保存袋に、冷凍庫に、「女」をコレクションする男たち

見返り美人 性的な人々-03 

関係を持った女性の肉体の名残りを、後生大事に
保存しておこうとする男たちがいます。
そんな男たちのこだわりのコレクションには、
鼻がヒン曲がりそうなシロモノもあって……?


 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方はご退出ください。

【SEOリンク・キーワード】
エロ 官能小説 オーガズム 不倫




 登場する人名、店名などは、すべて仮名です。実在の人物・店舗には、いっさい関係がありません。

 世の中には、自分が愛した人間の記憶を、形として保管しておこうとする人々がいる。
 彼女やカレの写真を、昔だったらアルバム、いまならスマホなどに保存する。
 彼女やカレと交換した手紙やメールなどをフォルダに振り分けて保存する。
 もちろん、もらったプレゼントなどは、たとえ使わなくても、どんなに古くなろうとも、捨てずに大事にしまい込んでおく、あるいは陳列(?)しておく。
 ま、こんなのは、かわいいもの。男にも、まれに女にも、こういうタイプは確かにいるよなぁ――と思う。
 過ぎ去った愛の記憶を、大事にとっておこうとする行動は、それが「執念深い」とか「未練がましい」と評されるような気質が招いた行為でなければ、それはそれで、美しいとも思う。
 しかし、その「大事にとっておくもの」が、手紙やメール・写真・贈り物……といった「文化的行為の産物」ではなく、「肉体の一部」だったり、「生理的付着物」または「生理的排出物」の一部であったりしたら……?
 実は、いるのである。そういうものを、自分の愛の……というより、「性愛の記念物」として、大事に保管しようとする人々が。
 私が、過去、知己を得た人たちの中にも、そういうコレクターが何人かいた。

女の子アイコン3 御朱印帳5冊に及ぶ「ヘア・コレクション」

 この男、私が40代半ばの頃、飲み屋で知り合った男で、当時、すでにおん年60を越えた御大であらせられた。
 「ヘア」と言っても。御大が収集なさっていたのは、「上のヘア」ではなく「下のヘア」。それを「お願い、一本ちょうだい」とお願いしていただいたのか、強引に抜き取ったのか、それともシワクチャになったシーツの上を這いつくばって拾い集めたのかは、定かではない。定かではないが、御大はそれを、一本一本、恐れ多くもかしこくも、御朱印帳に貼りつけて片時も肌身離さず、持ち歩いているのである。
 なぜか? 御大曰く、「ヘアは、いつ、突然、手に入るかわからない。手に入った時点で、できるだけ新鮮な状態でキープしておきたいからね」だそうである。
 御大の御朱印帳には、ただ、ヘアが張り付けてあるだけではない。そこには、収集したサンプルの《氏名・年齢》《採集日時》《採集場所》が記され、「そこ(女性器とデルタ)の形状がどんなふうであったか?」「どんなプレーをして感度がどうであったか?」などのメモが添えられたりもしていた。
 そんなコレクションを自慢げに見せながら、「この女、すごかったなぁ。ヘアもだけど、あっちも……」などと、楽しそうに語って聞かせる姿は、どこか「性豪」の風格さえ漂って見えた。その性豪御大、死んだら、棺にその御朱印帳を入れてもらうんだそうである。
 いいけど、それ、だれに頼むの……?

女の子アイコン3 ジッパー付き保存袋に「匂い」ごと保存されたもの

 ジッパーの付いたポリ袋。あれはいいぞ――という御仁もいた。
 と言っても、食品保存用のやつではない。文房具として売られている、それもA4サイズ程度がよろしい、というのである。
 何によろしいのか? 「あるもの」を保存するのに――である。
 某スポーツ紙の記者として、主に夜の街を徘徊していた風俗情報の担当記者、当時45歳。その記者氏が取材のために(?)風俗街をうろつき回るうちに、憑りつかれてしまったのが、その頃、高値で売り買いされていた「使用済みパンティ」。
 鼻を近づけると、かすかに漂う使用者の体臭や排泄物の臭い。「そこに、たまらなく想像力をかき立てられる」というのが、ミイラ取りになってしまったその風俗記者氏の、苦しい(?)弁明だった。
 しかし、氏の想像力は、たちまち枯渇してしまう。取材した店でたまたま目撃した「売り主」の容貌が原因だった。
 「ホラ、ああやって売りに来るんですよ」と、某店の店長が指し示した売り主の姿かたちは、およそ氏の想像力を掻き立て、手を股間へ誘うようなシロモノではなかった。「あんな化け物の臭いに欲情してたんか」と、いたく落胆した記者氏は、以後、既製品を買い求めることを止め、自ら収集にあい努めることになった――という次第。
 氏は、あるいは、飲みに行ったスナックやクラブでチップをはずんで「キミのを一枚」と頼み込み、あるいは、連れ込んだホテルで女の子が脱ぎ捨てた一枚をこっそり隠匿し……と、涙ぐましい努力(?)の末に、自慢のコレクションを完成させていった。
 そのコレクションに欠かせないのが、ジッパー付きのポリ袋。賢明なる諸氏には、すでに、その理由は想像がついているだろうと思う。左様、貴重な「臭い」を閉じ込めて逃さないためである。
 「これなんかいいですよ」と、氏は一度、そのジッパーを開けて「臭い」を嗅がせてくれたことがあったが、筆者にはただ「アンモニア臭い」としか感じられなかった。

女の子アイコン3 冷凍庫の中の「珍なる御物」

 極め付きは、こちら。
 ネタを提供してくれたのは、本ブログの『不純愛トーク』で、筆者のトーク・パートナーを務めてくれている出張エステ嬢・AKI氏。彼女が出張先の客の部屋で見せられたコレクションは、ここに紹介するのもはばかられるようなシロモノであった。

  ね、いいもの、見せようか?

 規定のマッサージを終えたAKI嬢が帰り支度をしていると、推定年齢・50代半ばと思われるその客が、突然、言い出した、というのだ。
 「何だろう?」とついていくと、なんと、そこはキッチン。
 「いいものがあるんだよ」と、その客はうれしそうに目を輝かせて、冷蔵庫の引き出し式の冷凍庫の扉を、ソーッと引き出す。

  エッ、何!? もしかして、カニでも入ってる?

 お土産でも持たせてくれるのか――と、いやしくも期待に胸をふくらませて引き出された冷凍庫をのぞき込むと、保存袋に入れられたものがギッシリ詰め込まれていた。
 その袋に、フェルトペンで、何か……書いてある。
 袋に書かれた文字は、人の名前と日付。

〈エミ 2004年8月21日〉
〈みずき 2007年10月14日〉


 書いてあるのは、それだけ。そして、袋の中に入っていたのは、カチンカチンに凍った細長いもの。ちょうど、フランクフルトぐらいの大きさの……。

  エッ!? エッ!? まさか……。

 最悪の想像が頭の片隅に浮かんだ瞬間、AKI嬢の肩は、歳のわりに力強い男の両手でガシッとつかまれてしまった。肩をつかんだまま、男の声が耳元に悪魔のささやきを吹きかけてくる。

ね、キミのも一本、お願いできないかなぁ……。なぁ、頼むよ。一本1万円で買うからさぁ……。

 「家宝にするから……」「棺おけに入れて、天国まで持っていくから……」「キミだったら、10万出してもいい!」――ありとあらゆる言葉で「お願い」されたA嬢ではあったが、「99万円積まれてもダメ」と、AKI嬢はお断りしたのだという。←なぜ、99万なのか? 「100万積まれたら、ちょっと心が揺らぐかもしれないから」だそうである。
 冷凍庫の大きさから言って、そのコレクション、絶対に100本以上はあった!――と、AKI嬢は言う。
 その男のコレクションが何であったか、賢明なる諸氏には、もう、おわかりだろうと思う。食事中の方もいらっしゃろうかと思うので、あえてその名詞は伏せておくことにしよう。
 ところで――と、私は、老婆心ながら心配するのである。
 もし、引っ越しなんてことになったら、このご仁、その貴重な(?)コレクションをどうするつもりだったのだろう?
 オイ、まさかとは思うが、「燃えるゴミ」なんかで出すんじゃないゾ!

女の子アイコン3 過去、男たちが「狩人」であった時代の名残り…?

 いささかびろうな話ばかりで申し訳ないのですが、筆者の経験から申し上げると、こういうコレクションを楽しもうとするのは、男性に特有の傾向と言っていいかもしれない。
 少なくとも、筆者が見聞きした限り、つき合った男の臭い付きパンツを保存しておくなんて女性はいなかったし、カレが放出したスペルマを冷凍保存しているなんぞという女性にも、お目にかかったことがない。
 思うに、これは、男がかつて「狩人」であった時代の名残り。
 「狩人」たちは、自分が仕留めた獲物を誇示しようと、その骨やはく製を保存しておくことがある。釣り人たちが、自分の釣り上げた魚の魚拓を取ろうとするのも、そうした行動の一種。
 いまだ「狩人」としての性質を色濃く引きずる男たちにとっては、「恋愛」もまた、一種の「狩り」なのかもしれない。現に、女性に声をかけて誘う行為を、いまだに「ガール・ハント」と呼んだりもする。やっぱり「狩り」だ。
 であれば、男の中に、関係を持った女の「身体由来の何か」を、「戦果」として保存しておこうとするのも、ある意味、自然な行為なのかもしれない。
 ま、筆者はやりませんけどね。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】 『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】 『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。



13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR