「放置」の街から〈10〉 JKよ、そんなに急いでどこへ行く?

放置自転車
オレたちの姿を見ると、
警戒する人間もいれば、感謝する人間も、
無視する人間もいる。猛烈なスビードで
自転車を走らせてきたその女子高生は、
オレの制止も聞かず、両手で「ゴメン」の
ポーズを作って駆け出したーー。


 連載   「放置」の街から 
 第10章  JKよ、そんなに急いでどこへ行く?

 【リンク・キーワード】
恋愛小説 純愛 エロ 官能小説




この話は、連載10回目です。この小説を
   最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 M市の主要な駅の周辺には、自転車の「放置禁止区域」が設けられている。そこに自転車を停めると「放置自転車」とみなされて、撤去の対象となる。
 以前から、駅前などに無秩序に「放置」された自転車は問題になっていたが、市が本格的に「放置自転車0作戦」に取り組み始めたのは、3・11の大震災以降だった。
 リーダーの倉橋嗣義は、その震災以前から「放置自転車防止指導員」として仕事をしていたが、その頃の指導員は、M市全体でも20人ぐらいしかいなかった。20人のメンバーでM市全体をカバーするので、とてもじゃないが、駅前全体を監視したり、パトロールしたりすることはできない。
 市民の意識も、「なぜ、道路に停めちゃいけないんだ?」「2~3時間ぐらい停めたっていいじゃないか?」「ちょっと用事をすませる間ぐらい、うるさいこと言うな」程度だったので、それを防止しようとする指導員と市民との間では、しょっちゅうもめ事が起こり、それを止めるために、交番の警察官が駆け付けたりすることも珍しくなかった。
 それが、あの震災で一気に変わった。救急車や消防車、電気・ガス関係の緊急車両などが、放置された自転車のために被災現場に到着できないなどの事態が問題視され、「放置自転車対策」は各自治体が取り組むべき緊急課題のひとつとなった。
 20人程度だった指導員の数は、一気に100人近くに増やされ、全部で15の班が編成された。1班は6人から7人で編成され、そのうち5人が任務に就いて、あとの1人~2人が待機に回る。
 利用者の多い主要な3つの駅周辺には、毎日、3つの班がA番・B番・C番と3交替で立って指導に当たる。あとの駅は、残り6班がローテーションを組んで配置に就く。
 そういう体制を組んでからは、駅前に立つ制服姿の指導員の存在は、市民の間に認知されるようになった。
 最初は、「何だ、おまえらは?」と食ってかかっていた放置自転車の持ち主たちも、放置したままにしておくと撤去される可能性があることを知って、オレたち指導員の目を気にするようになった。
 「昔に比べると、ずいぶん、仕事がやりやすくなった」というのが、リーダー・倉橋嗣義の口癖だった。

            

 「放置自転車防止指導員」というオレたちの姿を目にした市民がとる行動は、いろいろだ。
 「指導員? それがどうした?」とばかり、挑戦的に自転車を放置禁止ゾーンに停めていく連中もいる。そういう人間は、オレたちに逮捕権も捜査権も科料を徴収する権利もないことを知っているので、警告書を貼られても平然と破り捨てて、駐輪を続ける。ただし、撤去されると困るので、「撤去」のトラックがやって来そうな日には、自転車は「安全な場所」に避難させる。
 「彼らは、こっちの手の内を知ってるんだよな」と、倉橋リーダーも高木長老も、半分、サジを投げている。こういう確信犯の自転車には、破られても破られても、警告書を貼り続けるしかない。根競べだ。
 自転車を路上に停めようとするほとんどの自転車乗りは、オレたちの目を気にする。気にするのは、一応、「よくないことをしている」ことはわかっている――ということだ。
 気にした結果、どういう行動をとるか?
 約半分は、オレたちが目を離したスキにこっそり置いていこうとする。こちらが目を離さずにじっと見ていると、極まり悪そうに、いったんは停めようとした自転車を押して、どこかへ動かしていく。他に、もっと安全に停められる場所を探そうとでもいうのだろう。
 残りの半分は、「ちょっとそこでパンを買うだけだから」「そこでお茶を飲む間だけいいでしょ?」などと、許可を求めてくる。それが、買い物をする間とか、お茶を飲む間とか、ラーメンを食べる間という程度であれば、停めた自転車が点字ブロックを塞いだり、通行のジャマになったりしないように、駐輪位置を指導しながら、「できるだけ早く戻って来てくださいね」とやる。オレの場合、シャレの通じそうな相手であれば、「首を長くして待ってますから」などと軽口をたたくこともある。
 ごくまれに、「不法駐輪」のことも「放置自転車」のことも「撤去」のことも、何も知らずに自転車を停めていこうとする人間がいる。たいていは、高齢者や子どもたちだ。そういう人間を見つけると、オレたちはそばに寄って、「市の条例で、ここには、自転車は停められないんですよ」とやさしく説いて聞かせ、近くの駐輪施設などに停めるように誘導する。それが理解できないような場合には、駐輪施設まで案内することもある。
 「そこまでやんなくてもいいよ」という指導員もいるが、オレは、そうしないと気がすまない。オレたちの仕事は、警告することが目的ではない。指導することによって、市民生活が少しでも安全で快適なものになるように努める。それが目的だ――と思っているからだ。

            

 この仕事をしていて、オレがいちばんうれしいと思うのは、「ご苦労さまです」「いつもありがとうございます」などと声をかけられたときだ。お礼の言葉なんてのは、なくてもいい。ただ、「おはようございます」「こんにちは」という声が聞けただけで、凍えるような冬の朝も、体中の血が沸騰しそうな真夏の炎天下も、「ああ、立っていてよかった」と思える。
 案外、単純だな、オレも――と思う。しかし、人間というのは、それでいいんだ、とも思う。
 そんな声をかけてくれるのは、たいていは、中高年のおばちゃんたちやおっさんたちだ。20代や30代の男や女は、まず、そんな声はかけてこない。しかし、ひとつだけ意外だと思うことがあった。それは、10代の中高生たちの態度だ。
 近頃の若いもんは――などとあしげに口にするおとなもいるが、通学途中の中高生が、オレたちの姿を見て、「おはようございます」などと元気なあいさつをしてくれると、オレはまるで電気に打たれたように「オッ……」と思ったりしてしまう。
 もしかしたら、それは、学校でそのように教わっているのかもしれないが、そうではないのかもしれない。オレが子どもだった頃は、たとえおとなからそう教わっても、そのとおりにふるまったりはしなかった。オレも含めてその頃の子どもたちは、おとなたちの世代を「世代」としては信用してないところがあったからでもある。
 そんなオレの目に、「おはようございま~す」と屈託のない声であいさつしていく子どもたちの姿は、それはごく一部ではあったが、まぶしくも感じられた。
 もちろん、中高生がすべてそうとは限らない。高校生ぐらいになると、彼らは「おとなのずるさ」を学び始める。自転車を不法駐輪させるときにも、キョロキョロと周りをうかがい、オレたちの目を盗むようにチョロッと駐輪させてカギをかけたと思うと、まるでダッシュするように、どこかへ姿を消す。
 あんまりガッカリさせないでくれよなぁ———と、そんな光景を眺めていると、1台の自転車が猛スピードで駅前の広場に向かって走ってきた。乗っているのは、制服姿の女子高生だった。
 短いスカートが風を受けてめくれあがるのもかまわず走って来た女の子は、「駐輪禁止」と書かれたコーンが並んだその横に自転車を停めた。
 あまりにも大胆な不法駐輪。
 「あ、そこはダメですよ!」
 オレは両手で「×」を作って駆け寄ろうとしたが、そのJKは、両手を合わせて「お願い」ポーズを作ると、制止も聞かずに、自転車にカギをかけて駆け出した。
 どこかでちょっと買い物をするという様子ではない。向かった先は、どう見ても、駅のコンコースだ。
 よほど、急いでいるに違いない。
 どこへ、何のために、そんなに急ぐ?
 首を傾げながら、オレは、自転車のハンドルに警告書を貼り付けた。
 その日は、オレのカンでは、撤去作業のトラックがやって来そうな日だった。警告書を貼っておけば、間違いなく、その自転車は撤去されてしまう。
 しかし、そんな停め方をされては、貼らないわけにはいかなかった。
 そのとき、遠くから、あの音声が響いて来た。
 「こちらは、M市市役所です。駅周辺は……」
 撤去トラックのテープ音声だった。
 ⇒続きを読む



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。絶賛在庫中!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭とボクの、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★ただ貴女を愛したくて
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★Mie&Darの蜜逢記
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR