「愛液」は「時間差」で彼女を濡らす

手と手 

彼女は、もう濡れている。よし、突入!
しかし、この判断は、しばしば早すぎます。
彼女の濡れ方には、「時間差」があるのです。


 性とエッチの《雑学》file.13 改訂版   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 愛液 バルトリン腺液  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 濡れる。
 女性のそこが、潤ったような感じになり、手で触れるとヌルヌルする感じになることを、俗に「濡れる」と表現します。
 「ワ・タ・シ、こんなに濡れちゃった」と、女性が自ら告白する場合もあれば、「おまえ、もうビショビショだぞ」と、男性がリアルに描写してみせることもありますが、ま、とにかく、そこが「wet」な状態になり、男がそこにペニスを挿入することが可能な状態になることを表す言葉。それが「濡れる」なんですね。
 
 しかし――です。
 あまり、経験が十分でない男性は、この「濡れる」が、ほんとうはどういうメカニズムで起こり、その正体が何であるか――について、正確な知識を持っていません。
 女は、適当にさわったりしていれば濡れるものであり、手で触れてみてそこがヌルッとしていれば、「侵入OK」なんだと判断して、《ラブ注入》に取りかかったりします。
 ま、基本的にはそれでいいわけです。
 しかし、「これくらい濡れていれば大丈夫だろう」という男性の判断と「まだ、濡れてないわ」という女性の判断とが、ビミョーにずれる場合も珍しくありません。
 なぜ、そんなズレが生じるかというと、女性を濡らす俗に「愛液」と呼ばれるものが、単純に1種類の分泌液ではなく、複数あるからです。そして、それぞれの分泌のタイミングが、ビミョーに違っているからなのです。

 大きく分けると、女性がその泉から湧き出させる分泌液には、《膣の外部から出るもの》と、《膣の中から出てくるもの》――この2種類があるのですが、これを理解してない男性が、けっこう多いのです。

悪魔女
ヴァギナを外から濡らす2種類の分泌液

 まずは、膣の外部からの分泌物。
 その代表格が《バルトリン腺液》です。
 わりと最近まで、女性の陰部を濡らす液体は、このバルトリン腺液が主役だと思われていました。
スキーン腺、バルトリン腺 「バルトリン腺」というのは、会陰部(陰部と肛門の中間部分)のわりと浅い部分に存在する分泌腺(右図参照)で、その出口は、膣口のやや斜め下あたりの位置に左右ひとつずつあるのですが、針の穴ほどの小さな穴が開いているだけなので、よほど目を凝らさない限り、その存在には気づかないことも多いかと思います。
 女性がカレのラブ・タッチで気持ちよくなったり、頭の中でエッチなことを考えたりすると、まず、このバルトリン腺が反応して、バルトリン腺液を分泌します。
 この液体は、わりとサラッとした感じで、女性の膣口付近を濡らし、男性器がゲートを通過しやすい状態を作ります。

 膣の外側には、もうひとつ、スキーン腺と呼ばれる分泌腺の出口もあります。
スキーン腺」は男性の「前立腺」に相当する器官で、存在する場所は、尿道とヴァギナの間。その場所は「Gスポット」(File-8『女も射精する! Gスポットの不思議』参照)にもつながっていて、女性の射精現象や膣オーガズムに関係していると思われています。
 このスキーン腺の出口は、膣口の上部で尿道の出口のやや斜め下。射精のときには、ここから透明(人によっては乳白色)の液体が放出されますが、オーガズムに達する前にも分泌液がにじみ出てきます。
 これも、陰部を濡らす液体成分のひとつなのですが、スキーン腺の大きさには個体差があり、人によってはまったく消失しているケースもあって、それが射精現象の有無に関係しているとも考えられています。

 この2種類の分泌液は、どちらもヴァギナの外側(外陰部)から分泌され、膣口付近までを濡らして潤滑油の働きをしますが、あくまで濡らすのは、膣の入り口あたりまでなので、膣の中までがヌレヌレ……という状態には、これだけではなりません。
 スムーズなコイタス(性交)のためには、膣の内部から分泌されてくる液体が、どうしても必要になります。

悪魔女
ほんとに大事なのは、膣の中からにじみ出てくる液体

 膣内部からは、2種類の液体が分泌されます。
 ひとつは、子宮頸管から分泌される《子宮頸管粘液》。ふだんは粘度も強く、精子の子宮内への侵入を妨げる働きをしますが、排卵日前後になると、色も卵白状になり、納豆のネバネバのように糸を引くようになって、今度は、精子の侵入を助ける役目を果たします。

 もうひとつは、これこそ真打! 《膣液》です。
 「マスターズ・レポート」で知られるマスターズ博士らの研究によって、その分泌が確認された液体で、それまでの間、女性を濡らすヌルヌルの正体は、ずっとバルトリン腺液だと思われていました。
 女性が興奮して、膣内部の血管が充血してくると、この液体は、膣壁からジワジワと滲み出してきます。
 その正体は、リンパ液(血しょう)。体の組織が、血管を通して運ばれてくる栄養分や酸素を受け取るためには、リンパ液が毛細血管から滲み出す必要がありますが、膣の粘膜は、このリンパ液を透過させてしまう性質を持っています。
 つまり、興奮して膣内部の血管が充血すると、膣の中はリンパ液によって自然に濡れて、男性のペニスを受け入れやすい状態になるわけです。
 この「膣液」が分泌されて、初めて、男性のペニスは膣の中でスムーズに動くことができるようになる、というわけです。

 俗に、私たちが「愛液」とか「ラブジュース」などと呼んでいる女性を濡らす液体は、外陰部から分泌される2種類の分泌液と膣内部から分泌される2種類の液体、この4種類がブレンドされたものだったのですね。
 これらの液体は、別に肉体的接触がなくても分泌されます。頭でエッチなことを考えただけでも、ビンカンな人だと、好きな男性の姿を見たり、その存在を近くに感じただけでも、分泌されて、ときには下着をグッショリ濡らしたりもします。
 もし、なんらかの理由でその分泌が足りないと(その理由は次回)、どんなに愛があっても、SEXは苦痛に満ちたものになります。乾いた膣壁(といっても粘膜ですから、ある程度の湿り気はあるのですが)は、ペニスとの摩擦で悲鳴を挙げ、もちろん、ペニスの持ち主も苦痛を味わうことになってしまいます。

悪魔女
外が濡れても中はまだ……なことを、男は知らない

 さて、最初の話に戻りましょう。
 ほとんどの男性は、女性がこの4種類の液体を時間差で分泌していることなど、ご存じありません。
 特に重要なのは、「バルトリン腺液」と「膣液」の時間差です。
 「バルトリン腺液」は、男性が俗に「ガマン汁」と呼んだりしている「カウパー腺液」と同じで、感じればすぐにジワーッと分泌されてきます。
 多くのアワテ者な男たちは、この「バルトリン腺液」の分泌を指先などで確認すると、

  よし、濡れてる! レッツ・ゴー!

 とばかりに、突入を図るわけですが、この段階では、まだ「膣液」はにじみ出てきてない――ということが、多いんですね、実に。
 ここが、男の体と女の体の大きな違い。
 男のペニスは、感じれば、血液がそこに集まって海綿体を充血させ、アッという間にペニスをふくらませます。女性も同じ。感じれば、ヴァギナの中は充血してきます。ところが、そこからが少し違うのです。
 男性のペニスは、血液が流れ込めばすぐにふくらみ、ふくらみさえすれば、世間のお役に立つことができるのですが、女性の場合は、集まってきた血液の中から「血しょう」と呼ばれる成分=リンパ液が、細胞膜を通ってにじみ出てくるのを待たなければなりません。このリンパ液こそが、ヴァギナを濡らす膣液の正体なのですが、これがにじみ出てくるまでには、少々、お時間をちょうだいすることになるわけです。

 入り口まではすぐ濡れるけど、
 中が濡れるまでには、少々、お時間が必要。


 男性のみなさん、どうかそのことを頭の中に入れておいて、やさしく時間をかけて彼女を濡らしていただきたい――と、この場を借りてお願いしておきたいと思います。
 いささかせっかち気味のカレには、あらかじめ「私、濡れるのに時間がかかるの」と教えておくのも、ひとつの手。そこまでフランクになれない関係だったら、あらかじめローションなどを使って、ヴァギナを受け入れOKの態勢にしておくというのも、ひとつの方法かもしれませんね。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。ぜひ、ご一読を!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。40年後に知ったその真実は?

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。



13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR