達人は、そこらの「ガラクタ」にも愛を語らせる

傘と女性男と女のモテ技  N-01  

ちょっとしたモノに「愛」を語らせることができるか?
モテる男や女は、実に、これがうまいのです。
そのモノとは、そこらのガラクタでもいい。
大事なのは、「贈る心」なのですが――。 


【SEOリンク・キーワード】
エロ 官能小説 モテ  不倫


   は「男からのモテ技」、   は「女からのモテ技」、   は「男女共通のモテ技」です。


 正直に告白すると、筆者・長住は、「プレゼント」というのが、ほんとに苦手なのです。というか、「苦手」でした。
 たとえば――。

 だれかの誕生日に、何かをプレゼントを用意しなくちゃ……。

 そう思っただけで、胃が重くなってきます。
 胃が重くなるだけならいいのですが、その場からどこかへ逃げ出したくなってしまいます。極端な場合には、だれも知らないよその土地に行ってしまいたくなったりします。
 それで、学校を転校したこともあったし、アパートを引っ越したこともあったし、会社を辞めたこともありました。
 ウソだろ? ハイ、ウソです。
 さすがにそこまではやりませんけど、そういう気分になった――ということです。

カラス 「お誕生日会」のトラウマ

 最悪なのは、「お誕生日会」とかっていうやつです。
 みんなが集まって、だれかの「誕生日」をお祝いする、という会。みなさんも、子どもの頃にやったことがあるんじゃないですか? もともと家族の間で、何かの「お祝い」をしたり、贈り物をし合う……なんぞという習慣のない家庭で育った少年・長住は、そういう会に出席するのが、ちょっと苦手でした。
 こういう会では、みんながその子のために持ってきたプレゼントを「見せ合いっこ」したりします。「私は、○○」「ボクは××」と、自分のプレゼントを公開して、なぜそれをプレゼントに選んだのか――までを説明する、なんてことをやったりしてました。
 みんなが持ち寄ってくるプレゼントは、それなりに「なるほどねェ」と納得のいくものばかりで、もらったほうも、「ワァ、○○ちゃん、ありがとう。これ、欲しかったのォ」と喜んで見せたりします。
 少年・長住にとって、この儀式は拷問にもひとしいものでした。
 理詰めの長住は、だれかにあげるプレゼントも「理屈」で選ぼうとしました。「○○だから、△△ちゃんには、××をプレゼントする」というふうに考えないと、何をあげたらいいのかが思い浮かばなかったんですね。自分の選んだものが相手に喜んでもらえる、そういうものを選ぶというセンスが欠けていたのかもしれません。
 それは、ひとり長住ばかりのせいではなく、おそらくは、先祖代々受け継がれたわが家系の遺伝的特質であろうと思うのですが、それでも、少年・長住は、母親なら何かいい知恵のひとつも浮かぶのではないか――と思い、一応、相談してみました。ハイ、一応……です。

母ちゃん、あしたくさ、○○ちゃんの誕生会なっちゃけど、何、持っていったらよかやろね?
誕生会ね? ああ、そうたい。冷蔵庫にトマトの1個、余っとろうが。念のために申し添えておきますと、その時代、九州地域のトマトは、いまよりもずっと糖度が高く、色も真っ赤で、私たちはよく「おやつ」として食していました。
トマト……? トマトやら持っていかれん。誕生日プレゼントばい。
そうね。あ、そしたら、これ持っていきんしゃい。きのうのケーキがひと切れ、残っとおけん。

 ああ、相談する相手を間違えた――と、あとになって後悔したのですが、後の祭り。
 翌日、私は、母親が箱に詰めてくれたケーキひと切れを持って○○ちゃんの「誕生会」に臨み、箱の中でグチャッとつぶれたケーキを「なんや、これ?」「こんなの食べれん。もぉ、すか~ん!」と笑いものになったりしたのでありました。
 これがトラウマとなって、長住はいまだに……と言いたいところですが、そこまで心が弱くはありませんでした。

カラス 笑われたっていいじゃないか――と思えたら

 前置きが少し長くなりましたが、ここからが本題。
 愚かなる長住は、長じて「ハタ!」と気づいたのであります。
 大事なのは、「何をあげるか?」ではなく、「あげようとする気持ち」なのではないか?
 「こんなものをあげたら、相手にどう思われるだろう?」とか「笑われるのではないか?」……などと、「結果」ばかりを気にかけていたけれど、実はそれは、「相手のことを思って」のことではなく、「自分のこと」を守ろうとしていただけではないか?
 いいじゃないか、笑われたって……。
 そう思ったとたん、スーッと気持ちがラクになりました。
 私にとって、これは、まさにコペルニクス的転回!
 以後、私は、「笑われるかもしれないもの」でも、平気で「ヘンなものあげようか?」と言い出せるようになったわけです。それが、おん年(?)25歳の頃。ハイ、晩生(おくて)なんです、長住は。

 この悟り(?)を得度して以降、長住は日常的に、気軽に、いろんなものを女性たちにプレゼントできるようになりました。
 実は、この「気軽に」というのが、大事なんだ――と、いまでは、私は確信しています。「気軽に渡せるもの」は、相手も、「気軽に受け取る」ことができる。つまり、渡すほうにも、受け取るほうにも、ストレスがかからない。
 逆に、ギフト・ショップやアクセサリー・ショップで、顔を朱に染めながら買い求め、美しくラッピングしてもらったプレゼントなんてのは、それはそれで魅力的ではあるのでしょうが、渡す側にも、受け取る側にも、それなりのストレスがかかる。
 相手が自分に好意を抱いているかどうかもわからない、恋愛初期の段階で、いきなりこんなプレゼントを渡そうとするのは、かえって引かれてしまう場合もあり、得策ではない――ということにやっと気づいたわけです。そういう贈り物は、「ここで一発、ビシッと決めなくちゃ」というタイミングがやってくるまで、とっておけばいいと思います。
 では、どんなものを?
 「ちょっとしたもの」プレゼントです。「プレゼント」と言えるほどでもない「ちょっとしたもの」。相手が男であろうと、女であろうと、人と親しくなるのが得意な人たちは、それが得意なんですね。

カラス 初期のプレゼントは「ちょっとしたもの」でいい

 私も、どこかの街に打ち合わせで出かけたりしたときには、その街で見かけたスイーツなんぞをチョ、チョッと買い求めて、「ハイ、差し入れ」と手渡すぐらいのことはやります。
 出張で地方に行ったりしたときには、地元で有名な「開運グッズ(ただのお守りだったりしますが)」などを買い求めて、「恋人いないの」と嘆く彼女に「良縁が見つかるんだってよ」と差し上げたりもします。その「良縁は、ここにいるかもよ」という含みを持たせて――ですけどね。
 かつて私が出会ってきた女性たちの中にも、そうした「ちょっとしたもの」プレゼントの達人たちがいました。

女の子アイコン1 この石、きれいだから、あげる。
まだ幼少のみぎり、隣家のミヨちゃんという女の子は、自分が見つけたきれいな石や葉っぱを手にしては、「あげる」と小さな手を差し出してくれました。そうして渡してくれるものは、ミヨちゃんにとっては、どれも「小さな宝物」。ミヨちゃんは、「きれいだからあげる」という言葉を添えることによって、幼い長住への「好意」を伝えてくれていたのだろう――と、確信しています。

女の子アイコン1 殺風景なデスクだねェ。ちょっとおすそ分けしてあげるよ。
長じて会社員となった長住と机を並べて仕事をしていた彼女は、「おすそ分け」の達人でした。自分の部屋に飾ろうと思って買ってきたに違いない花束から、1輪、2輪……と抜き取った花を、牛乳ビンに挿して、ポンと私のデスクの上に置いたりしてくれるのです。何とも思ってない男のデスクがどんなに殺風景だろうと、気にかけたりしないはずですから、これも、彼女の好意の証――と、長住は受け取りました。

女の子アイコン1 海の音、聞かせてあげる。
彼女は、私のオフィスで、アルバイトを始めたばかりの、16も年下の女の子でした。仕事が忙しくて休みもとれない。今年も、海を見ずに夏が終わるのか――などと、私がため息をついていると、彼女が「ハイ、海!」と両手を差し出してきたのです。その手のひらに握られていたのは、何個かの小さな貝殻。「伊豆の海で拾ってきたんですよ。それ、耳に当てると、海の音が聞こえるんです」。言われるとおり、貝殻の一枚を耳に当てると、潮騒のような音が聞こえました。私が彼女に特別の関心を持つようになったのは、言うまでもありません。

女の子アイコン1 徹夜したんでしょ? これで元気つけて。
これも、私が会社員であった時代の話。締め切りに追われて徹夜した私のデスクに、ポンと栄養ドリンクを置いてくれたのは、編集部の中では「マドンナ」的な存在だった同期の編集部員でした。眠気でドロンとなっていた私は、彼女が「元気つけて」とプレゼントしてくれた「オロナミンC」だったか、「リポビタンD」だったかの一本で、頭シャキーン、ついでにあっちもビビーン。こちらの彼女にも、淡い恋心を抱いたのでした。

カラス 「贈る心」という「付加価値」こそ貴重!

 こういう話は語り始めるとキリがない(多少、ミエを張っております)ので、これくらいにしておきますが、以上の話こに出てきたのは、どれもささやかな、「取るに足りない」と思われるプレゼントばかりです。
 しかし、恋愛の初期の段階では、これが効くんですね、実に!
 効くのは、「モノの価値=市場価値」ではありません。中には、「タダ同然」のものもあるのですから、「市場価値」なんて、限りなく「ゼロ」に近いわけです。それでも、「市場価値=ゼロ」のこうした贈り物が、人の心を動かし、場合によっては「好き」という気持ちを芽生えさせてしまうことがあるのです。
 それは、なぜか?
 注目すべきは、これらの「贈り物」に添えられた「贈る心」です。
 「きれいだからあげる」と石っころをくれた幼い隣人も、「殺風景なデスクだね」と花一輪を牛乳ビンに活けてくれた彼女も、「海の音、聞かせてあげる」と貝殻をくれた彼女も、そして「元気つけて」と徹夜明けの私に栄養ドリンクをくれた彼女も、それぞれに、その「小さなプレゼント」をくれる「心の在り処」を私に示してくれました。
 「きれいだから」には、「だから、私の好きな人にあげる」という心が隠されていると感じられたし、「殺風景なデスクだね」には、「私があなたの心を殺風景ではなくしてあげる」という気持ちが感じられた――という具合にです。
 あらゆる「贈り物」の価値は、この「贈る心」によって決まる、と私は確信しています。
 それは、モノの「市場価値」では測れない価値。それこそ真の「付加価値」であると思うのですね。

 プレゼントの価値は、「商品の値打ち=市場価値」によってではなく、
 「贈る心」という「付加価値」によって決まるのである。
 その「付加価値」は、言葉によって示せ。


 これが本日の結論。
 これは男女共通のモテ技のひとつ。
 よろしければ、ぜひ、一度、お試しください。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から、そっと発売中です!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでもPCでも読むことができます。よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックしてください。

2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。40年後、真実を知ったボクは…。
【右】『チャボのラブレター』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。



13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR