スキンを冷蔵庫で冷やす、セレブな彼女のおもてなし

見返り美人 性的な人々-08 

「寂しい独身女のひとり部屋」は、超豪邸だった。
熊かと思う黒のゴールデンリトリバーのお出迎えに
腰を抜かしそうになったわが友が受けたのは、
聞くのも見るのも初めての、おもてなしだった……。


 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。

【SEOリンク・キーワード】
エロ 官能小説 オーガズム 不倫




 登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗には、いっさい関係がありません。

  私の部屋で飲み直す?

 未希嬢に誘われたわが友・忠彦クンは、「おっ、いいね」とシッポを振って(かどうかはわからないが)、中野区高円寺にある彼女のマンションへ、タクシーを飛ばした。
 未希というのは、ふだんは元気印をのぼりにして背中に背負っているような女で、性格もサバサバしており、できれば酢で締めてビールのおつまみにしたいような女(サバだけに!)であった。
 忠彦クンも、よこしまな下心などは微塵も抱かず(と信じたい)、独身のフリー・ライターとしては分不相応に広々としたその豪邸(なんと、4LDK!)に、最初は、「どれ、いっちょ、寂しい独身女のわび住まいでものぞいてやるか」てな調子で、乗り込んだのであった。
 しかし……。

 サッカーボールで遊べそうなほどに広い玄関に、自分の腰ほどもある伊万里の壷があるのを見て度肝を抜かれた忠彦クンは、奥からのっそりと表れた熊(実は、真っ黒なゴールデン・リトリバーであった!)を見て、危うく腰を抜かしそうになり、ふかふかのソファに敷かれた虎の毛皮にほとんど眩暈を起こしそうになり、トイレを借りたものの部屋に戻ることができなくなって(迷子!)、泣きそうになった。
 念のために申し上げておくと、未希嬢の部屋は、一部上場企業の役員をしているという彼女の父親が、関西方面から上京してくるときの宿泊所としても使っており、そのための豪邸だったのだが、そんな事情など、忠彦クンは知る由もなかった。
 やっと落ち着いた忠彦クンに、未希嬢が「あんまりいいお酒、置いてないんだけど」と出してくれたのは、なんと、「カミユ」のナポレオンだった。

  ナ、ナポレオン……?
   カミユの……?


 たちまち汗が噴き出してくるわが友を見て、未希嬢はサッとキッチンへお立ちになったのだそうだ。
 彼女が手にして戻ってきたのは、竹製のトレーに載ったおしぼり。
 それを顔に当てた瞬間、忠彦クンは驚いたのなんの。
 な、なんと、冷たい!
 し、しかも……うっすらと香料の匂いまでする。
 香り付きのおしぼりを冷蔵庫で冷やしておいた……ってことか?
 いつ、やって来るかもわからない、だれかのために……?
 そんな習慣、うちにはなかったゾ。

 私同様、貧しき都市勤労者家庭の育ちである忠彦クンは、すっかり階級的絶望感に打ちひしがれたのであったが、しかし、それでエロ・モードもしぼんでしまったかというと、そうでもない。
 そこらへんの図々しさは、私なんぞには及びもつかない。
 非凡なるわが友は、見ようによってはエロくもある未希嬢の豊満な肉体に向かって、無謀なるアタックを試みたのであった。

女の子アイコン3 ベッドルームまでの長~い道

 未希嬢は、忠彦クンの決死(?)のアタックに、動ずる気配も見せず、こうのたまったのだそうな。

  もう、せっかちねェ……。

 忠彦クンは、女がリアルにそのセリフを吐くのを、生まれて初めて耳にした。
 この私にしても、そんなセリフは、安手の2時間ドラマかロマンポルノぐらいでしか耳にしたことがない。
 「せっかちねェ」とたしなめた未希嬢は、忠彦クンの肩にそっと手を置いて、「ベッド・ルームで待ってて」と、そりゃもう、マリー・アントワネットか叶恭子か……ぐらいの調子でおっしゃったのだそうな。
 女を押し倒すのに、「ベッド・ルームで待ってて」と言われたのも、忠彦クンにとっては生涯初めての経験だった。
 というか、廊下を通って「ベッド・ルーム」に移動するような構造の「おひとりさま住宅」というのが、そもそも忠彦クンの「経験値」の中にはなかった。
 そのベッド・ルームがまた、ほんとに「おひとりさま用」か、と目を疑うばかりの豪華さであったのは、言うまでもない。
 言うまでもないので、言わないことにしておく。
 
 人の言うことには忠実に従うタイプの忠彦クンが、案内されたベッド・ルームで、言われたままに「ステイ」していると、廊下の奥のほうから、シャワーを流す音が聞こえた。
 そのシャワーが、また、長いこと。
 いったい、どこを洗ってるんだ――というほどの長いシャワーの後、やっとベッド・ルームにお出ましになった未希嬢は、きっとフランス製かイタリア製に違いないと思えるローズ色のバス・ローブをお召しになり、頭にも同じ色のタオルを巻きつけていた。
 そもそも、わか愚かなる友・忠彦クンは、女性がフロ上がりにバス・ローブをまとうということも、それを習慣としている女性が現実に存在する、ということもご存じなかったので、これにもいたく感動……というより、驚愕した(←何を隠そう、この私も、あれはソープ嬢の仕事着である――と、長い間、信じていた)。
 そして、その手には、またも竹のトレーに載せたおしぼり。
 それからの一連の未希嬢の行動は、忠彦クンの脳に、二度と忘れることのない記憶として刻まれることになった。

女の子アイコン3 庶民の肉棒には、よく冷えたスキンを

 ベッド・サイドにひざまずいた未希嬢は、すでにパンツ一枚になっていたわれらが忠彦クンのパンツを、それはそれはていねいにお脱がせになったのだそうだ。
 それはまるで、寝たきりの老人の下の世話をする心やさしきナイチンゲールのようであった――と、後日、忠彦クンは述懐した。
 パンツを脱がせると、今度は、よく冷えたおしぼりが、すでに屹立状態にあった忠彦クンのナニにかぶせられた。
 未希嬢は、なんと、そのよく冷えたおしぼりで忠彦クンのナニをお拭きになるではないか。それも、バーの部分だけではなく、その下の巾着袋の裏までも、シワシワを伸ばすようにていねいに、入念に、なおかつ執拗に……。
 その様子を見て、忠彦クンは、「きっと彼女はこう思っているに違いない」と思ったのだそうである。

  庶民の肉棒は、汚いから――。

 その愛情あふれる「除菌・消臭・防虫……」等々の作業が終了すると、未希嬢はやおら、カワハギのような上品な(?)お口を、忠彦クンのその部分におつけあそばし、すみからすみまでテイスティングあそばしたのちに、脈打っている砲身をパクッ……と、その小さなお口にお含みあそばしたのであった。
 その瞬間、忠彦クンは、かつて感じたこともない感覚がそこに走るのを感じた。

  なんだか、スーッとする。
   ちょっと冷ゃっこい感じもするゾ。
   なんだ、こりゃ……。


 どうやら未希嬢は、事前に、お口の中でスペアミントの溶液か何かをクチュクチュ……とおやりあそばしたらしい。
 なんとも「イッタレリーナ、ツクセリーナ!」のおもてなし。
 忠彦クンは、美也子嬢の心づくしに、たちまち頂点に登りつめそうになった。

  もう、ダメだ……キミが欲しい。

 忠彦クンがあるかないかわからない程度の瞳でそう訴えると、未希嬢は、「ちょっと待っててね」と立ち上がって、またもやいずこかへ姿を消した。
 ほどなく戻ってきた未希嬢が手にしていたのは、きれいなパッケージに包まれた例のブツ。そう、ヒニング!
 未希嬢は、迷うことなくその封を切って、取り出したゴムを忠彦クンのそそり立つものに、正確に、手際よく装着したのだが、ここでもまた、未希嬢の心遣いは、忠彦クンを驚愕させた。

  なんと、そのスキンもまた、実によく「冷えていた」のである!

 つまり、未希嬢は、忠彦クンの来訪をまるで予期でもしていたかのように、それを冷蔵庫で冷やしておいでになったのだ。
 いや、たぶん、そうではない。
 いつ、だれが(男が)来てもいいように、それを冷蔵庫で冷やしておいたのだ。

女の子アイコン3 恐れをなした忠彦クンの「それから」

 その後のめくるめく時間のことについては、ここで詳細を記述するのは、ヤボというものだろう。
 あ、でも、ちょっとだけ言っておくと、未希嬢は、決して受け身ではなかった。
 ローズ色のバスローブをいさぎよく脱ぎ捨てると、ベッドの忠彦クンの上に仁王立ち……じゃなかった、仁王ひざ立ちになり、感動にうち震える忠彦クンのナニを手で支え持ったまま、その上に自分から腰をお沈めになった。
 しばらく自分が上になってお動きあそばしたのち、「来て」と体を入れ替えて忠彦クンを自分の上に迎えると、今度は、下から腰を突き上げるようにして、あわれなる忠彦クンを絶頂へといざなったのであった――。

 さて、その後日談。
 このような歓待を受けたわが友、忠彦クン。すっかり未希嬢の虜となり、逢瀬を重ねることになったか――というと、さにあらず。
 未希嬢とのことは、その夜限り……となったのであった。
 なぜか?
 忠彦クンいわく――

〈1〉スキンを冷蔵庫に常備しているような女は、よほど男出入りが激しいに違いない。
〈2〉仮に、出入りが激しくないとしたら、冷蔵庫に香料入りのおしぼりを用意し、スキンまで冷やして待っている女――というのは、いささか痛すぎる。

 いずれにしても、ご勘弁――というものであった。
 筆者も同感。
 準備のよすぎる女は、男にはいささか不気味な、また、ある意味、怖い存在でもある。
 本日は、そのことを示す、世にも美しいエピソードをお届けいたした次第。
 お粗末でした。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】 『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】 『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。



13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR