「C感覚」の発見と「女性解放」の深い関係

手と手 

いまから40~50年前、女性たちの間でしきりに、
「V派? C派?」という会話が交わされました。
実はこれ、女性解放にも関わる深い話題で……。


 性とエッチの《雑学》file.06 改訂版   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 クリトリス ウーマンズ・リブ  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 男性の快感の仕組みは、比較的、単純なのですが、女性のほうは、そう単純ではありません。
 快感のツボも、いろんなところに分布していて、人によって微妙に違っていたりするので、男性としては、まるで秘境を探検するような気分で、そのツボを探さなくてはなりません。ま、それはそれで、「男の愉しみ」のひとつでもあるわけですが……。

悪魔女
あなたは「クリトリス派」? それとも「ヴァギナ派」?

 かつて、女性同士の会話の中で、しきりにそんな話題が飛び交ったことがありました。
 女性がオーガズムに達するのは、主として、クリトリスへの刺激によるのか、それともヴァギナの充足によるのか――という議論です。
 この問題がもっとも活発に議論されたのは、1970年代です。
 ちょうどその頃、「ウーマンズ・リブ」という運動が盛んになっていました。「女という性」を「男という性」への従属から解放しようという運動です。
 女性のオーガズムがヴァギナの充足によるという立場をとれば、「女の性」は男のペニス(またはその代替品)に依存するしかない、ということになります。
 しかし、もしクリトリスへの刺激で十分だという立場をとれば、女はペニスなんかなくてもオーガズムが得られる、男なんかいなくても幸福感は得られる――ということになります。
 クリトリスは、一躍、時代の寵児となりました。進歩的と自負する女性たちは、競ってクリトリスの開発に邁進し……てなことにはなりませんでしたが、女性誌などには、しきりに、この「クリトリス」という言葉が登場しました。
 余談ですが、その頃の筆者は、まだ「クリトリス」と「クリスタル」の違いさえ、よくわかっていませんでした。
 「クリスタルガラス」を「クリトリスガラス」などと言って、世の失笑を買ったりもしていたんですね。ああ、恥ずかし!

悪魔女
鋭い「C感覚」と鈍く充足感のある「V感覚」

 ほんとのところはどうなのでしょう?
 よく言われるのは、クリトリスから得られる快感は、鋭い、脳のてっぺんまで突き抜けるような快感で、ヴァギナから得られる快感は、下半身にズシンと響くような快感――ということです。
 言葉で表すと、キーンズーン、鋭利な刃物と鈍器、シャワーと温浴……いろんな表現の仕方があると思いますが、その違いの感じ方もまた、たぶん、人それぞれだろうと思います。
 この感じ方の違いは、体の構造からきていると思われます。

ヴァギナ1 WEB のコピー クリトリスには、「圧迫」を感じ取る受容器(センサー)がついていますし、小陰唇や膣口付近の膣前提(図1参照)には、接触を感じ取るセンサーがついています。
 つまり、そこをさわられたり、圧迫されたりするたびに、さまざまな反射行動(脳に届く前に起こる刺激に対する反応行動)を引き起こし、さらにその信号が脳にまで届いて、「気持ちいい」という感情を呼び起こします。
 ところが、前にもお話したように(⇒File-04『傷つきやすく、感じない=ヴァギナの取扱説明書』参照)、膣壁には、こうしたセンサーがついていません。
 あるとすれば、膣口の処女膜に分布している痛覚のセンサーのみ。ヴァギナは、「痛い」と感じることはできても、「気持ちいい」と感じることは、それ自体ではできないのです。
 もし、ヴァギナそのもの(Gスポットは、ヴァギナの外部にある組織なので除外します)が快感を感じるとしたら、それは、《File-4》でも説明したとおり、筋肉の動きを通してです。
 ヴァギナはその壁の周りを、骨盤底を支える筋肉群に取り囲まれています。肛門活躍筋球海綿体筋という、どれも自分の意志で動かせる随意筋です。
 ヴァギナがペニスを受け入れると、その運動によって、これらの筋肉が伸びたり縮んだりします。筋肉には、その運動を感知するセンサーがついていて、やはりその信号が脳に送られます。それで脳が「気持ちいい」と感じる。ただし、これは「触覚」や「圧覚」ではないので、やや鈍い感覚になります。
 鋭いクリトリスがいいのか、鈍いヴァギナがいいのか――その選択には、実は、もうひとつの要素が関係してきます。

 PR  「したい」気持ちをサポートするお助けGOODS。
       
⇒左から、「マリンビーンズ」、「マリンワラビー」、「Wローター攻め」、「フェアリー・ミニ」、「はじめてセット」。
他にもいろいろ。探したい人は ⇒こちらから どうぞ。

悪魔女
男を迎え入れるエストロゲン、オナニーに走らせるテストステロン

 人の「性欲」には、さまざまなホルモンが関わっています。
 さわられることを「気持ちいい」と感じるか、「ウザい」「キモい」と感じるか――なども、そのとき、脳内でどんなホルモンが優勢であるかによって、違ってきます。
 ホルモンが性愛に関わる関係については、本ブログ「不純愛トーク」シリーズの


 などの記事を参考にしていただきたいのですが、こと「クリトリスか? ヴァギナか?」に関して言うと、影響しているホルモンは、ほぼ2種類です。

 ひとつは、女性ホルモンである「エストロゲン」。
 もうひとつは、男性ホルモンである「テストステロン」。


 「女性」「男性」とついていますが、どちらも男性専用・女性専用というわけではありません。
 女性は、多量に分泌されるエストロゲンに影響されることが多いのですが、テストステロンも微量ながら分泌されていて、その影響を受けることも少なくありません。
 一方、男性の性行動は、ふつうは、優勢なテストステロンの支配を受けますが、微量に分泌されるエストロゲンに影響されることもあります。

 エストロゲンは、女性をやさしい気持ちにするホルモンです。自分を求めてくる男性をやさしく迎え入れてあげよう、という気持ちにさせる受容的なホルモンです。
 「やらせてよ」と迫る男性を「いいわよ」とヴァギナの中に迎え入れて、真綿のようなひだでくるみ、「ああ、いい。とってもいいわ」などとやさしい声で励ましてあげたりするのは、すべて、このエストロゲンのなせるワザなのです。
 対するテストステロンは、男も、女も、攻撃的にするホルモンです。
 自分から積極的に相手を求め、「やらせろよ」「抱いてよ」「なめてよ」――などと迫るのも、「なんかもやもやする。オナニーしよ」と、手をあそこへ導くのも、もっぱら、このホルモンのなせるワザです。

悪魔女
聖女のように、娼婦のように――女が豹変する理由

 ここからが肝心なところです。
 女性が、クリトリスの鋭敏な快感を求めるのは、どちらかというと、テストステロンのお導き。
 そして、「私の中をあなたでいっぱいにして」と、ペニスによる充足を求めるのは、どちらかというと、エストロゲンのお導き。
 もちろん、どっちも欲しい――という方もいらっしゃるはずですよね。
 別に不思議じゃありません。
 女性の体の中では、エストロゲンもテストステロンも、どっちも分泌されているんですから。

 ただ、その比率は、常に変化しています。
 たとえば、月経周期との関係で言えば、排卵期にはエストロゲンの分泌量マックスになりますから、たとえテストステロンが存在しても、女性はカレに挿入を求め、カレのものでヴァギナが満たされることを、強くお願いしちゃったりします。
 「もっと奥まで」とか「中に出して」なんて口走ってしまったりするのも、潤沢なエストロゲンが言わせる言葉だと思っていいでしょう。
 この排卵期をピークに、エストロゲンの分泌量は急速に低下していき、次の月経の直前になると、ミニマムとなります。
 テストステロンの分泌量はそんなに変わらないのですが、エストロゲンの量が極端に少なくなるため、相対的に、テストステロンの影響を強く受けるようになります。
 テストステロンの影響を強く受けた女性の脳は、「したい」という欲望を隠せなくなります。そして、より強い刺激を求めるようになります。
 手が思わず、クリトリスに伸びてしまう――というのも、この時期の特徴。
 男性に対しても、排卵期とはちょっと違う行動をとるようになります。
 自分から、「クリちゃんをなめて」なんて言い出すのも、男性の体に騎乗して、クリトリスをこすりつけるようにグラインドしたがったりするのも、この時期の性行動に特徴的な傾向と言っていいでしょう。

 ホルモンの比率は、年齢によっても違ってきます。
 20代より30代、30代より40代というふうに、エストロゲン値は減少していき、相対的にテストステロンの比率が上がっていきますから、女性の性行動は、加齢とともに積極的になる傾向が見られます。
 俗に、

 三十させ頃、四十はし頃

 なんて言われるのも、そのせい。
 ただ、こうしたホルモン値の変化は、個人によって違います。
 だれもがこうなるというわけではありませんから、そのことは頭に入れておく必要があります。
 男性のみなさん、女という生きものは、こうしたホルモン・バランスの変化によって、聖母のようにやさしくなることもあれば、突然、獰猛な女豹に変身することもある――ということだけは、覚えておいてくださいね。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。ぜひ、ご一読を!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。40年後に知ったその真実は?

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。



13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR