第65夜☆封印された「女」に火が点くと怖い?


 第65夜  
「愛とは何か?」をめぐって、管理人・哲雄がパートナー・AKIを相手に展開する、オヤジ・ギャグ風+ちょっぴりアカデミックおしゃべり。今回は、欲望が「抑圧」を受けた結果、「女(男)を捨てる」に走る傾向について語ります――。

哲雄 突然なんだけど……。

AKI ハイ、何でしょう?

哲雄 AKIクンは、女を捨てようと思ったことある?

AKI な、なんですか、いきなり?

哲雄 だからね、これまでの人生のどの段階でもいいんだけど、自分が女であることを忘れようと思ったことは?

AKI ありませんよッ、そんな!

哲雄 ということは、キミのリビドーは「抑圧」しなければならないほどの危機に直面せずにすんだ、ってことなんだな。

AKI ね、その「抑圧」しなければならないほどの「リビドーの危機」って、どういうことで訪れるの? たとえば、ものすごい片思いに苦しんだ……とか?

哲雄 そう。いくら口説いてもAKIクンはやらせてくれないし、いっそ、男捨ててしまおうか……とかね。

AKI 私、マジメに訊いてるんですけど……。

哲雄 残念ながら、ふつうの失恋程度では、そういうことにはならない。キミなんかは変わり身が早いから、すぐ次のターゲットを見つけるだろうし……。

AKI 失礼な! 私、こう見えても、けっこう一途ですよ。

哲雄 だいたい、思春期以降のリビドーの危機なんてのは、これまで説明してきたように、他の欲望を満たすことで回避しようとしたり(=代償)、自分のリビドーのレベルを幼児期レベル程度にまで落とすことで苦痛から逃れようとしたり(=退行)、リビドーのもつエネルギーをもっと高位の欲望実現のために注ぎ込むことによって解消しようとしたり(=昇華)――という方法で、なんとか決着がつくものです。しか~し!

AKI ワッ! ビックリしたから驚いちゃった。

哲雄 まだ自我の成長が未熟な幼児期ぐらいの段階で、リビドーが強い否定に遭うと、どうなるか?

AKI それって、もしかして親とかが関係する?

哲雄 大いに関係します。この話、第58夜『拒否された欲望は、どこへ消えるのか?』でもしたと思うんだけど、たとえば、幼いキミがオナニーしてるところを、お父さんなりお母さんなりに見つかったとしよう。

AKI エーッ!? 私、そんな頃からオナニーなんてしてませんけど……。

哲雄 でも、それと知らずにやってたかもしれないじゃないか。たとえば、ぬいぐるみを股間にはさんでこすりつけると気持ちいいので、親の前でもそういうことをしてたとか。

AKI 覚えてませんッ、そんな昔のことは……。

哲雄 ホラ、赤くなってる。ま、いいや。でね、幼いキミには、まだ、オナニーの意味なんてわかってなかっただろうけど、お母さんの目から見れば、それが「いけない行為」であることは、一目瞭然。もしかしたら、こっぴどく怒ったかもしれない。

AKI そうなのかなぁ……。

哲雄 キミの手からぬいぐるみを取り上げ、おシリをピシャピシャ引っぱたいて、「まったくいやらしい子ねェ。二度とこんなことしたら、お手々、縛っちゃうからね」などと脅かしたかもしれない。すると幼いキミは、どう思うか?

AKI 「いやらしい自分」は隠さなくちゃ……?

哲雄 「いやらしい」というか「気持ちよくなる自分」は隠さなくちゃ……と思うだろうね。そうして「抑圧」という操作が行われる。「抑圧」とは、そういう欲望を無意識の中に押し込めて、意識の表面に表れてこないようにフタをする意識の働きだったよね。で、そのためには、常に見張りを立てておかないといけないから、意識は「道徳」という武器を手に持って、無意識の出口を厳しく監視することになる。前回までは、そういう話だったよね。

AKI 「道徳」で武装した意識は、他人にも厳しい目を向けて、極端な場合には、それがヒステリー症状として表れる場合もある、とお聞きしました。

哲雄 実は、「抑圧」の結果、行われる操作には、もうひとつの側面があるんだ。それが「女を捨てる」「男を捨てる」という操作。

AKI エーッ、捨てちゃうのォ? どうやって?

哲雄 ひとつの方法は、「出家」。

AKI 「出家」って、あの、尼さんとかになっちゃうやつ?

哲雄 子どもが尼さんになるわけにはいかないけど、精神的にはそれに近いだろうね。「清い」にあこがれるというか、「清らか」であることに人生の最大の価値を置いて、そのとおりの生き方をしようとしたりする。

AKI つたの絡まるチャペルで~♪ っていうあれですね。もうひとつは?

哲雄 女の子だと、男のフリをする。実は、これがけっこう多い。

AKI エッ、男装したり……とか?

哲雄 いや、そういうトランス・ジェンダーっぽいのではなく、ユニセックスっぽくなる。オフィスとかだとよくいるタイプだと思うけどなァ。「私、女、捨てました」なんて公言して、髪ふり乱して働くタイプとか、「男? キョーミありません」という顔して、化粧っけもなく、ただ黙々と仕事に打ち込むタイプとか……。

AKI そう言えば、昔、派遣社員で働いてた職場にもいました、そういう方が。日経新聞で株をチェックするのが朝一番の仕事で、夕ご飯はだいたいホルモンか焼き鳥で、日曜日の楽しみは競輪、競馬に競艇。目下の男性社員なんて、「ちょっと、長住ィ」なんて呼び捨てするし……あれは、確かに、女捨ててました。

哲雄 近頃、多いみたいだね。そういうタイプ。ま、こういうのは、環境ホルモンの影響なんかもあるのかもしれないけど、幼児期に自分の「女性性」を「抑圧」したってケースも、かなりあるんじゃないかと思いますよ。

AKI ねェ、哲ジイ、そういうふうに自分の「女としての欲望」にフタをしちゃった人たちって、ずっと、フタをし続けたまま、一生を過ごすのかなぁ。

哲雄 もし、フタをしたままだとしたら、世の中に恋愛文学というものが成立しなくなるでしょうね。

AKI また、スケベなこと考えてる、このおっさん。

哲雄 洋の東西を問わず、今と昔を問わず、官能文学の「官能」たるゆえんは、「禁」のトビラをどうこじ開けるか――にかかっていると言っていい。それがなきゃ、つまらないでしょ。「やりたい」と思ってる同士の男と女が、いくら濡れ場を見せてくれても、このおっさんなんぞは、何も感じない。しかし、ご安心めされよ、姫。こうして閉ざされ、かんぬきをかけられた欲望には、必ず出口があります。

AKI ホーッ。お聞きしたいものです。

哲雄 いや、別に、私は、それが趣味ってわけじゃありませんから。

AKI でも、でも、たとえば、さっきのホルモン晩メシに日曜は競艇なんておばさん上司に、もし哲ジイが「おい、長住」なんて呼びつけられて、「なんだよ、この仕事は……」なんて、ガミガミ言われたら、どうします?

哲雄 長いものには巻かれろ!

AKI エーッ!? それだけェ?

哲雄 そりゃ、こっちだって生活かかってるもの。ご説ごもっとも……と、おとなしく話を聞きますよ。ま、お聞きしたあとで、最後にひと言、ささやくかもしれませんけどね。

AKI な、なんて?

哲雄 「きょうの下着、ステキですよ」とかね。

AKI やっぱ、スケベだ、このおっさん。でも、それって、やばくないですか? ヘタしたらセクハラですよ。

哲雄 愛には、キケンがつきものです。でも、そのキケンより、私は、別のキケンのほうが怖い。

AKI なんですか、それ?

哲雄 長い間、封印されてきた欲望のトビラを開けてしまうと、どうなるか? そっちのほうが怖いです。安珍と清姫みたいになったら、どうしよう……とかね。

AKI アンチンしなさい。いくら欲望のトビラを開けたとしても、ゾンビに発情するモノ好きはいませんから。

哲雄 ゾ、ゾンビ? フー・イズ・イット?


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  


関連記事
拍手する

テーマ : 恋愛と心理学
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど・・

たしかに。
仕事では、ろくに化粧もせず、定食屋でガッツリ昼食をとり、コンビニの前でドリンク剤を一気飲みして「もうひと頑張り!」と鼻息荒くしている私ですが、
大きな仕事をやりこなした後は 決まって美容院に行きたくなるんです。
普段 どうでもいい格好をしていることが多い分、無性にスカートが履きたくなったり・・・
そういうのって、まだ女を忘れてないということなんですね。
自分では おやじだなぁ~って思ってたんですけど、
>自分で意識して使っている仕事上のスタンス
納得です。

ところで、
当ブログにリンクを貼らせて頂きたいのですが、いかかでしょうか?

Re: 女捨ててました

りんさま
コメント&ご訪問、ありがとうございます。

> 男性と対等に扱ってもらうためにも・・と女を捨てて仕事しています。
かつての私の職場(マスコミ関係です)にも、
そういう女性が多かったような気がします。
でも、これは、自分で意識して使っている仕事上のスタンスですから、
心理的には、「女を捨てる」まではいってないと思いますよ。
一歩、仕事を離れれば、とたんに繊細な「女の顔」に
なってたんじゃないでしょうか?
それって、男性の目には、とても魅力的だと思います。
彼には、「見る目」があったんですね。

> 私の抑圧を解いてしまった彼は会うたびに筋肉痛に陥ってますよ(^^)
↑これを「自業自得」と言います。v-7

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

女捨ててました

正確には現在でも時々捨ててるかも・・・

・・・というのも 私が特殊な仕事環境にあるからなんです。
なんというか、いわゆる男の職場ってやつで、そこに女がいるだけでジロジロ見られたり、
いかにも「女で大丈夫なのかよ」的な態度をされたりするのが嫌で
男性と対等に扱ってもらうためにも・・と女を捨てて仕事しています。
(毎日がその環境というわけじゃないんですけど)

でも、彼には仕事してるときの厳しい顔と自分の前で可愛くなってしまうギャップがたまらなくイイ!と喜んでもらっていますよ。

女の欲望にフタをしても好きな人にに火を点けられたらどんなに抑圧していてもいつかは吹きこぼれてしまいます。

私の抑圧を解いてしまった彼は会うたびに筋肉痛に陥ってますよ(^^)

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR