安易に「同調」するより、「あいまい」を貫くほうがいい

手にハート  不純愛トーク   第394夜 

「獲得性」を重視する男に対して、「関係性」を重視する女。その「関係性」の中で特に重視されるのが、「同調」というメンタリティです。しかし、この「同調」という機能がわるくはたらくと、人の社会はゆがんでしまいます。今回は、安易な「同調」は危険である、という話と、それを防ぐ方法の話――。

 Talker 
哲雄 自ら著作を手がけるエッセイスト。当ブログの管理人です。
AKI 出張エステ嬢として働きながら、作家を目指すアラサーの美女。

【今回のキーワード】 セックスレス スキンシップ
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫


AKI 男は「獲得性」を重視する生きものであり、女は「関係性」を重視する生きものである。「獲得性」は、ときに「強欲」と結びつくことがある。バブルの時代には、それが「拝金主義」を生み、日本に「失われた20年」をもたらした。前回までは、そんな話をしたんですよね?

哲雄 ハイ、そこで年を越してしまいました。念のために申し上げておきますが、「獲得」に走る――という男の性質は、男に「競争心」や「闘争心」を賦与するもので、それ自体は、けっしてわるいものではない。しかし、それが「強欲」と結びついてしまうと、男を権力や金の亡者に仕立ててしまう。それは危険だし、そういうマインドが支配的になった社会は、けっして人間を幸せにしはない。残念ながら、バブル以降の日本は、そんな社会になってしまったように見える。それはとても残念なことだ――という話をさせていただいたわけです。では、もうひとつのほうについてはどうか?

AKI もうひとつのほうと言うと、女性が重視する「関係性」のほうですね? こっちも、何か問題ありなんですか?

哲雄 最初にお話したように、太古の時代からコミュニティを守ることをナリワイとしてきた女性は、コミュニティの成員同士の気分を読み取ったり、その気分を理解したり、同調したりするコミュニケーション能力を発達させてきました。男たちが狩りに出た後のコミュニティで家事や育児を協力し合ってこなし、コミュニティを良好な状態に保っておくことが、彼女たちの使命でもあったからです。

AKI 別に、問題ないのではありませんか?

哲雄 ハイ、そのこと自体は、問題なしです。そうして発達させてきた女性のコミュニケーション能力は、私たち男が及びもつかないくらい素晴らしいものである――と、私もシャッポを脱ぎます。ただ、一点を除いては。

AKI 一点? 何だか気になりますわ。その「一点」とは、何でしょう?

哲雄 彼女たちのコミュニケーション能力の中核を占める「同調」という能力です。誤解のないように申しておきますが、「同調」することがいけないと言っているのではありませんよ。ただね、何に同調するか、どう同調するか? ここに気をつけないと、「同調」というメンタル機能は、しばしば、私たちの人間関係やその人間関係が作り出す社会のありようを、ゆがめてしまう場合があるんです。

AKI ゆがめてしまう? どんなふうになるんですか?

哲雄 「同調」という心のはたらきによって醸成される「共通感情」には、「いい感情」もあれば、「わるい感情」もあります。「Aさん、かわいそう。みんなで助けてあげましょうよ」という感情に周りの人間が「同調」すれば、そこには、「かわいそうなAさんを力づけてあげよう」という「共通感情」が醸成されます。

AKI それは「いい感情」のほうですね?

哲雄 ハイ、「いい感情」のほうです。たとえば、どこかで自然災害とかが起こると、日本では、すぐにボランティアが集まって救援活動に手を貸そうとしたりするでしょ? あれは、私たち日本人のメンタリティの中に、「同調」という性質が豊富に含まれているからだと言っていいと思うんですよ。

AKI つまり、私たち日本人は、周りに「同調しやすい」という性質を、生まれつき身に着けているということ?

哲雄 少なくとも、広大な平原に生まれ育った民などよりは、はるかに豊富に身に着けていると思います。その理由については、いずれ、機会を見てお話をする機会もあろうかと思いますが、ここでは省略しましょう。問題は、この「同調しやすい」という性質は、いまお話したように、よくはたらく場合もあれば、その逆もある――っていうことなんです。

AKI その逆? つまり……わるくはたらく場合もあるっていうことですか?

哲雄 そのとおり。そしてね、AKIクン、実は、この「同調」という性質は、よくはたらく場合よりも、わるくはたらく場合のほうが、はるかに大きく、深刻な影響を、周囲に与えることがあるんです。

AKI それ、大変じゃありませんか。わるくはたらく場合って、具体的には、どんなケースが考えられるんですか?

哲雄 たとえば、AKIクンの周りには、こんなことを言って人を引きずり下ろそうとする人はいませんか?

 13 あの子さぁ、上に色目使って、いい仕事回してもらってるよね。
 13 あの子、また、人の男、取っちゃったんだって。気をつけなくちゃね。

AKI ああ、そういうのは、しょっちゅう耳にしてるかもしれない。

哲雄 だれかがつぶやいたり耳打ちしたりした、そういう悪意のささやきに、うかつにもだれかが「そうよね」とうなずいてしまい、そうしてうなずく人たちが、2人、3人……と増えていくと、そこには「悪意の共通感情」が生まれてしまいます。

AKI それ、危険ですよね。「いじめ」なんかも、もしかしたら、そんなふうに「悪意の共通感情」が形成されることによって、生まれるんじゃありませんか?

哲雄 おっしゃるとおりです。「同調」という心のはたらきは、相手の心情に自分の心情をシンクロさせる心理的メカニズムのこと――と言っていいと思うのですが、そのとき、相手のどんな「心情」にシンクロするかによって、醸成される「共通感情」は、よくもなれば、わるくもなる。だからね、私は思うんですよ。

 人の気持ちに「同調」するという心のはたらきは、
 それ自体は、尊重すべきメンタリティのひとつではあるけれど、
 その際には、自分が「同調」しようとしている相手の「気分の正体」を、
 しっかり見極める必要がある


 ――と。

AKI ワッ、それ、むずかしいですね。

哲雄 ハイ、むずかしいです。巧妙にカモフラージュされると、なかなかほんとうの「気分の正体」にまでは、たどりつけない場合もあるかもしれません。

AKI 「気分」を「カモフラージュ」するんですか?

哲雄 ハイ。本人が口にする「気分」に「悪意」が含まれていると自覚しているほど、そのカモフラージュは巧妙に行われます。人が「同調」したくなる「気分」にはどんなものがあるか? その「気分」には、どんな「悪意」が含まれている場合があり、その「悪意」がどんなふうにカモフラージュされるかについては、次回、詳しくお話しようと思いますが、その前に、ひとつだけ申し上げておきたいことがあります。

AKI ハイ、何でしょう?

哲雄 相手があなたに「同調」してもらいたいと口にする「気分」の「正体」が、いまひとつわからないと思ったときには、うかつにうなずいてはいけない――ということです。

AKI 「うかつに」とは……?

哲雄 「そうそう、そうだよね」とか、「それ、わかるゥ」とか、「ヘェ、そうなの? それ、ひどい話だねェ」などという、「同調」を示す言葉を、安易には発しないということです。

AKI 「ウーン、そうかなぁ」とか「それ、ホントかなぁ」とか「私にはそうは思えないけど……」つていうふうに、疑問の声を発しておくべき――ってことですか?

哲雄 それでもいいけど、そうすると、今度は、「同調」を求めてきた相手との関係が、少し気まずくかもしれないでしょ?

AKI それを避けたいと思うから、いい加減に「そうよね」とうなずいてしまうかもしれないんですね?

哲雄 そういうケースが多いだろうと思います。安易にうなずくと危険。と言って、疑問の声を挙げると、今度は、その相手との関係が気まずくなってしまうかもしれない。そんなときに、私がよく口にする便利な言い方があるんです。

AKI それ、教えてくださいよ。

哲雄 もしかしたら「悪意」が込められているかもしれない「気分」に「同調」を求められたときに使える便利な言葉、それはね、「よくわからない」です。

 13 ヘェ、そうなの? オレにはよくわかんないな。
 13 フーン、私にはよくわからないわ。

 「イエス」とうなずかない、明らかに「ノー」とも言わない。「よくわからない」と態度を保留する言い方。ずるいかもしれないけど、この言い方、覚えておくと、けっこう便利なんですよ。

AKI つまり、「あいまい」を貫くわけですね?

哲雄 ハイ、「あいまい」なままにすませておく――という知恵。実はね、AKIクン、われわれ日本人は、この知恵が、とてもすぐれているんですよ。

AKI そう言えば、政治家の答弁なんかでも、目立つ言い方ですわね。

哲雄 そうですね。それが日本人のいいところとも、いけないところだとも言われてますけどね。

AKI 私も、これからは、もう少し「あいまい」を貫くことにします。でも、その前に、「同調」を求めて来る相手の「本意」について、もう少し、くわしく知りたいものですわ。

哲雄 それについては、次回、くわしくお話したいと思います。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から熱烈発売中です!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR