、県でも、国家でもなく、したがって「社会」でもありません。
 そういう「有限」の存在ではなく、「無限」であり、「絶対的」な存在です。
 無限で絶対的な存在。それは、一般的に「」とか「」と呼ばれる存在です。
 筆者は、どんなときでも「いいんだよ、それで」と認めてくれる存在を心の中にキープしているので、「世間的な評価」を気にすることもないし、「栄誉」なんぞを追い求めたりもしないですんでいます。

 しかし、日本の社会では、そんな態度でいると、「けしからん」と責められたり、「あいつ、変わり者だから」と変人扱いされたりしてしまいます。
 「周りからどう思われているか、もっと気にしろ!」というわけです。
 日本では、親は子どもを「そんなことしてると、周りに笑われるぞ」と教育し、TVはしきりに「日本は世界からどう思われているか?」を報道したりします。
 そうして「世間体」や「外聞」を気にする傾向は、日本人の場合、他の傾向に比べて、図抜けて高いのだそうです。それは、日本人が「絶対的な神」を持たず、「神との一対一の関係」を築けてないからだ――とも言われています。
 心理学的には、それは「従順な子どもであろうとする性質」というふうにも分析されています。
 「評価」を気にするからこそ、「評価されない自分」を気に病み、極端な場合には、それが「自殺の原因」になったりもします。

 「ひとの目」から自由になれ!

 私は、思春期を過ぎた頃から、ず――っと、自分にそう言い聞かせてきました。
 おかげで、気楽にここまで生きてこられた。それでいいんだよ――と、心の中の「絶対なるもの」は言ってくれています。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)からリリースしました!   

 一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
 「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
 よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 ⇒「心の抱き枕」の記事一覧に戻る       ⇒トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR